【飲食店向け】店舗物件の探し方や全体の流れを徹底解説!

「優れた飲食店物件を探すには?」
「物件契約までの流れを知りたい!」

飲食店の物件探しは、集客や売上などに直結するため、開店後の成功のためには欠かせない作業です。

しかし、飲食店向けの物件がわからない、具体的な物件の探し方がわからないなど、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、飲食店の適した物件の選び方や開店までの流れを徹底解説していきます。

物件探しにおすすめの情報サイトも紹介しているため、飲食店向けの物件をお探しの方は必見の内容です。

店舗の物件選びはなぜ重要?

店舗の物件選びはなぜ重要?

集客効果に直結するため

飲食店の物件選びは、良い立地に店舗を構えることで自然と人通りが多くなり、 集客力を高める ことができます。

また、周辺の人々に店舗を知ってもらえるため、ブランドの認知度向上や利益増加のチャンスを広げ、競争力を強化することが可能です。

物件選びにおいては、エリアの研究と市場調査を丁寧に行い、ターゲットとなる顧客層に適した場所を見極めること重要です。

銀行からの融資が受けらない可能性があるため

飲食店の物件選びは、失敗すると、ビジネスの信用や収益性が不透明となり、 銀行からの融資をしてもらう際に不利になる 可能性があります。

適切な物件を選定することで、ビジネスプランの信憑性が高まり、銀行からの融資がスムーズに進むことが期待できます。

また、良い立地は事業の成功確率を上げ、安定した収入が見込めるため、銀行もその点を評価し、融資の際に有利に働くことがあります。
飲食店の物件探しはプロに相談!

 

店舗開業に役立つ優良物件探しのコツ

店舗開業に役立つ優良物件探しのコツ

理想の物件条件を決める

物件取得費用

物件取得費用は、初期投資コストとしての物件価格やリフォーム費用、仲介手数料などを慎重に検討し、計画的に進める必要があります。

物件取得費用が適正であれば、ビジネスの持続可能性が高まり、 経営の安定化や拡大の基盤を築く ことができます。

また、適切な物件取得費用の設定を行うことで、理想的な物件条件が明確になり、成功への道を切り開くことができます。

賃料

飲食店物件の賃料は、経営の安定性や持続可能性に直結する要素であり、事業計画において優先的に検討するべきです。

物件の特性や周辺環境、市場価格 を慎重に調査・分析し、バランス良い物件を選ぶ必要があります。

賃料が高すぎれば利益率が低下し、低すぎれば物件の品質や立地が犠牲になるため、適正な賃料を見極めて経営の安定と収益性の向上を実現しましょう。

広さ

飲食店物件の広さは、事業の効率性や顧客満足度に直結するため、 業態や事業内容に応じて適切に選択する 必要があります。

広すぎると利用率が低下し、狭すぎると顧客が窮屈に感じる可能性があります。

適切な広さを選ぶことで、効率的な店舗運営と顧客の快適性が両立でき、経営の安定化と売上の向上が見込めます。

出店エリア

理想の出店エリア例
  • オフィス街
  • 住宅地
  • 商業区画

飲食店物件の出店エリアは、ターゲット顧客層の生活圏や競合他店の存在、通行人の流れなど多くの要因を考慮し、慎重に選ぶ必要があります。

良いエリアでの出店は、集客力向上やブランドイメージの向上に直結しますが、 不適切なエリアを選んでしまうと顧客流入の減少や経営の困難を招きかねません。

出店エリア選定には市場調査や地域特性の分析が必要となり、それに基づいて最適な場所を選ぶことで、ビジネスの持続性と成長性を実現できます。

物件の種類を選ぶ

居抜き物件

居抜き物件のメリット・デメリット
  • メリット:出店時コストが少ない、始めから認知度が高い
  • デメリット:前テナントの内装が残ってしまう

飲食店物件の種類を選ぶ際、居抜き物件を選択することで コスト削減や開業までのスピード短縮 が期待できます。

居抜き物件は、前のテナントの設備や内装を利用して新規に開業する物件で、これにより開業初期の投資コストを大幅に削減可能です。

装飾や設備投資の時間とコストの節約、早期の開業が可能ですが、既存の設備やデザインがビジネスコンセプトと合わない場合、改装に追加のコストがかかることもあります。

スケルトン物件

スケルトン物件のメリット・デメリット
  • メリット:内装を自由にカスタマイズできる
  • デメリット:設備など初期費用が多くかかる、退去時は原状回復が必要

飲食店物件の種類を選ぶ際は、 スケルトン物件を選択することで自由度の高い開業が可能 です。

スケルトン物件とは、基本的な建物の骨組みだけが提供され、内装や設備はテナントが自由に設定できるため、事業主のアイディアやコンセプトに合わせて、オリジナリティ豊かな店舗作りが可能です。

もちろん、内装や設備投資は全て事業主の負担となりますが、それによってブランドイメージの構築や顧客の囲い込みが期待できます。

間借り・シェア物件

間借り・シェア物件のメリット・デメリット
  • メリット:開業費用を抑えられる、いつでも営業場所の変更が可能
  • デメリット:固有の住所がない、営業時間が限られる、設備の使用が制限される

飲食店物件の種類を選ぶにあたり、間借り・シェア物件は初期コストを抑えることができるため、新規事業や小規模事業者にとっては、リスクを低く抑えつつ事業を展開できます。

間借り・シェア物件は、 すでに存在する店舗やオフィスの一部を借りる形 で、他の事業者と共用する物件です。

ただし、営業時間や利用スペースの制約も生じるため、事業内容との相性を慎重に検討する必要があります。
【無料相談】飲食店向け物件選びを徹底サポート!

店舗物件を探す流れ

店舗物件を探す流れ

1.物件を探す

インターネットを活用する

飲食店物件を探す際、インターネットを活用することで、多様な物件情報から 希望の条件にマッチする物件を簡単に検索できます。

また、写真や平面図、詳細な物件情報が掲載されているため、事前に物件の特徴や条件を把握することができます。

しかし、情報の正確性や最新性を確認する必要がありますので、情報を元に現地の確認や専門家との相談も欠かせません。

不動産会社を訪ねる

飲食店物件を探す場合、不動産会社に相談することで、適切なアドバイスやサポートを受けながら、理想物件を見つけることが可能です。

不動産会社のプロフェッショナルは、市場の動向や物件の詳細情報を熟知しており、 個々のニーズに合った物件提案 が期待できます。

また、経験豊富な不動産会社であれば、物件の価格交渉や契約手続きなど、様々なサポートが受けられるため、口コミや実績を基に依頼する企業を選びましょう。

出店エリアを歩いて探す

飲食店物件を探す際、出店エリアを歩いて直接物件を探すことで、 実際の場所の雰囲気や地域性を深く理解することができます。

実際に足を運ぶことで、エリアの人々の生活スタイルやニーズ、地域の商業活動の実態が観察でき、出店エリア選びや、店舗の運営方針、ターゲットとする顧客層の明確化につながります。

また、歩いて探すことで見えてくるエリア特有の問題点や利点も把握でき、よりリアリティのある物件選びが可能になります。

知り合いから紹介してもらう

飲食店物件を探す際、知り合いから物件を紹介してもらうことで、 信頼性があり適切な物件を見つける確率が高まります。

紹介を通じて物件を知ることで、信頼のおける情報源から直接、正確かつ詳細な物件情報を得ることができます。

また、知り合いからの紹介では、細かい条件やニーズを伝えやすく、特に業界の内情をよく知る人からの紹介であれば求めている物件に近いものを効率よく探すことが可能です。

2.物件を内見する

内見の流れ

飲食店物件を内見する際は、不動産会社や管理会社の担当者が同行し、物件の特徴や条件を説明します。

内見時は、物件の周辺環境の確認や構造・設備の確認、契約条件の確認など、様々なポイントを丁寧にチェックすることで、物件の実態を把握しやすくなります。

飲食店の物件は、 自分のニーズや要求に合致するかどうかを重点的に見ることが重要 ですので、質問や確認事項があれば、遠慮なく担当者に尋ねましょう。

内見でのチェックポイント

内見でのチェックポイント
  • 立地条件
  • アクセスの良さ
  • 近隣の生活環境
  • 日当たり
  • 通風性や防音性
  • 管理費や修繕積立金
  • 内装、設備の状態
  • 水回りの清潔さ
  • 契約条件

飲食店物件を内見する際は、上記のチェックポイントを参考に物件を詳細に確認しておきましょう。

開業する飲食店の雰囲気や、自身の経済状況に適合しているかを見極めることが大切です。

物件の内見は、確認が不足していると 物件契約後に問題が発生してしまう 可能性があるため、注意しておきましょう。

3.入居申し込みをする

申し込みはスピーディーに行う

飲食店物件への入居申し込みをする際、申し込みはスピーディーに行うことが重要です。

希望の物件が見つかったら、他の人に先を越されないよう、 迅速に行動する必要があります。

申し込みに必要な書類は、身分証明書や収入証明書など、必要書類は物件や不動産会社によって異なりますので、事前に確認しておくとスムーズです。

申し込みの取り下げは可能

飲食店物件への入居申し込みをする際、申し込みの取り下げも可能です。しかし、取り下げる際はできるだけ早く不動産会社へ連絡をしましょう。

申し込みの取り下げは、不動産会社や物件により影響が異なるため、 契約前の段階で確認しておく と良いでしょう。

取り下げが遅れると、他の希望者に迷惑がかかることもありますので、早急に行動することが大切です。

交渉や希望条件は申込時に行う

飲食店物件への入居申し込みをする際、交渉や希望条件の申し出は、初期の段階で行うことで、 後々の誤解やトラブルを防ぎます。

例えば、家賃の値下げ交渉や、設備の追加・変更の要望などがあります。これらの要望や条件は、申し込み時に不動産会社や大家さんに伝え、合意を得ることが重要です。

また、希望条件が叶わない場合でも、早い段階でその事実を知ることができ、他の物件を探す時間を確保できます。

申し込みに必要な書類一覧

飲食店物件への入居申し込みをするには、必要な書類を揃えることが前提となります。このプロセスで、正確かつ迅速に書類を提出することで、スムーズに契約に進むことができます。

申し込みに必要な基本的な書類には、 身分証明書、収入証明書、住民票の写し 等があり、申し込みの際に不動産会社やオーナーから要求されますので、予め用意しておくと良いでしょう。

書類が不足していると、申し込みが遅れるだけでなく、希望する物件を逃す危険性もありますので注意が必要です。

融資を行う場合の手順

飲食店物件への入居申し込みをする際は手続きは複雑なため、 計画的に進めることでスムーズな資金調達が可能 です。

あらかじめ、融資を受けるための要件を確認し、収入証明書や信用情報などの必要な書類を揃えましょう。

また、信用できる金融機関や専門のアドバイザーを把握しておき、融資申し込みを行いましょう。審査が通れば、契約書の確認・署名を行い、融資が実行されます。

4.家主審査(入居審査)

飲食店物件の家主審査は、 入居希望者が家賃の支払い能力や生活態度が適切か を判断する重要なプロセスです。この審査が通ることで、初めて入居が可能となります。

例えば、信用情報や収入証明、勤務先情報、過去の借り入れ歴などの情報や、借り主の生活態度や人柄などのも重要です。

提供された情報を基に情報家主や管理会社が入居を判断するため、審査をスムーズに通過するためには、正確かつ真実の情報提供が必須です。

5.物件契約(賃貸借契約)

契約に必要なもの

飲食店物件の契約を締結する際、必要な書類の準備が重要です。

契約には、本人確認書類如身分証明書や運転免許証、収入を証明するための書類、例えば給与明細や所得証明書、そして契約金や敷金、礼金などの費用が必要です。

また、保証人の情報や連帯保証人の同意も求められることがあり、 物件契約の成立や速度に大きく影響します。

店舗資産譲渡契約(※居抜き物件の場合)

飲食店物件の店舗資産譲渡契約は、既 存の店舗の資産や事業を他人に譲渡する際に結ばれる契約 ですので、資産の内容や価値、譲渡条件等を正確に理解し、適切に評価する必要があります。

契約を行う前に、双方が譲渡する資産の詳細をリストアップして、必要に応じて専門家によるアドバイスを求めることが重要です。

また、契約書の内容も丁寧に確認し、疑問点や不明点があれば、事前にクリアにしておくことが望ましいです。

6.物件の引き渡し

物件引き渡し時の注意点

飲食店物件の引き渡し時には、物件の状態を詳細に確認し、 契約書との差異がないか検討する必要があります。

また、物件の引き渡し日と入居日は、計画的に決定しておくことが重要で、入居後のトラブルを避けることができます。

すべての手続きが完了したら、忘れずに物件の鍵の受け取りを行い、その際に鍵の動作確認もしておくとよいでしょう。

必要な手続き

飲食店物件の引き渡しをスムーズに行うためには、契約書の内容をよく確認し、 契約通りの条件で物件が引き渡されるか確認することが大切 です。

引き渡しの際には、水道・ガス・電気などの利用開始手続きも忘れずに行い、営業を始めるための基本的なインフラを整えておきましょう。

また、火災保険などの物件に関わる保険の手続きも重要なポイントとなります。
【無料】飲食店の専門家への相談はコチラ!

居抜き物件探しに利用できるおすすめサイト

退去ナビ

退去ナビ

退去ナビは、ユーザーは効率よく理想の利用者が様々なニーズに合わせて物件を検索できるため、非常に利便性が高いです。

退去ナビでは、エリアや物件タイプ、予算などの条件を設定し、希望にマッチした物件情報を速やかに探し出すことが可能です。

また、サイト内では物件の詳細情報や画像、立地条件などを確認することができるため、 物件の特徴や条件をより深く理解することができます。

居抜き店舗.com

居抜き店舗.com

居抜き店舗.comは、物件情報が豊富で更新も頻繁に行われているため、 新しい物件情報も逐一チェックすることができます。

希望する地域や業種、物件の広さ等、多岐にわたる条件から自分に合った物件を見つけることができ、簡単に物件を比較、検討することができます。

また、物件に関する疑問や不明点は、専門スタッフに問い合わせることができ、安心して物件探しを進めることができます。

テンポスマート

テンポスマート

テンポスマートは、特に飲食店向けの物件情報が豊富で、 希望するエリアや賃料、広さといった条件で 絞り込み検索ができるため、効率よく希望に合う物件を探すことができます。

テンポスマートの利点は、物件の詳細情報や実際の店舗の写真が掲載されており、物件の雰囲気や立地を具体的に理解できるため、利用者が物件選びの判断材料とすることができる点です。

また、サイト内では業種別の物件特集も組まれているため、特定の業種に特化した物件探しも可能です。
【プロに相談】飲食店の開業支援はコチラ!

まとめ

飲食店の物件を探す際は、立地や賃料など開業方針に合わせた物件選びが重要です。

物件を選ぶ方法は、インターネットや不動産会社で探す方法もありますので、自身に合った方法を選択する必要があります。

また、物件選びに最適なサイトもあるため、初めての飲食店開業の際は、有効活用しましょう。
【無料】飲食店向け物件を今すぐ確認!

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!