集客をアップさせる代表的な手法・事例を紹介!実際にどういうやり方が効果が出るの?


飲食店や小売店を経営している店舗オーナーは、店舗の集客を強化したいけど、一体何から手をつ打てばよいのか分からずにいる方も多いのではないでしょうか。店舗の集客アップを目指すためには、まず代表的な手法を把握し、自店に適した施策を打つことが非常に重要になります。

本記事では、集客アップを目指す店舗オーナーに向けて、効果的に店舗集客を進めていくための方法を事例を交えて詳しく解説します。

集客力は意図的に上げることができる?


店舗の経営において重要なのことは、安定して顧客を掴むことにあります。どんなに優れたサービスや商品であっても、それを欲しいと思うお客様が存在しなければ、そもそもビジネスとしては成り立ちません。集客力アップを店舗が目指すには、やはり自社の商品やサービスの魅力をわかりやすく発信しながら多くのお客様に認識してもらうことが必要です。そこで重要な要素となるのがマーケティングリサーチです。商売を行うエリアの地域性をはじめ、競合となる他店の特徴などを把握しておくことが大切です。他店との違いが分かり、そのエリアに合った方法を取ることで効果的にアプローチでき、集客力は意図的に上げることが可能となります。
ただし、新規のお客様を集めることだけが、集客力アップにつながるわけではありません。既存のお客様からの口コミからも新たなファンを獲得することができます。より多くの顧客を獲得し、そのお客様が自然と口コミをしてくれる環境をつくることが理想といえるでしょう。

代表的な集客アップの手法を紹介

それでは、さっそく集客力をアップさせる具体的な手法についてそれぞれご紹介します。
 

webからの集客


代表的な集客アップの手法の一つにwebからの集客というものがあります。ここでは、webサイトを活用した具体的な広告方法を3つご紹介します。
 

SEO・MEO


皆さんが飲食店や欲しい商品を探すときは、GoogleやYahoo!などのインターネットを使って検索を行うのが一般的でしょう。その際に、店舗のwebサイトが検索エンジンの上位に表示されていれば、webサイトへ訪れる頻度が上がるとともに、集客も見込みやすくなります。これは、Search Engine Optimizationの略である「SEO」と呼ばれるもので、検索エンジンの最適化による施策によって良質なコンテンツを表示させることです。このSEO対策には、ユーザーが興味を持ちやすいキーワードを設定することも有効です。

一方「MEO」は、Map Engine Optimizationの略称でマップエンジン最適化のことを指します。具体的には、GoogleやGoogle Map内の検索において「地域名+業種名」などの店舗や施設に最適なキーワードを入力することでSEOと同様に上位表示を行うための対策です。MEOもSEO同様に最適化施策となるため、対策するのとしないのでは表示順位に差が生まれます。つまり表示順位に差が出るということは、店舗の情報をユーザーが目にする機会に大きな差が出ることにつながるのです。
 

ネット広告(リスティングなど)


次に、リスティングなどのネット広告も店舗の集客アップに有効な手法の一つです。ネット広告でよく使われるリスティング広告とは、ユーザーがGoogleやYahoo!などで検索したときに上位に表示してもらう有料広告のことです。例えば、知りたい情報を検索したときに、サイト名の横に「広告」と表示されているのを見かけたことはないでしょうか。つまり、これがリスティング広告です。ユーザーがクリックする度に広告料が発生し、1クリックごとに費用がかかります。しかし、言い方を変えればクリックした分しか広告料を支払う必要がなく、無駄なコストを抑えながら効率よく自社店舗のアピールができます。

具体的な仕組みを説明すると、広告費を支払うのは特定のキーワードに対してです。検索するユーザーは、当然そのキーワードに興味を持っている人なので、広告が目に触れやすく、ピンポイントでターゲットを狙うことができます。リスティング広告は、検索したときに他のサイトよりも上位に表示されます。確実に目立たせることが可能なので、資金に余裕があるときには効果的な集客方法といえるでしょう。
 

外部サービスへの掲載(ポータルサイトやデリバリーアプリなど)


ポータルサイトやデリバリーアプリなどへの掲載も集客手法としては有効です。そもそもポータルサイトとは、サービスや商品など同じカテゴリーを1つにまとめたサイトのことをいいます。例えば、飲食店だけを集めたサイトや観光スポット、美容など特定のジャンルに特化したケースが多いです。カテゴリーでまとまっていることで、ユーザーは他のサイトを探す必要がなく、1つのサイトで閲覧できる点がメリットといえるでしょう。またポータルサイト内に店舗情報を掲載しておけば、それだけ集客のチャンスを広げることも可能となります。

 

SNSからの集客


SNSは今や企業や官公庁でも利用されています。SNSにはさまざまな種類のものがありますが、それぞれ特徴が異なるため使い分けるとさらに効果的です。ここでは、SNSを活用した集客方法についてみていきましょう。
 

 Facebook


Facebookは、投稿と広告の2つを活用して集客アップを狙えるSNSです。Facebookの一番の特徴は、Twitterなどと異なり、長文を投稿しやすいことです。そのため商品・サービスの説明を詳しく入れたいときにおススメです。
また、商品の内容が注目されることでユーザーが投稿を拡散してくれるのもメリットといえるでしょう。基本的にFacebookは、実名での登録になるため、店舗や企業のPR用やホームページの代用として使用するケースは多いです。

またFacebookは、検索エンジンのリスティング広告のような有料広告を掲載することもできます。なんと広告料は100円からと非常に安いためコストを抑えて効率的にアピールできる点が大きなメリットです。商品・サービスに興味を持ちやすいターゲットに絞った広告を掲載できる上、初心者でも低い予算で集客が見込めるため、SNSを活用した集客を行うなら必ず押さえておきたいおススメの集客方法といえるでしょう。
 

twitter


Twitterは、短文以外にも写真やカンタンな動画の投稿も可能です。気に入ったツイートにつけられる「いいね」や、リツイート機能で他のユーザーへカンタンに発信できる拡散力が大きな特徴です。通常の投稿に加え、ニュース記事などもリツイートできるため情報を拡散しやすいといえるでしょう。また気になる投稿には、個別でコメントを入れることもできます。

このような特徴を持つTwitterを有効的に集客に活用するには、リツイートしてくれた人にキャンペーンを開催することで拡散を図るという手法があります。とはいえ、Twitterはフォローしたアカウントのタイムラインが全部表示されるため、フォローするアカウント数を増やすことに抵抗がある人もいます。有名な店舗であれば比較的フォロワーも獲得しやすく、定期的な情報発信のツールとして活用するなら便利なツールといえるでしょう。

 

Instagram


写真の投稿をメインにしているのが特徴のInstagram。写真以外にもカンタンな動画投稿もでき、ビジュアル的なアピールをしたいときに効果的なSNSです。Instagramは、テキストの入力も可能ですが、ちょっとしたコメントやカンタンな説明程度の比較的短文が向いているSNSです。とくにユーザーの多くは若い女性で美容やファッションといった女性を意識した商材を扱う企業や店舗との相性はバツグンです。
 

LINE


SNSの中でも圧倒的なユーザー数を誇るLINE。店舗のサービスや情報提供などの手段としてLINEを導入する店舗は増加しています。LINEには「LINE公式アカウント」といった機能があり、以前にはLINE@と呼ばれていたもので、これを活用することで店舗専用の公式アカウントを作成することができ、カンタンに集客に役立てられる点が大きなメリットです。通常であれば、ホームページを作成して店舗の集客を行うには、時間と高額な費用をかけて1から作成しなければなりません。

一方、LINE公式アカウントを利用すれば、集客に役立つ機能が最初から利用できるようになります。手軽にはじめられる上、コストも抑えられるという点も魅力といえるでしょう。またLINEでは、店舗のアカウントを友だち追加しているユーザーを対象に個別にメッセージを送信することができます。この機能を利用することで来店予約や商品の問い合せなどカンタンに行えて、店舗の集客アップにつなげることが可能となります。
 

Youtube


ここ最近、盛り上がりをみせるYouTubeですが、動画を作成し発信する方法、その他の動画に広告を挿入してもらう2通りの方法を試すことできます。最近では、動画を使ったマーケティングも増加しており、テキストや画像だけでは伝わりづらい情報や魅力を発信しときには有効な手法といえます。とはいえ、動画を投稿してもユーザーに見てもらえず、ただ配信するだけではなかなか集客に結び付かないことも多いでしょう。YouTubeを使ったマーケティングで成功するためには、視聴回数やチャンネルの登録者数を増やしていくことが重要であり、多くの人が魅力的と感じるよう動画を配信し続ける必要があります。

これらを踏まえて、視聴回数やチャンネル登録者数を増やすという点でみると、YouTubeで動画を配信することは、あまり店舗向きとは言えません。店舗がYouTubeを集客に活用するのであれば、その他のすでにチャンネル登録者数が多いチャンネルに広告を挿入してもらうことがおススメです。広告を出稿するには、スポンサーとしての費用は発生しますが、ユーザーの興味を引くような広告を作ることができれば、知名度を高めて自社のwebサイトに誘導することが可能です。
 

チラシ・ポスティングを使った集客


ネットを使用しない世代に有効な手段としてチラシ広告があります。一般的にチラシ広告は、ポストに直接投函するケースや新聞の折り込みチラシなどが多いです。広いエリアに渡りするには、それなりの部数を印刷しなければいけないことに加え、ポスティングなどの費用がかかりますが、エリアを絞り限られた商圏での店舗であれば効果的でしょう。とはいえ、新聞を契約していない世帯には届かないという点やチラシの投函を拒否するケースが多いことに加え、捨てられる可能性もあることはデメリットといえるでしょう。
 

口コミ、紹介を促進する対策


次に、口コミや紹介を促す集客対策もおススメの方法です。口コミは、直接店舗を足を運んだことのある人からのリアルな声なので、信頼度の高さが大きな特徴です。また多くの人は、人気のあるところに集まりやすく親しい人からの紹介や口コミには信用するという特性を持っています。そのため口コミや人からの紹介などは、高い集客力が期待できるといえるでしょう。

以上、代表的な集客アップの手法をいくつかご紹介しました。つづいては、実際の集客事例をご紹介します。

実際の集客事例を紹介


実際に店舗では、集客アップにつなげるためにどのような集客方法を取り入れているのでしょうか。ここでは、実際の集客事例をご紹介します。
 

飲食業:焼肉ホルモン店の場合


導入事例の一つめは、東京に店舗を構える焼肉ホルモン店のケースからご紹介します。

≪課題≫
店舗では、2020年を控えたオリンピックの需要から訪日外国人観光客の来店も増えており、お客様からインターネット(Wi-Fi)の問い合わせが多く寄せられていました。また店舗にWi-Fiが無いことで入店の機会を逃すことも多々ありました。

≪対策≫    
ギガらくWi-fiの導入

≪導入後の効果≫    
「ギガらくWi-fi」を導入した後は、日本人のお客様だけでなく訪日外国人の来客が一気に増増加。結果的に店舗の売上アップを図ることに成功しています。また店内でWi-fiを利用できることで顧客満足の向上にもつながっています。

Wi-Fi導入はインバウンド集客に効果的!導入から運用までのサポートつきWi-Fiサービス

 
2

飲食業:バーの場合


次は、圧倒的な本格カクテルショーが楽しめるバーの集客事例をご紹介します。

≪課題≫
店舗では、インバウンド需要の高まりからWi-Fi環境の必要性を感じていました。しかしながら、さまざまなメーカーやプランが多いことから、どのWi-Fiを選べばいいのかわからず導入に至っていませんでした。

≪対策≫    
・ギガらくWi-fiの導入
・ネット環境の見直し
・電話の設定
・ひかりテレビの導入

≪導入後の効果≫    
店舗では、Wi-fiの導入をきっかけに、電話の設定やネット環境・ひかりテレビなど通信環境の見直しをまとめて行いました。導入後は、快適な環境が整ったことでお客様の満足度の向上し、集客アップにつなげることができました。

新規オープンにあたりインフラを一括導入!快適な店舗づくりまでの道のりをご紹介!
 

飲食業:全国チェーンの居酒屋の場合


最後は、全国チェーンの居酒屋の集客事例をご紹介します。

≪課題≫
店舗では、SNSを活用した集客やブランディングが必要と感じながらも、これまでSNSや広告のノウハウがないことでSNSの活用ができずにいました。今後は積極的にSNS集客を強化したいと思い、インスタグラムのAI自動運用を用いたサービスを導入することに至りました。

≪対策≫    
InstaTawn(インスタタウン)

≪導入後の効果≫    
ダイレクトメッセージやコメントを通じて、直接お客様とのコミュニケーションをとれるようになりました。「美味しかったです」「こんなメニューが欲しいです」などリアルな声ををもらえることで、今まで見えていなかったものが見えるようになり結果的に集客や広告の戦略づくりにつながっています。またお客様の意見を直接もらえることでスタッフのモチベーションアップにも効果を発揮しています。

「今まで見えていなかったものが見えるようになった」集客や広告戦略に必要なのはお客様の声だった!
20

まとめ


今回は、集客アップを目指す店舗オーナーに向けて、効果的に店舗集客を進めていくための方法を事例を交えて詳しく解説しました。店舗が実践できる集客手法はさまざまで、どのような方法をとるかは店舗の性質や扱う商品などで異なります。現在、集客アップを目指している店舗は、今回ご紹介した集客方法や事例を参考にしながら店舗に合った方法を選んで上手に取り入れてみてください。
 

関連商品

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます