インスタグラムを集客に活用するにはどうしたらいい?「インスタタウン」で集客アップ!

インスタグラムを集客に活用するにはどうしたらいい?「インスタタウン」で集客アップ!

さまざまなSNSが登場し、個人だけでなく店舗や企業でも活用されるようになりました。中でも、集客ツールとして急成長を見せているのが、写真投稿SNSの「インスタグラム」です。
『インスタ映え』という言葉もあったように、社会現象となるほど多くの方に認知されるようになったインスタグラムは、どのようにして集客を行っていくのでしょうか。今回は、インスタグラムを使ってお客様を集めていくポイントとともに、便利な運用代行サービスについてもご紹介していきます。

インスタグラムが集客に使えるってホント?

インスタグラム(Instagram)は、写真や動画といったビジュアルをメインに投稿していくSNSサービスです。年々その利用者数を急増させており、2019年には世界で10億人以上が利用、国内でも3,300万人以上が利用しています。
ビジュアル重視のSNSということで、オシャレな写真や人の目を惹くような写真が多く投稿されており、2017年には「インスタ映え」という言葉が流行語にもなりました。

日々、急成長を見せるインスタグラムは、ユーザー数だけでなく、アクティブユーザー率も高いのが特徴です。また男女比も大きな差もなく、年齢層も10代の若者から40代以上の年齢まで幅広く利用しています。これにより他のSNSと比べて、インスタグラムは広い範囲のターゲットユーザーを捉えることができ、ブランディングしやすいことから、集客方法の一つとして大きく注目されてきています。
 

インスタグラムで集客するために必要なこと

インスタグラムを使った集客を行うには、ただアカウントを作って投稿していけばいいというわけではありません。インスタグラムの集客に効果的な機能を使うには、いくつか覚えておくべきポイントがあります。

ビジネスプロフィールへの切り替え

まずインスタグラムのアカウントを、企業や店舗で使う場合、個人アカウントだと使える機能が限られてしまいます。個人アカウントを持っている方は、それと別に専用のアカウントを作成し、ビジネスアカウント(ビジネスプロフィール)へ切り替えるようにしましょう。
ビジネスアカウントへは無料で切り替えが可能で、インスタグラムから直接メールや電話ができたり、アクセス数などのデータ集計といった機能も無償で利用できます。また有償にはなりますが、インスタグラムへの投稿を宣伝する広告機能もあります。
 

ビジネスアカウントへの設定方法

1.インスタグラムのアカウントを作成し、プロフィールのオプションから「ビジネスプロフィールに切り替える」を選択

2.自身が管理者になっているFacebookページとリンクさせる
ビジネスアカウントにしたい企業やサービス、店舗などのFacebookページを事前に作成しておくようにしましょう。作成していない方も、この手順の流れで作成することは可能です。

3.プロフィール欄の作成
プロフィールカテゴリの選択や、店舗・企業の住所、ホームページURLなどを入力します。
 

明確なコンセプトを設定

ビジネスアカウントを登録したら、あとは投稿していくだけですが、投稿の前にコンセプトを設定しておくことが重要です。むやみやたらに投稿しても、たくさんの人が膨大な投稿を行う中で集客に繋がるのは難しいです。後から修正していくこともできますが、早いうちから始めておくと効果もあがります。最低限決めておきたいのは、以下の2つです。

1.インスタグラムを使う目的
まずはインスタグラムを使っていくうえで、どうしたいのかを考えます。一般的な最終目標には、問い合わせ数の増加やサイト訪問者数の増加などがあります。始めたばかりの時は、まずは「フォロワー数を〇人にする」「いいね!数を増やす」などのように、前段階での目標を立てると良いでしょう。

2.ターゲットを定める
店舗やサービスを立ち上げる際も、どういった人向けのものなのか考えると思います。インスタグラムへの投稿も同様で、新しい顧客やユーザーを得るために、性別や年齢層などどういった方をターゲットにするのか考えるといいでしょう。そうすると投稿内容にバラつきが出ることもなく、統一感のあるページが生まれます。
 

投稿

最後に実際に記事を投稿するポイントです。いかにユーザーの目を惹くか、数あるアカウントの中から認知されるかを考えて投稿をしていきます。最初は探り探りで色々な形の投稿を行い、いいね数やインプレッション数などを見ながら、方向性を決めていくといいでしょう。
また投稿頻度も、最初のうちは特に、最低でも1日1投稿はすると心がけてください。投稿日が1日すぎてしまうだけで、一気に表示回数が下がってしまうため、記事を見つけられにくくなってしまいます。
 

インスタ集客の強い味方!「インスタタウン」

これまで解説したように、インスタグラムで集客を行うには、定期的に投稿したり、データを元にして方向性を考えたりと、やらないといけないことが沢山あります。しかし店舗経営者などの中には、SNS初心者で、インスタグラムの投稿などもよく分かっていないという方も多いと思います。またある程度の操作はできるが、SNS投稿に割く時間や人材がいない方もいるでしょう。
そんな場合は、今注目を集める「インスタ運用の代行サービス」を活用してみませんか。ここでは、インスタグラム集客の強い味方である『インスタタウン(Insta Town)』をご紹介します。
 

インスタタウンで運用するメリット

インスタタウンを使ってインスタグラムを運用するメリットには、3つのメリットがあります。

・自動いいね、自動フォロー
インスタタウンでは、月間で約20,000人に対して「いいね・フォロー」をします。多くのユーザーは、いいね!やフォローを貰うと、そのユーザーのぺージを見に行くので、類似ユーザーの場合は高確率でフォローを返してくれるので、フォロワー増加やアクセス増加に繋がります。

・ターゲットにあわせたアプローチ
何十万人ものユーザーから、フォロワーとなる人を探すのは一苦労です。そこでインスタタウンに、ターゲットとなるハッシュタグを登録します。すると同じハッシュタグを使っているユーザーに、インスタタウンが自動でアプローチし、ターゲットをフォロワーにしていきます。

・効果的なハッシュタグの分析
管理画面では、設定したハッシュタグから、どのぐらい「いいね・フォロー」がもらえたのかを分析することができます。流入の少ないハッシュタグは、変更することも可能なので、分析を繰り返して最も有効なハッシュタグを選定することが可能です。

インスタタウンの豊富なプラン

インスタタウンには、利用者の用途や目的に合わせて、さまざまなプランを設けています。オプションとして、インフルエンサーが監修してのプランもあります。
 

プラン 月額料金
Insta Town R 3か月プラン 50,000円
Insta Town R 6か月プラン 40,000円
Insta Town R 12か月プラン 30,000円
投稿型 Insta Town 19,800円
LP 型 Insta Town 50,000円
運用代行 A 50,000円
運用代行 B 100,000円
運用代行 C 200,000円


申込から利用開始まで解説!

インスタタウンの申込は、非常に簡単です。書類に必要事項を記入いただいて、申込したあと、インスタグラムを開設のうえビジネスアカウントに変更ください。アカウント情報をインスタタウンに設定し、ハッシュタグなどの設定を完了したら、最短3日ほどで利用開始できます。
なおインスタグラム開設にあたって、プロフィール文の入力と、写真9枚以上の投稿を最初に行う必要があるので、ご注意ください。

まとめ

国内で3,300万人以上が利用している「インスタグラム」。経営者の中でも飲食店や美容室、アパレルショップを経営する方であれば、ぜひ上手に運用したいものですよね。そうはいっても、個人で投稿するのとお店として投稿するのはわけが違います。
もしインスタ集客を検討しているけれど、運用方法が分からなかったり、もっと効果的な運用をしたいという方は、ぜひご相談ください!
インスタグラム集客に詳しいスタッフが、しっかりと対応いたします!


 

insta town

Insta Town(インスタタウン)

インスタ自動運用で情報拡散力の高い潜在顧客にアプローチ

関連タグ