【水道光熱費の削減】冷房と除湿、どっちがお得?コストを見直すならまずはエアコンの使い方から!

過ごしやすい気候の春が終わると、徐々にジメジメした梅雨、さらには暑~い夏がやってきます。そこで使ってしまうのが、エアコンですよね。外から帰宅して、一気に冷やすために設定温度を18度にしてしまうという方もいるのではないでしょうか?
しかしこんな使い方をしていると、気付けば夏場の電気代が一気に跳ね上がってしまいます。毎年、電気代の節約を心がけようとするもうまくいかない方!今回はエアコンのおトクな節約法についてご紹介します。エアコンとドライ(除湿)の仕組みを知ると共に、エアコンのおトクな使い方を解説していきます。

エアコンの電気代を抑えるには、冷房のままで使う方がいいってホント?

夏の暑い日、エアコン付けたいけど電気代が上がってしまうのも困る・・という方も多いかと思います。結局暑さに負けて付けてしまうのですが、その際にドライ(除湿)機能にしていれば冷房をガンガン効かせているわけではないので、大丈夫ではないかと思っていませんか?
実は、電気代が上がってしまうポイントに「冷房」か「ドライ」かという点は関係ないんです。機能が働くうえで、かかる工数が大きいもしくは多い方が、必然的に電気代が上がる要因となります。そのためドライ機能の種類によっては、冷房よりも働く動作が1つ多いため、使う電気量も多くなり、電気代が上がってしまいます。状況に応じて、冷房とドライ(除湿)をうまく使い分けることで、今まで高かった電気代の節約に繋げることができます。

>>電気代を抑えたいならまずエアコンから!相談はこちらから

「冷房」と「ドライ(除湿)」の違い

夏場、みなさんが使っているエアコンには「冷房」と「ドライ(除湿)」という機能があるのは、ご存知かと思います。冷房とドライ(除湿)、どちらも暑いときに使うと部屋の中が涼しくなりますが、この2つの機能は何がどう違うのでしょうか。まずはそれぞれの機能について説明していきます。

冷房機能

エアコンの冷房機能が最も優先するのは、部屋の「温度」を下げることです。「ヒートポンプ」という技術で室内の空気を取り込み、その空気中にある熱だけを取り除いて外へ排出し、冷たくなった空気を室内に戻すことで部屋を涼しくしています。

ドライ(除湿)機能

一方でドライ(除湿)機能は、部屋の湿度を下げることを最優先としています。部屋の湿度が高いと、空気中の水分量が多くなります。そのため、エアコンで室内の空気を吸い込んで空気を冷やすことで、空気中の水分を追い出してホースで水分だけ外に排出します。水分がなくなった空気は、また室内に戻され、これを繰り返すことで室内の湿度を下げていきます。

エアコン機能を上手に使い分けよう

冷房とドライ(除湿)、どのように使い分けていくのが良いでしょうか。そもそも、ドライ(除湿)機能にも2種類あるので、まずはその機能の違いについて解説します。。

ドライ(除湿)機能は2種類

エアコンのドライ機能といっても、その中には2つの除湿方法があります。エアコンによっては、どちらかを選んで使えるものもあるので覚えておきましょう。

①弱冷房除湿

一般的なドライ(除湿)機能のイメージに違いのが、この「弱冷房除湿」。空気中の水分を集めるために取り込んだ空気は、エアコン内で温度が下げられ、冷たくてさらさらな空気となって戻されます。冷たい空気が流れてくるので、ドライとはいえ「弱冷房」をかけているのと同じように、肌寒いと感じることがあります。

   

②再熱除湿

そして「再熱除湿」は、一度水分を取り除くために下げられた空気を、ちょうどいい温度に温めなおしてから部屋の中に戻す機能です。部屋の温度を下げずに湿度だけを下げるため、梅雨時などジメジメした気候の時には、部屋の中の温度が下がらないので、過ごしやすくなります。

電気代が安くなりやすいのは弱冷房除湿

さて、ここまで冷房機能、弱冷房除湿、再熱除湿の3つの機能を紹介しましたが、それぞれどれくらい電気代に差が出るのでしょうか。使い方による影響もあるため一概には言えませんが、再熱除湿は除湿機能や冷房機能と違い、空気を戻す際に再度温めるという工程があるため、その分電気代はかかってしまいます。

そのため、とにかく電気代を抑えたい方には弱冷房除湿がおすすめです。冷房と比べても、弱冷房除湿の方が電気代を抑えられることが多いようです。もしエアコンに弱冷房除湿機能が備わっていない場合は、冷房機能で、少し高めの温度に設定することをおすすめします。
しかし先述したように、梅雨時や夏場の雨の日など、湿気が多い気候の時は、再熱除湿にした方が室内で快適に過ごせるので、使い分けは大切です。

ちなみに、自宅やお店のエアコンにどの機能が備わっているかについては、ほとんどの場合はリモコンのボタンをチェックしてみたり、取扱説明書を見たらわかるようになっています。ただ、エアコンメーカーによっては異なる名称で呼んでいるケースもあるため、すぐに知りたい場合はメーカーに直接問い合わせてしまうのが一番確実な方法でしょう。

>>掃除するだけで電気代削減?エアコンの分解洗浄をチェック!

エアコンの分解洗浄・クリーニングも効果的

エアコンの分解洗浄とは

エアコンの分解洗浄では、専門業者がエアコンを一つひとつのパーツに分解し、普通なら手の届かない奥の奥や、裏のすき間まで手作業で洗ってくれます。使用状況や環境にもよるのでどれくらいの年数でクリーニングした方が良い、といった明確な時期はありませんが、エアコンを使うシーズンの前後に、一度すっきりキレイにしてしまうことで、気持ちよくシーズンを迎えられそうですね。

エアコン分解洗浄のメリット

メリット①:電気代削減につながる

目に見えないほこりやハウスダスト、カビなどは、エアコンの表面だけではなく、表面から届かないすき間や裏側に入り込んでいきます。これらがたまってくると当然空気の循環が悪くなるため、先ほど解説したような冷房、除湿(ドライ)の機能が十分に発揮されなくなります。
快適に過ごすために過剰に設定温度を下げてしまうことから、電気代も高くなりがちです。

エアコンクリーニングをあまりしてこなかった、表面やフィルターくらいしか掃除していなかったという方は、一度分解洗浄を頼んでみるのもアリかもしれません。

>>長引く外出自粛に備えたい!損しないエアコンの選び方はこちら

メリット②:アレルギー対策につながる

夏にエアコンを使用すると、室外との温度差により室内機の内部に水が発生します。部屋の中の空気をエアコンが循環させる際に、空気中のほこりが室内機に発生した水分に吸収されることで、汚れやカビの原因となります。カビを含んだ空気が循環することになるため、アレルギー性鼻炎や皮膚炎を引き起こす可能性もあります。

少し大げさに聞こえるかもしれませんが、長く安心して使っていくためにも、エアコンを多く使うシーズンに入る前後に奥の奥までしっかりとキレイにしてもらう価値はありそうですね。

まとめ

節約しようと思っても、なかなか抑えられないエアコンの電気代。最近では省エネ機能が搭載されたエアコンも多数登場していますが、わざわざ買い直すには一歩踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。まずは冷房とドライ(除湿)機能を上手に使い分けて、節約への意識を付けていくことが重要です。そのうえで、エアコンの手軽な節約を目指すのであれば、既存のエアコンにも対応していて、新しく買い直す必要もなく、取り付けも簡単な「冷暖くん」を取り入れる方法もオススメです。
もちろん電力の自由化により、電力会社もさまざま登場しているため、今利用している電気事業者をイチから見直すという方法もあります。契約の見直しだけでも、電気代削減の効果はありますので、環境にあった電力会社を見つけましょう。

エアコンを詳しく見る
ハルエネでんきを詳しく見る

関連タグ

関連商品

一般的なガス契約よりも、お安くご利用いただけます

USENガス|一般的なガス契約よりも、お安くご利用いただけます|機能/特徴・料金/費用・導入事例

USENガス|一般的なガス契約よりも、お安くご利用いただけます|機能/特徴・料金/費用・導入事例
大容量WiFiを「どこよりも」安く

どこよりもWiFi|大容量WiFiを「どこよりも」安く

どこよりもWiFi|大容量WiFiを「どこよりも」安く

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

ソフトバンクでんき

インターネット回線の切り替え(光回線)

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

ソフトバンクでんき

インターネット回線の切り替え(光回線)

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます