ブレインレジとは?メリット・デメリットから助成金の活用まで徹底解説!

飲食店経営でレジの買い替えやPOSレジの導入を検討する際に飲食店に特化したPOSレジの「ブレインレジ」というサービスをご存知でしょうか?

個人店からチェーン店まで幅広く対応可能なブレインレジは飲食店に特化しているからこそ痒い所に手が届くシステムとなっています。

ブレインレジのメリットデメリット、月額費用や安価で導入できる助成金の活用までPOSレジに関するお悩みを解決していきます。

ブレインレジの特徴

飲食店に特化したPOSレジ

テーブル単位を基準とした注文や会計はもちろん、飲食店でよくありがちな食事途中のテーブル移動や飲み放題・食べ放題の時間管理などよく発生する事例に徹底特化したのがブレインレジです。

飲食店に特化したからこそ経営者や従業員にとって痒い所に手が届く嬉しいアイテムとなっています。

月額0円から利用可能

充実した内容ながら月額料金0円のプランも用意されており、毎月の経費は出来るだけ抑えたい小規模個人店でも導入しやすくなっています。

複数店舗同時導入に対応

チェーン店など複数店舗のデータをまとめて管理することができ、売上の管理や分析、リアルタイムの営業状況なども専用のスマートフォンアプリによってオンラインで確認が可能です。

オーナーは複数の店舗に随時足を運ぶことなく全店舗の状況をリアルタイムで把握できるので、即座に経営戦略を練るための分析に繋げることが出来ます。

飲食店に嬉しいブレインレジの機能

POSレジ

会計機能

POSレジと自動連携の端末を用いてクレジット決済はもちろん、電子マネーやQRコード決済まで幅広くキャッシュレス決済にも対応しています。

顧客が求める決済方法のニーズに難なく応えることは顧客満足度にも繋がります。

テーブル単位での割り勘やテイクアウトの軽減税率にも対応しており、難しい設定が不要なのも嬉しいポイントです。

売上管理・分析

売上やテーブルの稼働状況などすべてリアルタイムで確認できる専用のスマホアプリを提供しているのでオーナーは遠隔地から複数店舗の状況を即時認識できます。

商品の分析はもちろん、テーブルごとの滞在時間を分析して回転率を把握したり、メニュー別の売上分析など今後の経営戦略の分析に役立てることが可能です。

商品管理

メニュー登録や編集もシンプルに行えます。

画面に従って入力を進めるだけで商品登録が可能で月額0円のプランでも最大500点の商品登録ができます。

小規模個人店なら0円プランでも十分な商品登録数が確保されており、メニューごとの残数やチャージ料の適用など細かい設定を簡単に登録することができます。

テーブルごとの注文管理

飲食店の注文や会計はテーブルごとに行いますテーブル合算での会計はもちろん、個別会計や分割会計などにも対応しています。

混みあう時間帯の会計をスムーズに進めることは回転率にも影響を及ぼす飲食店の悩みを解決します。

テーブルごとの席移動も注文データの移行が簡単なので起こりうる注文ミスなど会計時のトラブルも避けられます。

食べ放題・飲み放題のタイマー機能も備えておりラストオーダーの取り忘れや時間の伝え忘れによるトラブルの回避や回転率に悪影響を及ぼすケースを減らすことができます。

ハンディシステム

シンプルで使いやすいハンディシステムが用意されています。ハンディに表示された商品アイコンを選び、注文ボタンをスライドするだけで完了です。

料理やドリンクのアレンジ(味付け変更、苦手食材の排除)などのイレギュラーな注文も飲食店ではよくある事ですがホールスタッフがハンディへ入力するだけで厨房に送信可能なので厨房への口頭説明も不要で業務を簡略化できます。

ブレインレジのメリット

飲食店に特化している

数あるPOSレジの中でも飲食店に特化していることから飲食店経営者や従業員にとって使い勝手の良さがあるのはメリットです。

月額0円からのプランがある

高機能なのに0円からのプランが用意されているので毎月の設備投資への負担を懸念しているオーナーにとっても導入ハードルが大幅に低くなるのは嬉しいポイントです。

24時間365日のサポート体制

電話、メールでのサポートが365日行われています。月額0円プランでも同等のサポートを受けることが出来るのは安心材料です。

複数店舗管理

チェーン店など複数店舗を経営しているオーナーも安心の複数店舗管理システムです。全店一括して営業状況や経営分析を行う事ができるので経営戦略の際にデータを一度店舗ごとにまとめ直す手間が省かれます。

リアルタイムで店舗の状況を確認できるのは経営者にとって利用価値の高いシステムと言えるでしょう。

ブレインレジのデメリット

初期費用は一定額必要

月額0円からのプランはありますが導入時に一定の初期費用は必要となります。しかし、こちらも助成金を活用することで2/3程度のリターンがあり、助成金の申請サポートも行ってくれるので申請作業が苦手な方でも安心です。

インターネット環境が必要

ネット環境を介してPOSレジは管理されているのでインターネットの環境は必要となります。ネット環境のない個人店では導入ハードルはやや上がります。

停電等の不慮の事故

停電やインターネットのトラブルなどはいつどんな場所で起こってもおかしくありません。手書き伝票と違い便利な分だけ文明の利器が崩壊した時にトラブルとなることは否めません。

ブレインレジの料金プラン

  無料プラン ライトプラン プレミアムプラン
月額 0円/月 4,800円/月 9,800円/月
POSレジ機能
データ保存期間 90日 無制限 無制限
商品登録数   無制限 無制限
複数店舗管理 ×
会計ソフト自動連携
サポート 電話/メール 電話/メール 電話/メール
ハンディ × ×
キッチンプリンター × ×

ブレインレジの導入に利用できる補助金

導入の初期費用について補正金・助成金が利用可能で初期費用の2/3が戻ってきます。対象となるのは「時間外労働党改善助成金」、「小規模持続か補助金」です。

面倒な補助金の申請もブレインが書類作成など代行申請もしてくれるので煩わしい書類申請もプロにお任せすることができるので安心です。

飲食店がPOSレジを選ぶ時のコツ

モバイルオーダーシステムと連携できるか

お手持ちのiPhoneやiPodに専用のアプリを導入するだけで簡単にハンディシステムとして利用することが出来ます。設備投資に費用が掛からずに最新のシステムを導入可能かどうかは大事な選択ポイントの1つです。

ハンディシステムがあるか

テーブル数・席数の多い中型大型店舗のみならず個人店でもスムーズな注文から会計までに欠かせないハンディシステムです。

商品選択から注文までシンプルな操作感はPOSレジを選択するうえでも重要ポイントの1つです。

売上管理や分析ができるか

店内注文のみならず最近ではテイクアウトやデリバリーでの注文も増加しており、一括した売上管理や分析は今後の営業戦略にも影響を与えます。

会計ソフトなど外部システムとの連携でバックオフィス業務も円滑に行う事ができるPOSレジを利用することは今後の経営戦略としての視野も広がります。

注文管理ができるか

商品残数の管理、店内とテイクアウトでの消費税率の違い、注文商品の味付け等イレギュラーが生じた場合への対応、注文・商品の管理を一括して行えることで在庫管理や仕入れ数の判断など円滑な業務にも繋がります。

低コストに導入できるか

初期費用も今なら助成金を活用することで低コストに抑えることもでき、月額料金も無料から9,800円と小規模個人店でも導入しやすい価格です。

毎月の固定コストはできるだけ抑えつつハイスペックなシステムを導入できるのはブレインレジの嬉しいポイントです。

まとめ

レジの買い替えや飲食店特化型のPOSレジを検討中であれば助成金も活用しながら毎月のコストも抑えることが出来るブレインレジは選択肢の中でも大きな一つになることでしょう。

特に嬉しいポイントは飲食店に特化しているという点です。

飲食店で業務をしているからこそ起こりうるケースは多々あります。そのような細かいポイントがアッサリ解決することで従業員のストレス軽減はもちろん、顧客の回転率のアップ、顧客満足度のアップにも繋がります。

円滑な飲食店経営の1つとしてブレインレジの導入は十分に価値のある選択になることでしょう。

関連商品

キャッシュレス対応をマルチに解決する決済サービス

キャッシュレス対応をマルチに解決する決済サービス

キャッシュレス対応をマルチに解決する決済サービス
0円でクレカ・電子マネーが使える店舗向け決済端末!

0円でクレカ・電子マネーが使える店舗向け決済端末!

0円でクレカ・電子マネーが使える店舗向け決済端末!
決算書不要!創業時にも使える事業用クレジットカード

決算書不要!創業時にも使える事業用クレジットカード

決算書不要!創業時にも使える事業用クレジットカード
dポイントがおトクにたまって、使えるスマホ決済!

dポイントがおトクにたまって、使えるスマホ決済!

dポイントがおトクにたまって、使えるスマホ決済!

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

050-5050-0116

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます