ハルエネでんきは安くなる?契約プランや高くなる条件、口コミを調査

電力自由化が開始され、新電力サービスが続々と登場しています。店舗やオフィスなど一般家庭よりも多くの電力を使う場合、少しでも電気代を安くしたいとお考えではないでしょうか。今回は、法人向けのプランが豊富な「ハルエネでんき」について、料金プランや利用者の口コミをご紹介していきます。
 

ハルエネでんきの特徴

数ある新電力サービスの中から、供給量が12ヶ月間連続1位だったハルエネでんき(経済産業省資源エネルギー庁の電力関連統計 低圧動力部門  2019)。提供エリアが全国に広がっていることに加え、法人向けのプランが豊富なことで、多くの法人ユーザーから支持を受けているようです。代理店からハルエネでんきを申し込むことで、キャッシュバックも適応され場合もあるため、お得に切り替えできるでしょう。

【裏技】ハルエネでんきをお得に申し込む方法

 

ハルエネでんきのプラン

ハルエネでんきのプランには、基本料金が地方電力の設定よりも安くなるプランや、電気の使用量が多い場合に安くなるプランなどがあります。それほど多く電気を使わないものの確実に安くしたい場合は前者のプランを、毎月電気を大量に使う場合は後者を選ぶと電気代がお得になるでしょう。以下では、ハルエネでんきで取り扱いのあるプランについて紹介します。


・シンプルプランH(法人)
 従量料金は変わらないが基本料金が安くなるため、確実に電気代を安くできる

・ステッププラン(法人)
 月に大量に電力を使う場合、従量料金が安くなる
 電力使用量が第2段階以上の場合におすすめ

・法人スマートプランH(法人)
 30アンペアから契約でき電力使用量の第3段階が安くなる

・ハルエネ動力プランH(法人)
 動力プランの基本料が安くなる

・動力店舗サポートプラン(法人)
 美容室や事務所などの店舗向けのサービス
 店舗サポートパックが付きで、お客様トラブルが発生したときに専門家に相談できる

・動力オフィスサポートプラン(法人)
 
ビルや病院などのオフィス向けのサービス
 オフィスサポートパック付きで、従業員への悩みごとを専門家に相談できる

・店舗応援プラン(法人)
 従量電灯の第3段階が地方電力よりも安くなる
 オプションの1つ「かけつけサポート」が付いていて、パソコンやタブレットなどの設定や、万が一壊れてしまった際の補填がついている。

・ハルエネ基本プランH(法人・家庭)
 契約期間の縛りがないため、違約金の心配がない

・ハルエネホームプランH(家庭)
 基本料金が地方電力と比べて安い

電力供給エリア

ハルエネでんきは、一部の離島を除く全国で契約できますが、地域によって申し込めるプランに違いがありますので、気を付けましょう。ハルエネでんきは、大手地方電力会社の送電網を使って電気を届けるため、これまで通りの品質で電気を使うことができる点も安心です。

ハルエネでんきのメリット・デメリット

ハルエネでんきに切り替える前に、メリットとデメリットについて事前に確認しておきましょう。ハルエネでんきはプランが豊富なゆえに、申し込みプランを間違えると、以前よりも電気代が高くなる可能性があります。こちらではハルエネでんきに切り替えるメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット


一般家庭と比べ、法人や個人事業主は、電力使用量も電気代も高くなりがちです。ハルエネでんきと契約するメリットは以下の通りです。
 

電力の使用状況に応じて、契約プランが選べる

ハルエネでんきのメリットのひとつは、法人向けの契約プランが充実しており、電気の使い方に合わせてお得なプランを選択可能な点です。検針票を確認し、基本料金を下げるのか、従量料金を下げるのかを検討しましょう。
 

工事なしで契約可能

切替え時の工事や立ち合いは不要であるため、わざわざ時間を取る必要がありません。スマートメーターの切替えをしていない場合も、無料で取り換え工事をするため、お客様の負担なく新電力に申し込み可能となっています。

 

デメリット


電気使用量の多い事業者や法人にとっては、電気代削減に有効なプランが豊富なハルエネでんきですが、場合によっては安くならなかったり、むしろ高くなってしまう可能性もゼロではありません。
デメリットをしっかりと把握してから自分に合った成約プランを見つけましょう。
 

●一般家庭が申し込むと割高になる場合がある

ハルエネでんきは、家庭向けの契約プランが「ハルエネ基本プランH」と「ハルエネホームプランH」の2プランと少なくなっています。ハルエネでんきは電力使用量が多い環境にむけたサービスが多いため、外出が多くほとんど電気を使わない場合、安くなりにくいでしょう。

今よりも安くなるか不安という方は、WizCloudのコンシェルジュにご相談いただければ、料金シュミレーションをさせていただきます。気軽にお問い合わせください。

100万円以上のコスト削減も!ハルエネでんきをお得に申し込もう

 

手数料や解約金がある

ハルエネでんきに切り替える際に事前に知っておきたいのが、手数料や解約金がかかる点。手数料とは契約時にかかる費用のことで、初回の電気代の請求に3,870円上乗せされます。また、ハルエネでんきは36か月の契約期間の縛りがあり、契約更新月月以外の解約は3,780円~9,800円の解約金がかかる場合があるので注意しましょう。契約期間外に負担なく切り替えたい場合は、他社の新電力サービスに申し込む際に、キャッシュバックのある事業者を選ぶといいかもしれません。

ハルエネでんきの評判

こちらではハルエネでんきの料金部分に関する口コミや評判に注目してみます。

電気をハルエネに変えたらやっぱり安くなったなぁ。(参考:Twitter)

電話で今より安くなりますよ!と言われて契約したのに、結局電気料金が高くなりました。毎月必ず、今までより電気料金高くなったので、違約金(9,800円くらい)を払って解約しました。(参考:電力会社Hack)

電話営業があって本当に安くなるか不安はあったけど今は実際に料金が下がったので満足しています(参考:電力会社Hack)

違約金なんかの話も、よく聞いてなかったから他に変える時に大変でした!契約の時は良いことばっかり言うからね。(参考:google口コミ)

ハルエネでんきは、月々の電力使用量が少ない場合、割高になる可能性があります。また、手数料や解約料が発生するため、把握しておく必要があるでしょう。自分に合った契約プランがわからない場合は、当サイトの無料相談もご活用ください!電気に関するコスト削減について、様々な角度から疑問や不安解消に繋がるはずです。

》ハルエネでんきについて、本当に安くなるのか無料相談を活用してみる

まとめ

電気代は毎月発生するものですから、少しでもコスト削減を目指したいですよね。ハルエネでんきは電力使用量が多い法人や個人事業主向けのプランが豊富なので、自分に合ったプランを選ぶことで、電気代の節約に繋がるでしょう。WizCloudでは、電気代の削減などの店舗のコスト削減に強いコンシェルジュがいるため、気軽にお問い合わせください。




 

関連タグ

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます