【ウーバーイーツ(Uber Eats)とは】範囲は東京だけじゃない?簡単解説

【ウーバーイーツ(Uber Eats)とは】範囲は東京だけじゃない?簡単解説

日本に登場した「Uber Eats」は、新たなスタイルのデリバリーサ―ビスとして、今や多くの地域で注目を集めています。アプリにより簡単に登録できる点、コストをかけずにデリバリーサービスができる点など、利用者に限らず飲食店にとってもメリットの高いサービスのため、今後もますますニーズは増えていくと予測されます。
そこで今回は気になる「Uber Eats」の魅力について迫るともに、メリットや対応エリア、導入費用などについて詳しく解説したいと思います。現在「Uber Eats」の導入を検討している経営者はぜひ参考にしてくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

UberEats(ウーバーイーツ)の概要

UberEats(ウーバーイーツ)は、米国サンフランシスコのウーバーテクノロジーズが運営する自動車配車webサイトおよび、配車アプリ「Uber(ウーバー)」を応用した新たな「料理宅配サービス」です。
2015年12月にカナダで開始され、現在では世界36ヵ国500都市で展開されています。日本では2016年9月に東京でサービスが開始されました。現在では国内東京23区をはじめ、全国10都市以上に展開しています。

 

UberEatsの特徴

UberEats(ウーバーイーツ)の特徴は、自社サービスでは宅配を行っていない飲食店であってもUberEatsから注文できるため、さまざまな店舗の料理をアプリで簡単に注文し、楽しめることが大きな魅力です。また料理を注文するユーザーだけでなく配達パートナーとして参加できため、副業としても大きな注目を浴びています。

これからは、サービスエリアの拡大に伴い、UberEatsのユーザー数と、配達パートナーの増加が見込まれるため、よりわたしたちの日常にサービスが浸透していくでしょう。

UberEatsの仕組み

141

UberEats(ウーバーイーツ)のサービスは、いつでもどこでも簡単にアプリやwebサイトから料理を注文することができます。そして飲食店の出来立ての料理を配達パートナーが注文者の元まで届けるフードデリバリーサービスです。注文完了した後は、三者がお互いに評価しあう相互評価制により安心・安全なサービスの維持が可能となっています。

UberEats(ウーバーイーツ)利用の流れ

 

①注文者

・場所を指定する

・料理を注文する

②飲食店パートナー

・注文内容を確認し料理を準備する

・配達パートナーに渡す

③配達パートナー

・リクエストを受ける

・店舗で料理を受け取る

・商品を注文者の住所へ届ける

≫UberEatsの詳細はこちら

UberEats(ウーバーイーツ)のメリット

UberEatsは「利用者」「飲食店」「配達パートナー」それぞれにメリットがあることが魅力のひとつです。ここでは、それぞれのメリットについてお伝えします。

店舗の導入メリット

UberEatsを導入する店舗のメリットは、加盟店登録をするだけで簡単に宅配してもらえることです。端末のデポジットやテイクアウト用の容器を用意するだけで気軽に店舗の料理をデリバリーすることが可能です。また店舗側は、初期投資や固定費をかけずにデリバリーを導入できるため、事業拡大のステップアップとしても活用することができるでしょう。

配達パートナーのメリット

UberEatsに登録する配達パートナーのメリットは、専用をアプリを使って好きなときに好きなだけ働くことができることです。また商品の配達に使用する車両は、好きな自転車や原付などで登録が可能となっており、体を動かしながらフォットネス感覚でお金を稼ぐことができるようになります。

注文者のメリット

141


注文者のメリットは、家にいながらな話題の店舗や有名店の料理を待たずに食べることができることです。配達平均時間は約30分とスピーディな配送で、届ける最中もGPSで配達パートナーがどの位置にいるのかトラッキングすることが可能です。またデリバリーサービスにありがちな最低注文金額がないことも、注文者にとっては大きな魅力といえるでしょう。

≫UberEatsの詳細ページはこちら!

デリバリーニーズ

UberEatsは、従来のデリバリーサービスに比べて、さまざまなニーズに対応しています。ここでは職場・屋外・旅行・自宅などにおいて、どのようなニーズがあるのかをみていきましょう。

職場でのニーズ

ランチタイムはどこの店舗も行列ができており、待ち時間に時間を取られることも多いものです。UberEatsであれば、昼食時の行列に巻き込まれる必要なく、食事の注文が可能となります。
また社内の会議などで複数人分の昼食が必要なときもあるでしょう。こんなときもUberEatsであれば、複数人分の料理の注文も可能です。会社の外に出ず、いつでも簡単に注文できるため、忙しいサラリーマンとっては便利なサービスといえるでしょう。

屋外でのニーズ

ピクニックやお花見シーズンなど屋外でイベントを開催するときや、お出かけするときにもUberEatsは活躍します。GPSで配達先を指定できるため、家だけでなく屋外のさまざまな場所に配達可能となっています。そのため現地までわざわざ重い荷物を持たずに済むのもうれしいポイントですね。

旅行でのニーズ

UberEatsは世界共通のプラットフォームとなっています。注文の際もアプリ上で写真を選び、クレジットカードでの決済となっているため、旅行に訪れた訪日外国人観光客へのアプローチも可能です。インバウンド対策を検討している店舗へも効果的といえるでしょう。

自宅でのニーズ

仕事で疲れたときや体調不良のとき、子育て中の方などは、どうしても料理を作れなかったり、外食に行く気力すらなかったりもします。そんなときでも、UberEatsであればアプリで簡単に注文するだけで、有名店や人気店の料理を並ばずに自宅で食べることができます。忙しい方でも自宅でリラックスして食事を楽しめるのはうれしいポイントですね。

UberEats 料金システム

UberEatsへの登録は、基本的に料金がかからず初期投資なしで導入することが可能です。そのため導入にあたり、初期費用に頭を悩ます必要がないことは店舗のオーナーにとって魅力的といえるでしょう。
また月額費用もかからないため、料理を入れる容器など提供時に必要なものさえ用意すれば配達をはじめられます。ただし注文を受ける際にタブレットは必須となるので、もし持っていなければ事前に準備が必要となります。

UberEatsの売上ついては、総額に対して35%の手数料が発生します。支払いは、一度Uberが徴収代行し、諸経費を差し引いた金額が指定口座へ振込まれます。そして管理ページやメールにて支払の詳細を確認することも可能です。

UberEats 対応エリア

現在日本国内においてUberEatsを提供しているサービスエリアは10都市以上、加盟店舗数は約10,000店で展開されています。さらに今後も順次エリアは拡大予定となっています。詳しい提供エリアは以下の表のとおりです。

都道府県 エリア 市区町村
東京都エリア 全23区 港区/新宿区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/練馬区/台東区/墨田区/江東区/荒川区/足立区/葛飾区/江戸川区/千代田区/中央区/文京区/豊島区/北区/板橋区
  武蔵野市/調布市/三鷹市/狛江市/西東京市/東久留米市/小金井市/府中市/八王子市/町田市/国分寺市/国立市/立川市/小平市/東村山市/日野市
神奈川エリア(横浜) 横浜市8区 西区/南区/中区/保土ヶ谷区/神奈川区/港北区/磯子区/鶴見区/
川崎市4区 中原区/川崎区/幸区/高津区
埼玉エリア さいたま市4区 大宮区/浦和区/中央区/南区
  戸田市/蕨市/川口市/和光市/朝霞市/志木市/新座市/草加市
千葉エリア 千葉市4区 美浜区/花見川区/稲毛区/中央区
  市川市/船橋市/習志野市/浦安市 (南部)
大阪エリア 大阪市全区 北区/都島区/福島区/此花区/中央区/西区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/鶴見区/阿倍野区/住之江区/住吉区/東住吉区/平野区/西成区
  豊中市/吹田市/東大阪市/八尾市
京都エリア 京都市8区 上京区/中京区/下京区/東山区/左京区/北区/右京区/ 南区
兵庫(神戸)エリア 神戸市6区 中央区/兵庫区//灘区/長田区/須磨区/東灘区/
  芦屋市/西宮市/尼崎市
愛知(名古屋)エリア 名古屋市10区 中区/中村区/西区/北区/中川区/東区/ 熱田区/千種区/昭和区/瑞穂区
広島エリア 未定(2020年予定)  
福岡エリア 福岡市5区 博多区/中央区/南区/ 城南区/早良区/

まとめ

今回は、今話題のデリバリーサービス「UberEats」についてサービス概要や対応エリア、メリットについて詳しく紹介しました。利用者をはじめ店舗側にとってもメリットの多い「UberEats」のサービスは、今後も多くの家庭や職場、イベントなどで活躍していくでしょう。

現在デリバリーを導入しようか検討している店舗はもちろん、売上を伸ばしたい店舗やインバウンド対策に力を入れたい店舗は、ぜひこの機会に初期費用の負担なく簡単にはじめられる「UberEats」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

≫UberEatsについてもっと知りたい方はこちらをチェック

 

 

 

関連タグ