ドコモで携帯を法人契約するメリットや契約に必要な手続きについて

個人用のスマートホンとは別に、ビジネス用としてスマートホンを持っている人が多くなっています。スマホ時代以前の携帯電話時代から個人用とは別の法人契約のスマホを支給している会社があります。法人用としてスマホを契約するときは、どんなプランを選択するとお得に使い勝手が良いプランを選ぶことができるのか気になることでしょう。会社の経費で契約するため、無駄なく経費を圧迫しないようにリスクを抑えるために大手のキャリアを使うことを選択することが多いでしょう。

ここではスマホの法人契約を行う上で、ドコモで法人契約するメリットや手続き、プランなどと共に、他社の法人契約内容についても簡単におすすめをお伝えします。

 

ドコモ携帯の法人契約とは

ドコモ携帯での法人契約は、法人向けのお得なプランがあることや便利なサービスを利用することができること、セキュリティサポートがあることの3つが挙げられます。

法人契約とは、株式会社や有限会社などの法人の名義で契約した携帯電話やスマートホンのことを指します。企業では個人ではなく、法人の名義で契約したスマホを社員に支給しています。企業ごとのビジネス上の利用シーンに合わせた契約プランを選択することができるため、便利に効率的にサービスを活用することができます。法人契約を行わずに、個人利用スマホの使用履歴から利用料を還付するなどの手間をかけている企業もあるようですが、社員への負担を大きくしている側面もあります。

ドコモの通信キャリアとしての立ち位置

NTTドコモは携帯電話の事業だけではなく、通信系全般を取り扱っている企業です。前身となっている企業はNTTであるため、携帯電話事業のみではないポケベル事業などからの歴史により企業の強みがあります。現在では、スマートライフ事業やソフトウェア事業など多角的な事業があり、日本の情報インフラ事業の根幹となっています。

NTTドコモは日本電信電話公社の民営化に伴い、日本電信電話株式会社(NTT)となってサービスを行なっていました。第1世代移動通信システム、第2世代、第3世代と日本を中心としてサービスシステムの基礎となる会社です。iモードサービスも開始し、日本での通信事業を牽引していました。2020年からは5Gサービスを開始しており、6Gサービスに向けた技術研究などに力を入れています。

日本での通信キャリア契約のシェアでは、ドコモが1番使われているキャリアになります。メインキャリアとして利用している人が35%ほどがドコモでの契約となっており、2021年にサービスを開始したahamoでの契約も増えています。次に多いキャリアはKDDIであり、auとpovo、UQモバイルを合わせた割合が25%ほどとなっています。3番目にソフトバンクが多く、ソフトバンクとLINEMO、ワイモバイルを合わせて20%ほどになっています。そのほかのMVNO事業者は1割程度の契約割合となっています。

ドコモの法人携帯市場での強み

ドコモの法人契約に関する携帯市場での強みを見ていきましょう。

まず大きな強みとして、日本市場で長年に渡りトップを走っている企業であるため安心感があることでしょう。利用者数が多いため、キャリアとしてのサポートについても成熟しています。個人利用のスマホでサポートを受けるのであれば、個人的に調べることや誰かに聞くことなどで解決することもあります。しかし、法人契約では複数の社員の契約をまとめていることで機器の使い方に対する問い合わせやシステムに対する疑問点、法人契約プランの確認事項など多種多様な問い合わせに対応してもらう必要があります。法人契約に関する契約内容やシステム、セキュリティ内容などがあるため、個人利用では考えなくても良い機能もありますのでサポートの必要性は高いです。法人契約担当者と直接のやり取りや契約、サポート体制を構築できることがおすすめになります。個人契約でのサポートは使っている人が多いため、対応が遅いことや繋がりにくことなどがあります。法人契約では担当者と直接的に連絡を取り合うことになりますので利点はあります。

また、使い勝手の良い便利なオプションを企業ごとに選択することもできるため、企業に合わせたお得なスマホの使用を実現します。ドコモのスマホを販売している路面店などにはない法人契約だけの特別なプランもあります。

ドコモ携帯の法人契約の3つのメリット

ドコモの法人契約を行うことでどのようなメリットがあるのかわかれば、社内での提案やコスト比較の際に役立つことでしょう。メリットを3つにまとめてあげてみます。

法人限定の割引プラン

ドコモでは独自のお得な法人向けプランを持っています。法人契約での基本的な料金プランは、「5Gギガホプレミア」「5Gギガライト」の2つから選択します。

「5Gギガホプレミア」

・データ通信量も月額料金に含まれたプランでデータ量使い放題

・データ通信量が3GB以下の月では1,650円自動割引

・テザリングが制限なしに使える

・ビジネス通話割引により社員間通話無料

「5Gギガライト」

・データ通信料も月額料金に含まれたプラン

・毎月1GBから7GBまでの4段階で使った分だけ支払う無駄のないプラン

・ビジネス通話割引による社員間の通話が無料

法人契約はで社員間での連絡などの通話を行う時にはビジネス通話割引を使用することにより、通話料無料で使用できます。内線電話のような使い方もできるため、社内での電話機などの代わりの使い方もできます。固定電話であれば電話機のある部屋にいないと通話ができないので使い勝手が良いでしょう。最大2回線から1,000回線まで適用でき、月額無料に24時間社員間の通話料金定額で使えます。

また、通話だけの使い方により通信料が少ない場合では割引されることや段階的な料金設定があることによりお得に使用することができます。

安心のセキュリティ

ドコモでは法人向けにセキュリティサポートサービスを用意しているため、トラブルの心配やセキュリティ対策の不安を手助けしてくれます。

・あんしんマネージャーサービス

ドコモが提供しているモバイルデバイス管理として、「あんしんマネージャー」が遠隔操作にて管理するシステムがあるため、社員に貸与した機器の遠隔ロックや初期化、カメラ・アプリなどの機能制御を行うなどの管理業務を提供しています。利用状況の監視なども行っているため、社内にて日常的な管理を24時間365日行う時間の短縮に繋がります。

・紛失時の操作を代行

スマホの紛失は時々起こり得ます。手に収まる大きさであるため、どこに置いたのかを忘れてしまうこともあります。ロックはかけていたのしても、紛失したスマホを利用される恐れがあるため、利用できないようにすることやどこにあるのかを確認する必要があります。ビジネスで使っているため、取引先やクライアントの情報が漏れてしまっては会社の信用が地に落ちてしまいます

・緊急速報・災害用安否確認

ドコモでは緊急速報である「エリアメール」により気象庁が発信する緊急地震速報・津波警報などを瞬時に受信できる機能になります。エリアメールでは回線の混雑の影響を受けないため、万が一何かあった時にでも速報を受信できます

また、「災害用伝言板」をネット上に設置して社員の安否確認が可能になります。災害用伝言板でも回線が混雑していても繋がりやすい通信を利用できます。

スマホとアプリの連携で業務効率の向上

個人スマホを使っている人では経費算定のために、ビジネスでの使用項目を抜き出して経理担当者に数字をまとめて提出することなどの手間がかかることがあります。その際にもスマホ内にアプリを入れていることによって、項目を抜き取りやすくすることは可能です。しかし、ビジネスでの利用なのか、個人的な利用なのかを明確に分けることは難しいです。その作業に時間を取られてしまうことで労働時間が伸びてしまうことであれば企業のコストも高くなることもあります。法人契約を行っていれば、法人契約での利用とわかっています。そのため、アプリなどで使用履歴などをまとめていることにより社員の利用をすぐにまとめて積算することができますので業務効率の向上に寄与します。法人契約として契約を行うことで労働時間の短縮や不要な手間を減らすことにより、社員の精神的ストレスや体力的なリスクを取り除くことになります。

それだけではなく、電話帳やメール、画像、スケジュール、様々なファイルをドコモクラウドにてクラウド上で管理することが可能です。クライアントの連絡先や更新したファイル、スケジュールなどをすぐに共有することができるため、業務効率化によるコストダウンを図ることにつながります。

また、クラウド上での利用によって、機種変更や機器の紛失・盗難などによるデータ移行についてもすぐに対応が可能です。パソコンやタブレットなどの他の機器からのアクセスもできます。

ドコモ携帯の法人契約の手続き手順と必要書類

携帯電話やスマホを個人としての契約ではどなたでも行っていますが、法人契約ではどのような手続きになるのか疑問を持たれる人もいます。法人での契約では書類関係や提出資料などが複雑になるのではないかと問い合わせも多いようです。新規契約する場合と他社から乗り換えを行うときの手続き手順と必要書類を紹介します。

【新規契約】法人契約の手続き手順と必要書類

法人契約に関しての手続き手順は以下のようになります。

・使いたい機種を確認

・料金プランの確認

・サポートやサービスをチェック

・必要書類を用意して手続きへ

社員の希望を聞くことや現在使用されているシステムとの互換等を考慮して機種を選定していただけます。Android製品やApple製品などの多くの機種の中から選定いただけますので希望の機種があるのか確認できます。

料金プランでは、基本となる「5Gギガホプレミア」「5Gギガライト」の2つから選択いただけます。基本プランでは、利用が想定される通信料などから選択していただけますが、オプションなどにより社員間での通話を無料にできるプランもあります。サポートやその他のサービスをチェックすることも必要です。あんしんマネージャー機能により紛失対策や私的利用の制限、一括設定などの一元管理を実現することも可能です。

新規に契約をする上で必要になる書類や手続きを紹介します。

⒈法人に関する確認書類(法人名・所在地・代表者名がわかるもの・印鑑証明書など)

⒉来店者の本人確認証(運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証など)

⒊法人との関係がわかるもの(社員証・名詞・委任状など)

⒋毎月の支払い手続きに必要なもの(クレジットカード・キャッシュカード・預金通帳など)

⒌必要な費用(1回線の契約手数料3,300円・機種購入代金)

ドコモの法人営業担当者による手続きをすることも可能であるため、メールや電話で問い合わせを行うことも選択肢であります。ドコモショップやオンラインによる手続きではわからないこともありますので問い合わせしてみると良いでしょう。

【他社乗り換え・MNP】法人契約の手続き手順と必要書類

現在使用している法人名義の携帯電話やスマホを他社にて契約されている内容からMNPにてドコモでの法人契約に乗り換えをする場合の手続き手順を紹介します。古い機種では対応しないアプリや動作が遅くなるなどにより、仕事の効率が悪くなることがありますので機種変更の検討をする際に乗り換えを行うことも考えられます。

・使いたい機種を確認

・料金プランに変更があるのか確認

・サポートやサービスの追加や変更等がないか確認

・必要書類を用意して手続きへ

法人契約の料金では回線数が多くなることにより、他者との少しの差だけでも会社経費の負担が大きく違ってくることがあります。毎月の通話料金やサポート体制、通信料の割引などのメリットを考えて他社からドコモに乗り換えを検討される企業があります。

MNPとは携帯電話番号ポータビリティーの略称であり、現在他社で利用されている電話番号をそのままにドコモでも利用できる方法です。MNPがない時代であれば、契約変更により電話番号が変わってしまった場合、取引先やクライアントなどの関係各所に電話番号変更の連絡をする必要がありました。MNPによって契約するキャリアを変更してもそのまま使えるため、不要な手間を減らすことができます

MNPにて他社からドコモへ契約する必要書類を紹介します。

⒈MNP予約番号

⒉法人に関する確認書類(法人名・所在地・代表者名がわかるもの・印鑑証明書など)

⒊来店者の本人確認証(運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証など)

⒋法人との関係がわかるもの(社員証・名詞・委任状など)

⒌毎月の支払い手続きに必要なもの(クレジットカード・キャッシュカード・預金通帳など)

⒍必要な費用(1回線の契約手数料3,300円・機種購入代金)

MNP番号の予約は現在使っている電話会社にて申し込みを行ってMNP予約番号を取得します。その後、ドコモ取扱店にてMNP予約番号を提示して携帯電話新規申し込みを行います。

ドコモ携帯の個人契約と法人契約の料金比較

法人契約でも個人契約でも使用する機種は同じものを使用しています。契約の内容やセキュリティサービスなどは変わってきますので、法人契約での社員同士の通話が無料となる契約もあります。個人での契約と法人での契約料金を確認して見ましょう。

個人契約の料金

ドコモの個人での料金体系にはお使いの通話や通信量によって選択肢が多くあります。5Gスマホ向けの契約や4Gスマホ向け、初心者の人用、子供向けなどの通話形態によって選ぶことや通信プランについても選択ができます。また、大容量の通信量を使う方に向けたahamaoの料金体系も増えてきています。サポート体制もしっかりしているため、家族揃ってドコモの料金を使うときにはお得な割引も設定されているため複雑なプランがあります。割引や多くのプランがありますので個人として選択を行うことは難しいこともあるため、料金シミュレーションにて自分にあった料金プランを教えてくれますので便利にウェブサイトを利用できます

また、OCNモバイルやTONEなどの格安の料金体系のある事業者が傘下にあるため、ドコモやahamoでの契約料金よりも格安で使いたい場合には料金削減をすることも可能です。

法人契約の料金

大きく分けて5G対応プランとXi対応プランの2種類に分けられます。

5G対応プランでは、「5Gギガホプレミア」と「5Gギガライト」の2つがあります。

5Gギガホプレミアではデータ量が無制限で使用することができます。それに加えて、iPadやパソコンなどをテザリングすることも可能です。テザリングでの通信についても無制限になっていることがドコモの特徴です。3GBまでしか使わなかった場合、月の使用料金が1,650円になるお得なプランになっています。データ量による通信制限はありませんので安心して利用することができます。

5Gギガライトでは使った通信量に応じて支払いを行えるプランになっているため、1GB・3GB・5GB・7GBまでの使用によって料金が決定します。7GBを超えるデータ量になると最大で128kbpsになりますので注意が必要です。

どちらのプランでも、ビジネス通話割引が適用することができます。そのため、社内への国内通話が24時間定額になることで企業の電話料金の削減につながる可能性があります。社内での内線電話やインターホンなどの代替設備としての利用や営業所ごとの連絡、社外での社員同士の業務連絡など社員同士での通話は無料になりますので経費削減につながります。

ドコモ携帯の法人契約におすすめなプラン

ドコモの法人契約に関する契約の詳細を確認しましょう。法人契約では基本的な料金体系と共にオプションサービスに関しても確認が必要です。5Gにて使用する基本的な契約が主に2種類あります。また、ガラケーや4Gの地域での利用に対応した基本プランであるXiデータプランもありますので、多くの企業でのそれぞれの活用にも有効です。

【スマホ】ドコモ法人契約のおすすめプラン

5G対応プランである「5Gギガホプレミア」と「5Gギガライト」の2つがあります。5Gでの活用地域は増えてきており、社員同士のクラウド上での画像やファイルなどのデータのやり取りを行うこと際には有効なプランになります。5Gエリアは都心部を中心に増えており、北海道から沖縄まで各地にて使用可能エリアがあります。一部地域では5Gでの使用はできないため、法人契約を行う際には自社の所在地や営業所、支店、営業に回る地域の事情を考慮して選定する必要があります。5Gプランでも通信速度は落ちますが、通信を使えないことはありません。出張するエリアが地方などで5Gが使えない地域が多い場合は注意が必要です。数年後には5Gエリアに対応していることも考えられるため、計画的に契約を進めることがおすすめです。

社員間での早い通信を行う必要がある企業や大容量のデータ通信を日常的に行う企業では5G対応プランでの利用によってデータのやり取りを素早く行うことができますのでおすすめです。また、クラウド上にアップデートして共有する場合にも資料のやり取りをいち早く共有して作業効率のアップに寄与します

【ガラケー】ドコモ法人契約のおすすめプラン

ガラケーやいまだに4G通信しか対応していないエリアでは、5G対応のプランでは最大限の活用ができない可能性があります。5G地域は各地に広がってきているため、数年後には利用可能になるかもしれません。一部の支店や営業所、よく行く出張先などが対応していないことにより5Gデータプランでの利用をやめようと考えている企業の担当者もいることでしょう。5Gよりも通信速度が落ちると言われている4G通信では、大容量のデータ通信がやりにくいことがあるためクラウド上でのアップロードに時間を要することもあります。しかし、一般的なデータファイルのやりとりやクラウド上にアップロードする画像やファイルなどが大容量にならないデータ通信が主になっている場合では5Gでの契約を行う必要性はあまり大きくないかもしれません。瞬時に共有することに重きをおくことや大容量のデータ通信を行う方にはスマホで効率的には作業できない可能性もあります。

いまだにガラケーの製品もあり、使用されている企業も多くあるためXiデータプランで使用することができます。ガラケーでの利用はデータのやり取りやデータ編集などを携帯電話で行うことはやりにくいかもしれませんが、通話などの基本的な機能は備えられていますので今まで通り使える変わらない安心感があります。

ドコモ携帯の法人契約に関するよくある質問

法人契約を検討されている企業の担当者や現在契約されている企業の担当者からのよくある質問をまとめています。企業での使用では、会社の経費での利用になるため効率よく無駄な経費を使わないように検討することが担当者には求められます。また、担当者自身も社内での説明資料作成や社員への説明資料を作る上では疑問点の解消を行う必要があります。

他社のMDMとの違いはありますか?

MDMとはモバイルデバイスマネジメントのことですので、ドコモでは「あんしんマネージャー」がMDMになります。ドコモは通信キャリアとして、LTE回線の利用中断や再開、ドコモサービス設定の一括管理機能を提供しています。また、SIMとデバイスの組み合わせを登録することにより、該当するSIMを別のデバイスで利用された場合には不正利用として検知する仕組みがあります。

あんしんマネージャーのトライアル期間はありますか?

あんしんマネージャーのトライアル期間はありませんが、「初回契約後から31日間無料」で利用することができます。そのため、ドコモからのサポートを得ながら動作検証する期間としても可能です。詳細についてはドコモの法人営業担当者と相談が必要になります。

紛失のサポートはどのようになっていますか?

紛失・盗難が起きた場合には、専用のサービスデスクが24時間365日サポートに対応していますので、企業の管理担当者に代わってサポートしています。サービス利用規約を再度確認してサポート体制を確認することができます。

製品はどれでも使えますか?

店頭やオンラインショップで購入することができますので、ウェブサイトや店頭で確認していただけます。個人名義での購入と同様の機種を使って、ビジネスでも利用いただけます。個人的に使われている機種や企業での利用環境にあった製品などを確認してから購入することをおすすめします。ガラケーや4G通信対応製品、5G通信対応製品などがあります。

ドコモだけじゃない!他キャリアの法人契約もおすすめ!

それぞれサービスの特徴や料金プランについて紹介

ドコモを紹介してきましたが、そのほかにも法人契約を用意しているキャリアはあります。格安MVNOのキャリアでは個人用の契約のみになっているキャリアがほとんどであり、法人契約に対応していないことがあります。法人契約を用意している4社を紹介します。

au

auでは電話や通信回線の繋がりやすさや普段の使い勝手は大手キャリアとして問題はありません。製品ラインナップではガラケーからスマホまでラインナップされているため、社内での利用方法や日常的に使われている機種を選定することで効率的に携帯電話を利用することが可能です。通信契約においても5G通信プランや4G通信プラン、ガラケー用を想定した通話に重きをおいたプランがありますので、社内での使い方を考慮して選定できます。

5G通信プランでの利用はデータ容量の上限なしでの料金と使った分だけ支払いを行うプランがありますので、使い方によってプランを選定します。

利用料金の割引は法人の利用回線数が増えることで割引が発生しますので、回線数が増えることで割引を受けることができます。

「電話きほんパック」のサービスがあるため、留守番電話サービスや三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスをオプションで追加することができますので、効率的な業務の推進に繋がります。auには「au Wi-Fi SPOT」があるため、カフェや駅などの全国で利用ができるため、auスマホに加えて、ノートパソコンなどのWi-Fi機器でも利用することができます。

Softbank

softbankにおいてもデータ容量を無制限に使用できるプランやデータ通信をあまり使わないプラン、5分以内の通話はかけ放題、通話のみのプラン、データ通信専用のプランなどがラインナップされています。通話オプションとしても、24時間いつでも国内通話が無料であるオプションと1回5分以内の国内通話が無料で利用できるオプションがありますので、社内での通話頻度などを考慮して確認する必要があります。

機種のラインナップでは、iPhoneからAndroidスマホ、ガラケーの利用についても選択肢があるため社員の使い慣れている機器から選択することも可能です。

softbankでは、FMCサービスを行なっています。FMCは「Fixed Mobile Convergence」の略称で、固定電話と携帯電話の融合を意味しています。スマホとオフィスの固定電話間でシームレスな内線通話を可能にしており、固定電話番号での発着信を実現するサービスになります。携帯電話を内線化することによりオフィス以外でのコミュニケーションがとれるワークスタイルを実現しています。現在の働き方に合致しているため場所を選ばずに仕事ができますので在宅勤務やフリーアドレスでのリモートワークを採用している企業にはおすすめです。

ワイモバイル

ワイモバイルの契約形態は主に、スマホ・SIM・携帯電話に対応するプランと携帯電話に対応しているプランの2つがあります。

スマホや携帯電話双方で利用が可能なプランは、シンプルS・M・Lとデータ通信容量を3種類から選べるプランであるため、社員が使用するデータがどの程度あるのかを考慮して選択することが可能です。オプションとして「だれとでも定額」の利用ができるため、1回あたり10分以内の国内通話であれば他社スマホや携帯電話であっても通話料金が0円になり、回数制限もありません。

また、携帯電話を使うプランでは通話だけを法人契約として契約する企業には最適なプランです。携帯電話に対応するプランでは、「スーパーだれとでも定額」のオプションが利用できます。このオプションでは通話時間や回数共に無制限での国内通話が可能になります。かけ放題の通話完全定額サービスです。社内や外出先などでの利用ができるため、通信を行わなくても良い企業にはおすすめです。

スマホや携帯電話の故障への補償もあります。水濡れや盗難・紛失、破損、バッテリー交換などの保証があるため、不慮の故障にも対応が可能です。機種変更時にも割引が提供されることなど、トラブルや買い替えに備えて安心をいただけます。

UQモバイル

UQモバイルでは、主に2つの料金プランがあります。くりこしプラン +5G(S・M・L)とくりこしプラン(S・M・L)になります。

くりこしプラン +5Gでは、5Gの使用エリアでは5G通信を行うことができるため、社内でのデータのやり取りや画像・ファイルなどの共有を素早く行うことができますので業務効率化に繋がります。S・M・Lとデータ容量によるプランを選ぶことができるため、社内の使い勝手によってプランを選択できます。通話料によるオプションもあり、国内通話のかけ放題や10分かけ放題、月々最大60分の通話定額のオプションが用意されています。

くりこしプランでもS・M・Lとデータ容量によるプラン選ぶことができます。また、くりこしプラン +5Gと同様に、通話オプションを3つから選択することができますので、社員の使い方などを考慮して選定が可能です。

機種では、iPhoneからAndroidのスマホが使えるため、使い勝手の良い機種や社内のシステムとの互換性などを考慮して選択することができます。

まとめ

ドコモは国内でのシェアがNo.1であるため、個人での契約でも法人での契約でも料金やサポート体制が確立されています。法人での契約の場合でも個人で利用しているiPhoneやAndroidなどの機種に加えて、ガラケーの利用も可能になります。昔から利用している機種などがある場合には法人契約でも同様の機種を使って作業することができます

法人契約では契約する回線数などによって割引が変わってきますので料金プランの確認は必要です。

あんしんマネージャーなどのサポート体制もありますので、不審なアクセスや紛失などに関しても24時間サポートがあるため安心して利用できます。

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!