商品詳細

Wiki

賃料適正化サービス

賃料適正化サービス|成果報酬型の家賃減額サポート

  • 店舗・オフィスの賃料が適正かどうかを診断し、適正金額にするための交渉を各専門家がサポートを行う
  • 値切りではなく、本来あるべき価格帯に合わせる(賃料適正化)
  • 根拠に基づき賃料を適正な価格にするため、期間限定の対処療法ではない
  • 費用は成果報酬、減額できなかった場合でも報酬は発生しないため安心して利用可能

賃料適正化サービスの特徴

専門家との提携で大幅減額を実現

01

専門家との提携で大幅減額を実現

専門家との提携によりあらゆる要素を多角的に捉え、貸主様へ説得力のある資料を作成。弁護士と提携し借地借家法に則した提案を作成し、適正賃料算出は不動産鑑定士が行います。土地家屋調査士からもより詳細な状況を把握することも可能。具体的な根拠があるからこそ、大幅な家賃の値下げが実現可能となります。

貸主様との関係を第一にします

02

貸主様との関係を第一にします

当社が重要視しているのが、「借主と貸主の関係を良好な状態で維持する」ことです。一般的に貸主様と関係が悪化するのは、自社で交渉したり、専門家不在で、強引に値引き交渉する業者などに依頼するためです。借主様一方だけではなく貸主様の視点も踏まえて、お互いの利益になる交渉を進めるお手伝いをします。

成果報酬安心の価格設定

03

成果報酬安心の価格設定

コンサルティング費用は、成果報酬型で、もし減額できなかった場合でも報酬は発生しません。報酬額は減額幅から一部いただく形で、別途ご予算をご用意いただく必要はございません。

機能・サービス内容

こんな人におすすめしています

①固定費の削減に取り組んでいる方 ②入居2年以上経過している方 ③賃料が月30万円以上の方

賃料適正化サービス 導入資料

本資料では、賃料適正化サービスを導入することで得られるメリットをまとめております。 ダウンロードは無料です。ぜひ、ご活用ください。

資料ダウンロード
資料ダウンロード

料金

一括プラン

賃料減額分×10か月分

12回分割プラン

賃料減額分×12か月分

よくある質問

貸主様との関係が悪くならないの?

弊社がサポートの中で最も重要視しているのが「貸主と借主の関係を良好な状態を維持する」こと。 貸主様の心象を悪くしない謙虚な立場でのコンサルティングを行います。 また適正賃料より高額な物件しか取り扱わないので、無茶な提案をすることもありません。 家主様側のお財布事情を調査し(ビルの所有数、空室率、メンテナンス費用、固定資産税、銀行の借入状況、利回り等)おおよそ把握した状態での減額交渉をサポートする為、貸主の目線に立った提案が行えることなども、関係を崩さないために不可欠な要素といえます。 過去に大きなトラブルはなく、むしろコミュニケーションが図りやすい良好な状態にすることを心掛けております。

交渉したことによって、退去を迫られたりしませんか?

賃貸借契約において居住権は絶対的に強いものであり、 相応の過失がなければ退去させることは実質不可能です。 貸主はそのことを認識されておりますので、退去を迫られることはありません。

減額後、数年で家賃を増額されることはないの?

居住権の強さから、増額を拒否していれば貸主はそれ以上何もできません。 経済状況や、不動産市況が明らかに高くなっている場合は、裁判になった場合負ける可能性はありますが、そういったケースは非常にレアです。 増額の提案が貸主からあった場合は、弊社にご相談いただけましたら、適宜アドバイスさせていただきます。

Wiz cloudとは?

160を超えるIT商材を取扱い、経験豊富なコンシェルジュが、
業務効率化、コスト削減、告知・集客、開業準備のサポートなど、
目的に応じた包括的なプランをご提案します。

ご相談無料
原則、即日対応

煩雑な事務手続きを
一括引き受け

幅広い課題へ
ソリューション提案

商材毎の
アフターフォロー体制

お問い合わせ

contact

下記フォームの必須事項をご入力の上、
「無料相談する」ボタンを
クリックしてください。

お客様情報
プライバシーポリシーをご確認の上、
同意にチェックを入れて、相談ボタンを押してください。

本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた皆様に対し、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的で利用・管理・保管されます。

今の賃料が本当に適正な価格であるか、診断しほとんどの場合は賃料が安くなります。正しい価格にするお手伝いをいたします。