賃料適正化サービスとは?利用するメリットは?

賃料適正化サービスとは?利用するメリットは?
新型コロナウイルスの影響で売上が激減し、深刻なダメージを被り廃業寸前にまで追い込まれている飲食店が増えてきています。
そんな中、廃業とはいかないまでも「家賃などの固定費で経営が圧迫されて、困っている」といった方々は多いのではないでしょうか?
少しでも固定費を抑えるために、すでにオーナーと家賃の値下げ交渉をしている店長さん・経営者の方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、自分で家賃交渉をするとオーナーとの関係が悪化したり、説得力のない内容で結局減額できなかったという事態に陥りがちです。
そこでおすすめなのが「家賃交渉代行サービス」です。本記事では、家賃交渉代行サービスの概要や、メリット・デメリットの他、サービスの利用事例なども詳しくご紹介します。
>家賃交渉の基本が知りたい方必見!家賃保証の【最新情報】も!

今すぐできるコスト削減方法を無料公開!!

ガイドブック

経営者・店舗オーナー様必見!家賃/人件費/水道光熱費/通信費/仕入れコストなど それぞれの【削減率・削減可能額】が明らかに!

資料のダウンロードはこちら

家賃交渉、自分がやるものだと思い込んでいませんか?

家賃交渉は世間的にみて難しいイメージがあるため、今まで「自分にはできないし、実際にどうやればいいかも分からない。」と交渉自体を諦めてしまっていた方はいませんか?
そんな方は、不動産や法律を学んだプロが自分の代わりに家賃交渉を行ってくれる「代行サービス」を利用してみてはいかがでしょうか。
ここでは、実際に自力で家賃交渉を行った方の生の声や、新型コロナの影響で需要が拡大している「家賃交渉代行サービス」について詳しく解説します。
  

家賃交渉とは

家賃交渉とは文字どおり、店舗を構える企業や個人経営のオーナーが、不動産オーナーに対して家賃の減額を申し入れ、協議することをいいます。
家賃交渉をする際には、事業計画に基づいて家賃を減額することの正当性を示したり、減額に値する理由を客観的かつ論理的に説明することなどが求められます。こうした交渉に必要な資料や基礎知識を一から付けるのは、店舗経営者にとって非効率ですし、本業にも支障をきたす恐れがあります。
そのため昨今は、専門家の力を借りて家賃交渉を行う店舗経営者の方も増えてきています。
事業者様は必読!家賃保証や支払猶予の【最新情報】をチェック!
【相談無料】家賃削減の交渉はプロに任せて成功率アップ!
 

自力で家賃交渉を行った方の生の声

ここでは、プロに頼らず自力で家賃交渉を行った方の生の声をTwitterからピックアップしたいと思います。つぶやきとしては「家賃交渉に失敗したから、もっと安い物件に移ろう」といった声や「家賃交渉に失敗して廃業になった」など、自力で交渉をして失敗してしまったというツイートがおおく見られました。
それもそのはず家賃交渉の際は、家賃を減額する正当性を信頼のおけるデータなどを用いて不動産オーナーに説明する必要があるため、一般的な知識のみで交渉するのでは成功率が大幅に下がります。
その場合は、不動産や法律の専門家がフルサポートを行ってくれる、家賃交渉代行サービスの利用を検討してみるのがおすすめです。

知ってますか?家賃交渉代行サービス

実際に家賃代行サービスとは、どういった内容なのでしょうか。ここでは、代行サービスの詳細や実際に依頼した方の生の声を見ていきましょう。
 

家賃交渉代行サービスとは

「家賃交渉代行サービス」とは、建物の状況や契約内容、そして周辺市場の近年推移などを基に、適正価格での賃料へ減額交渉を行うサービスです。
不動産に関する専門的な知識と、論理的なデータをもとに交渉を行うため、家主との話し合いもスムーズで関係性を壊す心配はありません。
 

家賃交渉代行ってハードル高そう

一般的に家賃代行サービスのハードルは高いイメージですが、決してそんなことはありません。事実、今までに「賃料適正化サービス」を利用した企業や店舗における家賃削減率は80%を誇っています。
賃料適正化サービスの詳細資料はこちら
資料をダウンロードする

家賃交渉代行サービスを利用するメリット

ここでは家賃交渉代行サービスを利用することで具体的にどういったメリットを得られるのかを詳しく見ていきましょう。
 

メリット①:専門家に任せることで成功率が上がる

1つ目は、面倒な家賃交渉を専門家に任せることで大幅に成功率が上がることです。店舗経営者は、マネジメントやコスト管理、人材採用に人材教育、接客フォローなどさまざまなタスクを同時並行して、常に多忙を極めている方も多いかと思います。そんな中、家賃交渉をするための基礎知識習得や、不動産オーナーを説得するための資料準備などを行うことは、非効率ですし本業に費やす時間を奪ってしまいます。
しかし、家賃交渉代行サービスに依頼をすれば、資格の持った不動産鑑定士が適正賃料査定を行い、弁護士が借地借家法に則した提案を作成してくれるので、効率が良く成功率も大幅に上がるのです。
また、コンサルティング費用が完全成果報酬で、仮に減額できなかった場合でも支払いが発生しないサービスもありますので、相談だけでもしてみる価値はありそうですね。
 

メリット②:下がった賃料はずっとそのまま

家賃交渉代行サービスは、家賃の値切り交渉ではなく、あくまで相場より高すぎる家賃を本来あるべき価格帯に合わせる交渉になります。
そのため、根拠のあるデータを元に専門家が適正化した価格が、一定期間を過ぎてから元に戻ったり、逆に値上げ交渉されたりといったことはありません。
下がった賃料はそのままで、長期的に家賃コストの見通しを立てることができます。
 

メリット③:オーナーとの健全な取引につながる

自分で家賃交渉をしたり、専門家不在で強引に値引き交渉をすると、オーナーとの関係が悪化しかねません。
しかし、家賃交渉代行サービスを使えば借主様はもちろん、店舗オーナーの視点も踏まえて無理のない範囲での交渉を行ってくれるので、両者の関係が崩れる心配もありません。
 

メリット④:書類準備の負担が減る

忙しい店舗経営者にとって、家賃交渉のために書類を用意するのは結構な手間ですし、本業に当てるべき大切な時間も奪われてしまいます。
しかし、専門家に依頼をすれば、周辺の家賃相場の調査を行った後、根拠のある提案資料を作成してくれるので、交渉の際の資料を自分で準備する負担を減らすことができます。

家賃交渉代行サービスを利用するデメリット


今まで家賃交渉代行サービスのメリットをお伝えしてきましたが、注意点についてもしっかり見ていきたいと思います。
 

デメリット①:手数料がかかる

1つ目のデメリットは手数料がかかることです。内訳としては、減額成功時に減額分の何ヶ月かを手数料として支払います。手数料は会社によって異なり、6ヶ月分のところもあれば、12ヶ月分のところもあります。
できるだけ費用を安く抑えたい方は、手数料の支払い回数が少ない会社を選ぶのがおすすめです。
 

デメリット②:100%減額できるわけではない

2つ目のデメリットは、交渉代行サービスを利用しても100%減額できるわけではないということです。
家賃交渉代行サービスはあくまで賃料の適正化を図るためであり、そもそも相場より安い価格で借りている場合は、減額できない可能性が高いです。
査定した結果、減額できないとなれば料金が発生しない会社も多いので、まずは気軽に査定依頼をしてみてもいいでしょう。
【最新記事】家賃交渉で準備することや交渉が難しいケースとは?
【人気記事】新型コロナで賃料減額は可能?最新情報もあり!

家賃交渉代行サービスの利用事例

ここでは、実際に家賃交渉代行サービスを展開している「賃料減額コンシェルジュ(株式会社アクトプロ)」や「家賃110番(ビズキューブ・コンサルティング株式会社)」を例に利用実績を確認してみましょう。
同社のWEBサイトに記載された実績を確認すると、アクトプロに関しては、今まで11,000件以上の代行実績を持ち、平均17%もの賃料削減に成功しています。
業界別で削減額に差はありますが、最も削減額が高いのは倉庫の23.6%、ついでオフィスの19.2%が数値として掲載されています。
家賃110番に関しても、全国57店舗でチェーン展開をする飲食店で1店舗あたり97万円から80.5万円の削減を実現しています。
その他にも、オフィスや大型スポーツ用品店、ドラッグストア、スーパーなどでの実績があり、建物によっては100万円を超えて賃料が削減されています。
賃料適正化サービスの詳細資料はこちら
資料をダウンロードする

相談無料!家賃交渉代行サービスを積極的に活用しよう

前述した株式会社アクトプロが提供する「賃料減額コンシェルジュ」や株式会社オフィスゲート提供する「オフィス賃料削減」などは、調査費や着手金、報告書作成費等は一切かかりません。
完全成果報酬型で、減額が成功した場合のみ支払いが発生するため安心です。査定は無料なので、家賃交渉代行サービスを活用して、まずは自分の家賃がどれくらい減額できるのかを把握しておくのもよいでしょう。

まとめ

ここまで、家賃交渉代行サービスの概要やメリット・デメリットなどを詳しく解説してきました。
2020年は新型コロナウイルスの影響で、店舗運営が自粛されて苦しい経済状況に陥っている事業者の方々も多くいらっしゃいます。
そんなときに重くのしかかる家賃という固定費を削減できることは、経営をしていく上でも大きなメリットになってくれるでしょう。
査定を無料で実施してくれる会社も多いので、店舗の家賃が相場に対して適正なのか、確認してみるのもおすすめです。
ワイズクラウドでは、家賃・電気代・水道代といった固定費削減が実現するさまざまなご提案が可能です。ぜひお気軽にお問い合わせくださいね!

【あわせて見直す】新電力に切り替えて電気代を削減しよう!
 

今すぐできるコスト削減方法を無料公開!!

ガイドブック

経営者・店舗オーナー様必見!家賃/人件費/水道光熱費/通信費/仕入れコストなど それぞれの【削減率・削減可能額】が明らかに!

資料のダウンロードはこちら

関連タグ