【Wi-Fi乗り換え】手順や解約金、契約期間の注意点もわかりやすく解説!

【Wi-Fi乗り換え】手順や解約金、契約期間の注意点もわかりやすく解説!
新生活が始まり、インターネット環境の見直しや契約を行う方が特に増えるこの時期。企業やオフィスでも、持ち運び用のWi-Fi(モバイルルーター)の契約更新などの時期でもあるでしょう。また、新型コロナウィルスの影響でテレワークが増加し、その環境として個人も法人も、Wi-Fiの必要性が高まっています。今回はWi-Fiのなかでも持ち運びできるWi-Fi(モバイルルーター)の乗り換えやサービスについてご紹介していきます。
 

Wi-Fi乗り換えが多い時期

4月~6月にかけて、または9月など、新生活や引越しシーズンではWi-Fi(モバイルルーター)の乗り換えが多くなる時期です。個人の引っ越しや転勤などによる需要はもちろん、年度始まりとして、会社やオフィスでもこうした契約を見直す時期でもあるでしょう。
しかし契約するきっかけや時期は人によって様々であり、年間を通してWi-Fi(モバイルルーター)の乗り換えや契約は検討されているとも言えます。

コロナウィルスでWi-Fi乗り換えが増加?

コロナの影響のなかテレワークでオンライン会議をしている様子
新型コロナウィルスの影響で外出自粛要請やテレワークにより、自宅で過ごすことが増えた昨今、Wi-Fi(モバイルルーター)の需要も増えてきているでしょう。
テレワークを行う企業においては、従業員のインターネットやWi-Fi環境を整えるために、Wi-Fi(モバイルルーター)を配布するところもあるはずです。
また、働き方改革やテレワークの推進が進むことで、さらに企業は従業員のインターネット環境整備を検討する必要が出てくるでしょう。公衆無線LANや無料Wi-Fiではセキュリティの面で心配もあるため、安心して使える環境を整えておきたいところです。

Wi-Fiの乗り換え時の注意点

Wi-Fi(モバイルルーター)の乗り換えや解約の際に注意しておきたい点があります。特にお金に関するトラブルを避けるためにも以下の2つにはご注意ください!
 

解約金や契約期間でトラブル

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約で注意したいのが、解約金に関する問題。契約期間内に解約することで莫大な解約金が発生する場合もあるのです。
契約期間が終了していれば解約金は発生しないのですが、重要な落とし穴として「自動更新」というシステムには注意しなければなりません。たとえば2年間の自動更新契約の場合、2年経過のタイミングで解約を行わない限り、再度2年間の契約へと更新されてしまうのです。せっかく長く使っていても、契約更新期間を過ぎてしまうことでさらに2年間の契約が前提となるため注意しましょう。
契約時の書類に、解約金や契約期間なども記載されているはずなので確認するようにしてください。
 

解約手順がわかりずらい

Wi-Fi(モバイルルーター)の解約手続きがわかりずらい場合があるため、この点にも注意したいところ。契約更新の期限がある場合には、期限ギリギリに手続きを始めることで想定以上に時間がかかる場合も。事前に解約手続きの方法を確認しておくことをおすすめします。
 

Wi-Fi乗り換えで注意したい契約期間

Wi-Fi(モバイルルーター)を乗り換えを行う際に注意したい契約期間。これは解約金にも直結する問題なので、以下の内容を把握しておきましょう。
 

長期契約

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約期間は、2~3年が一般的です。長期間の契約をすることで、月額料金が安くなっているケースが多いためです。長期契約の場合、契約更新のタイミングを忘れがちなので、確認しておきましょう。
 

契約が自動更新されていないか

長期間にわたり契約に関してチェックしていなかった場合、契約が自動更新されている場合もあります。自動更新されている場合、再度設定されることになるためご注意ください。
 

契約満了のタイミングとは

利用開始の翌月を1か月目として計算されることが多いです。利用開始した月が4月の場合、その翌月である5月が1か月目とされるということです。この場合、2年契約の満了月は25か月目にあたりますよね。基本的にこの契約満了月が契約更新月であったり、解約金のかからない期間ということになるでしょう。
※サービスによってサービスの開始月やタイミングは異なりますので個別に確認するようにしてください

Wi-Fi乗り換え時にかかる解約金

女性がポイントを教えてくれる様子
乗り換えや解約時に一番心配なのが解約金に関して。少しでも無断なお金を払わずに済むよう、以下の注意点をチェックしていきましょう。
 

中には莫大な解約金が設定されている場合も?

Wi-Fi(モバイルルーター)の解約金は、サービス毎に異なりますが、中には大きな金額の解約金が設定されているケースもあります。こういった場合は、契約更新期間や解約金のかからない満了月などに解約をするようにしましょう。

Wi-Fi乗り換えの手順

次に実際のWi-Fi(モバイルルーター)の解約手順の流れを簡単にご説明していきます。
次の乗り換え先との契約を見据えた場合の流れとしてご紹介していきますので、インターネットが使えない期間をなくしたいという方にはおすすめです。

乗り換え先を見つけておく
まず、次に契約するWi-Fiのサービスを探します。料金の安さや契約金の有無など、最近のサービスには柔軟なものもあるため、使い勝手の良いサービスを比較すると良いでしょう。

乗り換え先に申込み
契約したいサービスが見つかったら、契約の申込みをします。
現在契約しているサービスの解約を先に行ってしまうと、乗り換え先のサービスが利用できるようになるまでインターネットが使えないという事態が発生する可能性があるのでご注意くださいね。
解約する前に乗り換え先に新たな申込みすることに不安がある場合は、乗り換え先に相談してみるなどしてみましょう。
 

契約しているWi-Fiを解約

現在契約しているWi-Fi(モバイルルーター)の解約を行います。
サービスによって解約の申し入れの方法が異なりますが、電話やマイページから行えるのが一般的でしょう。また、お客様センターなどの窓口は非常に繋がりにくいため、根気よくかけ続けましょう。
 

SIMカード返却

解約の申し入れを行ったあと、現在契約しているサービスから解約に関する書類が届きます。受け取ったあとに、解約申込み書の記入などを行い、Wi-Fi端末に挿入されているSIMカードを返却します。このSIMカードを紛失したり、返却し忘れた場合、費用がかかる場合があるので必ず返却するようにしてください。
※解約に関する流れは一般的な内容でご紹介しています。サービスによっては異なる手続き方法の場合もあるため、解約方法を確認するようにしましょう。
 

解約金がかかる場合には解約金明細をチェック/保存

解約金がかかる場合には明細をチェックします。また、乗り換え先が解約金負担を行ってくれる場合「解約金がかかったことのわかる明細」が必要になります。解約金にかかるこその金額が明記された書類。

Wi-Fi乗り換えで選ぶべきサービスの特徴

Wi-Fi(モバイルルーター)の乗り換えや契約で、月額料金を一つの基準にすることも重要なのですが、最終的にお得になるようなサービスを選ぶことが重要になってきます。
 

縛りなしプランがある ​

​​​​​​契約の際に最低利用期間や一定の契約期間がないサービスもあります。こういったサービスであれば、いつどのタイミングで解約しても解約金の心配がいりません。
また、企業やオフィスにとっては今回のコロナウィルスのようにテレワークが必要になった際にも安心して契約することができるでしょう。
》縛りなしプランも魅力のどこよりもWi-Fiの詳細はこちら
 

月額料金が今よりも安い

Wi-Fi(モバイルルーター)市場では、常に最新のサービスが登場しています。同じようなスペックやサービス内容であっても月額料金が安いもの、今以上に機能や使い勝手の良いサービスが格安で提供されているものもある可能性があるため、しっかりチェックしてみてください。
 

乗り換えキャンペーンやキャッシュバックを行っている

乗り換えや新規契約の場合、キャッシュバックを行っている場合もあります。しかし注意したいのは、こうしたキャッシュバックはすぐにもらえるとは限らず、半年以上先に受け取れるなどの条件がある場合もあります。現在使っているサービスの莫大な解約金に充てたいという場合はご注意ください。

Wi-Fi乗り換えでおすすめしたいサービス2選

数あるWi-Fi(モバイルルーター)のなかで、おすすめのサービスを2つご紹介します。
 

どこよりもWi-Fi

どこよりもWi-Fi
(画像引用:Wiz cloud)

どこよりもWi-Fiとは、3つの特徴が魅力的Wi-Fi(モバイルルーター)。業界最安値で利用できる点も嬉しいですよね。一つずつチェックしてみましょう

どこよりもWi-Fiは最安値で利用できる
端末が同等のものも含めて、業界最安値としての料金設定で提供。
プランによって異なりますが、最もお手頃なプランの場合、月額2,480円という料金で使えるようになっています。しかも月間20GBのデータ通信が可能。その他のプランでも、最高でも月額3,380円と非常にお得な料金となっています。

どこよりもWi-Fは縛りなしプランがある
どこよりもWi-Fiの魅力の一つは、契約期間の定めのない「縛りなしプラン」。どのタイミングで解約しても、解約金はかからないため、安心して使えます。企業にとっても、テレワークや転勤に伴うインターネット環境の整備、出張の際にも幅広い用途で契約可能!
しかも、この縛りなしプランは月額2,980円で提供されています。一般的に縛りなしプランの場合、月額料金が高いというイメージがある方もいらっしゃいますが、どこよりもWi-Fiなら非常にお得に使えるのです。
※縛りなしプランの場合、解約時にクリーニング代2,000円がかかります

実質無制限プランも
もう一つの特徴として、実質無制限プランも用意されている点。設定されている利用可能データ通信量が大容量であるため、実質無制限で使うことができるのです。動画視聴やテレビ会議など、テレワークや外出自粛でデータ通信を大量に行う場合にも安心して使えるでしょう。
※著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります
》企業にも個人にもおすすめ!縛りなしプランでも月2,980円で使える?
 

hy-fi

hy-fi
(画像引用:hy-fi公式サイト)
hy-fiも使い勝手の良い魅力が詰まったサービス。その特徴から、特に企業やオフィス、ビジネスマンにとって注目されています。

世界中で使える
​​​​​​クラウドSIMを採用しているため、SIMカードは端末ではなくサーバー上で管理。SIMカードの差し替えをせずに海外でも使えるため、急な出張でも安心して利用できるでしょう。

3大キャリアの回線を使える
NTT docomo/au/Softbankという国内3大キャリアの通信網が使えるようになっています。

旅先でも使える機能を搭載
翻訳機能やGoogle MAP、トリップアドバイザーを搭載するプランもあります。こうした機能があれば、海外出張や旅行の際にはなくてはならないアイテムとして重宝するでしょう。
また、外国人観光客を受け入れる宿泊施設や民泊の事業者としても、貸し出し用としておすすめです。
》hy-fiの特徴や料金はこちら!無料問い合わせも受付中

Wi-Fiの乗り換えは総合的にお得になるかを重視したい

モバイルルーターをビジネスで快適に使用している様子
今回ご紹介したWi-Fiの乗り換えに関して、契約期間や解約金をもとに、少しでもお得になるようなサービスに乗り換えることは重要です。
しかし、最終的にお得にできるサービスであったり、ストレスなく使うためにそのサービス内容や機能にも注目する必要があります。
是非、使い勝手の良いWi-Fi(モバイルルーター)サービスを探してみてくださいね!
また、企業にとってはテレワークや出張など今後もWi-Fi(モバイルルーター)は必要となるはずです。今回のコロナウィルスの際のような緊急時にも備えて、使い勝手の良いサービスを検討することをおすすめします!
》Wi-Fi(モバイルルーター)ならどこよりもWi-Fi?その特徴に迫る!
》海外でも安心して使える?法人向けモバイルルーターなら「hy-fi」!

 

関連タグ