【2024年版】おすすめの勤怠管理システム比較7選!料金・機能や失敗しない選び方を徹底解説

勤怠管理システムを比較したい
勤怠管理を効率化したい


勤怠管理システムは、企業や店舗で働く従業員の勤怠情報を効率的に管理することができるサービスです。

しかし、自社に合ったサービスの選び方がわからない、具体的な導入効果がわからないなどで導入を迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、勤怠管理システムサービス7選からおすすめのサービスを徹底解説していきます。

失敗しない選び方や機能、料金なども解説していくので、勤怠管理のお悩みがある方必見の内容です。


※本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

\勤怠管理の効率化はプロに相談!!/
 

勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは、従業員の 出退勤の記録や労働時間、シフト などを効率的に管理するためのサービスのことです。

従来の紙やタイムカードを使った勤怠管理と異なり、豊富な打刻方法から選択できるため 従業側と管理側の両方の作業を効率化 できます。

また、テレワークなどの多様化する働き方や法改正にも対応しているため、 多くの企業で導入が進んでいるサービス です。

勤怠管理システムが必要な理由

労働時間を正確に把握するため

勤怠管理システムは、出退勤の記録から 労働時間を割り出して正確に管理 することができます。

労働時間外の 残業時間や休日出勤 であっても正しい勤怠情報の管理が可能です。

また、海外拠点を持つ企業向けに時差を自動修正して管理できるサービスもあるため、 グローバル展開を検討している企業にもおすすめ です。

給与計算を正確に行うため

勤怠管理システムは、労働時間に応じて 従業員の給与 を適切に計算することができます。

従業員の給与は、 労働時間や残業代、雇用形態などに応じて計算する 必要があります。

勤怠管理システムを利用することで、 給与の集計や計算の手間を削減 することができます。

労働基準法の違反を防ぐため

勤怠管理システムは、 有給取得漏れや設定基準を上回る残業 をアラート機能で知らせてくれます。

労働基準法に違反してしまうと、 罰則や企業イメージダウン につながるため多くの企業で対策が必要となります。

勤怠管理システムを利用することで、気づかない間に労働時間などの違反を防ぐことができるため、 安定した企業の管理体制構築に貢献 します。

不正な打刻を防止するため

勤怠管理システムは、生体認証やICカードなどの勤怠方法を利用できるので、 出退勤記録の不正を防ぐ ことができます。

従来の紙やタイムカードを使った勤怠管理方法は、従業員に任せる部分が多いため 不正打刻や記入ミスなどの問題 も多くありました。

勤怠管理システムを利用することで、 打刻を自動で管理できる ため正確な勤怠管理が可能です。

▶︎勤怠管理システムに迷ったらコチラ

\勤怠管理の効率化はプロに相談!!/
 

勤怠管理システムで管理できること

管理できる主な項目
  • 出退勤の時刻
  • 労働時間
  • 残業時間
  • 有休日数

勤怠管理システムは、出退勤や遅刻、早退などの打刻機能に加え、残業時間の管理や有休申請など 幅広い機能を搭載 しています。

また、従業員の勤怠情報はシステムによって自動で集計、管理がされるため、 給与計算などのバックオフィス業務の効率化も可能 です。

勤怠管理の方法は4つある

勤怠管理の方法は4つある

紙で管理する

勤怠管理方法1つ目は、 紙を使ったフォーマット に直接手書きで記入して管理する方法です。

特別なシステムや機材を使うことなく勤怠管理をすることができますが、従業員それぞれが自己申告で記入するため、 出退勤のタイミングや労働時間に不正が起きやすい 問題があります。

また、記載項目の書き間違いや見間違いが起き、 給与計算の計算がずれてしまう 可能性もあります。

タイムカードで管理する

勤怠管理方法2つ目は、タイムレコーダーを使って 打刻のタイミングを印字する 方法です。

タイムレコーダー端末と専用の用紙があればすぐに勤怠管理ができるため、 導入しやすい打刻方法 です。

しかし、 出退勤の時間を記録することしかできず 、従業員同士での不正打刻の原因ともなるため注意する必要があります。

エクセルで管理する

勤怠管理方法3つ目は、 エクセルにを使って打刻時間を入力する方法 です。

勤怠管理用のテンプレートを利用することで、 出退勤や休憩時間、早退などの幅広い勤怠管理が可能 です。

ただし、勤怠情報は従業員が操作して入力するため、入力ミスや不正が打刻が発生するほか、 給与の集計に時間がかかる デメリットもあります。

勤怠管理システムで管理する

勤怠管理方法4つ目は、 勤怠管理システムを使って効率的に管理する方法 です。

簡単操作で打刻ができ、 出退勤の時間の管理や集計 を自動で行うことができます。

また、生体認証やICカードなど 企業や店舗に合わせてさまざまな打刻方法を選択できる ため、不正打刻を防ぐこともできます。

▶︎勤怠管理システムに迷ったらコチラ

勤怠管理システムおすすめ3選

キングオブタイム

キングオブタイム
初期費用 無料
料金プラン 月額300円/人
対応打刻方法 生体認証,ICカード,ブラウザ,モバイル,PCのログイン状況など
主な機能 打刻,労働時間管理,管理権限,人事労務,英語対応
無料トライアル 30日間
サポート体制 電話(事前予約制),チャット,問い合わせフォーム

 

キングオブタイムは、 勤怠管理サービス市場でNo.1のシェア を誇り、業界や業種を問わず26,000社以上の企業で利用されている勤怠管理システムです。

1ユーザーあたり300円の シンプルな料金体系と豊富な機能 で、中小規模の企業から大企業まで勤怠管理の悩みを解決することができます。

ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理
初期費用 無料
料金プラン 月額200円/人
対応打刻方法 静脈認証,GPS打刻,モバイル,PC,ICカードなど
主な機能 打刻,休暇管理、シフト作成、各種申請
無料トライアル 30日間
サポート体制 電話,メール,チャット
 

ジョブカン勤怠管理は、 企業規模や業種を問わず幅広く利用されている勤怠管理システム です。

打刻やシフト管理などさまざまな機能を搭載しており、経費精算や採用など 他のジョブカンシリーズとの連携も可能 です。

タッチオンタイム

タッチオンタイム
初期費用 無料
料金プラン 月額300円/人
対応打刻方法 生体認証,GPS打刻,モバイル,PC,ICカードなど
主な機能 打刻,シフト管理,アラート,各種申請
無料トライアル 30日間
サポート体制 電話,メール
 

タッチオンタイムは、 導入企業40,000社を誇る勤怠管理システム です。

低コストの料金設定ながら、 打刻管理や有休、残業時間など幅広い勤怠管理が可能 です。

▶︎勤怠管理システムに迷ったらコチラ

中小企業向け勤怠管理システムおすすめ2選

jinjer(ジンジャー)勤怠

jinjer(ジンジャー)勤怠
初期費用 無料
料金プラン 月額300円/人
対応打刻方法 ICカード,PC,モバイル,GPS打刻
主な機能 打刻,シフト管理,有休管理,各種申請
無料トライアル 14日間
サポート体制 チャット,メール,電話,WEB
 

jinjer勤怠は、 シンプルでわかりやすい操作性 が特徴の勤怠管理システムです。

連携できる外部サービスの種類が豊富で、 勤怠データの分析ができる 点も魅力的です。 

attenly(アテンリー)

attenly(アテンリー)
初期費用 無料
料金プラン 月額84円/人~(20名で利用の場合)
対応打刻方法 ICカード,PC,モバイル
主な機能 打刻,シフト管理,アラート,各種申請
無料トライアル 30日間
サポート体制  
 

attenlyは、 20人まで同じ月額料金で利用できる ため、1従業員あたり月額92円から始めることができる勤怠管理システムです。

ただし、サービスをもっとも安く利用するためには利用人数に注意する必要があるため、 従業員数によっては返って高くなる可能性 もあります。

勤怠管理無料アプリおすすめ2選

スマレジ・タイムカード

スマレジ・タイムカード
初期費用 無料
料金プラン 無料(30名まで)
対応打刻方法 PC,モバイル,パスコード
主な機能 勤怠管理,シフト管理,休暇管理,アラート
無料トライアル 60日間
サポート体制 チャット,メール,電話(一部プラン)
 

スマレジ・タイムカードは、飲食店向けPOSレジを提供する 株式会社スマレジが運営しているサービス です。

従業員30人まで無料で利用できる ため、スタートアップ時や小規模な企業におすすめです。

HRMOS勤怠

HRMOS勤怠
初期費用 無料
料金プラン 0円~
対応打刻方法 ICカード,PC,モバイル,QRコード,LINE
主な機能 打刻,各種申請,アラート,有休管理,勤怠レポート
無料トライアル あり
サポート体制 有人チャット
 

HRMOS勤怠は、 無料で利用できる勤怠管理システム です。

有料プランと比較すると 機能が制限 されますが、打刻や勤怠管理などの基本的な機能は制限なく利用できます。

\勤怠管理の効率化はプロに相談!!/
 

無料の勤怠管理アプリは制限に注意

無料の勤怠管理アプリは制限に注意

勤怠管理アプリは、無料で勤怠管理などの各種機能を利用できるサービスもあるため、 費用をかけずに勤怠管理を効率化したい方におすすめなサービス です。

しかし、無料勤怠管理アプリは、 無料で利用できる人数に限りがある、無料プランで利用できる機能には制限がある といったサービスも多いため、注意する必要があります。

失敗しない勤怠管理システムの選び方

失敗しない勤怠管理システムの選び方

打刻方法が豊富なサービスから選ぶ

勤怠管理システムを選ぶ際は、企業や店舗に合わせた勤怠管理ができる、 打刻方法が多いサービス を選びましょう。

例えば、外勤の社員にはGPSによる打刻、ITツールになじみがない現場ではICカードでの打刻など、 ニーズに合わせて打刻方法を選択 できます。

企業や働き方に合わせて最適な打刻方法を導入する ことで、効率的な勤怠管理が可能です。

機能が充実しているサービスから選ぶ

勤怠管理システムを選ぶ際は、勤怠管理効率化できる 機能が充実 したサービスから選ぶようにしましょう。

勤怠管理システムに搭載されている機能は、 サービスや利用プラン によって異なります。

企業や店舗の状況に合わせて どんな機能が必要かを明確に しておき、サービスを選ぶのが重要です。

自社の課題を解決できるサービスから選ぶ

勤怠管理システムを選ぶ際は、自社で抱える 勤怠管理の問題を解決できるサービス を選ぶようにしましょう。

勤怠管理システムには多くの種類があるため、導入の目的を決めずに導入すると、 返って管理コストが大きくなってしまう 可能性もあります。

また、あらかじめ解決したい 勤怠管理の課題を把握しておく ことで、企業に合ったサービスを選ぶ基準にもなります。

従業員や管理者が使いやすいサービスから選ぶ

勤怠管理システムを選ぶ際は、 管理がしやすく操作が分かりやすいサービス から選ぶようにしましょう。

勤怠管理システムは、従来の勤怠管理方法よりも機能が豊富なため、 操作が難しいと感じてしまう可能性 があります。

導入後スムーズに利用できるように、 使い方がわかりやすくデザインされているサービス を選びましょう。

サポート体制が充実しているサービスから選ぶ

勤怠管理システムを選ぶ際は、 電話やチャット などのサポート体制が手厚いサービスから選ぶようにしましょう。

勤怠管理システムは、さまざまな機能を利用できるため、 導入後使い方が分からない などでサポートが必要になる可能性もあります。

サービス利用で疑問点や困ったことがあった際に、 すぐに解決できる ようにサポート体制が充実しているかどうかを確認しておきましょう。

無料トライアルができるサービスから選ぶ

勤怠管理システムを選ぶ際は、導入前に使用感を確認できる 無料トライアル期間があるサービス を選びましょう。

勤怠管理システムは、多くの種類があり、 サービスによって機能やデザインが異なります。

無料トライアル期間がある勤怠管理システムであれば、 導入前に使用感を試すことができる ためおすすめです。

▶︎勤怠管理システムに迷ったらコチラ

勤怠管理システムの主な機能

勤怠管理システムの主な機能

打刻機能

打刻機能は、勤怠管理システムの基本的な機能で、利用するサービスによって さまざまな打刻方法を選択 することができます。

例えば、 不正打刻を防止する生体認証やICカードでの打刻 や、 GPSで打刻場所の確認ができる勤怠方法 などもあります。

企業や店舗の勤務体制に応じて 最適な打刻方法を導入できる ため、効率的な勤怠管理が可能です。

集計機能

勤怠管理システムの集計機能は、打刻時間や労働時間などを自動で集計するため、 給与計算などの業務を効率的に行うことができます。

通常の紙やエクセルを使った勤怠管理方法は手作業での集計となるため、 多くの時間がかかりミスなども起きやすい です。

勤怠管理システムであれば、正確な情報を効率的に集計できるため、 管理の手間を削減 することができます。

アラート機能

勤怠管理システムのアラート機能は、 業務を労働基準法で定められている範囲で管理するための機能 です。

あらかじめ労働時間や有休消化などの設定をしておくことで、 労働基準法の違反をアラートで知らせてくれます。

従業員一人一人の 労働環境をチェックする手間を削減できる ため、管理コストを削減できます。

シフト管理機能

勤怠管理システムのシフト管理機能は、テンプレートなどを利用して 従業員全体のシフト管理を効率化する ことができます。

従来の紙を使ったシフト管理は、作成や印刷、管理など 多くの手間と時間 がかかっていました。

勤怠管理システムであれば、正社員やアルバイトなど 雇用形態や就業規則に応じて複数のテンプレートを作成できるため、従業員側と管理側の両方の作業を効率化できます。

勤怠管理システムのメリット

勤怠管理システムのメリット

打刻情報を正確に管理できる

勤怠管理システムは、生体認証やICカードなどで 従業員の打刻情報をリアルタイムで管理 することができます。

打刻した時間や残業時間を正確に記録して、 従業員の不正打刻防止にも貢献 します。

集計業務を効率化できる

勤怠管理システムは、勤怠情報などのデータを効率的に集計できるため、給与計算などの バックオフィス業務を簡単に行うことができます。

また、手作業による計算ミスなども起きないため、 正確な業務の実現をサポート します。

法改正に対応できる

勤怠管理システムは、 労働基準法などの法改正に対応した働き方を実現 できます。

また、クラウド型のサービスであれば、機能やデザインを 無料デップデート してくれるため、最新の法改正にも対応することができます。

外部サービスとの連携できる

勤怠管理システムは、会計システムや人事労務などの 外部サービスと連携 して、業務を効率化できます。

連携できるサービスが多い勤怠システムであれば、 自社で利用している既存サービスともすぐに連携できる ため、導入しやすいメリットがあります。

\勤怠管理の効率化はプロに相談!!/
 

勤怠管理システムのデメリット

勤怠管理システムのデメリット

導入コストがかかる

勤怠管理システムは、サービス利用に 導入費用や毎月のランニングコストが発生 します。

無料で利用できる勤怠管理システムもありますが、 利用人数や機能に制限がある ことも多く、返って管理コストが多くなってしまいかねません。

費用をかけずに勤怠管理をしたい場合は、 紙やエクセルなどで勤怠管理 を行うようにしましょう。

定着するまでに時間がかかる

勤怠管理システムは、従業員が 機能をしっかりと理解して利用できるようになる までに時間がかかります。

従業員が多い企業だと、完全に勤怠管理システムの利用が定着するまで、 1年以上の期間が必要 となることもあります。

会社規模が大きいほど利用定着までの時間も伸びるため、なるべく スタートアップ時など従業員が少ない時期から導入しておくのがおすすめ です。

勤怠管理の注意点

勤怠管理の注意点

パートやアルバイトの従業員管理

パートやアルバイトの従業員の勤怠を管理する場合は、 シフト制などで勤務時間や勤務日が異なる ため給与計算の手間が多くかかります。

手書きやエクセルなどで勤怠管理をしていると計算ミスが起こりやすいため、 自動で勤務時間を集計してくれる勤怠管理システムがおすすめ です。

また、従業員のシフト希望から 自動でシフト表を作成できるシステムもある ため、勤怠管理の悩みに合わせてサービスを選びましょう。

テレワーク社員の管理

テレワーク社員の勤怠管理は、会社で直接打刻することができないため、 出退勤の正確な時間や残業時間の管理 が課題になりがちです。

また、エクセルなどでの管理だと従業員の自己申告となるため、 不正打刻や労働時間の記録に不正が起きてしまう可能性 があります。

勤怠管理システムであれば、PCの接続状況から自動で打刻を行うことができるサービスもあるため、 さまざまな働き方に対応した勤怠管理が可能 です。

扶養内で働く場合の管理

パートやアルバイトの社員の中には、労働時間を所得税などの税金が発生しない 扶養内に収めて働きたい 方も多くいます。

従来の勤怠管理方法では、扶養を超えないように労働時間を調整するのは難しく、 管理者の手間 が多くかかっていました。

勤怠管理システムであれば、従業員それぞれの労働時間を一目で把握できるため、 扶養内の働き方にも対応 することができます。

▶︎勤怠管理システムに迷ったらコチラ

勤怠管理の改善支援ならおまかせはたラクサポート

おまかせはたラクサポートとは

おまかせはたラクサポートとは、NTT東日本が提供する経理や人事労務など、 バックオフィスの課題を丸ごと解決してくれるクラウドサービス です。

勤怠ソフト・給与計算ソフト・会計ソフトを一括導入できるので、 複数部署の業務時間を一気に短縮 してくれます。

また、 初期設定もNTT東日本側で代行してくれる ため、導入後の手間がなく、かんたんにサービスを利用できるのが魅力です。

おまかせはたラクサポートでできること

業務 クラウドソフト
 勤怠管理・シフト管理 KING OF TIME  
 給与計算・年末調整 freee人事労務  
 帳簿作成・見積書作成・決算 freee会計 
経費精算・会計連携   freee経費精算 
 取引契約書・雇用契約書作成 クラウドサイン
おまかせはたラクサポートは、総務・人事・労務・経理業務を効率化する 5つのクラウドソフトを一括導入 できます。

複数のソフトをまとめて利用することで、各部署の業務時間が短縮され、 業務効率化とコスト削減を実現可能 です。

また、万が一トラブルがあった際は、月20回の電話サポートサービスに加え、 専用ツールを利用した遠隔サポート で対応してくれます。

​​おまかせはたラクサポートの​​​​料金

クラウドソフト 月額料金
KING OF TIME   3,850円
freee人事労務  
freee会計 
freee経費精算 
クラウドサイン 

おまかせはたラクサポートは、 5つのサービスを月額料金3,850円で利用できる お得なサービスです。

各ソフトを1本ずつ導入した場合、月額料金は合計2万円以上 となるため、1本ずつ契約するよりもまとめて契約した方が圧倒的にコストを抑えられます。

そのため、業務効率化ツールを検討しているけれど 価格が気になるという方におすすめ です。

おまかせはたラクサポートをおすすめする人

  • バックオフィスの業務時間を短縮したい企業
  • クラウドサービスが多すぎて決められない企業
  • 低価格なクラウドソフトを探している企業
  • サポート体制の手厚さを求めている企業
おまかせはたラクサポートは、 バックオフィスの業務効率化をまとめて実施したい企業におすすめ です。

数あるクラウドサービスの中から、 NTT東日本が厳選した業務改善ソフトを一括導入 できるので、どのツールを導入していいか迷う必要がありません。

月額4,000円以下と低価格ながらも、初期設定の代行や遠隔サポートにも対応しているため、 コストパフォーマンスの高さが魅力 です。

まとめ:勤怠管理システムで業務をもっと効率的に!

勤怠管理システムは、企業や店舗の勤怠情報を正確に管理して、 バックオフィス業務を効率化することができるサービス です。

近年では、テレワークなどのさまざまな働き方があるため、 雇用形態に関わらず管理ができる勤怠管理システム を利用する企業が増えています。

不正打刻を無くしたい、勤怠管理の問題を解決したい 方は、勤怠管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

▶︎勤怠管理システムに迷ったらコチラ

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!