【電気代削減】あなたのお店はもうスマートメーターってついてる?メリット・活用方法を解説

【電気代削減】あなたのお店はもうスマートメーターってついてる?メリット・活用方法を解説

突然ですが、みなさんのお店はスマートメーターに切り替わっていますか?お店の電気を新電力に切り替える時、スマートメーターの設置が必要になります。せっかくスマートメーターに切り替わった方も、その使い道がよくわかっていない方も多くいらっしゃると思います。そんな方のためにスマートメーターの機能や使い方についてご紹介します。

スマートメーターとは?

HEMS(ヘムス)

今までの電気メーターに変わる新しい電気メーターであるスマートメーターは、メーターの電力の消費量(kWh)がデジタル表示されます。データは遠隔地にある各電力会社のサーバーに送られるため、電力会社にとって検針員による電気使用量の確認が不要になるメリットがあります。さらに、今までは1カ月に1度の検針員による確認でしか電力使用量(kWh)を把握できなかったのですが、スマートメーターになることで、30分単位で電力の利用状況を確認できます。

このスマートメーターは、電力自由化以前より、大手電力会社が無料で従来のメーターから取り換えを行っているため、今使われているメーターに、ダイヤル式の円盤が付いておらず、電力使用量がデジタル表示されていれば、スマートメーターへの切り替えは完了しています。

スマートメーターに変えることで、お店にも電力会社にも大きなメリットが発生します。先に述べたとおり、電気使用量(kWh)の検針員の確認が不要になることで、人員コストの削減や、業務の負担軽減につながるので、電気料金の値下げにも一役買います。また、オール家電住宅の場合には、スマート家電との連動により簡単に「電気の見える化」を可能にします。

そのため2024年にはスマートメーターの普及率を100%にする予定で、従来の電気メーターからスマートメーターへの切り替えは進められています。

>>おトク・便利に電気を使いたい!新電力会社をチェック

スマートメーターは誰が取り付けるの?

スマートメーターの設置作業は東京電力や東北電力といった大手電力会社が行います。これは送電や配線の業務は大手電力会社の受け持ち区分だからです。電気のみを販売している新電力は行っておりません。この大手電力会社が一括で全ての設置工事を行うメリットは、電力使用量の把握がしやすくなることがあげられます。

電気の安定した利用を実現するためには、電力の需要量と供給量を常に一致させる必要があるので、リアルタイムの電力消費量の把握は、電力の安定供給に大きく貢献します。

スマートメーターを取り付けるメリットって何?

HEMS(ヘムス)

スマートメーターに切替えが完了していれば、新たに他の電力会社に切り替えるとき、電力使用量(kWh)のデータの送信先を新しい電力会社に切り替えるだけで済みます。それにより電気工事などの手間が省け、事務的な書類作業だけで乗り換えが可能になるのです。

スマートメーターを使うことで、自身の電気の消費量をリアルタイムで確認が可能になります。いままでは電気の消費量は、毎月の電気料金の請求書でのみ確認できましたが、スマートメーターになることで日々の正確な使用量などを把握できるようになります。

そして、HEMS(ヘムス)と呼ばれるシステムを導入することで、家電製品との連動により、どの製品がどれだけ電力を消費しているか、どの部屋がどれだけ電力を使っているか、などが把握できるようになります。

この「スマートメーター」と「HEMS(ヘムス:Home Energy Management System)」を組み合わせることにより、電気の「見える化」が可能になります。この「見える化」により、「スマートメーター」と「HEMS(ヘムス)」は店舗内においての省エネに一役買っています。

>>お店の電気代を節約するなら!法人・店舗向け新電力をチェック

電気の「見える化」で省エネ

HEMS(ヘムス)

※現在は取り扱いしておりません。

現在使っている家電製品、部屋の照明、冷暖房、コンセントといった、さまざまな場所の個別の電力を「スマートメーター」と「HEMS(ヘムス)」が表示してくれます。この2つを組み合わせることにより、

・どこでどのように電気を無駄遣いしているか?

・いままで使っていた家電製品の電力が急に上がっている。なにかしらのトラブルが発生しているかも?

といった部分が見えてくるのです。そのため、いままで以上に意識しながら省エネ活動を行えるようになる。というのが、スマートメーターとHEMSによる「電気の見える化」の最大の効果です。

>>あなたのお店は導入済み?節電・節約効果◎のLEDはこちらから

まとめ

HEMS(ヘムス)

電気料金の節約といった経済的な省エネのみならず、地球温暖化や地球のCo2(二酸化炭素)の増加といった、私たちを取り巻く環境の変化もあり、工場や企業といった電力消費の大きい場所だけでなく、一般家庭でも省エネ化が進められています。「電気の見える化」も、そういった省エネ運動の1つです。しかし、導入しただけでは節電効果が得られるわけではありません。

・10年前のエアコンより今のエアコンの方が消費電力は少ないので買い換える

・普段は不必要な電気製品はコンセントを抜いておく

・LEDに替える、新電力会社に切り替える、冷蔵庫を買い替える……

といった対策を決め、いままで以上に節電ができるのかを検討してから実行にうつすことが大事です。今回ご紹介した「スマートメーター」と「HEMS(ヘムス)」で、電気量の見える化が実現し、お店の節電の目安になると思われます。

ワイズクラウドにご相談いただければ、節電について電気の「見える化」の導入から必要な対策まで、お客様に最適な方法を具体的にご案内いたします。是非、お問い合わせください。

>>コスト削減ならワイズクラウドにお任せ!相談はこちらから

関連タグ