【2022年10月】電気代の値上げを徹底解説!料金が高い原因や今後の見通し

2021年の9月以降、電気代の値上げは続いており、2022年9月現在も今後落ち着く見通しが立っていません。

消費者の電気料金負担額も増大する中で、「電気代が値上げされている原因は何なの?」「どのような対策を取るべき?」といった疑問を抱く方も少なくないでしょう。

今回は、昨今電気代が高騰している原因を徹底解説!また、今後の動向予想や電気代の節約方法などもご紹介します。
 

おすすめ新電力トップ3

ランキング サービス名 おすすめ度 基本料金 特徴 エリア
1 新日本エネルギー ★★★★★ 257円
※東京電力エリア
・初期費用無料
・ファミリー向け
日本全国に対応
2 リミックス電力 ★★★★★ 0円 ・基本料金最大5%OFF
・解約手数料無料
日本全国に対応
3 eo電気 ★★★★★ 0円
※ネットガス利用の場合
・解約金、手数料無料 関西電力エリア
※ネット同時:近畿OK

【今年は電気代が高い!】2022年はどれくらい電気代(電気料金)が値上げされている?

アップ2021年の9月以降、電力の価格高騰は続いており、大手電力会社や新電力による電気代の値上げが相次いでいます。

2021年の4月から2022年の4月にかけて、低圧・高圧・特別高圧全てにおいて電気料金単価の大幅な上昇が見られ、これに伴って各家庭の負担も増えているのが現状です。

▶︎ 電気代の節約を今スグ無料相談!まずはLINE登録から!

電気料金の値上げ推移(低圧・高圧・特別高圧)

  2021年4月 2022年4月
低圧 25.29円/kwh 29.66円/kwh
高圧 13.21円/kwh 18.45円/kwh
特別高圧 10.05円/kwh 15.09円/kwh

電気代の内訳

基本的に、電気代の内訳は「基本料金+電力量料金+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金」で構成されています。

【なぜ電気代が高い?】2022年に電気代が値上げしている要因は4つ

 電気料金高騰

気代の値上げ要因1:燃料費調整額が高騰している

電気代の値上げ要因として1つ目に挙げられるのは、石炭や液化天然ガスなどの輸入価格高騰による燃料費調整額の値上げです。

燃料費調整額とは

燃料費調整額とは、燃料の輸入市場における価格変動を電気料金に反映させるための項目です。

日本は火力燃料のほとんどを輸入に頼っており、その価格は市場動向や世界情勢、為替レートによって絶えず変動しています。

電力会社は、こうした価格変動リスクを抑制するために、「燃料費調整額」として燃料の調達コストを電気料金に反映させ、収支を調整しています。

「天然ガスと石炭の価格」がなぜ「電気料金」に影響する?

日本は、電源構成における火力発電の割合が非常に高いため、その燃料となる天然ガスや石炭の価格が高騰すると電気料金にも大きく影響が出ます。

2022年4月に資源エネルギー庁が公表したデータでは、日本の電源構成のうち火力発電の割合は76.3%です。

さらに、火力発電の燃料別比率は、天然ガスが51.1%、石炭が40.6%を占めており、これら2つの燃料に対する依存度が高いことがわかります。

価格高騰の原因

新型コロナウィルス感染拡大の影響
新型コロナウィルスの感染拡大によって、各国でロックダウンや外出制限などが行われたことで生じた世界的な経済停滞が、燃料価格高騰の原因として挙げられます

経済が停滞したことで、「原油価格の下落」と「化石燃料からの投資撤退(ダイベストメント)」が加速し、世界全体で一時的な「化石燃料離れ」を起こりました。

その後、経済活動が徐々に回復し、供給が回復しないうちに石油や天然ガスの需要が再び増加した結果、市場のバランスが崩れたことが価格高騰の原因です。
 
ウクライナ情勢による影響
ロシアによるウクライナ侵攻を受けてアメリカやEUが経済制裁を実施し、ロシアの輸出入が制限されたことも、燃料費高騰の一要因です。

ロシアは、「天然ガス輸出額1位」、「石炭の輸出額3位」、「石油の輸出額2位」と、化石燃料の輸出額で上位を占めています。

化石燃料の輸出国としてシェアの大きいロシアの天然ガスや原油、石炭が制限されたことで、全体の流通量が減少した結果、燃料の大幅な価格高騰が発生しました。
 
脱炭素社会の影響
近年、世界的に「脱炭素社会」が推進されており、CO2排出量が他の化石燃料より少ない天然ガスへの切り替えが加速したことも、価格高騰の要因として挙げられます。

特に、中国を中心に天然ガスへの切り替え進んでおり、需要が増加したことで供給が追い付かなくなった結果、市場の高騰は続いています。
 
円安の影響
連日続いている円安によって輸入価格が高騰したことも、国内における燃料費の値上げを招いた原因の一つです。

世界的に燃料費が高騰するなかで、円安が加速した結果、日本が天然ガスや石炭を輸入する際の負担はますます増大しています。
▶︎ 電気代の節約を今スグ無料相談!まずはLINE登録から!

電気代の値上げ要因2:新電力による電気料金の値上げ

新電力各社が電気料金を値上げしたことも、2022年における電気代高騰の一要因です。

具体的には、従量料金の値上げや燃料費調整額の上限撤廃などが行われたほか、独自の調整額を追加した電力会社も見受けられ、電気代の相場は2,000円以上高くなりました。

また、市場連動型のプランを契約している家庭においては、燃料費高騰の影響をダイレクトに受け、電気代が跳ね上がったケースも多いです。

市場連動型のプラン

市場連動型プランでは、日本卸電力取引所(JEPX)からの仕入れ値が高騰した場合、消費者が支払う電気代も高くなるため、注意が必要です。

市場連動型プランとは、電気契約における料金形態のひとつで、JEPXの取引価格に連動して電気料金が変動する点が特徴です。

一般的に、自社で発電設備を持たない新電力会社は、JEPXから仕入れた電力を消費者に供給しています。

電気代の値上げ幅がおかしいと思ったら乗り換えも検討しよう

新電力会社は、独自の料金設定によって電気代を安くしやすい一方、市場が高騰した際には他社よりも値上げ幅が大きくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

昨今の電気代値上げを考慮しても請求額が高すぎると感じる場合は、契約プランがライフスタイルに合っていない可能性が高いので、電気会社の乗り換えをおすすめします

▶︎ 電気代の節約を今スグ無料相談!まずはLINE登録から!

電気代の値上げ要因3:再エネ賦課金の値上げ

再エネ賦課金の値上げも電気代値上げの原因として挙げられ、1kWhあたりの単価は2021年から2022年の間にも約3%増加しています。

再エネ賦課金とは、CO2削減や燃料の輸入依存解消を目的に作られた制度で、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際のコストが、電気代の一部として消費者に請求されるというものです。

なお、再エネ賦課金は再生可能エネルギーが普及するほど単価が高くなるものなので、今後も負担額は増加していく見込みです。

​​​電気代の値上げ要因4:​​​​国内の電力供給力不足

「国内の電力供給不足」も電気代値上げの要因として挙げられ、国内の電力供給量は、2010年と2020年を比較した際に12.9%も減少しています

電力供給力不足の要因1:原発停止による影響

2011年の東日本大震災を契機に、多くの原発で稼働停止が続いており、2010年と比較すると「86.5%」減少しています。

2010年時点で、日本の電力供給における原子力発電の割合は25%と高比率だったため、その大半が無くなったことで全体の供給量にも大きな影響が出ました。

電力供給力不足の要因2:火力発電の縮小

2013年以降、年々火力発電が縮小していることも、電力供給力不足の一要因と考えられます。

CO2削減が推進される中、その排出量が多い火力発電はデメリットが大きいため、徐々に再生可能エネルギーへの移行が進められています。

また、電力事業に参入する企業が増えたことで、採算の悪い火力発電所を休廃止したことも火力電力が縮小した要因の一つです。

電気代値上げへの対策!毎月の消費電力を節約する方法

ポイント

家電の使い方を見直す

冷蔵庫の節電ポイント

冷蔵庫の設定温度を見直す
冷蔵庫の設定温度を「強」から「中」にするだけで、年間約1,700円分の消費電力を削減できます。

食材の収納方法を工夫すれば、「中」でも十分冷やせるので、電気代を節約したい場合は設定温度を見直してみましょう。
 
冷蔵庫の設置場所を見直す
冷蔵庫を壁にピッタリつけて設置している場合は、壁から少し離して設置するようにしましょう

冷蔵庫は、庫内を冷やす際に発生した熱を放熱する必要があるため、壁との間にまったく隙間がないとそこに熱がたまり、冷蔵効率の低下にも繋がってしまいます。

3ドア以上の冷蔵庫であれば、「上部50mm以上、左右5mm以上」、2ドアの冷蔵庫では「上部30cm以上、左右2cm以上、背面7cm以上」を目安に、壁との間にスペースを設けましょう。

なぜ小さい冷蔵庫ほど広いスペースを取らなければならないの?

一般的に、大きい冷蔵庫のほうが搭載されている放熱装置の性能が高いため、壁との隙間が狭くても十分熱を逃すことが可能です。

反対に、冷蔵庫本体が小さいほど、放熱の力が弱くなるため、その分周辺に十分なスペースを確保する必要があります。
 
冷蔵室には食品を詰め込みすぎない
冷蔵室に食品を詰め込みすぎると冷気の循環が悪くなり、その分無駄な電力を消費してしまうため、物を入れすぎないように注意しましょう

一般的に、冷蔵室の下部から冷気が送られるケースが多いので、上部まで冷気がいきわたるように、下の段に収納が集中しないよう工夫が必要です。

一方、冷凍庫内は密度が高いほど食材同士が保冷しあって温度が一定に保たれるので、保冷剤などを活用しながら中身をパンパンにしておくのがおすすめです。
 
冷蔵庫の開閉回数・開閉時間を見直す
冷蔵庫を開けた際に庫内の温度が上昇すると、それを冷やすために多くの電力を消費してしまうため、ドアの開閉はなるべく減らしましょう

また、ドアを開けている時間が長いほど冷蔵庫内の温度変化も激しくなるため、できるだけ短時間で閉めることも大切です。

特に、夏場は室内の温度も高く、冷蔵庫に負荷がかかりやすい時期なので、普段よりも節電を意識して過ごしましょう。

テレビをつけっぱなしにしない

テレビのつけっぱなしは無駄な消費電力の原因になるので、見ていない時間はこまめに消す習慣をつけましょう。

1kWh27円だとすると、消費電力85Wのテレビを4時間つけっぱなしにした場合に発生する電気代は約9.9円なので、テレビをこまめに消すだけでも年間3,000以上の節約につながります

待機電力を使わないようにこまめに電源を切る・コンセントを抜く

電化製品を使用していなくても、コンセントにプラグを差しているだけで待機電力が消費され、無駄な電気代が発生してしまうので、こまめにコンセントを抜くようにしましょう。

家庭での待機電力は電力使用量の約5%を占めているといわれているので、1か月の電気代が1万円の場合、年間約6,000円も無駄な電気代を支払っていることになります。

頻繫にコンセントを抜き差しするのが面倒な場合は、スイッチがついた電源タップを使用するのもおすすめです。

エアコンの設定温度を見直す

エアコンの設定温度を少し見直すだけでも、大幅な電気代節約に繋がります。

冷房の設定温度を1℃上げると13%程度、暖房の設定温度を1℃下げると約10%の節電効果があるといわれており、少し温度を変えるだけでも電気代が大きく異なってきます。

なお、環境省が推奨する室温の設定温度は「夏季:室温28℃、冬季:室温20℃」なので、参考にしましょう。

省エネ家電に買い替える

テレビや冷蔵庫など、消費電力の大きい家電を最新の省エネ機種に買い替えることで電気代を大幅な節約につながります

これらの機器は、「省エネ法」によって年度ごとに省エネの目標基準が設定されており、各メーカーもそれを満たせるエネルギー効率の良い製品の開発を進めているためです。

なお、各製品の省エネ性能は「省エネ基準達成率」という表示で確認することができるので、家電の購入時には確認するようにしましょう。

省エネ基準達成率とは?

「省エネ基準達成率」とは、製品ごとに決められた省エネ基準値の目標をどの程度達成しているか、パーセント(%)で表したものです。

達成率は5段階評価で表され、その評価が高いほど省エネ性も高く、電気代の節約につながりやすい製品ということが分かります。

電力会社を見直す

毎月の電気代を大幅に節約したい場合は、電力会社の乗り換えを検討しましょう。

自分のライフスタイルに合った電気料金プランや、電気の使用単価そのものが安いプランに乗り換えることで、エアコンだけでなく全体的な電気代の見直しに繋がるため、節約効果も高くなります。

また、電気の乗り換えは手続き難しそうだとイメージする方も多いですが、実際にはとても簡単な手順なので、手軽に大幅なコストダウンを実現できます。

▶︎ 電気代の節約を今スグ無料相談!まずはLINEからお気軽に!

電気のアンペア数を見直す

契約アンペア数を見直すことで、電気代に含まれている基本料金の節約につながります。

たとえば、東京電力「従量電灯B」の場合、10Aの基本料金が286円なのに対し、20Aは572円なので、アンペア数を10変えるだけでも料金が大きく異なってきます

ただし、契約アンペア数を小さくしすぎると頻繫にブレーカーが落ちる可能性も高くなるので、家電の使用量に合わせて適切な量を選びましょう。

アンペア(A)とは

「アンペア(A)」とは、電流の量を表す単位で、契約アンペアが大きいほど一度に多くの電力を流すことが可能です。

そのため、10Aで契約している世帯と60Aで契約している世帯が同じ条件で電気を使用した場合、後者の方がトータルの電気代が高くなります。

【世帯人数別】契約アンペア数の目安

世帯人数 アンペア数
1人世帯 20A
2人世帯 30A
3~4人世帯 40A
4~5人世帯 50A

≫ 【関連記事】【2022年9月】電気代の節約方法18選を徹底解説!料金が急に高くなった原因とは?

電気代の値上げは今後も続く見通し

イメージ画面

 再エネ賦課金単価の上昇

再エネ賦課金は、2012年の導入以降年々上昇し続けており、今後も単価は上がっていくと予想されます

再エネ賦課金は、水力や太陽光、風力などによって発電された電力にかかるコストであり、CO2削減や脱炭素社会が推進される今日においては、これらの再生可能エネルギーがますます普及していくと考えられるためです。

ウクライナ情勢

2022年2月下旬に勃発したウクライナ危機は、世界のエネルギー市場にも大きな影響を及ぼしました。

ロシアは、天然ガスや石炭といった火力燃料の世界的な産出・輸出国ですが、今回の侵攻を機に各国がロシア産のエネルギーを制限したため、世界的なエネルギー市場の混乱に発展し、火力燃料の価格高騰が続いています。

ウクライナ情勢は今後も先が見通せず、国際社会におけるロシアの孤立も終わりが見えないため、不透明な情勢による市場の混乱は続いていくと予想されます。

高止まりするJEPXスポット市場

新型コロナウイルスが引き起こしたパンデミックによる国際的な経済停滞を発端に、資源価格が高騰し、そこにウクライナ情勢が追い打ちをかけたことでJEPXの高騰も収束の目途が立たない状況です。  

資源価格の高騰・ウクライナ情勢のいず れも先行きが不透明であるため、JEPXの高騰についても今後しばらくの間は高騰、あるいは高止まりしていく可能性が高いと予想されます 

電気 代の値上げを受けた電力会社の動き

イメージ画面

大手電力会社では燃料調整額に影響

燃料調整額の上限設定が厳しくなり、上限撤廃の動きもある

大手電力会社は、消費者の電気代高騰を防ぐため、「燃料費調整額の上限」を設けています。

しかし、上限の超過分は電力会社が負担することになるので、燃料価格の高騰が長期化した場合、電力会社の負担が増え続けてしまいます。

実際に、大手電力10社すべてで燃料費調整額は上限に達しており、四国電力は2022年6月分の料金から特高・高圧(新規契約分)の上限額設定を撤廃しているほか、九州電力でも上限撤廃の動きが出始めている状況です。
 
燃料費調整額の上限設定の有無/上限額に達した時期
  低圧・規制 低圧・自由 特高・高圧 上限に達した時期
北海道電力   2022年8月~
東北電力   2022年6月~
東京電力     2022年9月~
中部電力   2022年10月~
北陸電力     2022年2月~
関西電力     2022年3月~
中国電力     2022年3月~
四国電力 2022年4月~
九州電力     2022年8月~
沖縄電力     2022年4月~

2022年の電気代値上げを受け、北海道電力・東京電力・中部電力・九州電力は8月に値上げを発表

北海道電力・東京電力・中部電力・九州電力の4社において、2022年8月分の電気料金が値上が値上がりしました。

最も大きな要因としては、ロシアによるウクライナ侵攻を背景に、火力発電の燃料となる天然ガスや石炭の価格が高騰していることが挙げられます。

新電力は事業撤退や倒産が相次ぐ

電力の取引市場や燃料費の高騰を受けて、新電力では事業撤退や倒産が相次いでいます

2021年4月で「706社」あった新電力会社のうち、その「約15%」にあたる「104社」が2022年6月までに契約停止や事業撤退をしました。

新電力企業の倒産により、大手電力会社などから電気供給を受けることになった「電力難民」は2022年5月時点で1万3045件発生しており、同年3月の5477件と比べて約3倍に増加しています。
\電気代の節約はプロに相談!!/

2022年の電気代値上げに関するQ&A

Q
2022年の電気代値上げはいつから始まりましたか?

A

燃料費の高騰による電気代の値上げは、2021年9月ごろから始まりました。
さらに、翌年2月に勃発したウクライナ危機の影響で燃料市場に混乱が生じた結果、同年3月ごろから価格の高騰が加速しました。

Q
月の平均電気代はどのくらいですか?

A

 

​​​【世帯人数別】1ヶ月あたりの電気代平均
世帯人数 電気代平均(夏) 電気代平均(冬)
1人 4,668円 6,125円
2人 7,734円 10,460円
3人 9,125円 11,870円
4人 9,993円 12,237円
5人 10,237円 13,988円

 

Q
電気代値上げがあった場合、オール電化への影響は大きいですか?

A

オール電化の場合、家の中のエネルギーを全て電気で賄う分消費電力も大きくなりやすいので、ガスと併用した場合より値上げの影響を受けやすいです。

Q
関西電力は2022年に電気代を値上げしましたか?

A

2022年9月時点で、関西電力は値上げを発表していません。

まとめ

昨今続いている電気代の値上げは、「燃料費調整額の高騰」「再エネ賦課金の値上げ」「国内の電力供給力不足」など、様々な要因によって引き起こされています。

また、新型コロナウイルスやウクライナ危機といった世界情勢の影響も受けているため、市場の回復については今後の見通しが不透明です。

電気代高騰により消費者の負担も増えているため、電気代を節約するための工夫がますます求められています。

自身の負担を少しでも減らすためにも、節電のために身近な心掛けを実践することが大切です。

▶︎ 電気代の節約を今スグ無料相談!まずはLINE登録から!

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!

この記事の監修者画像

この記事の監修者

池田 俊之

2017年から電気事業に従事。個人や小規模店舗向けの低圧電力だけでなく、高圧電力まで、27社の提携電力会社からお客様のご利用環境に合ったサービスを提案可能です。月間で高圧約20社、低圧約100件以上の成約実績があります。

関連タグ