ほっとでんきって?太陽光発電0円の仕組みやメリット、料金プランまで徹底解説!

ほっとでんきって?太陽光発電0円の仕組みやメリット、料金プランまで徹底解説!
施設や店舗を所有している方や戸建てにお住まいの方などは、電気代などの固定費を少しでも抑えたいと考えている方はほとんどでしょう。電気代の節約には、いくつかの方法がありますが太陽光パネルを設置することで売電や自家消費できるため、節約には効果が高い方法です。しかし太陽光発電を
設置するにはそれなりの高額な費用がかかり、なかなか導入に踏み込めない方も多いことでしょう。

そこで今回は、太陽光発電がなんと0円で設置できる「ほっとでんき」にスポットを当て、メリットや料金プラン、注意点まで詳しく解説したいと思います。
 

ほっとでんきとは


「ほっとでんき」は、東京電力グループのTRENDE株式会社が運営する新電力サービスとなります。そんな「ほっとでんき」は、高額なコストをかけずに太陽光発電システムが0円で設置できることが最大の特徴です。
また電気代が最大20%OFFになるという点も魅力のひとつです。申込みは、戸建(持家)にお住まいで東京電力・中部電力・関西電力・九州電力エリアが対象となります。

電気代最大20%割引!太陽光パネル0円?!「ほっとでんき」の詳細はこちら

ほっとでんきのメリット


「ほっとでんき」には、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なメリットは以下です。

 

太陽光発電システムが0円で設置できる


電気代の節約を検討している方の中には、「太陽光発電」の導入を検討している方も少なくないでしょう。一般的に太陽光発電を導入する場合、100万~200万円ほどの高額な費用がかかります。
しかし「ほっとでんき」であれば、太陽光発電を0円で設置することが可能となります。なぜこのように破格な費用で設置できるのかというと、契約期間中は、太陽光発電の所有権は「ほっとでんき」の運営元であるTRENDE株式会社にあります。つまり、契約期間中においては太陽光発電設備は自分のものではないということです。あくまで契約者は、太陽光発電を設置する場所を提供するだけとなるので0円で太陽光発電の設備を導入できるようになるのです。


また契約期間後については、ユーザーに無料で譲渡されるため、実質無料で太陽光発電を設置することが可能となります。
 

電気代もさらにオトクに!


「ほっとでんき」は、電気代が最大20%OFFになるという点も特徴のひとつであり、地域の電力会社の電気代から最大で20%割引となった価格で電気を買い取ることが可能です。たとえば月々電気代が8,000円ほどかかっていた方は、「ほっとでんき」に切り替えることで1,600円割引となり、6,400円になります。年間にするとなんと19,200円も割引が可能となるのです。電力会社を切り替えるだけで、これまでと同じ環境で電気代を節約できるのはうれしいポイントといえるでしょう。

電気代最大20%割引!太陽光パネル0円?!「ほっとでんき」の詳細はこちら
 

ほっとでんきの料金プラン

プラン名 ほっと10 ほっと20
電気の割引率 10%OFF 20%OFF
契約期間 10年 20年
初期費用 0円 0円
メンテナンス費用 0円 0円
向いている人 太陽光の設備を早く所有して、
自家消費や売電を行うことで収益化したい方
長期間、電気代を節約することで
光熱費を長期的に節約したい方
ほっとでんきは、契約期間10年の「ほっと10」、契約期間20年の「ほっと20」の2種類の料金プランを展開しています。この2種類のプランは、契約期間のほかに電気代の割引率にも違いがあり、「ほっと10」では電気代が10%OFFなのに対して「ほっと20」は20%OFFとなります。そのため、電気代の大幅な節約を希望している方は「ほっと20」のプランがおススメです。このプランは20年間ずっと電気代が20%OFFになるので安定して光熱費を削減することができます。
一方、太陽光発電の設備を早めに所有し、自家消費や売電収入を得たい方には「ほっと10」のプランがおススメといえるでしょう。

しかし太陽光発電で発電した電力を売電する場合、設備設置から10年経過したあと、太陽光発電の電気は高い価格で買い取ってもらえなくなるので注意が必要です。その理由は、固定買取価格制度(FIT)と呼ばれる国が決めた固定の金額で電気を買い取る制度になります。このFIT制度で太陽光発電は安定した売電収入を得ることができていました。しかしFIT制度が適用されるのははじめの10年間となります。要は契約が終了した時点でFIT制度は適用されなくなるのです。FIT制度が終えたあとも電気の売電をすることはできますが、FIT制度で買い取ってもらいたい単価より安い単価で電気を買い取られることになるため、売電収入を見込むことは残念ながらできません。
とはいえ、発電した電気をすべて自家消費できることには大いにメリットがあるので、事前にしっかり考えた上で契約するようにしましょう。


≫「ほっとでんき」の料金プラン・詳細はこちら

ほっとでんきを契約する前の注意点


「ほっとでんき」は、メリットがある一方、気を付けるべき注意点もあります。それぞれみていきましょう。
 

注意点①契約期間中の解約は解約金がかかる


「ほっとでんき」は、契約期間中に解約すると解約金が発生することため注意が必要です。契約期間が10年~20年と長く、契約期間内に太陽光発電を取り外したいとなった場合には中途解約金が発生します。具体的には「ほっと10」のプランで5kwの太陽光発電を契約している場合、設備を設置して9年経つと解約金が11万円、5年経過後であれば56万円もの解約金が発生します。「ほっとでんき」を契約する場合は、途中で解約すると多額な解約金がかかることを念頭におき、長期的にみて解約する予定がないかなど導入を慎重に検討するようにしましょう。

 

注意点②太陽光発電システム設置審査を通過しないと契約できない


「ほっとでんき」は、どんな人でも無条件に契約できるとは限りません。そもそも太陽光発電を設置することを前提としているため、太陽光発電を設置するのに十分な広さの屋根がなかったり、日当たりが悪いといった家庭では契約できません。またマンションなどの集合住宅に住んでいる方も対象外となります。具体的な審査基準は以下となります。

・日射量
・築年数
・屋根の面積
・屋根の状態
・気象条件、環境条件等
・その他当社が定める事項

「ほっとでんき」は、これらの審査基準を満たす必要がるのでその点は事前に確認しておきしましょう。

まとめ


今回は、「ほっとでんき」のメリットや料金プラン、注意点まで詳しく解説しました。「ほっとでんき」は、数ある新電力会社の中でも太陽光発電が0円で設置できる点や電気代が最大20%になる点が大きな魅力です。現在、施設やテナントを所有しているオーナーの方や持家の戸建があり大幅な電気代の節約を検討している方は、ぜひ「ほっとでんき」への切り替えを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

太陽光発電の設置が0円!「ほっとでんき」の問合せはこちら

 

関連タグ