防犯カメラの種類と、業種や設置場所別のおすすめカメラ

防犯カメラの種類と、業種や設置場所別のおすすめカメラ
セキュリティへの意識がますます高まっている昨今、街中を歩いていても、いたるところに防犯カメラが設置されているのを見かけると思います。
最近では、防犯カメラの種類もたくさん登場しており、より効率的でコンパクトなのに高性能なカメラが多数販売されています。そこでこれから防犯カメラの設置を検討している方や、今使っているものから新しくしたい方などに向けて、今注目の防犯カメラについて詳しく紹介していきます。
 

防犯カメラの種類

防犯カメラと言ってもその種類はさまざまあり、用途や設置場所によっても適したカメラは変わります。ここでは、今主要となってきている防犯カメラについて、いくつか紹介していきます。
 

ネットワークカメラ

現在、防犯カメラの主流となっているのが、インターネット回線を通じて確認することができる「ネットワークカメラ」です。
ネットワークカメラは、カメラで撮影した映像を、インターネットを通じて、パソコンやスマホなどから閲覧・操作することのできるカメラです。撮影した映像データも、従来のようなHDDレコーダーを使わず、クラウド上に保存することもできるため、遠隔地からでも映像の確認、管理が可能となっています。
 

赤外線カメラ

防犯カメラを屋外に設置する際には、夜間でも撮影が可能な「赤外線」機能のある防犯カメラが向いています。
赤外線カメラの場合、明かりのない暗闇でも不可視光線である赤外線が照射されることで、白黒映像で撮影することが可能になります。屋外や駐車場、街灯の少ない道路など、暗くて死角になりそうな場所には、赤外線カメラを設置すると良いでしょう。
 

ドーム型カメラ

防犯カメラというと、威嚇効果を出すために、いかにも防犯カメラというような機器を取り付けることがありました。しかし最近では、防犯カメラの圧迫感をなくし、室内の内装にも影響のない「ドーム型カメラ」を設置するところが増えています。
店舗やオフィス、マンションのエントランスなどに多く使われる「ドーム型カメラ」は、小さいながら360度監視など広範囲で撮影できるものが多いのも特徴です。
 

ボックス型カメラ

監視カメラ・防犯カメラのイメージとして、最も浮かびやすいのが「ボックス型」のカメラではないでしょうか。銃の弾丸にも形が似ていることから「バレット型」とも言われ、屋内外どちらにも活用される、機能性の高いカメラです。
威嚇効果があるのはもちろん、屋外では防塵・防水機能を付けることで、どんな環境ででも撮影が可能です。またレンズのタイプも幅広く、望遠・広角のレンズにすると遠方や広い範囲での監視ができるため、ショッピングセンター内や駐車場などでも活躍します。

設置場所別のおすすめカメラ

防犯カメラには、さまざまな種類がありますが、設置場所によって向き・不向きがあります。
 

屋内

屋内へ防犯カメラを設置する場合、威嚇効果のある大きなボックス型のカメラを設置するよりも、コンパクトなドーム型などを設置することが増えています。大きなショッピングモールや工場などでは、遠くまで撮影できるボックスタイプを付ける方が多いですが、自宅やマンション内、店舗にオフィスの中だと、どんな内装でも浮かないようなドーム型が多いです。
屋内に取り付けるコンパクトなタイプだと、比較的安価で設置も簡単なものが多いので、子どもやペットの見守りカメラとしても利用する方もいます。
 

屋外

屋外に防犯カメラを設置する場合は、雨風にさらされることを想定して準備するようにしましょう。防水機能や防塵機能があり、耐久性の高いカメラを取り付けることがおすすめです。さらに明かりの少ない場所を撮影するのであれば、赤外線機能を付けることも望ましいです。しかしこうした機能は値段が高くなることもあり、設置場所によっては別途工事が必要となることもあります。
屋外用カメラのタイプとしては、耐久性の高いものとして、ボックス型(バレット型)のカメラが威嚇効果もあるので人気です。

業種別のおすすめカメラ

形や設置場所以外にも、利用する場所や用途の種類によっても、適しているカメラや機能は変わるので、業種別で代表的なものを紹介します。
 

駐車場

車上荒らしやイタズラなど、駐車場でのセキュリティ対策は、年々重要視されてきています。駐車場といっても、自宅の駐車場や屋内駐車場、屋外の駐車場などそれぞれでセキュリティレベルは変わります。
駐車場は、車を置いた場所が一番の死角になるなど、一見周りには気づかれにくい部分が多いのが特徴です。最低限、駐車場の入口部分と全体が見えるようなカメラ配置は必要でしょう。屋外であれば防水・防塵機能がついたカメラにし、出入口が別々であれば、それぞれに設置することをおすすめします。
 

飲食店・小売店

大・小問わず、飲食店や小売店では、あまり目立たないタイプのドーム型カメラが多く設置されています。店舗入り口や裏口、店内の死角となる部分に取り付け、不審者の侵入や万引き、客同士のトラブルなどを確認できるようにしています。またレジ付近に防犯カメラを取り付け、釣銭の間違いや抜き取りなどをチェックします。
コンビニやスーパーなどでは、店内の通路ごとにカメラを設置し、どんな客がどういった商品を購入していくのか、どういった導線でレジに向かうのかなどを分析することにも使っています。
 

マンション

集合住宅では、住民の安全を守るため、エントランスや駐車場、廊下やエレベーター内など、さまざまな場所に防犯カメラが設置されています。
エントランスなどは、コンパクトで内装を邪魔しないドーム型などが設置され、駐車場な通路など死角になりそうな場所は、ボックス型など威嚇効果の高いカメラが設置されます。最近ではエレベーター内の防犯カメラの様子を、行先ボタンの上部にあるディスプレイで表示させるなど、不審者対策が行われているマンションも多いです。
 

工場

場所が広くて死角も多い工場などは、望遠レンズや広角レンズなどを搭載した、ボックス型の防犯カメラを設置していることが多いです。広い範囲を監視できる広角レンズは、少ない台数で全体を監視することができます。人感センサーを一緒に取り付けるたりすると、侵入者や、工場内でのトラブルが起きても、いち早く検知することが可能になります。
また防犯目的だけでなく、工場内の作業行程の監視目的としても、ネットワークカメラなどは効果的なため、より効率よく作業を行うための分析にも使われています。

おすすめのネットワークカメラ

ではこれまでご紹介した状況で活用できる、ワイズクラウドおすすめのネットワークカメラを3種類紹介します。
 

天井取付可能なクラウドカメラ:カメチョクラウド

防犯対策以外にも、スタッフ管理やマーケティング用として利用可能な「カメチョクラウド」は、コンパクト設計のドーム型で、天井への設置も可能なクラウドカメラです。
録画したデータはクラウド上に保存されるため、侵入者による録画機器の破壊や故障、データ損失などのトラブルも防ぐことができます。セキュリティレベルの高いデータセンターにて管理されるため、安全で確実な録画が実現します。クラウド保存なので、その場にいなくても遠隔地から映像の確認・管理ができるので、複数店舗の監視を行うオーナーなどもリアルタイムで店内の状況を把握できます。
44

小型の防犯カメラならコレ:ELMO(エルモ)

手のひらサイズの置き型カメラである「エルモ」は、天井や壁にも取り付け可能なクラウドカメラです。小型なので、狭いスペースにも設置することができ、余計な場所を取ることもありません。さらにナイトビジョン搭載なので、夜間もしっかり映像を記録することが可能です。
無線LANでも接続可能な「エルモ」は、クラウド保存のため、スマホやタブレットからもリアルタイム映像や録画映像の確認ができます。複数台のカメラも、管理画面から一括で確認できるので、見たいカメラの映像を一覧からすぐに検索して閲覧することが可能です。
43

低コストで導入可能な防犯カメラ:SecuSTATION

コストを抑えて防犯カメラを導入したいのであれば、初心者でも使いやすいコストパフォーマンスに優れた「SecuSTATION」がおすすめです。
「SecuSTATION」は、録画方法がSDカード方式なため、高額な録画機器や毎月発生するクラウド利用料なども必要ありません。防水・防塵機能もついているので、屋外での利用にも使えるほか、音声の双方向通話が可能なので、子どもやペットの見守りカメラとしても活用できます。
録画用レコーダーとセットで導入できるプランでは、最大8台のカメラを1台のレコーダーで管理できたり、ネットワークケーブル1本で接続できるなど、場所を取らずにシンプルな設定が可能となっています。
45

まとめ

今回は、防犯カメラの種類と業種別・設置場所別のおすすめカメラについて紹介してきました。防犯カメラには、たくさんの種類があるため、何が適しているのか何を選ぶのが良いのか難しいと思うかもしれません。まずはどこに設置するのか、どういった目的で使うのかを明確にしておけば、ピッタリの防犯カメラを選ぶことが可能です。
ワイズクラウドでは、防犯カメラの導入にお悩みの方も安心して準備できるよう、専門の担当者が詳しくお話を伺ってご案内しております。相談は無料なので、お気軽にご連絡くださいね。
 

関連タグ