• TOP
  • コラム
  • 節水コマ「JET(ジェット)」は最大50%の節水率を実現!仕組みや効果を徹底解説

節水コマ「JET(ジェット)」は最大50%の節水率を実現!仕組みや効果を徹底解説

節水コマ「JET(ジェット)」は最大50%の節水率を実現!仕組みや効果を徹底解説

店舗の運営にあたり、常に課題にあるのがコスト削減だと思います。今回は、店舗のコスト削減を支援する方法の一つとして、節水コマ「JET(ジェット)」についてご紹介いたします。 節水コマについてはもちろん、「JET(ジェット)」の仕組みや効果、メリットについて徹底的に解説していきます。コスト削減したい、毎月の水道代をどうにかしたい、節水コマってどれがいいのかわからない、そんなお悩みがある方はぜひご一読ください。

節水コマで水道代が節約できるのはなぜ?

「JET(ジェット)」の紹介をする前に、「節水コマ」の仕組みについてご説明したいと思います。 まず、節水コマの「コマ」とは、蛇口の中に入っている小さな部品のことになります。 「節水コマ」は通常、蛇口内部に入っている普通のコマに比べて、コマの下の部分が大きくなっています。そうすることで水の通過口が狭まり、蛇口から流れる水の量が少なくなります。 この節水コマを取り付けることで水量を少なくできるため、水道代を節約するアイテムとして活用されています。節水コマは、水道局やホームセンターで入手することができます。

節水コマ・節水装置の導入は店舗や施設のコスト削減に大きく影響

節水コマは一般家庭でも使用できますが、より積極的に取り入れたいのは店舗や施設だと言えるでしょう。なぜなら使用水量が多いとされる飲食店、病院、スポーツジム、介護施設などで、節水コマを取り入れればそれだけで水道代の節約が期待できるからです。 先ほども説明したように、節水コマは水量を少なくすることで節水できる仕組みです。店舗や施設の場合だと、たとえ節水できたとしても、水が少ししか出ず仕事にならない…そんなことは避けたいですよね。そういった悩みを解決できるのが、ご紹介する「JET(ジェット)」です。

節水コマ「JET(ジェット)」は、最大節水率50%の次世代節水装置

「JET(ジェット)」は、蛇口1か所あたりの最大節水率50%を誇る次世代節水装置です。それでは早速、「JET(ジェット)」を店舗や施設が導入することでどういったメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。

「JET(ジェット)」のメリット(1)水量削減でも変わらない使用感

「JET(ジェット)」は、水量を減らしながらも、使用感を損なわずストレスなく使える点が魅力です。「JET(ジェット)」では、外気を取り組むことで圧力を高め、排出する水の流速を2倍以上速くします。これにより、水量を減らしながらも勢いを維持することができ、水量が減ったことを意識させないような従来どおりの使用感を保つことができます。さらに、外気が小さな気泡として水の中に入ることで洗浄効果もアップし、肌感もよくします。 節水と利便性を両立させた「JET(ジェット)」は、これまでの節水コマにあった使いづらさを解決してくれます。

「JET(ジェット)」のメリット(2)最大節水率50%でコスト削減

「JET(ジェット)」の蛇口1か所あたりの最大節水率は50%と言われています。使用場所によって削減率は変わってきますが、建物全体でみると平均30%の水道料金削減となっています。30%の削減も店舗や施設にとっては決して少なくない数字です。月間、年間で見ていけば、大きなコスト削減に繋がります。

「JET(ジェット)」のメリット(3)世界6カ国で特許取得の実績

「JET(ジェット)」は、日本はもちろん、米国、韓国、シンガポール、中国、台湾の合計6カ国で特許を取得しています。日本以外の国からもその技術を認められている点は安心できますね。「JET(ジェット)」は、TOTO、SANEI、INAX、KAKUDAIなどの国内メーカーに対応しているため、これらのメーカー製のシンクやシャワーなどであれば、国外であっても利用可能です。海外進出をしている、もしくは進出を考えている店舗であっても導入できますね。ただし、海外メーカーの一部には対応してませんので、その点にはご注意ください。

「JET(ジェット)」のメリット(4)手入れが簡単

節水コマ「JET(ジェット)」は、使用しているうちに発生する汚れやさびは、自分で簡単に解消しやすいため、業者を呼ぶ必要などはありません。 定期メンテナンスの手配やコストがいらないという点は、長く利用していく上で嬉しいポイントですね。

節水コマ「JET(ジェット)」利用がおすすめの店舗や業種

メリットの多い「JET(ジェット)」は、導入も簡単ですのでどんな店舗にもおすすめです。ですが今回は、特にコスト削減効果が期待できる店舗、業種をご紹介します。

飲食店

水の使用が多い飲食店への「JET(ジェット)」の導入はおすすめです。特に、水の勢いを維持でき、洗浄力が増す「JET(ジェット)」を導入することで、コスト削減だけでなく皿洗いなどでの衛生管理の効果も期待できます。

ジム・フィットネスクラブ

シャワールームなどを設けていることが多いジム・フィットネスクラブへの「JET(ジェット)」の導入も、コスト削減の期待ができます。JET(ジェット)は蛇口だけでなくシャワーへも取り付けることができますので、ぜひ取り入れたいところです。

病院・介護施設・ホテル

多くの人が利用する病院や介護施設、ホテルへの「JET(ジェット)」の導入もコスト削減効果が期待できるでしょう。手洗いの蛇口はもちろん、シャワーなどにも設置することで、大幅なコスト削減に繋がります。水の勢いを維持できるJET(ジェット)であれば、利用者や宿泊者に対して不便なく利用いただけるので、そういった点も安心ですね。

節水コマ「JET(ジェット)」を店舗や施設が導入するにはどうすればいい?

「JET(ジェット)」について見ていきましたが、実際に「JET(ジェット)」を利用したいと思ったとき、店舗や施設はどうすればいいでしょうか?

節水コマ「JET(ジェット)」の取付方法

節水コマ「JET(ジェット)」の取付方法ですが、業者による工事などは不要で、ご自身で取付作業が可能です。キャップが回る場合はキャップ交換のみで設置することができ、サンタンが膨らんだ丸型蛇口の場合もネジ式のパイプ交換で設置可能です。3分もあれば作業は完了しますので、どなたでも抵抗感なく取付作業やメンテナンスができます。 取付後のメンテナンス作業も、JET(ジェット)の泡沫部分を洗浄するだけで完了しますし、水漏れ時はパッキンの交換で対応できます。

節水コマ「JET(ジェット)」取付対象外となる場合

以下の場合、節水コマ「JET(ジェット)」の取付は対象外となりますので、チェックしてみましょう。 ・水道料金が月30,000円以下の場合 ・他社の節水対策を既に導入している場合 ・先端が膨らんだ丸型蛇口の場合(パイプを外ねじ式に交換必須) ・水をためる場所(お風呂、寸胴鍋)では効果を得ることができないため、取付不可

節水コマ「JET(ジェット)」の導入方法、価格って?

「JET(ジェット)」は、レンタルサービスにて店舗や施設へ導入いただけます。レンタルの無料期間もあるので、試しに使っていただくことも可能です。レンタル価格は店舗ごとの節水幅を見て、営業担当が最適なプランをご紹介しますのでご安心ください。 「JET(ジェット)」を利用してみたい、レンタル価格を知りたい、無料期間はどれくらいあるかなど気になった方は、お気軽に「商品お問い合わせ」よりご相談ください。

まとめ

次世代節水装置「JET(ジェット)」は、特許取得の技術で、水量を減らしながらも使用感はそのままに使える、まさに理想の節水コマだと言えますね。水道代が高いなど、コスト削減したいと考えていた店舗にとってはぜひ導入いただきたい商品です。少しでも「JET(ジェット)」が気になる、コスト削減したいと思った方はぜひ弊社までお問い合わせください。

関連タグ