店舗や飲食店におすすめのWiFiは?メリットや導入手順も徹底解説!

飲食店などの店舗では、WiFiがあることで集客効果や顧客満足度の向上などのメリットがあります。 しかし店舗で使えるWiFiサービスは種類が多く、お店にピッタリなWiFiの選び方がわからない方も多いのではないでしょうか。 本記事では、店舗向けWiFiの選び方や導入までの手順を解説するので、WiFiを検討している方は是非参考にしてみてください。

今すぐ無料のWiFi相談をしてみる!
お問い合わせはこちらから!

オフィスや店舗でWi-Fi導入を検討する場合、その目的は様々あると思います。オフィスをまるごとWi-Fi接続できるようにしたいという、お店でお客様へのサービスとしてWi-Fi環境を整備したいなど、目的によって適したWi-Fiサービスを選ぶと良いでしょう。ここでは、オフィス・店舗向けWi-Fiのおすすめ5選をご紹介します。

オフィス・店舗向けWi-Fiを選ぶときのポイント

オフィスや店舗へのWi-Fi導入を考える際気になるのは費用面だと思います。また、ポイントとしては同時接続台数があると思います。事務所でWi-Fiを使う人の人数、店舗の客席数などを考慮して、Wi-Fi機器を選んでいく必要があります。 以下5つをポイントとしておすすめWi-Fiを比較していきたいと思います。1.初期費用 2.月額費用 3.通信速度 4.同時接続数 5.セキュリティ

オフィス・店舗向けWi-Fiおすすめ5選

①ギガらくWi-Fi[ベーシックプラン]  (提供:NTT東日本)

gigarakuwifi出典:https://flets.com/gigarakuwifi/

1.初期費用:不要(※工事が必要な場合は実費) 2.月額費用:2,980円(税抜)/ 月 3.通信速度:IEEE802.11ac(最新の無線規格まで対応) 4.同時接続数:50台(推奨台数) 5.セキュリティ:WPA2 PSK(現在最新の最も強固な暗号化方式) 【ポイント】 初期費用不要という点は他社にはないメリットです。月々の費用も2980円でリーズナブル。通信速度やセキュリティは最新のものを採用しておりコストパフォーマンスにも非常に優れています。通信大手のNTT東日本が提供するサービスで、サポートも365日9~21時と充実しており安心感があります。

ギガらくWi-Fi:https://flets.com/gigarakuwifi/ 

②Wi2 300 公衆無線LAN  (提供:ワイヤ・アンド・ワイヤレス)

wi2300_hp出典:http://wi2.co.jp/jp/

1.初期費用:端末費用29,800円(税抜) 2.月額費用:500円/月(税込) 3.通信速度:IEEE802.11acを含む(一部エリアのみ) 4.同時接続数:最大100台 5.セキュリティ:WPA2 PSK対応(現在最も強固な暗号化方式)        (暗号化ありのものと無しのものがあります。) 【ポイント】 初期費用が他社と比較すると少し高めですが、月々の料金は500円と非常にリーズナブルです。契約期間の縛りはないということなので、長く利用するほどお得になります。大手カフェのスターバックスもWi2のWi-Fiを利用するなど広く使われています。

Wi2 300 公衆無線LAN:http://wi2.co.jp/jp/ 

③FREESPOT  (主宰:株式会社バッファロー)

freespot_hp出典:http://www.freespot.com/owner.php

1.初期費用:端末代23,800円(税抜) 2.月額費用:2,730円/月 3.通信速度:IEEE802.11a/b/g/n 4.同時接続数:最大200台 5.セキュリティ:WPA2-PSK対応(現在最も強固な暗号化方式) 【ポイント】 初期費用は発生しますが、月額費用は比較的リーズナブル。同時接続台数が圧倒的に多いので、大規模施設等に適しています。通信速度は最新のものではありませんが、インターネットの閲覧等であれば問題なく行えるでしょう。

FREESPOT:http://www.freespot.com/owner.php

④USEN SPOT  (提供:株式会社USEN)[ベーシックプラン]

usenspot_hp出典:http://www.usen.com/biz_music/support/uspot.html

1.初期費用:工事費用実費+端末費用20,000円+事務手数料3,000円 2.月額費用料金:2,000円 3.通信速度:IEEE802.11a/b/g/n 4.同時接続数:未公開 5.セキュリティ:未公開 【ポイント】 初期費用が20,000円と雑費が発生するものの、月々の料金は2,000円とリーズナブルです。プラス500円/月で外国人旅行者用に12言語で対応しているのはほかにないサービス。ただ、通信速度は最新のものではなくセキュリティや同時接続数なども公開していないため、直接問い合わせが必要です。

USEN SPOT:http://www.usen.com/biz_music/support/uspot.html

⑤MSTAR(エムスター)マネージド無線LANサービス  (提供:エーピーコミュニケーションズ)

mstar_hp出典:http://www.ap-com.co.jp/ja/mstar/

1.初期費用:50,000円~ 2.料金:2,000円/月~ 3.通信速度:802.11ac/a/b/g/n(機種により最新の無線規格まで対応) 4.同時接続数:機種により50台まで可能 5.セキュリティ:WPA2(機種により現在最も強固な暗号化方式まで対応) 【ポイント】 機器費用、メーカハードウェア保守費用が別途発生します。価格は全体的に高めに設定されています。メリットとしては、会社ごとに最適なプランを提案してくれる点。機器のスペックにより通信速度、セキュリティ、接続数は異なるため、検討時には確認が必要です。

MSTAR(エムスター):http://www.ap-com.co.jp/ja/mstar/

店舗にWiFiを置くメリット

イメージ画像

顧客層が広がる

店舗にWiFiがあると若者やビジネスマン、外国人旅行客など幅広い層のお客様を呼び込むことが出来ます。

カフェなどで仕事をする方や、SNSやアプリゲームなどを楽しむ若者をはじめ、食事や休憩先でWiFiを使えることは、大きなメリットであり高い需要があります。

WiFi設備が整っていることはお店を選ぶ基準の一つとなっており、大きな集客効果を生み出しています。

待ち時間も快適にできる

店舗にWiFiがあると、来店時の待ち時間も通信料を気にせずインターネットやスマホアプリを使って時間をつぶすことができます。

とくにランチなどの混雑する時間帯では席や注文の待ち時間が長くなり、クレームの原因になりやすいです。

飲食店を始め、店内でWiFiを提供することで、お客様のストレスを軽減し、顧客満足度の向上やリピーターの増加につなげられます。

顧客単価が上がる

店舗でWiFiが利用できると、お客様の滞在時間が長くなり一人当たりの顧客単価が上昇します。

日本フードサービス協会のデータによると、ファストフード店に比べ滞在時間が長い居酒屋やディナーレストランは、5倍近く顧客単価が上昇しています。

WiFiを導入してお客様に長くお店を利用してもらうことで、注文数が多くなり売上アップにつながります。

タブレットオーダーが活用できる

店舗に設置したWiFiを使えば、客席にタブレットを設置して、席からの注文が可能なタブレットオーダーが利用できます。

お客様自身が、席に設置された端末から商品をタッチして注文することができます。従業員を呼ぶ必要がなく手軽に注文できて、店舗側のオーダーミスの削減にも効果があります。

お客様を待たせず素早い対応ができるため、席数が多い店舗や従業員数が少ない店舗での業務効率化が図れ、お客様満足度向上にも繋がります。

店舗をレイアウトしやすくなる

店内にWiFiを設置することで、今までケーブルを使って接続していた機器の配線を、スッキリとなくすことが出来ます。

インターネット回線や防犯カメラの機器、レジの周辺機器等、複数の線が 混在することで、お客様に汚い印象を与えたり、ホコリをかぶりやすかったりするデメリットがあります。 

店内に余計な配線がなくなることで、 店舗のコンセプトに合わせたレイアウトが可能になり、集客効果や売り上げアップにもつながるでしょう。

店舗にWiFiを置くデメリット

イメージ画像

費用がかかる

店舗用のWiFiは、大人数の利用を想定した高性能なWiFiを利用するため、初期費用や月額費用がかかります。

メーカーによって異なりますが、一般的に初期費用は20,000~30,000円で、月 額費用は   3,000~5000円ほどが相場です。 

低コストでWiFiをレンタルするプランや、初期費用無料のWiFiを選ぶことで、費用を抑えた導入ができるでしょう。

WiFi目的の顧客が増える

WiFiを導入すると、WiFi目当てで来店するお客様が増える一方で 、一人当たりの注  数が少なくなるケースがあります     

例えば、コーヒー1杯で長時間利用する人が多いと、顧客単価も上がらない上、飲食目的で来店した他のお客様が利用できず売上が下がる可能性もあります。 

滞在時間に制限を設けたり、最低オーダー数を決めるなど、WiFi利用時のルールを決めておくようにしましょう。 

回転率が落ちる 

WiFiがあると、ビジネス利用やネットカフェ代わりに利用するお客様が増えるため、店舗の回転率が低下することがあります。

もともと回転率が高 い飲食店の場合、売上低下につながりかねません。

WiFiを利用することで長時間の利用が考えられるため、混雑時の滞在時間の 制限を設けるなどで対策していきましょう。

店舗用WiFiの選び方

イメージ画像

必要なスペックを把握する

店舗用の WiFiを選ぶときは、店舗に必要な接続台数や接続範囲、通信速度などをしっかり把握してから選ぶようにしましょう。

WiFiのスペックは機種によって大きく異なるため、値段の高いWiFiを導入しても不要な機能が多いといったケースもあります。

あらかじめ必要なスペックを把握しておき、店舗に適切なWiFiを選ぶようにしましょう。

費用で選ぶ 

店舗用の WiFiを選ぶときは、初期費用や月額費用などの、費用面を検討するようにしましょう。

一般的な店舗用WiFiの月額料金は、3,000円~5,000円が相場となりますが、用途や機能によって費用は異なります。

店舗に必要なスペックを搭載していて、費用が予算に合っているどうかを確認することで、失敗しないWiFi選びができるでしょう。

同時接続台数で選ぶ

30席以下の店舗

店舗の規模が小さい場合は、WiFiの同時接続可能数が少なくても、大きな問題なく利用できます。

最低限の通信速度や機能を搭載した、低コストなWiFiでも利用できるため、費用面を重視して選ぶとよいでしょう。

30席~100席の店舗

100席未満の中規模店舗の場合は、ピーク時のWiFi利用数を考えてWiFiを選ぶようにしましょう。

WiFiが接続できないとクレームの原因になるため、接続範囲が広いものや同時接続台数が多いWiFiを採用するようにしましょう。

席数が100席以上ある店舗

店舗の規模が大きい場合は、同時接続可能数の多いWiFiが必要となります。

高性能WiFiの購入や、広いスペースでも電波範囲を広げることができる、メッシュWiFiの導入を検討してみましょう。

通信速度で選ぶ

店舗のWiFiを選ぶ時は、お客様が快適にWiFiを利用できるように、通信速度が速いモデルを選びましょう。

WiFiは通信規格によって速度が異なっており、最新の規格と古い規格では通信速度の差が10倍以上とも言われています。

最新規格であるWiFi6に対応していることや、対応通信速度を公開しているWiFiから選ぶようにしましょう。

《WiFi6に関するおすすめ記事

接続方法は簡単であるか

さまざまな人が使う店舗用WiFiは、誰もが簡単に使えるものであることが重要です。

WiFiの接続方法はメールアドレスを登録して使うタイプや、TwitterなどのSNSでログインするタイプなどがあります。

店舗WiFiは、登録が必要であるとユーザーが面倒に感じてしまうため、利用者にパスワードを公開して接続しやすい環境を目指しましょう。

サポートが充実しているか

WiFiは導入時や運用してからも機械トラブルが起きてしまうことがあります。

WiFiを利用するお客様にとっては、使えるはずのWiFiが使えないとお店の信用低下に繋がりかねません。

店舗のWiFiに万が一のことがあった際に、電話でのサポートできるなど迅速な対応が可能なサービスを選びましょう。

ゲストWiFiが設定できるか

店舗WiFiを選ぶときは、ゲストWiFiの設定が可能なモデルを選ぶようにしましょう。

ゲストWiFiは、来店するお客様向けに一時的にインターネット接続だけを許可する機能です。

ゲストWiFiに接続することで、店舗のネットワークへ接続せずにWiFi利用ができるため、お客様と店舗で分けてWiFiを利用することができます。

セキュリティがしっかりしているか

店舗WiFiを選ぶ際は、お客様や店舗の安全のため、セキュリティレベルが高いモデルを選ぶようにしましょう。

WiFiにセキュリティ対策がされていないと、悪意を持った第三者に情報を抜き取られてしまう可能性もあります。

WiFiにはWEP、WPA、WPA2の3つのセキュリティ規格があり、最も多くのWiFiに採用されているWPA2規格を選ぶと安心です。

店舗WiFi導入の手順

イメージ画像

インターネットを契約する

店舗にWiFiを導入する際は、インターネット回線の契約が必須となります。

さまざまな人が利用店舗では、高速で同時接続台数の多いインターネット回線を利用するようにしましょう。

回線事業者を比較して店舗に合ったネット環境を整備しておくことで、WiFi導入後すぐに利用することができます。

余裕を持った工事日程を組む

新しくインターネット回線に申込をする方は、利用に向けた開通工事が必要となります。

店舗のテナントが古かったり、特殊な配線が必要な場合は、開通工事に時間がかかる場合もあります。

WiFiの利用開始日に合わせて、余裕を持ったスケジュールを組むようにしましょう。

WiFiルーターを導入する

インターネット契約時は、WiFiルーターがセットになっていることもありますが、接続台数が少なかったり、通信速度が限定される場合があります。

一般的に、インターネット契約で貸与されるWiFiルーターは、家庭向けの機能であることが多く、規模の大きな店舗での利用には不向きです。

大きな店舗や、接続台数が多いことが予想される場合には、別途、高性能なWiFiルーターを購入することをおすすめします。

設置場所を決める

インターネット回線を契約した後は、WiFiを設置する場所を決めましょう。

WiFiの電波は、360度に広がるため店舗の中心に設置することで最大限のパフォーマンスを発揮します。

また壁や床などに阻まれると、WiFiの電波は減衰するため、開けた場所に設置することが望ましいです。

利用開始の設定をする

WiFiの利用を開始する際は、WiFiを識別するためのSSIDやパスワードの設定が必要です。

WiFiの中には、スマホやタブレットを使って設定できたり、自動接続で簡単に完了するモデルもあります。

また回線事業者によっては、設置サポートを受けられることもあるので、接続設定に不安があればサービスを検討してみましょう。

WiFi導入時の注意点

イメージ画像

セキュリティを設定する

店内でWiFiを提供する場合は、必ずセキュリティ設定をするようにしましょう。

店舗の利用者だけが確認できるパスワードを設定することで、利用者以外の不正なアクセスを防ぐことができます。

悪意あるサイバー攻撃を防ぐためにも、セキュリティ対策をしっかりと設定しておきましょう。

長時間の滞在や利用を制限する

店舗にWiFiを導入すると、通信速度を気にせずくつろげるため、利用時間が長期化して回転率が落ちてしまうこともあります。

店舗の回転率が落ちると、注文数や対応できる客数が減って、売上の低下につながってしまいます。

ランチタイムや、ディナータイムなどの混雑が予想される時間は、あらかじめ利用時間の制限を設けておくとスムーズです。

店舗・顧客側でWiFiを分ける

店舗でWiFiを利用する場合、店舗側とお客様側で使うWiFiを分けましょう。

ゲストWiFi機能やSSIDが2つ以上あるWiFiであれば、複数契約するなどの費用がかからず手軽に区別することができます。

お客様が安心してWiFiを使うことができるよう、店舗側・お客様側が使うWiFiを決めておくようにしましょう。

導入事例

イメージ画像

カフェ編

カフェのような飲食店は、若者やビジネス目的の利用が多いためWiFiの需要が高いです。

スターバックスやタリーズ、ドトールといった有名カフェチェーンのほか、個人経営のカフェなどでも全国的に広くWiFiが導入されています。

ただし、長時間の滞在にならないよう、混雑時は店内利用を60分上限にするなど、時間帯によって制限を設けつつ、集客アップのためにWiFiを活用しましょう。

コンビニ編

コンビニは店舗数が多く、緊急でWiFiを利用したいときに便利です。例えば、コピー機の利用者によるデータのダウンロードや飲食スペースでの利用時などで役立っています。

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのコンビニ大手で導入がされています。

お客様にとって利便性が高まり、コンビニへの来店率が高まる一方で、駐車場に車を停めたまま長時間滞在するケースや、お手洗いに長居されることも考えられるため、注意喚起が必要です。

公共機関編

WiFiは、空港や地下鉄など公共の施設で導入が進んでおり、利便性向上に役立っています。

出張の多いビジネスマンや海外からの旅行者が使うことが多いため、主要な公共施設ではほとんど導入が完了しています。

WiFiを導入することで、利用者が快適に過ごすことができ、ビジネスやインバウンド需要の獲得につながっています

店舗におすすめな主要フリーWiFi6選

イメージ画像
 

プラットWiFi

ギガらくWiFi

Wi2 Freeキット

FREESPOT

USEN SPOT

DoSPOT

提供元

WiFiプラット

NTT東日本

ワイヤ・アンド・ワイヤレス

BUFFALO

USEN

NTT西日本

通信速度

1.2Gbps ~

5Gbps

1.3Gbps

1.3Gbps

866Mbps

867Mbps

1.3Gbps

初期費用

0円

0円

32,780円

26,180円~43,780円

22,000円

0円

月額料金

2,178円 ~

3,278円

3,278円

550円

0円

3,828

550円

同時接続台数

100台

50台

100台

64台

126台

122台

セキュリティ

高い

高い

標準

標準

高い

標準

プラットWiFi

プラットWiFiは、世界シェアNo.1のTP-Link社製無線ルーターをレンタルできるWiFiサービスです。

広範囲に安定した通信を実現するメッシュWiFiも利用可能なので、規模の大きい店舗でも安心して使えます。

通常であれば数万円の導入費用がかかる高機能なWiFiを、低コストで利用することができます。
《世界シェアNo.1のTP-Linkとは?詳しい記事はこちら!

ギガらくWiFi

ギガらくWiFiはNTTが提供するWiFiサービスで、導入から運用まで手厚いサポートが魅力です。

WiFi接続の際には、店舗のFacebookやWebページに誘導できるため高い宣伝効果を発揮します。

またギガらくWiFiは、企業やオフィスでも使われている高性能なWiFiのため、機能性を重視したい方にもおすすめです。

Wi2 Freeキット

Wi2 Freeキットは、ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する店舗向けWiFiサービスです。

英語、中国語、韓国語など6言語に対応しているため、インバウンドへの対策もバッチリです。

月額費用が安く、低コストでインバウンド集客を向上させたい場合におすすめのWiFiです。

FREESPOT

FREESPOTは、buffalo社が提供する業務用WiFiサービスです。

ユーザーがWiFiを利用する際は、メールアドレスの登録または、SNSによるログイン認証が必要となります。

FREESPOTを導入の際は、接続手順を明記しておくなどユーザーがWiFi利用を面倒に感じない工夫をしましょう。

USEN SPOT

USEN SPOTは、音楽コンテンツの有線放送をしているUSENが提供する、店舗向けのWiFiサービスです。

ただ導入の際は、プロバイダーが限定されてしまうため、光回線などの利用環境を変える場合もあるため注意が必要です。

とはいえ、同時接続台数が多く困ったときの24時間サポートがあるなど、店舗に嬉しいサービスで快適に利用できます。

DoSPOT

DoSPOTはNTT西日本が提供する、月額500円で導入可能な業務用のWiFiサービスです。

NTT西日本のフレッツ回線でしか利用できず、同時接続台数も少ないですが契約するとNTT西日本の公式ホームページに、店舗名が記載されるためお店の宣伝にも繋がります。

店舗にWiFiを設置する際によくある質問

イメージ画像
Q
おすすめのWiFiは何ですか

A

店舗でのWi-Fi利用は、プラットWiFiがおすすめです。高機能のWiFiを低コストでレンタルできるため、初期費用を抑えつつWiFi導入が可能です。

Q
設置無料でお願いできるWiFiサービスはありますか

A

WiFiサービスによっては、設置の際の工事や取り付けを無料で行っているものもあります。詳しくはサービス業者にお問い合わせください。

Q
WiFiをレンタルするメリットはなんですか

A

店舗などで利用される業務用WiFiは、購入費用に数万円以上の費用が発生することもあります。WiFiをレンタルすることで、高性能なWiFiを低コストで利用可能です。

今すぐ無料のWiFi相談をしてみる!
お問い合わせはこちらから!

まとめ

月々のランディングコストが安いのはワイヤアンドワイヤレスの「Wi2 300」のようでした。

ネット速度の快適さ、という面では、NTTの「ギガらくWi-Fi」が無線LANの最新規格対応の為一番速い速度でインターネットが利用できるようです。

店舗用WiFiは、広告宣伝効果による、新規顧客獲得や、顧客単価の上昇などで、売上アップができるというメリットがあります。

しかし、WiFi導入には初期費用や月額費用が発生するため、店舗規模や利用用途に合った適切なWiFi選びが重要です。

プラットWiFiは、店舗に必要な機能を多く採用した高性能WiFiをレンタルすることができるため、初めてのWiFi設置でも安心して利用できます。

店舗へのWiFi設置を検討をされている方は、下記の無料相談窓口からお問い合わせください。
今すぐ無料のWiFi相談をしてみる!
お問い合わせはこちらから!

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!

人気記事ランキング

そのお悩みWiz cloudにご相談ください!

050-5050-0116

ご相談窓口 9:00〜18:00(土日祝日除く)

LINEで無料相談する

電話で無料相談する

ご相談窓口 9:00〜18:00(土日祝日除く)