• TOP
  • コラム
  • Google翻訳アプリの使い方・機能紹介〜イートークとの実力差

Google翻訳アプリの使い方・機能紹介〜イートークとの実力差

Google翻訳アプリの使い方・機能紹介〜イートークとの実力差
Google翻訳アプリはスマートフォン(スマホ)が翻訳機になる優れもののアプリケーションです。テキスト入力や音声入力による翻訳はもちろん、カメラをかざすだけでテキストをリアルタイムに翻訳する機能もあります。今回はGoogle翻訳アプリの機能と翻訳専用機「イートーク」をご紹介します。Google翻訳アプリは高機能アプリですが、スマホを使うため、セキュリティの観点やバッテリー消耗のことを考えると、翻訳専用機「イートーク」を使うほうが利便性が高いケースが多いです。

 

Google翻訳アプリの機能

Google翻訳アプリはAndroid、iPhoneで提供されている外国語の翻訳アプリケーションです。ここではGoogle翻訳アプリが持つ機能、「Google翻訳アプリでできること」をご紹介します。

テキスト・手書き入力・音声翻訳

Google翻訳アプリを使うと、テキストを読み取って指定された言語に翻訳できます。スマホのボタンで入力したテキスト以外にも、手書きのテキストや音声も翻訳可能です。

リアルタイムカメラ・写真翻訳

Google翻訳アプリはカメラで写している文字、つまり看板やメニューなどもリアルタイムで翻訳します。写真を撮影して、写真に書かれている外国語を日本語に翻訳することもできますが、写真に写さずとも、カメラをかざすだけで画面に映っている外国語を日本紀に翻訳することも可能です。

会話機能

音声翻訳を進化させた機能が会話機能で、2人の会話(2言語分)をリアルタイムで翻訳します。

スマホに日本語で話しかけると、Google翻訳アプリが日本語を理解してテキストとして表示し、同時に指定した言語(例えば英語など)に日本語を翻訳して、英語と英文の音声読み上げを行います。

海外旅行では役立つでしょうし、外国人を迎え入れることがある方にとっても気になる機能でしょう。

オフライン翻訳機能

Google翻訳アプリは基本的にオンラインで使うことを前提としています。翻訳したい言葉や会話はオンライン状態で翻訳を担うコンピューター(サーバー)と通信されます。

ただしテキスト入力による翻訳とリアルタイムカメラ翻訳は、電波が通じない場所や通信を斬っている状態(オフライン状態)でも使えます。

Google翻訳アプリが活躍するシーン

真っ先に考えられる使い方としては、海外旅行先で言葉が分からないときです。

テキスト翻訳やリアルタイムカメラ翻訳機能があれば、レストランのメニューや看板、案内表示板などを翻訳できるため、より快適に旅行できます。

その他、日本にいても、外国人旅行者やお客様に対応する際に使うことも考えられます。

Google翻訳アプリだけではちょっと不安……

Google翻訳アプリの機能を紹介しましたが、Google翻訳アプリならではの弱点があります。

スマホ本体のスペックがある程度高くないとスムーズに動作しない可能性があります。また、スマホは翻訳以外にもメールや電話などに使う重要なアイテムです。Google翻訳アプリを長時間使うとバッテリーは消耗しますし、オンラインによる通信量も気になってくるでしょう。

また会話機能やテキスト翻訳機能を使うために、見知らぬ外国人や旅行者にスマホを渡してしまうことはセキュリティの観点からも好ましくありません。

さらにGoogle翻訳アプリはオンラインで使うことを前提としているため、海外で使うには言質に対応したSIMカードを使ったり、海外ローミング機能やポケットWi-Fiなどを使わないといけません。スマホの通信のための設定は必須です。

以上のように考えると、Google翻訳アプリを翻訳機として常用することは現実的ではないと言えるでしょう。緊急の手段として考えておくほうが良さそうです。

Google翻訳アプリのような翻訳機能は「翻訳専用機」に任せることをおすすめします。

世界143カ国・73言語に対応する翻訳専用機イートーク

翻訳専用機「イートーク」は世界145カ国で使える翻訳専用機で、対応言語数は73言語と日本トップクラスの性能を誇る翻訳専用機です。スマホのようにプライベートな情報が入っていないため、いつでも安心して使えます。

海外旅行、訪問や外国人のインバウンド対応で大活躍!

イートークは海外訪問や外国人旅行客などのインバウンド対応の場面で、特に活躍します。海外に頻繁に行かれる方にはGoogle翻訳アプリよりずっと便利でセキュリティが高いイートークがおすすめです。

73言語に対応〜いつ誰が来ても大丈夫!

翻訳に対応する言語数は73言語と翻訳機の中でもトップクラス。インバウンド対応ではどの国からどんな言葉を話す方が来られるか分かりません。すべての言語に対応できる通訳を配置するのは無理な話ですが、イートークがあればほぼすべてのインバウンドに対応します。

143カ国で通信できるSIMカード付き〜現地のSIM不要・電源を入れるだけ

イートークは143カ国で使えるグローバルSIMカードがついているので、スマホのようにSIMカードを調達したり、ポケットWi-Fiを使ったりする必要がありません。海外では電源を入れればその場でサクッと使えるようになります。

75カ国でLTE高速通信

翻訳機は基本的にオンライン通信を介して行われますが、イートークのグローバルSIMカードは世界75カ国でLTE高速通信に対応しています。そのため翻訳スピードが速く、翻訳機をはさんでも現地の外国人とスムーズなコミュニケーションを実現します。

イートークの機能〜Google翻訳アプリの一歩先を行く!

イートークの機能をご紹介します。単なる翻訳機を超えたイートークをご覧下さい。

しゃべって翻訳

翻訳機の基本機能で、音声を翻訳して外国語や日本語で読み上げます。ストレスのないコミュニケーションを実現する機能です。

対話履歴をエクスポートして勉強や分析、記録に使える

対話履歴は保存されており、パソコンにエクスポートできます。よって話した内容をあとで確認して分析したり、勉強に活用することもできます。

よく使うフレーズはお気に入り登録〜しゃべらなくてもすぐに伝わる

インバウンド対応など決まったフレーズを使う場面ではお気に入り登録機能が活躍するでしょう。よく使うフレーズは音声入力せずにタップひとつで翻訳できます。

撮って翻訳

写真の中のテキストを翻訳する機能で、レストランのメニューや案内書きなどを翻訳するのに役立ちます。旅行や海外訪問はもちろん、インバウンド対応の際にも、たくさんの言語に対応したメニューを作らなくて済みます。

QR決済法人レジ・Wi-Fiデザリング機能

インバウンド対応する業者の方に向けて、QR決済機能も搭載しています。キャッシュレス対応は外国人旅行者などを迎える際に今や必須です。翻訳機がそのままレジになる利便性は素晴らしいです。

翻訳専用機「イートーク」の実力

今回はGoogle翻訳アプリの機能解説と翻訳専用機「イートーク」をご紹介しました。Google翻訳アプリは多機能で素晴らしい翻訳アプリですが、スマホアプリのためスマホ盗難の心配やバッテリー消耗のことを考えると、頻繁に使うことはあまりおすすめできません。

翻訳専用機「イートーク」はスマホのようにプライベートな情報を含んでいませんし、Google翻訳アプリ並み、あるいはそれ以上の翻訳精度を実現します。

143カ国で使えるグローバルSIMカードを搭載し、75カ国でLTE高速通信できるため、「イートーク」は電源を入れるだけで使えます。スマホのようにSIMカードの差し替えやポケットWi-Fiの設定などは必要ありません。

海外に頻繁に行かれる方やインバウンド対応で翻訳機が必要だと考えられている方は、ぜひイートークの利用を検討されて下さい。

 

insta town

eトーク

翻訳機の枠を超えたインバウンド対策端末

関連タグ