業務用エアコンの掃除のやり方とは?自分でできる方法と専門業者の料金を解説

「業務用エアコンを自分で掃除することはできる?」
「業務用エアコンの掃除を業者にお願いするならどこがいい?」


業務用エアコンは一般家庭用のエアコンに比べて、消費電力が大きいため、汚れが溜まって空気の循環がうまくいかなくなると、電気代高騰の原因になります。

しかし、業務用エアコンの掃除のやり方がわからないと感じていたり、業者に掃除を依頼したいけど費用や流れが不明確だと感じている方は多いはずです。

本記事では、業務用エアコンの掃除について、自分で清掃するやり方と、清掃業者に依頼したときの費用や手順について解説していきます。業務用エアコンがカビ臭くなってきたと感じる方や、効きが悪くなってきたと感じる方はぜひ参考にしてください。
 
\清掃会社の一括見積が簡単に取れる!!/

業務用エアコンの掃除は自分でできる

業務用エアコンの掃除は、天井埋込み型エアコンの蓋を外してフィルターを拭き掃除する程度であれば、自分でも行うことができます。

しかし、フィルターの奥の掃除は、自分では隅々まできれいに出来ないので、プロに依頼すべきです。専門業者なら、エアコンを分解してパーツごとに高圧洗浄機で丸洗いしてくれるので、黒カビやヤニ汚れなど、奥に入り込んだ汚れまですっきり落とすことができます。

業務用エアコン掃除をしないデメリット

  • カビ臭さやアレルギーの発症の原因になる
  • 電気代が高くなる
  • 故障するリスクが高まる

カビ臭さやアレルギーの発症の原因になる

業務用エアコンの掃除をせずに使っていると、内部にカビが生えるため、カビ臭さやアレルギー発症の原因になります。

また、室内にカビそのものが充満することで、アトピー性皮膚炎などのアレルギーだけでなく、喘息や肺炎などを引き起こす可能性もあります。

電気代が高くなる

業務用エアコンの掃除をしない場合、次第に電気代が高くなります。業務用エアコンの内部に汚れが蓄積していると、運転効率が落ち、エアコンの消費電力が上がってしまうためです。

また、エアコンの効きが悪くなれば、通常よりも設定温度を下げたり、風量をアップしなければならず、さらに電気代が高くなる原因となります。

▶︎電気代が急に高いのはなぜ?原因の調べ方と世帯ごとの電気代平均を徹底解説!

故障するリスクが高まる

業務用エアコンの内部にゴミや汚れが溜まったままだと、エアコンの過剰運転が行われ、故障リスクが高まります。

故障したエアコンは、修理もしくは買い替えが必要になるため、こまめに掃除を行い、故障リスクを減らすことが重要になります。

エアコン掃除をするメリット

  • 臭いの軽減につながる
  • 冷暖房の効きが良くなる
  • 電気代が安くなる
  • エアコンの寿命が伸びる

臭いの軽減につながる

業務用エアコンには、ホコリや、ヤニ汚れ、油汚れなど汚れが付着しているので、掃除をすることで嫌なにおいを減らすことができます。

自分で掃除をする場合はフィルターに詰まった汚れしか取ることはできませんが、業者に清掃を依頼すれば、エアコンを分解洗浄してくれるので、エアコン内部にこびりついた嫌な匂いから解放されます。

冷暖房の効きが良くなる

業務用エアコンの掃除をすることで、冷暖房の効きが良くなります。例えば、フィルターの目に詰まった埃を取るだけでも、エアコンの空気循環が改善されます。

さらに、エアコンクリーニング業者に掃除を依頼すれば、エアコン内部に溜まったゴミや黒カビをとってくれるので、風量を上げなくても部屋で快適に過ごすことが可能です。

電気代が安くなる

業務用エアコンの掃除をすれば、これまでホコリやカビによって落ちていたエアコン性能が改善され、電気代が安くすることができます。

近年は大手電力会社の値上げによって、電気代が高騰していますので、エアコン掃除を定期的に行い、電気代を削減すべきです。

エアコンの寿命が伸びる

業務用エアコンを定期的に掃除することで、エアコンの過剰運転を防ぎ寿命を伸ばすことが可能です。

業者にエアコン清掃を依頼すれば、エアコンに異常がないかをプロの目線でチェックしてくれるので、故障を未然に防ぐことができます。

自分で業務用エアコンクリーニングを行うやり方

  1. STEP.1

    エアコンの種類を確認し電源を外す

     

    種類 特徴
    天井埋込形(カセット型) 天井に埋込んでいる
    4方向or360度から送風
    天井埋込形(ダクト型) 室内機を天井に埋込んでいる
    カセット型よりスマート
    天井吊形 天井に吊りさげている
    学校でよく使われる
    床置形 工事不要で床に設置する
    壁掛け型 一般家庭に設置されている
    業務用エアコンには複数のタイプがあるので、自分が使っているタイプはどれか確認しましょう。

    続けて、掃除中の事故や故障を防ぐためにエアコンの電源プラグを外します。エアコンの電源がどこにあるかわからない場合は、ブレーカーを落としても問題ありません。
  2. STEP.2

    フロントパネルとフィルターを外す

    業務用エアコンのフィルターを外すやり方
    業務用エアコンのフロントパネルを外し、中に設置されているフィルターも取り外します。

    業務用エアコンのフロントパネルは、外側の見えるところに留め具がついているので、留め具を解除すると、フロントパネルが外れて片側に吊り下がった状態になります。

    エアコンフィルターの外し方を詳しくみる

    エアコンフィルターは、フロントパネルと一緒に取り付けられているので、フロントパネルの留め具を外せば簡単に取ることができます。

    フィルターに詰まったホコリは舞いやすいので、ゆっくりと地面へ置きましょう。
  3. STEP.3

    歯ブラシもしくは掃除機でフィルターのホコリを除去する

    掃除機で業務用エアコンフィルターの掃除をするやり方
    エアコンフィルターについたホコリを歯ブラシか掃除機を使って除去していきます。

    歯ブラシは細かい目に入ったホコリを落としやすく、掃除機は一気に広範囲のホコリを吸うことができるので、状況に合わせて使い分けるのがおすすめです。

  4. STEP.4

    エアコンフィルターを水洗いする

    業務用エアコンフィルターを水洗いするやり方
    エアコンフィルターの目に埃が詰まって取れる場合や、ヤニ汚れや油汚れでギトギトしている場合は、フィルターの水洗いをします。

    落ちにくい汚れは中性洗剤をスポンジにつけて洗って問題ありませんが、フィルターを歪む可能性もあるので力を込めすぎないよう注意しましょう。

  5. STEP.5

    エアコンフィルターを乾かす

    水洗いしたエアコンフィルターは、タオルで水気をとった後、陰干していきます。

    業務用エアコンのフィルターは柔らかい材質でできているので、直茶日光に当たると変形のリスクがあるため注意しましょう。

  6. STEP.6

    完全に乾いたらエアコンに取り付ける

    テキストエアコンフィルターが乾いたら、元の位置に取り付けます。

    フィルターの取り付け方は、業務用エアコンの型番によって違いがあるので、不安な方は取扱説明書を確認しましょう。

  7. STEP.7

    エアコンのフロントパネルを水拭きする

    エアコンを元通りに設置し直したら、エアコンのフロントパネルや外側を掃除していきます。

    フロントパネルには、ホコリと結露がくっついたヘドロがついていたり、油汚れでベタベタしている可能性もあるので、雑巾や使わないタオルで水拭きするのがおすすめです。

自分で業務用エアコン掃除を行う際の注意点

業務用エアコンを分解しすぎない

業務用エアコン掃除をするときには、自分でパーツ分解をしすぎないようにしましょう。エアコンには、多く電子部品が使われているので、知識がない人が触ると故障の原因になります。

エアコンを分解して水洗いしたことによって起きる故障は、メーカー保証対象外です。自分で分解洗浄をするよりも業者に依頼した方が圧倒的に安心感があります。

エアコンの専門的な部分には触らない

業務用エアコンのフィルターを外すと、エアコン内部のパーツが見えますが、自分では触るのは危険です。

  エアコン内部は、外装パネルや送風ファン、ドレンパンなど複数の機器が組み合わさっているので、素人が触ってしまうと故障や漏電のリスクがあります

エアコン掃除で鋭利な器具は使用しない

業務用エアコンの掃除をするときは、先端が鋭利な器具は使わず、スポンジなど柔らかいものを使うのがおすすめです。

爪楊枝やタワシなどの先端が鋭利な器具で掃除をするとエアコン内部の精密機器を傷つけ故障の原因になるので注意しましょう。

脚立を使った高所の作業に注意する

業務用エアコンの多くは天井に取り付けられていることが多いので、脚立を使った高所作業に十分注意します。

万が一転倒した場合、頭を床に打ったり、周辺の家具で怪我をする可能性もあるので、エアコン清掃は高所作業の経験豊富なプロに任せた方が安心です。

エアコン掃除スプレーを使うのはNG

業務用エアコン掃除をするときにエアコン掃除スプレーを使うのは絶対にやめるべきです。電装部分にスプレーがかかると故障の原因になってしまいます。

エアコンメーカーは、スプレーを使った清掃を推奨していないので、エアコン内部の掃除をしたいと思ったら業者へ依頼しましょう。

業務用エアコン掃除は専門業者に依頼するのがおすすめ

業務用エアコンの掃除は、専門業者に依頼するのがおすすめです。自分で業務用エアコンを掃除するのは、フィルター清掃が限界であり、内部を自分で綺麗にしようとすれば故障につながります。

専門知識のあるプロにエアコンを分解洗浄してもらえば、カビ臭さが取れたり、電気代の削減につながるなどメリットが大きいので、2年〜3年に一度は専門業者へのクリーニングを依頼しましょう。

業務用エアコン掃除業者おすすめ3社を比較

  料金
(1台)
複数台
割引
エリア 特急対応
ユアマイスター 21,780円 アリ 首都圏
東海地方
ナシ
ダスキン 38,500円 アリ 全国 ナシ
おそうじ本舗 33,000円 ナシ 全国 アリ


業務用エアコン掃除業者のおすすめ3社を比較したところ、1台あたりの清掃料金が最も安いのは、ユアマイスターという結果になりました

ユアマイスターは複数台割もあるため、申し込み可能エリアにお住まいの方であれば、積極的に利用していきたい清掃業社です。

ユアマイスター(YOURMYSTAR)の業務用エアコン掃除の料金

ユアマイスター
 
天井埋込タイプ 料金
1台 21,780円
2台 40,480円
3台 59,180円
抗菌コート +5,500円
室外機洗浄 +5,500円

業務用エアコンの掃除をユアマイスターに依頼した場合、1台あたりの掃除料金は21,780円です。業務用エアコンのクリーニング相場は1台3万円〜4万円となっているので、相場よりも安く清掃してくれます。

また、ユアマイスターでは、全額返金保証や故障補填などトラブルが起きたときのサポートが充実しています。エアコン掃除の料金が安く保証もしっかりした会社を探しているという方におすすめです。

ダスキンの業務用エアコン掃除の料金

 
天井埋込タイプ 料金
1台 38,500円
2台 73,700円
3台目から追加1台ごとに 31,900円
自動フィルター掃除機能付きエアコン 44,000円
油汚れ +5,500円
抗菌コート +4,620円

業務用エアコンの掃除をダスキンに依頼した場合、1台あたりの掃除料金は38,500円です。1963年から続く清掃業者の大手として安心感があり、スタッフの教育体制が高いことが評価されています。

また、ダスキンでは年間契約プランを用意しており、年に1回の分解洗浄と点検、年に3回のフィルター掃除をしてくれるので、エアコンのメンテナンスを定期的にしたいという方におすすめです。

おそうじ本舗の業務用エアコン掃除の料金

天井埋込タイプ 料金
1台 33,000円
2台 66,000円
3台 99,000円
特急依頼 +3,300円
防カビチタンコーティング +5,500円
室外機清掃 +8,800円

業務用エアコン掃除をおそうじ本舗に依頼する場合、1台あたりの清掃費用は33,000円です。

おそうじ本舗は、少ない薬剤で奥の汚れまで落とすファインバブル洗浄の性能の高さや、あらゆるエアコンの構造を把握しているスタッフの技術力の高さから、料金以上の満足感が得られます

業者による業務用エアコンの掃除手順

  1. STEP.1

    作業場所の養生をする

    業務用エアコン周辺の壁や家具を養生していきます。掃除中は、ホコリが舞いやすく、高圧洗浄機で流れた汚水が飛び跳ねるリスクもあるため、業務用エアコンの周辺にはなるべくものを置かないようにしましょう。

  2. STEP.2

    業務用エアコンを分解する

    業務用エアコンのフィルターパネルを外し、工具を使ってパーツごとに分解して行きます。外されたパーツは、地面に敷かれたブルーシートの上に置かれるのが一般的です。

  3. STEP.3

    分解した部品ごとに洗浄をする

    (画像引用:業務用エアコンリース ACNエアコン)

    業務用エアコンを分解できたら、パーツごとに洗浄していきます。

    合わせて、業務用エアコンの吹き出し口についた黒カビ掃除も実施します。吹き出し口に黒いスジ汚れがある場合、エアコン内部に蓄積した黒カビが、送風に合わせて部屋に放出されているという証拠になるため、しっかりと落としていきます。

  4. STEP.4

    部品取り付けて動作確認をする

    業務用エアコンの分解洗浄が完了したら、元通りに部品を取り付けて動作確認を行います。抗菌コートや消毒液を使っている場合、エアコンのつけ始めはプールのようなツンとした匂いがしますが、時間が経つにつれて無臭になっていきます。

業務用エアコン掃除を業者に依頼すべきケース

エアコン内部を2年以上洗浄していない場合

業務用エアコンの内部を2年以上洗浄していない場合は、エアコン内部にゴミが溜まり、運転効率が悪くなっています。

実際に、業務用エアコンの掃除を2年していない場合、年間電気代は初期より48,000円ほど高くなるため、エアコンの効きが悪くなってきたと感じる方は、業者に頼んでエアコン内部の分解洗浄をしてもらいましょう。

エアコン使用時に異音がする場合

業務用エアコンを運転したときに、異音がする場合はエアコン内部で何らかの不具合が起きている証拠です。

異音がするのにそのまま使い続けると、故障の原因になるため、メンテナンスをするためにも定期的に業者を呼ぶべきです。

エアコンを中古で購入した場合

業務用エアコンを中古で購入した場合、設置時点で既にエアコン内部にゴミが溜まっている可能性があるため、業者に分解洗浄してもらうべきです。

また、中古のエアコンは、新品のエアコンに比べて経年劣化も進んでいるので、気付かぬうちにパーツが故障している可能性もあります。エアコンの寿命を長持ちさせるためにも、業者へ清掃を依頼しましょう。

エアコンの効きが悪い場合

業務用エアコンの効きが悪いと感じたら、エアコン掃除業社へ分解洗浄を依頼するのがおすすめです。

設定温度にしてもなかなか部屋の温度が変わらないときには、エアコン内部にゴミが蓄積されて送風がうまくいっていないか、冷媒と呼ばれる空気を温めたり冷やしたりする機器が故障している可能性があります。

また、エアコンの効きが悪いと消費電力が上がり、電気代が高騰するので、エアコンの効きが悪いと感じたらエアコン掃除業社にチェックしてもらうべきです。

吹き出し口に黒カビがついている場合

業務用エアコンの吹き出し口にカビがついている場合は、業社にエアコン内部の清掃を依頼しましょう。

吹き出し口のカビは、エアコン内部に溜まったカビが送風と一緒に放出されてたものなので、吹き出し口だけ拭いても、中に蓄積されたカビを落とさなければ意味がありません

吹き出し口についた黒カビは、壁まで黒ずんだり、部屋全体の清潔感を損なうことになるため、早急に業社を見つけるべきです。

業務用エアコンクリーニングの費用を抑える方法

複数台割引がある業社を選ぶ

業務用エアコンが2台以上設置されているのであれば、複数台割引がある業社に依頼することで、1台あたりのクリーニング費用が安くなります。

例えば、ユアマイスターであれば2台掃除を依頼すると1台あたりの掃除費用が1,000円以上お得になり、3台以上でさらに割引が多くなるため、コストを抑えながら掃除できます。

繁忙期を避けた春や秋に依頼する

業務用エアコンの掃除を依頼するときには、繁忙期を避けた春や秋に行うべきです。エアコンがよく使われる夏や冬は、清掃業社の繁忙期であるため、通常よりも価格が高くなっています

また、繁忙期に依頼をすると、日程がなかなか確保できないため、なるべく繁忙期を避けて清掃をしてもらいましょう。

複数の業者を比較する

業務用エアコン掃除の業者を探すときには、必ず複数社を比較するべきです。クリーニング業社によっては、1台あたりの掃除費用に差があったり、無料で抗菌コートを散布してくれるなど、違いがあります。

また、全国に支店がある大手清掃業社では、スタッフが多い分、技術力に差が生まれやすいため、実際にエアコン掃除にきたスタッフの評判を口コミサイトで確認するのがおすすめです。
 

業務用エアコンの清掃を業社に依頼する際の注意点

関係各所に事前連絡をしておく

業務用エアコンの掃除は、エアコンの電源を抜いて作業するため、関係各所へ事前連絡をしておきましょう。

作業の時間帯はエアコンが使えず、高圧洗浄機によるモーター音が発生するため、顧客や周辺住民からクレームを受けないためにも張り紙などで告知をするのがおすすめです。

家具や荷物を移動させておく

業務用エアコンの掃除を業社に依頼する場合、エアコン周辺の家具や荷物を移動させておきます。

業務用エアコンの清掃作業中は、汚水やホコリが周囲に飛散する可能性があります。また脚立作業による事故を減らすためにも業務用エアコンの周囲には何も置かないようにすべきです。

業務用エアコンの掃除に関するよくある質問

Q
業務用エアコンの掃除は年に何回の頻度でやればいい?

A

業務用エアコンの掃除の頻度は、フィルター掃除であれば月1回、業者が行う分解洗浄であれば2年〜3年に一度行いましょう。

掃除をしないとゴミが内部に溜まってエアコンが効きにくくなるだけでなく、電気代が高くなったり、身体に悪影響がでる可能性もあります。

Q
室外機の掃除はしたほうがいい?

A

業務用エアコンの室外機の掃除は、年に1回〜2回実施するのがおすすめです。室外機を掃除することで、運転効率がアップし、エアコンの効きが良くなったり、電気代節約につながります。

業務用エアコンの室外機の清掃費用は、5,000円〜8,000円が相場です。エアコン掃除とセットで依頼すると割引が適用されてよりお得にクリーニングできます。

Q
業務用エアコンの作業中に大きな音はする?

A

業務用エアコンの掃除をするときには、高圧洗浄機を使うため大きな音がします。

しかし、掃除機や洗濯機の運転音くらいのボリュームなので、周囲の人からクレームが来るほどの音量ではありません。

 

まとめ

業務用エアコンは、掃除をしないまま運転し続けると、電気代が高くなったり、体調不良を引き起こします。業務用エアコンの掃除を行なうときは、自分でフィルター掃除だけ行い、あとはプロにお任せするのがおすすめです。

専門業社に依頼すれば、エアコンを分解洗浄して、内部に溜まった汚れをカンタンに落としてくれます。複数台割引があるかや、口コミをしっかりチェックして失敗のない業社選びを行いましょう。

 
\清掃会社の一括見積が簡単に取れる!!/

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!