電力会社の乗り換えで失敗しないポイント・手続き方法を徹底解説!

電力会社の乗り換えで失敗しないポイント・手続き方法を徹底解説!
これから電力会社の乗り換えを検討している方は、「新たな電力会社へ乗り換えて失敗したくない」「手続きがイマイチよくわからない」など、さまざまな疑問や不安を抱えていて、まだ乗り換えずに躊躇している方も多いのではないでしょうか。

今回は、電力会社の乗り換えにおけるメリットや失敗しないためのコツ、手続き方法を分かりやすく解説します。

>>電気の乗り換えキャンペーン一覧とキャンペーン利用時の注意点
>>【店舗・コスト削減】新電力とは?切り替えて本当に大丈夫?みんなが抱える疑問にお答えします

電力自由化とは


電力の自由化は、2016年4月1日以降に始まった小売電気事業の制度改革のことです。これまで家庭や商店向けの電力は、電気事業法によって国が定める東京電力や関西電力などの一般電気事業者だけが販売しており、家庭や商店では、電力会社を自由に選ぶことはできませんでした。
しかし2016年に開始された小売電気事業の全面自由化により、家庭や商店を含む消費者が電力会社や料金プランを自由に選択できるようになったのです。
小売電気事業者には、エネルギー企業や通信会社、旅行会社といったさまざまな分野の民間企業が参入しています。各社、それぞれ本業の強みを生かたビジネス展開を行い、ユーザー数を伸ばしています。

>>【電気代の節約】おトクな電力会社を知りたい方はこちら!
>>【電気代削減】エアコンを新品に切り替えると約50%以上の消費電力を削減!

電力会社を乗り換えるメリット


電力の自由化が始まり、多くの人が電力会社の切り替えを行っているなか、果たして電力会社を変えるメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。おもに2つのメリットについてみていきましょう。
 

電気代の節約ができる


電力会社を乗り換える一番のメリットは、やはり個人と法人ともに電気代の節約ができるという点が挙げられます。では電力会社を乗り換えることで一体どれくらいの節約が可能なのでしょうか。実際のコスト削減事例をご紹介します。
 

コスト削減の実例【法人】


■ハルエネでんきへの乗り換え

①業態:美容室
年間削減額:1,673,568円
グループ26店舗に導入で100万円以上のコスト削減

②業態:パソコン販売
年間削減額:837,852円
19店舗に導入で電気コスト削減

>>【相談無料】法人人気No1!電気を使えば使うほどお得になるハルエネでんき
>>ハルエネでんきについての問合せ、申込みはこちら


 

オトクなセット割や支払先を一括管理できる


小売電気事業に参入している電力会社の中には、ネットやスマホを販売する通信会社やガス会社などさまざまな業態の企業が参入しており、それぞれ独自の強みを活かしたサービスやプランを展開いることも魅力の一つです。
 

通信会社のケース


通信会社が提供する新電力の場合であれば、電気とネット回線やスマホなどとまとめるとオトクになるセット割を販売しているところがほとんどです。また料金の支払いも一括で請求されるので、管理がラクになるという点もメリットといえるでしょう。

>>ソフトバンクでんきの特徴・評判】申し込み前にメリットデメリットを確認!
>>ソフトバンクでんきの無料相談やお申込みはこちら!



ガス会社のケース


ガス会社であれば、電気とガスをセットで申し込むことで電気代やガス料金が割引されるケースが多くあります。さらに普段使っているポイントカードと連携してポイントが貯まるオトクなサービスを提供しているとこともあるため、その点も魅力といえるでしょう。

>>【ENEOS都市ガス】でんきもガスもENEOSでお得に|

電力会社を選ぶ際に押さえるべきポイント!


次に電力会社を選ぶ大事なポイントについてみていきましょう。ここでは、3つのポイントについてご紹介します。


重視したいものを決める


電力会社を選ぶ上で、まずは自分が何を重視したいのかを考えることからはじめましょう。重視するポイントは、電気料金の安さやサービス面、解約金の有無、発電方法、企業ポリシーなどさまざまです。重視すべきことが明確になれば、そのポイントに絞った電力会社を選択することができ、乗り換え後も満足度の高いものとなるでしょう。
 

各プランは、基準を満たしているか確認する


電力会社を選ぶときに気を付けたポイントとして、各プランが自分の環境や基準を満たしているのか確認することも重要です。
新たなプランとライフスタイルのミスマッチが起きた場合、「月々の電気代が3万円以上高くなった」という悲惨なケースも少なくありません。これは昼間にたくさん電気を使用するのに、深夜電力電力が安くなり、昼間の電気代が高くなるプランへ加入したことで起きてしまったケースです。

日中電気を使用することが多いか夜間の方が電気を使用することが多いのかなど、ライフスタイルの違いも考慮した上で、プランを選択するようにしましょう。乗り換え先の電力会社にて環境に合ったプランが用意されていれば大幅なコスト削減も期待できます。

>>【LEDでんき】新電力の切り替えとセットでさらにオトクに!最大90%の電気代削減が可能に
 

新電力が信頼できる会社かチェック


最後は、電力会社が信頼における会社か見極めることも大切なポイントの一つです。乗り換え先の電力会社は、どのようなところと取引があるのか、電力小売り事業以外にはどのような活動を行っているのかなどを調べるようにしましょう。
 

ネット上の情報だけを信じすぎないこと


ネット上では電力会社の情報が溢れています。便利な反面その情報だけを信用してカンタンに乗り換えてしまうと後悔するケースもあります。電力会社を乗り換える際は、必ず専門知識を持った人に相談した上で乗り換えるようにしましょう。

>>【電気代の節約】おトクな電力会社を知りたい方はこちら!
>>【電気代削減】エアコンを新品に切り替えると約50%以上の消費電力を削減!

電力会社の乗り換えの手続き4つのステップ


電力会社の乗り換えを検討していても、「実際に切り替える手続きってどんなことをすればいいの?」と疑問に思う方も少なくないでしょう。ここでは電力会社をスムーズに乗り換えるために必要な情報や手続きについて順を追ってみていきましょう。
 

ステップ1.乗り換え先の電力会社を選定する


まずは、乗り換え先の電力会社の選定を行いましょう。電力会社の一番のメリットは、ユーザーにとって選択の自由があることです。電気料金の安さに加え、サービス面や発電方法、企業ポリシーなどをチェックし、自分にとってベストな電力会社を選びましょう。

 

ステップ2.「電気ご使用量のお知らせ」を用意する




画像:東京電力の検針票

次に、現在使用している電気の料金や電気使用量がどれくらいなのか把握しましょう。
電力会社をスムーズに乗り換えるためには、まずは現在契約している電力会社から毎月届く「電気の検針票(電気使用量のお知らせ)」を手元に用意することをおススメします。その理由として、電気の検針票には電力会社の乗り換えにおいて必要な情報がすべて記載されているからです。

もし検針票が用意できない場合は、電力会社へ直接電話して確認することも可能です。

≪電力会社の乗り換えで必要な情報≫
・契約している「電力会社名」
・契約している電力会社の「お客様番号」
・電気を使用するための場所を特定する「供給地点特定番号」
※全国一律で数字22ケタの番号
・電力会社切り替え希望日

 

ステップ3.乗り換え先の電力会社の料金シミュレーションを行う


現在使用している電力会社の電気使用量を把握したら、続いては電力会社へ乗り換えた場合に電気料金がどうなるのかシミュレーションをしてみましょう。

多くの電力会社では、webサイトで料金のシミュレーションを行うことが可能です。シミュレーションでは、現在電気を使用している電力会社の検針票を確認しながら契約アンペア数・対象月・月間の電気使用量を入力すると料金をシミュレーションできる場合が多いです。まずはこの方法を使って、どれだけ節約できるのか試してみましょう。
 

ステップ4.電話やWEBなどから申込みを行う



電力会社の選定と料金シミュレーションまで終えたら、あとは乗り換え先の電力会社への申込み手続きを行いましょう。
手続き方法は、電話での申込みはもちろん、現在ではどの電力会社もオンラインでの申込み手続きが可能となっています。申し込む際は、申し込みフォームへ支払い方法を記入しないといけないケースも多々あるため、クレジットカード情報や口座情報などは事前に準備しておきましょう。

また、電力会社の乗り換えで疑問の声が多い「現在契約している電力会社への解約届はいるの?」という点についてですが、とくに解約申請などは不要となります。新たな電力会社へ申込み手続きを行ったあとは、電力会社同士がお客様の引き継ぎをしっかり行ってくれるので安心して切り替えのタイミングを待ちましょう。

まとめ


今回は、電力会社の乗り換えにおいてメリットや失敗しないためのポイント、手続きの流れなどを詳しく解説しました。電力会社を選ぶ際には、自身の環境に合ったプランなのか、料金のシミュレーションをして安くなるのかなど事前にしっかりチェックすることが大切です。
「自分に合った電力会社を知りたい」「オトクなキャンペーンを活用して乗り換えたい」という方は、ワイズクラウドにて無料相談も承っています。ぜひお気軽にお問合せくださいね。

>>【無料相談】電力会社のオトクなキャンペーン情報を知りたい方はこちら!
>>電力会社の乗り換えについての問合せ・申し込みはこちら