【飲食店集客】今すぐできる、平日の売上をアップするコツを大公開!

【飲食店集客】今すぐできる、平日の売上をアップするコツを大公開!
うどん屋・カフェ・居酒屋など、さまざまな飲食店がある中で、全てにおいて共通する問題点として、売上にバラつきがあるという点があります。ほとんどの飲食店は、平日と週末で来店数や売上に差が出ており、週末は忙しいけれど平日は暇だ...ということも多いのではないでしょうか。

では飲食店において、平日に少しでもお客さんが集まり、売上をアップさせていくにはどうしたらいいでしょうか。平日の集客問題に関して、ひとつずつ考えていきましょう。

今すぐできるGoogle集客方法を無料公開!!

ガイドブック

【店舗オーナー必見】GoogleマイビジネスとMEOの活用方法・ポイントがわかる!

資料のダウンロードはこちら

平日の売上が上がらない時に考えるべきこと

まず多くの飲食店で、平日に売上があがらない時には、何を考えないといけないのでしょうか。
 

1.客層の理解

1つ目に考えることは「客層を理解すること」です。お客様が集まらない要因には、店側のターゲティングが不十分であるという点があげられます。

集客が出来ていない飲食店では、どんな人をターゲットにしているかと聞くと「30代~40代の女性です」といった回答をする人が多いですが、実際は30代~40代と言っても、生活習慣や環境・趣味趣向も違うため、効果的なターゲティングとは言えないのです。

飲食店が効率よく集客を行うには、顧客層の細分化によって、ターゲットを絞り込む必要があります。飲食店周辺圏内の潜在顧客を、細かく分けて、お店のタイプや傾向などからメインターゲットを絞り込みます。

細分化の主な項目としては、年齢や性別・家族構成・人種などの「人口統計」を元にした区分、地域制や気候、人口密度から見た「地理的統計」のほか、性格やライフサイクル・趣味趣向を基準とする「心理的統計」などがあります。また購買層や購買頻度、広告や価格変化への反応度合いから見る「行動的統計」といった点も参考にすることができます。
こうした情報と、自身のお店のウリや特徴などを考慮して、メインターゲットを決めます。
 

2.立地の再確認

飲食店がある立地は、しっかりと把握しているようで実は、色々と変化していることも多く、定期的に確認する必要があります。

まずはお店の最寄り駅から自分のお店までに、人や建物など周りにどんな変化が起きているかを日頃から意識して見るようにしましょう。もしかすると、似たようなお店がより駅の近くにオープンしていたり、マンションが出来ているといった発見に繋がることもあります。そのほかにも「最近外国人観光客をよく見かける」や「近隣のお店でキャッシュレス決済を導入しているところが増えてきている」など、物理的な点以外にも様々な事に気づけます。
 

競合店

店舗周辺の競合店についても、調査を怠らないようにしましょう。競合調査をすることで、地域の客層やニーズを知ることができ、さらに顧客単価もある程度把握できるようになります。

ただし「競合調査」といっても、同じようなお店ばかりを調査していては意味がありません。カフェならカフェ、居酒屋なら居酒屋ばかりを調査しているのではなく、同じ客層が行きそうな店やニーズに合った店も対象にしていきましょう。そうすれば業態だけで店を選ぶのではなく、目的や気分によって選んでいることも分かったり、自店との違いにも気付くことができるでしょう。

売上が悪い時にやってはいけないこと

そうは言っても、売上が悪い状態が続いてしまうと、何か手を打たなければと思うもの。そんな時に、絶対やってはいけないことがあります。
 

「とりあえず〇〇やろう!」

店舗の売上が悪い時によくやりがちなのが「とりあえずチラシを作ろう」「とりあえずSNSに投稿しよう」です。売上が上がらないという焦りから、とりあえず何かしなくては!と思いつきで行動をしても、冷静な判断ができていないため効果がありません。もちろん何もしないよりは一時的に効果はあるかもしれませんが、継続的な売上アップにはなりません。
 

過度なサービス・キャンペーン

来店者を増やすために「20%OFF!」など、一時的なキャンペーンをむやみに行っても、あまり効果はありません。キャンペーンの対象となるのが、新規顧客向けなのか?リピーター向けなのか?など、どんなターゲットに向けてのキャンペーンを打つか考え、目的を明確にしましょう。

平日の売上をアップする方法

平日の売上をアップする方法は、店舗によって何をやるべきか変わります。まずは自分のお店の客層や立地、競合店などを理解した上で、最適な集客方法を選択しましょう。
 

デリバリー、テイクアウトを始める

効果的な集客方法の一つに、デリバリーやテイクアウトの開始があります。忙しいサラリーマンなどが多い地域であれば、簡単に持ち替えられる商品を出してみるだけでも、大きく変化します。これにより普段はテイクアウトだけど、今日は時間があるから中で食事しようということもあります。
また最近増えている「Uber Eats」などのデリバリーサービスに参加することも、集客方法の一つです。デリバリーを可能にすることで、少し離れた場所のターゲットユーザーにもアプローチができます。
141

アイドルタイムを活用する

飲食店には「アイドルタイム」と呼ばれる、ランチ時間から夕方までの間で、客層が減って少し落ち着く時間があります。この時間帯をただお客が来ないと言うのではなく、アイドルタイム限定での特別価格や、特別メニューを作ってみてはいかがでしょうか。
居酒屋などでも、平日の早い時間帯に来店すると「ハッピーアワー」として、アルコールを安く提供するところも多く見かけますよね。
 

潜在顧客へアプローチをする

ターゲット層だけれど、周辺が行動範囲でないなど、多くの潜在顧客に向けた動きも集客方法の一つになります。潜在顧客へ効果的にアプローチできれば、圏内以外からの集客も可能になります。
 

世界最大のグルメサイト「トリップアドバイザー」へ掲載(無料)

人は、お店を探すときには誰かの感想を知りたいものです。その点、世界最大の口コミサイトである「トリップアドバイザー」は、膨大な数の店舗情報と、その店舗に対する口コミを掲載しています。
世界中の人の口コミが見られるので、国内外の潜在顧客にアプローチが可能です。
  
64

アクティブユーザー10億人の「インスタグラム」を活用する

今最も影響力のあるSNSと言えば、世界で10億人以上が利用している「インスタグラム」です。日本でも「インスタ映え」という言葉が流行語になるほど、インスタグラムの効果は高く、飲食店などでも多くの店舗がインスタグラムを活用して、潜在顧客へのアプローチを行っています。ビジュアルでアピールできるインスタグラムは、ハッシュタグ検索などで、たくさんの投稿も見ることができるので、口コミ効果もあります。
20

まとめ

飲食店でなかなか集客が難しい、平日の集客方法について、考えるポイントと対策を紹介しました。どんなお店であっても、常にお客さんが満杯というお店はありません。客足が遠のく時間をいかに埋められるようになるのか、そして効率的に集客していく方法を考えていきましょう。
ただし「とりあえず」何かするというのはNGですので、しっかりとターゲットを定めたうえで対策を行ってください。

今すぐできるGoogle集客方法を無料公開!!

ガイドブック

【店舗オーナー必見】GoogleマイビジネスとMEOの活用方法・ポイントがわかる!

資料のダウンロードはこちら

関連タグ