【2020年最新】RPAツール14種類を徹底比較!

【2020年最新】RPAツール14種類を徹底比較!
近年、企業の生産性向上や人手不足に向けた課題解決のため、RPAツールを導入する企業が増加しています。国内外問わず、さまざまなRPAツールが登場しており、これから導入を考える人にとっては、何を選んだらいいのか悩んでしまうかもしれません。
そこで今回は、今大注目のRPAツールについて概要や種類、さらにオススメのRPAツールを比較してご紹介していきます。
 

RPAとは?

RPAとは、日本語で「ロボットによる業務自動化」を意味する「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の頭文字を取ったものです。
ロボットといっても、生産作業の中で自動的に物事を動かすためのものではなく、パソコンのアプリケーション操作やシステムの画面を識別し、人間と同じように事務作業などができるようにしたロボット機能のことを指します。

これまで人がパソコンで行っていた画面上の操作を、RPAツールに方法を登録しておくことで、自動的に操作を再現して処理することができます。これにより請求書の発行や処理、コールセンター業務などの事務作業をRPAが代行することが可能になります。

RPAの種類

RPAツールには、大きくわけて「デスクトップ型」と「サーバー型」の、2種類があります。2つの違いは、サーバーに接続せずPCだけで作業を完結させる「デスクトップ型」に対し「サーバー型」は、PCとサーバーを連携させることで作業を進めるという点にあります。
RPAツールを導入する際は、RPAの種類やその違いをしっかり確認したうえで、最適なものを選ぶようにしましょう。
 

デスクトップ型

デスクトップ型のRPAツールは、別名「RDA(ロボティック・デスクトップ・オートメーション)」とも呼ばれており、パソコンにツールをインストールして作業を行うものです。

デスクトップ型は、通常のパソコン操作と同じ感覚で利用でき、サーバーやネットワーク環境がなくても作業を進められるメリットがあります。ただし一方で、担当者のスキルやパソコンのカスタマイズ方法などによって、その効果は大きく左右されてしまいます。RPAを入れたことで、他の作業ができなくなってしまったり、RPAツールを入れる作業ごとに端末が必要になったりするほか、端末ごとにランセンスを購入する必要があるため、規模が拡大するとともにコストも高くなってきます。
 

サーバー型

サーバー型のRPAツールは、パソコンとサーバーを接続して、自動化の作業を行うものです。サーバー上で複数のロボットを一括で管理できるため、ロボットの作業が進行中に端末が占有されることなく、別の作業を同時に行うことができます。
1ライセンスあたりの価格は、デスクトップ型よりも割高に見えますが、導入規模が拡大するほど運用コストは抑えられます。ただしサーバーの準備や、ネットワーク環境の構築が必要になるため、導入ハードルが高いという点もあります。

注目のRPAツール20選

では数あるRPAツールの中から、抑えておきたいRPAツールをご紹介します。ぜひRPAツール検討の参考にしてみてください。
 

WinActor Cast on Call

「WinActor Cast on Call」は、面倒なシナリオ作成が不要で、必要な時に必要な分だけ業務を自動化できる、クラウド型のRPAサービスです。
データ抽出や集計、入力や登録といった単純作業の自動化に長けており、そのほかにも画像ファイルの読み取りや請求書発行などの事務作業も自動で行います。
細かい作業を自動化することで、作業時間の短縮や生産性向上に繋がり、コスト削減を実現します。
さらにクラウド型のRPAツールのため、大がかりな導入費用も不要となり、初期費用や運用費も他社サービスに比べ、比較的抑えて導入することができます。
 
290

Robo-Pat

専門的な知識がなくても簡単にロボットを作成できる「Robo-Pat」は、直観的な操作性高さが人気のRPAです。
「Robo-Pat」は、現場で利用する人自らの手で業務を自動化できるため、専任の部署に依頼する時間もかからず、より効率的に業務の自動化が可能となります。また決まったアプリやブラウザは必要なく、汎用性が高いのも大きな特徴です。
さらに初期費用や保守費用なども不要で、ライセンス料のみで利用できる点もメリットです。また月単位でライセンス数の切り替えが可能です。
 

Automation Anywhere Enterprise

アメリカのAutomation Anywhere社が、日本のIBMと共同開発した「Automation Anywhere Enterprise(オートメーション・エニウェア・エンタープライズ)」は、企業プロセスを管理し改善を行う「ビジネスプロセス管理(BPM)」と、RPAを組み合わせて作られたRPAツールです。
高度なセキュリティを備えており、アメリカにおいてのRPAツールではシェアNo.1を誇ります。業務の自動化だけでなく、業務全体の可視化・効率化を可能にするRPAツールです。
 

Blue Prism

「Blue Prism(ブループリズム)」は、2001年にイギリスで設立されたBlue Prism社が提供しているRPAツールです。
サーバーによる中央管理型で、どちらかというと大規模業務向けのRPAツールといえます。他社との差別化を図るため、厳しいセキュリティ対策機能が備わっており、金融機関などでの導入実績もあります。
また汎用性に優れたRPAツールのため、さまざまなインターフェースへの連携ができるほか、使いやすい操作性と、機能の充実が人気の高いポイントといえます。
 

Uipath(ユーアイパス)

アメリカのUiPath社が開発した「UiPath(ユーアイパス)」は、動作シナリオの作成や実行・管理などの機能を、別々の製品として提供することで、大小規模幅広く対応したRPAツールです。2017年には日本法人を設立し、ツールの完全日本語化を実現。大手企業をはじめ、着実に導入実績を積んでいます。
サーバー型のRPAツールのため、サーバーで中央管理ができ、大規模な運用が可能ですが、それと同時にパソコンへインストールしてデスクトップ型としての利用もできます。
また無料トライアルが2種類用意されており、気兼ねなく使い始めることができることも、人気のポイントです。
 

NICE Robotic Process Automation

元はコールセンターの通話記録ソリューションの販売を行っていた、イスラエルのNICE社が開発した「NICE Robotic Process Automation(ナイス・ロボティック・プロセス・オートメーション)」は、業務に応じて処理を全て自動で行う全自動型のRPAツールです。
コールセンター業界に詳しい企業が開発したツールのため、特にコールセンター業務やカスタマーサービスに適したツールとなっています。
 

Pega Robotic Automation

「Pega Robotic Automation(ペガ・ロボティックオートメーション)」は、アメリカPegasystems社のBPMや、顧客関係管理(CRM)の補完目的で提供されているRPAツールです。集めたデータとシステムを統合することで、反復作業の自動化を促進します。
Pegasystems社は、BPM・CRMのソフトウェアベンダーとして30年以上の実績を持つため、RPAにも業界トップクラスのBPM機能を搭載しています。
 

WorkFusion

アメリカのWorkFusion社が開発した「WorkFusion(ワークフュージョン)」は、世界規模で導入が進むRPAツールで、日本でも2018年から販売パートナー契約を締結しており、国内でも導入している企業が増加しています。
なかでも完全無料で提供している「RPA Express Starter」プランは、25,000以上のダウンロード実績を持っています。
 

BizteX cobit

コスト面が気になる方にオススメなのが、業務内容にあったプランがエラベルRPAツールの「BizteX cobit」です。
クラウド型のRPAサービスのため、機能改善や追加が柔軟に行え、スピード感ある業務進行が可能になります。また通常は導入から利用開始まで時間を要することが多いRPAですが、BizteX cobitでは、最短で即日の利用開始が可能です。
 

Robotic Crowd

「Robotic Crowd」は、ソフトウェアのインストールにかかる手間や導入コストをかけずに利用できる、クラウド型のRPAツールです。申込後すぐに利用開始することができ、今使っているブラウザから簡単に操作することが可能です。
制御機能も豊富な「Robotic Crowd」は、さまざまな業務を実行して、人的ミスや漏れを防ぎます。また機械で全て自動化するだけでなく、人との共同作業も可能で、より効果的に業務を行うことができます。
 

パトロールロボコン

株式会社コムスクエアが提供する「パトロールロボコン」は、これまで人の手で行っていた、調査や復旧作業・報告業務など、あらゆるシステム運用業務の自動化を可能にします。従来の自動化ツールでは対応できなかった、複雑なIT運用業務の自動化も実現。
わかりやすい画面や操作性により、誰でも簡単に扱うことができると評判も高く、さらに汎用言語を活用しているため、専門的な知識も必要ありません。
 

SynchRoid

ソフトバンクが提供する「SynchRoid(シンクロイド)」は、単純作業を自動化して、事務作業の効率化を実現するRPAツールです。手間のかかるパソコンでの事務作業をロボットが代行するため、業務の効率化やコスト削減のほか、人的ミスも防ぐことができるので品質の向上にも繋がります。
また導入前だけでなく「SynchRoid(シンクロイド)」を導入した後、初期設定サービスや開発スキルのトレーニングといったサポートも充実しています。
 

BizRobo!

「BizRobo!(ビズロボ)」は、国内400社以上で導入実績があり、高い評価を受けているRPAツールの一つです。これまでの経験と実績に基づき、ロボット管理者や作成者向けのトレーニングサービスが用意されており、RPAツールを初めて導入する企業には安心できるブランドです。
Webサーバーを1つ用意すれば、複数のロボットを作成することができ、同時に運用させることができます。そのため大規模な業務に適しています。
 

ipaSロボ

「ipaSロボ」は、パソコンのマウスやキーボード操作を記録しシュミレートすることで、定型的な業務を自動化する国産のRPAツールです。作成方法もシンプルで、条件の分岐やループ処理などのコマンドを設定するだけなので、会社にシステム専門の部署がなくても、スムーズに導入することができます。
あらゆるアプリケーションが自動化できるので、作業時間の大幅短縮や生産性の向上、コスト削減といった効果を実現します。
 

RPAツールの比較表

 
サービス名 月額料金 初期費用 無料プラン有無 種類 機能
WinActor Cast on Call 年額38,000円〜 142,000円~ - デスクトップ型 定形業務の自動化
Robo-Pat 要問い合わせ 0円 有り デスクトップ型 定形業務の自動化
Automation
Anywhere Enterprise
要問い合わせ 要問い合わせ 有り サーバー型 定形業務の自動化
業務内容分析
Blue Prism 要問い合わせ 要問い合わせ 有り サーバー型 複数の定型業務自動化
UiPath 要問い合わせ 15万円~/年 有り サーバー型
デスクトップ型
ファイル読み込み・クリック動作
稼働管理など
NICE Robotic
Process Automation
要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ サーバー型 文字入力・
情報収集の自動化
高度な統合管理機能
Pega Robotic Automation 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ - Webシステム操作
定型業務の自動化
WorkFusion 0円~ 0円~ 有り サーバー型
デスクトップ型
バックグラウンド業務の効率化
BizteX cobit 要問い合わせ 10万円~ 有り クラウド型 テキストの入力・処理
メール送受信
勤怠管理など
Robotic Crowd 要問い合わせ 要問い合わせ - クラウド型 指定業務を自動化
情報収集やメール対応
勤怠管理など
パトロールロボコン 要問い合わせ 要問い合わせ - - キーボード入力
画面認識による定型業務
SynchRoid 要問い合わせ 600,000円~ 有り デスクトップ型 Webツール利用業務の自動化
プログラミング不要
BizRobo! 要問い合わせ 75,000円~ 無し サーバー型 情報収集
ソフトウェアの入力
集計作業
ipaSロボ 要問い合わせ 要問い合わせ 無し デスクトップ型 定型業務の自動化
システム利用
プリンタへの印刷指示
 

まとめ

今回は、業務効率化や生産性向上、コスト削減を実現するRPAツールについて解説してきました。海外では以前から広く利用されていたため、海外メーカー開発のサービスが多いですが、近年は国産RPAも多く登場しています。
利用用途や規模によっても、機能・価格が変わってきますので、しっかり比較して適したものを選ぶようにしましょう。
290

関連タグ