ガスの自由化ってどういうことなの?あなたの契約はプロパンガス?都市ガス?

ガスの自由化ってどういうことなの?あなたの契約はプロパンガス?都市ガス?

2017年4月より都市ガスが自由化され、お得に利用できるガスの選択肢が広がりました。しかしガスが自由に選ぶことが出来るといってもあまりピンと来ていない方も多いのではないでしょうか。
今回は日本で利用されているガスの種類や、ガスの自由化とはどのような取り組みなのかについて詳しくご紹介致します。

プロパンガスと都市ガスの違い

ガスの自由化について知る前に、そもそものガスの種類を知っておく必要がありますが、日本国内のほとんどの家庭・事業者では「都市ガス」か「プロパンガス」と呼ばれるどちらかのガスが導入されています。

ガス会社

まず「都市ガス」とは、地下に張り巡らされたガス導管を通じて家庭や店舗にガスを供給仕組みになっており、その名の通り都市部で利用されていることが多いです。都市ガスはメタンを主成分とした燃料の一種で、液体化が困難な作りになっているため、ボンベなどを利用せずにガス管を通って気体のまま供給されています。そのため都市ガスを利用できるのは人口の多い都市部などの一部地域に絞られているというわけです。

ガス会社

一方で「プロパンガス」とはプロパン・ブタンガスを主成分とした天然由来のガスで、別名で液化天然ガスやLPガスとも呼ばれています。「プロパンガス」は「都市ガス」に比べて冷却による液体化がしやすくなっているため、ボンベなどに入れて全国に供給することができるようになっています。
他にも、大型団地の施設内にガス発生機を設置する「簡易ガス(団地ガス)」と呼ばれるガスもありますが、ほとんどの家庭や事業者では上記のどちらかが使われています。

ガス料金がお得になる「ガス自由化」とは

日本で使われているガスは「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類ということはお伝えしましたが、それでは「ガス自由化」とはどういった取り組みなのでしょうか。

「プロパンガス」は以前から自由化されていたので、今回自由化されたのは都市ガスの方になります。また工場や病院ではすでにガスの自由化が行われていましたので、詳しく言うと『家庭・事業者向けの都市ガスが自由化された』ということになります。

これまで、都市ガスは住んでいる地域によってガス会社指定されており、たとえば『東京にお住まいの方であれば東京ガスのみ』というように決められていました。しかしこのたびガスが自由化されたことによって、消費者自身でお好きな都市ガス会社を選んで利用することが可能になりました。

ガスの自由化によって得られるメリット

ガス会社

これまではその地域のガス会社が全て独占するような形になっていましたが、ガスの自由化によって消費者が自由にガス会社を選ぶことができるようになりました。しかし、ガスなんて栓をひねれば出て来ますし、会社によってそんなに大きな違いがあるようにも思えませんが、ガスの自由化にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

さきほど、これまでは都市ガスはその地域ごとにガス会社が独占していたということをお伝えしましたが、他の選択肢を選ぶ術が無いため、事業者が価格を吊り上げてしまったとしても消費者は料金を支払うしかありませんでした。しかしこの度のガス自由化によって消費者は自由にガス会社を選べるようになったため、安さや安全性など自分にとって一番メリットがあるガス会社と契約できるようになったのです。

さらにガス会社はより多くの消費者に自社を選択していただく必要があるため、最近では都市ガスでもプロパンガスでも割引や特典を付けているところが増えて来ているため、スマートフォンなどと同じように定期的に乗り換えを行った方がお得な場合もあるようです。都市ガスは、月額料金自体は安いことが多いですが、開通させるには多大な初期費用が発生してしまいますので、簡単に乗り換えられるものではありません。しかしプロパンガスは初期費用が無いも同然の額の場合が多いため、定期的な見直しを行うことでより一層お得にご利用いただけます。
一般的にはプロパンガスよりも都市ガスの方が低価格で利用できると言われていましたが、これらの背景を考えると実は一概にそうとも言えないようです。

まとめ

都市ガスの独占によって、実はこれまで無駄なガス代金を支払っていたという方は多いのではないかと思われます。そこまで気にしていなかったという方でも、もしかすると今よりお得になるかもしれませんので、まずは見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。ワイズクラウドでは安心できる優良なガス会社を最大50社から相対見積もりを取ることができますので、ガスの自由化にご興味のある方はぜひ弊社のサービスをご活用ください。

関連タグ