【GoTo商店街とは】仕組みやメリットに注目!集客対策はどうする?

目次

新型コロナウィルスの影響で、打撃を受けているのは企業だけではありません。地域に根差した「商店街」も大きな影響が生じています。新型コロナウィルス以降、消費者の外出も減ったことにより、商店街の店舗の売上とともに人の賑わいも目立たなくなりました。

そこで、政府が商店街を支援する目的として展開するのが「GoTo商店街キャンペーン」。今回はこのGoTo商店街の仕組みや魅力をご紹介していきます。対象商店街に関係する店舗や事業者、消費者にとってどのような魅力やメリットがあるのかについてもご紹介していきます。
※本記事は2020年10月27日時点の情報となっています。今後新型コロナウィルス等の状況により、内容が変更になる可能性もあるため、最新の公式情報をご確認ください。

【店舗オーナー必見】SNS集客ガイドを無料公開中!!

ガイドブック

「SNS集客を始めようとしている」「SNS運用を知りたい」方に向けて、SNS集客の方法・ポイントをまとめました。店舗の売上UPにお役立てください。

資料のダウンロードはこちら
 

GoTo商店街とは


(参考資料:”GoTo商店街事業に関するお知らせ”経済産業省HP)
 

GoTo商店街の目的

対象商店街において活気や勢いをもたらすために展開されます。
具体的にGoTo商店街の公式サイトで公表している大まかな目的としては以下の3点。

・地域の魅力に気付く
・地域商店街の良さを伝える
・成果を次に繋げる

上記を達成するために、商店街で行うイベントや集客対策・宣伝PR等を行うことで、人が集まり、地域の住民が商店街の魅力を感じ、賑わいを起こすことを期待しています。 (参考サイト:GoTo商店街 事業者向けサイト)
 

具体的な支援は?

対象となる商店街に対して、300万(※)を上限とした支援金。この支援金を元として、商店街が活性化するための施策やイベントを行うことになっています。
※2つの商店街で連携する場合は、追加500万。最大1,400万円を上限
 

GoTo商店街の対象とは

特定(対象)の商店街の活性化に向けて取り組む組織を対象とします。これは企業はもちろん、法人化されていない場合でも条件を満たしていれば対象。ただし、新型コロナへの感染拡大防止策を講じることが前提となります。

GoTo商店街の仕組み

実際にGoTo商店街ではどのような仕組みで展開されていく事業なのか以下で確認していきましょう。
 

どんな取り組みが対象になる?

対象商店街において、具体的には以下のような取り組み内容が対象となります。
(画像引用:”GoTo商店街事業の概要”経済産業省HP)

・宣伝・PR
・Webサイト構築
・イベントに必要な物資費用(イベント実施のみに使用することがわかるもの)
・商品開発のコンサル費用などが対象となります。

重要なポイントとして、GoTo商店街では基本的にイベント開催などに向けた取り組みや必要なものを支援対象としています。商店街に関する設備投資等は支援対象にはなりませんので認識しておきましょう。
 

GoTo商店街事務局が商店街を募集

中小企業庁から委託を受けた業者が事務局となりますが、この事務局が全国の商店街に向けてキャンペーン支援対象となる商店街を募集します。先行募集は10月30日まで、通常募集は10月30日以降での募集日程となっています。
※どの場合でも2021年2月14日までに事業を終了することを前提
 

イベント実施などの施策を行う商店街を支援

支援対象となる取り組み内容を行う組織に対して、300万を上限として経済的な支援を行います。支援対象となる取り組みについては、活性化のための様々な施策やイベントの開催、集客に必要な施策等が該当するとされています。
 

事務局の役割は広い

事務局は商店街に対し、募集業務や選考だけでなありません。対象商店街に対して、様々なノウハウの共有等も行い、対象商店街の広報PRも担います。

GoTo商店街はいつからいつまで

GoTo商店街事業の実施期間について、具体的な日程を確認しましょう。
 

先行期間:10月19日〜11月30日


(画像引用:ミラサポplus 中小企業向け補助金・総合支援サイト)
 

通常期間:12月1日〜


(画像引用:ミラサポplus 中小企業向け補助金・総合支援サイト)
 

先行期間の対象商店街

先行募集によって34の対象事業が決定。10月19日より順次、それぞれのイベントや集客を行なっていきます。

また、10月30日以降は12月1日より開始の通常期間に向けた募集・選考が行われていく流れとなっています。今後も応募のチャンスがあるため、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

GoTo商店街のメリット

GoTo商店街の実施に関して、それぞれの立場のメリットをご紹介していきます。
 

店舗(生産者)のメリット

商店街がイベントや集客対策を行うことで注目され、多くの人が商店街に訪れることになります商店街へ訪れた際に、各店舗への来店にも繋がるため、売り上げ効果が期待できるでしょう。また、生産者の商品がより使われ、認知されるきっかけにも繋がります。
 

消費者のメリット

イベント開催により、お得さや商店街ならではの催しを楽しむことができる。地域の人との触れ合いに繋がる
 

商店街(地域)のメリット

このキャンペーン自体が注目されていることもあり、対象商店街は注目され、多くの人が訪れるでしょう。そこで人と店舗、商店街としての触れ合いが起こり、地域に根差した商店街の魅力を再度発見することにも繋がるでしょう。

また、今回のキャンペーンを通してイベント開催やPR・集客に関する経験を積むことでノウハウとして蓄積され、今後商店街独自として継続した取り組みが実施できる可能性を秘めています。

GoTo商店街がスタート!

10月19日より、先行期間としてGoTo商店街が一部の商店街からスタートしています。
商店街でテントによる出店を行ったり、ハロウィンに関連したイベントを行い、盛り上がりを見せている商店街もニュース等で紹介されました。

また、経済産業省の公式サイトでは、取り組み事例として様々な具体的施策を紹介しています。そのなかには、ナイトバザールやお化け屋敷の開催、テレワーク弁当デリバリーの実施など、商店街の特性を生かした内容が紹介されています。
地域や街を知ることのできる取り組みや、子どもも大人も一緒になって楽しめる内容が各地で展開されていくことで、商店街での触れ合いや地域の魅力を再発見することに繋がるっていくでしょう。
(参考資料:”GoTo商店街事業 事例集”経済産業省HP)

商店街や店舗におすすめ!快適なインターネット環境を構築

今回のGoTo商店街では、これまで取り入れることのなかった施策やイベントを開催するという商店街も多くあるのではないでしょうか。
そこでスムーズな情報収集やインターネット環境をサポートするのにおすすめなのがWi-Fi環境。インターネット回線があるものの、Wi-Fiを強化していない場合、イベント開催時やスムーズなインターネット利用に不安がある場合もあるでしょう。
そこで状況別に対策として、モバイルWi-FiとメッシュWi-Fiの導入がおすすめ!以下でそれぞれの特徴をご紹介していきます。
 

モバイルルーター

屋外でも屋内でもインターネット環境を構築してくれるのがモバイルルーター。特に最近ではデータ通信量の使いすぎによる速度制限の不安を解決するサービスが登場しています。
商店街のイベントを屋外で行う場合、スムーズな連携手段として屋外でもインターネットに接続できる環境を整えたい場合はこうしたモバイルルーターの導入がおすすめです。
》どこよりもWi-Fiなら月100GBまで使い放題?お急ぎの方はこちらから
 

屋内ならメッシュWi-Fi

店舗内や事務所内など、GoTo商店街の各イベントや施策を行ううえで、インターネット環境が必要になるでしょう。複数端末で同時に情報収集や作業にあたることも考えられます。
そこで、より快適な環境整備のためにおすすめしたいのが、メッシュWi-Fi。これまでの通常のWi-Fiとは異なり、網目状にネットワークを張り巡らせることで、死角のないWi-Fi環境を構築してくれるでしょう。
事務作業や様々な関係各所との連携が必要な場合にはこうしたより強固なWi-Fi導入をおすすめします。
》メッシュWi-Fiとは?メリットデメリットを解説
》メッシュWi-Fiのおすすめ比較!人気メーカーのおすすめはこれ

周辺地域の店舗も集客強化を!

この取り組みにより、全国各地の商店街において多くの人が訪れることになるでしょう。そこで注目したいのが、商店街だけでなく周辺地域の飲食店も集客を意識して強化したいところ。商店街に訪れた流れで、周辺の飲食店や店舗を利用することも十分に考えられるでしょう。そこで事前に集客対策を行っておくこと、GoTo商店街に関する情報にアンテナを貼っておくことで、集客や売上にも影響が出るかもしれません。
 

SNSが効果的?情報発信やハッシュタグで集客対策

InstagramやTwitterを活用した店舗のアピールで、GoTo商店街をきっかけに集客を強化することも可能になるでしょう。実施期間が長いからこそ、今のうちに対策をしておくことが重要となります。Instagramの運用に関しては、代行サービスを利用することで、より効果的にターゲット層に訴求することも可能になります。
通常業務でSNSの運用まで手が回らないという場合や、成果として感じられないという場合は代行サービスでSNS運用を行うという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。
》SNSの違いとは?InstagramやTwitterのメリットデメリットを徹底紹介
》いち早くInstagramで店舗の集客対策を行いたい!詳細はこちら

【店舗オーナー必見】SNS集客ガイドを無料公開中!!

ガイドブック

「SNS集客を始めようとしている」「SNS運用を知りたい」方に向けて、SNS集客の方法・ポイントをまとめました。店舗の売上UPにお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

まとめ

今回はGoToキャンペーンのひとつとして、最新の試作「GoTo商店街」を解説しました。今回のキャンペーンにより、全国の商店街が活性化すると見込まれています。
新型コロナウィルスで影響を受けたのは各店舗だけではありません。地域に根差した商店街も、新型コロナで人の出入りに大きな影響を及ぼしたことで、打撃を受けているでしょう。

今回のキャンペーンにより、多くの商店街と周辺地域の人がより触れ合いを通した活性化に注目していきましょう。

》SNSを利用した集客対策ならInstagram?代行運用で効果拡大?

》屋外でのインターネット環境構築なら100GBまで利用できる「どこよりも
Wi-Fi」に注目

》店舗や事業所内での快適なWi-Fi整備なら絶対メッシュWi-Fi!人気のTPLinkはこちら


 

関連タグ

関連商品

在庫や導入費無しで、収入が得られる!

在庫や導入費無しで、収入が得られる!

在庫や導入費無しで、収入が得られる!
初期費用無料!空き場所貸し借りのプラットフォーム!

spacecarry|初期費用無料!空き場所貸し借りのプラットフォーム!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

spacecarry|初期費用無料!空き場所貸し借りのプラットフォーム!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます