• TOP
  • コラム
  • 効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選

効果的なクーポンで売上UP!飲食店のクーポンアイデアと集客に強いツール4選
クーポンは、上手に使うことで集客アップにつなげられるツールです。しかし、「クーポンを使うと売上が減る」「値引き目当てのお客さまばかり来る」といったマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。
 
そこで本記事では、クーポンの集客効果を最大限に引き出すために気をつけたいことと、飲食店におすすめのクーポンツールをご紹介します。
 

クーポンの役割とは?


飲食店の集客において大切なのは、新しいお客さまにお店を知ってもらい、来たことのあるお客さまには覚えていて(思い出して)もらうこと。そこで役立つのがクーポンです。
 
たとえば、A店とB店とで、ランチのお店を迷っているお客さまがいたとします。お客さまにとっては、両者とも同じくらい魅力的。そのときに決め手となるのが、クーポンです。クーポンは、「お得だしこっちのお店にしよう」とお店選びの決め手になります。
 
このように、初来店のきっかけや、「次回来店で50円引きか。また来よう」というリピートのきっかけをつくるのが、クーポンの役割なのです。
 
クーポン
 

クーポンに集客効果を持たせるための3つの決まり


クーポンは、お客さまにとって魅力的かつお得な内容で、お店に利益がもたらされるものでなければなりません。クーポンの集客効果を最大限に利用するために、次の3つのルールを押さえておきましょう。
 

①有効期限をもうける

お店で有効期限のないクーポンをもらったとき、あなたはどう思いますか?「いつでも使えるから」とお財布にしまい込み、そのまま忘れてしまうのではないでしょうか。
 
有効期限のないクーポンは、お客さまの記憶に残りにくいもの。お財布の奥からたまたま出てきたときくらいしか、思い出してもらえないのです。これでは、「来店のきっかけをつくる」という役割を果たせていません。
 
来店してほしい周期から考えて、クーポンの有効期限を決めましょう。月に1回来るリピーターを増やしたいのなら、「有効期限は1ヶ月」という具合です。
 
 

②対象者を明確にする


学生層を開拓したいと思い、「食べ放題コース10%OFF!」のクーポンを情報誌に載せたとします。ところが、クーポンを使ってくれたのは常連さんばかりで、学生はほとんど来てくれませんでした。
これでは、新規の客層を開拓できなかっただけでなく、入ったはずの売上を10%捨ててしまったのと同じです。
 
クーポンは、利用条件や対象者を明確にしないと、単なる損失になりかねません。上記の例であれば、「学生証提示で食べ放題コース10%OFF!」とするべきでしょう。
「3名以上のグループの方に」「今月が誕生月のあなたに」など、お客さまの印象に残るフレーズで対象者を絞ってみてください。
 

③特典は割引に限らない


飲食店のクーポンといえば、「〇円引き」「お会計から〇%OFF」などがメジャーです。しかし、クーポンの特典は割引に限らず、お客さまが喜ぶものなら何でもいいのです。
特典には、お店の利益に響かないものを選びましょう。小鉢やミニデザートなど、コストのかからないちょっとしたものがおすすめです。
 
・お通しのサラダ お代わり無料!
・対象のパンをお買い上げの方限定 オリジナルステッカープレゼント!
・OPEN2周年記念!2のつく日が誕生日の方に小鉢をサービス
・クリスマスケーキのご予約でミニクッキープレゼント!

このように、魅力的なフレーズで印象をつけ、対象メニューやサービス品の写真も載せましょう。このようなクーポンは記憶に残りやすく、高い集客効果が期待できます。
 

おすすめのクーポンツール4選

クーポンツールとして利用できる、4つの媒体をご紹介します。
 

1.Instagram


おすすめメニューや調理風景を写真で投稿し、タイムリーな情報を届けられるInstagram。次のような方法で、クーポンツールとしても利用することができます。
 

①投稿写真にクーポンをつける


「投稿を見ました!」でトッピング1種類サービス など
 

②指定のハッシュタグをつけて、拡散してもらう


「#〇〇(お店の名前)」「#〇〇(地名)肉バル」「#ローストビーフ丼」をセットで投稿してくれた人には、次回のお会計から10%引き券プレゼント など
 

③フォロワーを増やす

お店のアカウントをフォローしてくれた人先着50名に、ソフトドリンク一杯プレゼント など
 
③の場合、クーポンを使ったあとにフォローを外してしまうお客さまもいます。クーポンを使い終わっても関心を持ち続けてもらえる、お客さま目線の投稿を心がけましょう。
 
insta town

インスタタウン(Insta Town)

インスタ自動運用で情報拡散力の高い潜在顧客にアプローチ。

 

2.Wi-Fiチラシ


近くにあるWi-Fiスポットに自動接続できるアプリ『タウンWi-Fi』。同アプリから生まれた集客ツールが、お店からのメッセージやクーポンの配信ができる『Wi-Fiチラシ』です。
 

クーポン配信の流れ


お店の周りに飛んでいるさまざまなWi-Fi(公共施設や交通機関など)を自動検知

そのWi-Fiに接続したタイミングや、特定のエリアに入ったタイミングで、ユーザーにプッシュ通知でクーポンを配信
※年齢層、性別、来店頻度など、ターゲットを絞った配信が可能
 
WIFIチラシ

Wi-Fiチラシ

自店舗のWiFiを集客ツールに



 

3.LINE@(LINE公式アカウント)


LINE@は、多くの企業やお店に使われているLINEのビジネス版です。友だち登録してくれたすべてのお客さまに対し、一斉にメッセージやクーポンを配信できます。
 

クーポン作成の手順


①管理画面の「クーポン・イベント作成」をクリック
②クーポンタイトルと画像を設定
※タイトルは、配信時に真っ先にユーザーの目に入ります。関心を引くような、インパクトのあるタイトルにしましょう。
③「割引」、「FREE」、「プレゼント」、「キャッシュバック」、「その他」からクーポンの種類を選ぶ
④有効期間、使用回数(1回限りor有効期間中何度でも)、利用条件などを設定
⑤プレビューで問題がなければ保存、配信
 
管理画面からは、クーポンを開封したユーザーの数や、使われた回数などを確認できます。どのクーポンへの反響が大きかったのかをつかみ、集客に役立てることができます。
 
LINE@

LINE@

リアルタイムに販促・PRができるコミュニケーションツール。

 

4.ポスティングチラシ


ポスティングチラシは、チラシにクーポンを載せる方法です。アナログではありますが、ターゲットが住む地域に確実にアプローチできます。
また、ターゲットが一人暮らしの若者であれば賃貸住宅、家族連れであれば一戸建てというように、ポスティングする家を選べる柔軟さもあります。
 
チラシのさらなるメリットとして、「視認性の高さ」があります。誰でも必ず、自宅のポストはチェックしているもの。そのため、クーポンが目にとまる確率も上がるのです。
 
ポスティングチラシ

チラシ・名刺サービス

訴求したい地域やターゲットを絞って直接アプローチ。

 

最後に


売上アップを狙うなら、新規のお客さまを集めるのはもちろん、リピーターを増やすことも大切です。1回限りの来店で終わるのではなく、2回目以降も「また来よう」と思ってもらえる、魅力的なクーポンを用意しましょう。
 
最後に、大切なことをもうひとつ。とくに割引系のクーポンにいえることですが、短期間に何度も発行するのは控えましょう。
なぜなら、安さを基準にお店を選ぶお客さまばかりが集まって、お店の本当のファンをつくることができなくなるからです。クーポンの発行頻度や内容をきちんと考えることは、お店が「中身」で勝負するための基本です。
 
本記事で紹介したポイントに気をつけながら、お客さまにとって価値のあるクーポンをつくって集客、売上UPに役立てていきましょう。
 

関連タグ