RPAはフリーソフトでもOK?導入検討にピッタリのRPAフリーソフトを紹介!

最近、ビジネスシーンの中で「RPA」という言葉を耳にすることが増えたかと思います。業務効率化を進める上で、今大きな注目を集めている「RPA」ですが、いまいち分からない人も多いのではないでしょうか。
さらに「RPA」を導入したいけれど、費用かかるから慎重に選ばないといけないが、どれを選んだらいいか分からないし不安があるという意見も多く耳にします。そんな方にオススメなのが、フリーソフトやフリープランから始める方法です。
今回は、無料で使えるフリーソフトのメリットやデメリット、オススメのRPAフリーソフトをご紹介します。
 

RPAを初めて導入するならフリーソフト?

コスト削減や業務効率化に向けた動きが進む中、RPAツールの導入は非常に効果的です。しかし本格的にRPAツールを導入するとなると、数十万円から高くて数百万円かかることも。そのため多くの中小企業では、費用面がネックとなり導入に踏み切れない方も少なくありません。こうした中で、おすすめしたいのが、無料で使えるRPAツールです。
 

RPAフリーソフトのメリット

ここでは、RPAツールのフリーソフトを利用する際のメリットについて、代表的なものをご紹介していきます。
 

無料で「RPA」が導入できる

最も大きなメリットというと、本来は費用がかかってしまう「RPA」を無料で導入できるところです。無料でRPAツールを使うメリットは、目的や用途によっては、無料で十分まかなえる点にあります。
無料で使えるRPAツールは、有料版に比べて機能や時間の制限などはあるものの、基本的な機能は使うことができるため、試しに使ってみる分には十分活用できると言えます。RPAツールの導入を検討しているものの、コストを使う余裕がない方や、日常的な業務の一部だけを自動化したいという場合などは、有料だと費用対効果が見られないこともあります。有料でも使うべきかの判断を行ううえでも、無料で試すことができるのは、助かるポイントではないでしょうか。
 

RPA導入に向けた検討材料になる

これから「RPA」を導入するか検討している方の多くは、可能であれば一度試しに使って判断したいという気持ちが大きいかと思います。実際に導入した後に、デメリットに気づいてしまって損してしまわないためにも、導入前に使ってみて、メリットやデメリット、使い勝手などを判断したいところですよね。
そこで無料のRPツールであれば、導入に時間や手間もかからず、RPAの自動化を試験的に利用することができます。無料でテストできることで、実際に本格導入した際のコスト算出なども可能なため、費用面などで頭を抱えている部分も解消できます。
 

導入前に「RPA」を知れる

基本的に「RPA」は、パソコンで行う簡単な事務作業や定型業務を自動化するシステムです。しかしよく「RPA」を知らずに、なんでも自動化できるものと思っている方も、非常に多いのが現状です。
そのため無料で導入してみることで、実際にどういった業務が自動化できるのかを知れるため、RPAに対して抱いていたイメージと実際の動作を理解して、正しい判断につなげることができます。
 

RPAフリーソフトのデメリット

一方で、RPAのフリーソフトを利用するのはメリットばかりではありません。しっかりとデメリットとなる部分も理解したうえで、使ってみるようにしましょう。
 

機能に制限がある

RPAツールのフリーソフトや、無料版などは、負担なく利用できる分、機能や利用時間などに制限を設けているものがほとんどです。有料版より少なく、シンプルな機能しか使えなかったり、1ヶ月間のみなど適用期間に期限がある場合が多いので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。
 

導入サポートがない

制限の多いRPAのフリーソフトですが、導入時にはツールのダウンロード方法や、基本的な使い方の説明はあったとしても、その後の詳しいマニュアルや操作方法に関してはサポートを行っていないものが多いです。自分自身でWeb上の説明書などを確認して対応しなくてはいけないので、ツール操作などに疎い方などは不安が残るかと思います。
また海外製のRPAツールを使う場合、無料版だと日本語サポートがないこともあるので、必ず確認しておく必要があります。
 

おすすめのRPAツールをご紹介!!

RPAツールで業務自動化におすすめ!従量課金型RPAの「WinActor Cast on Call(キャストオンコール)」。

お問い合わせはコチラから

おすすめのRPAフリーソフト

では、RPAのフリーソフトの中でも多くの方に利用されている、オススメのツールを紹介します。
 

UiPath Community Edition

世界中で利用されているRPAツール「UiPath(ユーアイパス)」にも、無料で体感できるプランがあります。それが「UiPath Community Edition」です。
「UiPath Community Edition」は、RPAの自動化機能に関して、ほぼ制限なく利用することができます。Windowsパソコンの操作やアプリケーションに対応しており、単純なマウス操作やキーボード入力のほか、入力欄などを画像で認識して正確な動作を実現しています。
企業が導入するのであれば、有料版が推奨されていますが、まず実務に大きく影響しない範囲で「UiPath Community Edition」を利用してみてもいいかもしれません。

有償版と比較すると、管理ツールやロボットの利用可能台数に制限があるため、あくまでも導入検討に向けた使用やトレーニングなどのために利用することを理解しておきましょう。
 

Automation Anywhere Community Edition

「Automation Anywhere Community Edition」は、機械学習やBPMなどを導入しているRPAツールのフリーソフト版です。そもそも「Automation Anywhere」は、高い技術があり優れた機能が豊富な反面、他のツールに比べて利用難易度が高いという点がありました。

そんな「Automation Anywhere」のフリーソフト版である「Automation Anywhere Community Edition」には、利用にあたっていくるかの条件が定められています。その条件は【開発者であること】【学生であること】【小規模の企業であること(250台以下、および年間売上500万ドル以下)】の3点です。

また「Automation Anywhere Community Edition」が利用できるロボットの台数は、組織1つにつき最大5台までなので、大規模な運用には向かないでしょう。細かい電話サポートなどもなく、総合案内プラットフォームだけになるため、最初から手厚いサポートが必要であれば、有償版から始める必要があります。ただし「Automation Anywhere Community Edition」には、無料で使えるeラーニングツールが設けられており、これを使ってトレーニングすることができるので、不安な方は有効活用するといいでしょう。
 

RPA Express

「RPA Express」は、WorkFusionが提供する無料のRPAツールです。Webサイト上から、必要事項を入力することで簡単にダウンロードできます。

主な機能には、ユーザーのアクションを録画できる機能や、ドラッグ&ドロップでボットの作成など、基本的なRPA機能が利用できます。表示画面も日本語で表示されるため、導入検討に向けたテストや、トレーニング用であれば利用しやすいツールだと思います。
また「RPA Express」は、利用制限はないものの、並行して1つのボットのみしか稼働させることができません。さらに利用できるユーザー数も、1人に限られています。利用期限が30日と決まっている「RPA Business」であれば、ユーザー数は無制限、複数のボットを平行して稼働させることが可能です。
 
290

RPAとは

RPAとは、定型業務や単純な入力作業などを自動化した技術のことで、「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の略語です。

会社の中で毎日行われる決まった事務作業や、月ごとで行われる定型業務に関して、RPAを使って自動化することで、効率的に業務を遂行することができます。人の手がかかっていた作業をロボットに任せることで、人手不足の解消や残業抑止など、働き方改革への取り組みに繋げることができます。

>「RPA」に関しては、コチラの記事で詳しく紹介しています

 

RPAのメリット

では、RPAを導入するメリットには、どういったものがあるでしょうか。
 

生産性向上

RPAを使うことで、これまで人間が対応していた業務をロボットに任せることができます。これにより人はその時間を別の業務に注力することが可能になるため、生産性の向上も大いに期待できます。もちろん生産性がアップできるだけでなく、よりお客様への対応に時間を割くことができることで、満足度もあがり信頼度も高まります。
また新しい事業の開始や新規取引先の開拓などもでき、売上の向上に繋げることができます。
 

人的ミス抑止

人が何か作業をする際、どうしても人的ミスが発生してしまうことがあります。体調やモチベーションでも変わるほか、集中力も一人一人変わってくるので、100%正確に業務を遂行できるとは限りません。
しかしRPAを使えば、一度作業内容を覚えさせれば、その作業を正確に再現できるため、ミスを発生させることもなく、長時間の作業も可能になります。
 

まとめ

今回は、RPAツールの導入を検討しているものの、費用面からなかなか導入に踏み切れない方に向けて、無料で使えるフリーソフトのRPAについて解説してきました。コストを気にせずに、RPAがどういったものか体験できるフリーソフトは、いまいちRPAができるコトが分からない方にとっても、大きなメリットとなるのではないでしょうか。
もちろん、機能が豊富でサポートも充実した有料のRPAツールを最初から導入しても問題はありません。気になるRPAツールについて、不明点がある場合や、導入に関する相談があればお気軽にワイズクラウドへご連絡ください。

≫RPAで業務効率化!「WinActor Cast on Call」について詳しく知りたい方こちら

 

関連タグ

関連商品

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます