【GoToイート食事券】全体的な仕組みを解説!

GoToEatキャンペーンでは10月1日から、プレミアム付き食事券の発行・販売・利用開始を行っています。そこでプレミアム食事券に関する詳しい内容をご紹介していきます。

これからプレミアム付き食事券を購入したい方、すでに購入して利用したい方、飲食店の方も今後の集客方法や戦略を検討するうえで、是非チェックしてみてください。
※GoToイートに関して、新型コロナウィルスの増加を踏まえ各地で食事券の新規発行や販売を一時停止する地域がございます。今後一時停止の措置を行う地域が増える可能性がありますので公式サイト等で確認するようにしましょう。

東京都がプレミアム付き食事券の販売


(画像引用:GoToEat Tokyo公式サイト)

東京都でも、いよいよプレミアム付き食事券の販売・利用が開始されることが発表されました。販売開始は11月20日からの予定としています。しかし東京都のプレミアム付き食事券の販売は事前申込みが必要などの条件があるようです。
現時点でわかっていることを以下で確認してみましょう。
》【GoToイート東京】食事券販売を一時停止?わかりやすく解説!

東京都のプレミアム付き食事券の内容

東京都では、アナログ(紙)発行の食事券(300万セット)とデジタル発行の食事券(125万セット)の合計425万セットが発売される予定です。
1回あたり、20,000円の購入制限を設けています。
 

東京都のプレミアム付き食事券「アナログ(紙)」の場合

紙発行の食事券の場合、1日ごとの受付枠のなかで、先着順で購入可能。事前申込みが必要になりますが、10/19から申込みが可能となり、指定の販売所によって食事券との交換をする流れになります。
さらに専用はがきでの申込みの場合は、抽選となります。

販売総数:300万
販売金額:10000円(12,500円分)
販売場所:びゅうプラザ、JTB、成城石井等の一部店舗や一部のホテルなど
 

東京都のプレミアム付き食事券「デジタル」の場合

デジタルでの食事券の場合、専用のサイトで申込んだうえで、抽選で購入者を決定する流れを取るようです。

販売総数:125万セット
販売金額:8000円(10000円分)
販売窓口:Pass Merketというヤフー株式会社が展開する電子チケット販売サービスにて販売予定
 

東京都のプレミアム付き食事券は抽選?

東京都では、飲食店の数ももちろん多く、東京都民以外も購入することが可能です。GoToトラベルで東京観光をする方や、年末年始の帰省等に向けて、多くの方が購入を希望していることが見込まれています。

そのため、公平にするために抽選という方法を取り入れています。先着順もしくは抽選というかたちでの購入になるので、購入したい場合には準備や事前に流れを把握しておくと安心でしょう。
(参考資料:"Go To Eat キャンペーン Tokyo 食事券 購入に関する詳細決定のお知らせ"Go To Eat キャンペーン Tokyo公式サイト)
》【GoToイートの仕組みを解説】予約サイトポイント還元や食事券とは?

GoToイートのプレミアム付き食事券とは

GoToEatキャンペーンの2つの柱のうちのひとつ。プレミアムが付いたお得な食事券を活用して、新型コロナウィルスで打撃を受けた飲食業界の盛り上がりを目指すものです。

消費者にとっては、このプレミアム商品券の購入金額よりもお得に食事券を利用できるため、飲食店にも消費者にとってもメリットがある施策と言えるでしょう。
 

プレミアム付き食事券の発行事業者が全国で決定

プレミアム食事券は、あらかじめ発行団体として認定された団体等が発行を行い、発行された食事券を、各地域の販売窓口が販売するかたちとなっています。

食事券発行事業者として、第一次公募により、33府県が決定、第二次公募では14都道府県が決定。全国47都道府県での49件の事業者が決定しました。これにより、全国でプレミアム付き食事券の発行・販売が決定したことになります。
》【GoToイートの仕組みを解説】予約サイトポイント還元や食事券とは?

プレミアム付き食事券の仕組み

プレミアム付き食事券の仕組みは以下の流れとなります。
  • 1食事券発行事業者が発券
  • 2販売窓口にてプレミアム付き食事券の販売
  • 3消費者がプレミアム付き食事券を購入・利用

以下でご紹介していきます。
 

食事券発行事業者が発券

まず、今回のプレミアム付き食事券の発行事業者として決定したそれぞれの事業者が、各地域のプレミアム付き食事券の発行を行います。
各地域において発行上限数等も異なりますので確認してみましょう。
 

販売窓口にてプレミアム付き食事券の販売

発行されたプレミアム付き食事券を、各地域で決められた窓口が販売を行います。販売期間には先行販売・第一期・第二期など分割している場合もありますので、発売期間を確認するようにしましょう。

また、一部の地域では、紙だけでなく電子チケットとして発行・販売するケースもあります。この場合にも、購入上限や購入方法にそれぞれ違いがありますので必ず詳細を確認しましょう。
 

消費者がプレミアム付き食事券を購入・利用

実際に消費者がプレミアム付き食事券を購入します。購入ができたら、登録されている飲食店を利用して食事券を使用した飲食をします。
※プレミアム食事券はお釣りが出ないという点を認識しておきましょう

プレミアム付き食事券の注意点

プレミアム付き食事券に関して、注意しなくてはならない点もあります。以下を認識したうえで活用するようにしましょう。
 

お釣りが出ない

プレミアム付き食事券は基本的にお釣りが出ません。現金との併用が可能となっていますので、工夫した使い方をするようにしましょう。また、一部の地域では電子チケットを用いる場合があり、その中には1円単位で使えるものもあるようです。
 

販売数に上限を設けている

各地域では、販売数の上限を設けています。販売上限に達した場合は、終了となるため、早めに購入をするようにすると良いでしょう。
 

購入制限を設けている

地域ごとに、基本的には1回あたり購入できる金額を制限しています。決められたルールを守って購入するようにしましょう
※購入回数の制限は設けていないことが多いようです
 

返品等はできない

プレミアム付き食事券は返品等ができません。そのため、利用期間が過ぎると使えなくなってしまいます。お得ではあるものの、利用期間を確認したうえで、使える金額分の購入にするなど注意しましょう。
 

飲食を提供する全てが対象になるわけではない

注意したいのが、対象となる飲食店です。あらかじめ各地域で対象飲食店を募集していますが、対象となるのは店内飲食をメインとして展開する店舗です。

例えば、カラオケ店やキッチンカーなどは飲食を提供しますがメインとしては他のサービスとなるため、対象外となります。
また、顧客への接待を必要とする飲食店も対象外としています。

デリバリーやテイクアウトも対象外?

気になるのが、デリバリーやテイクアウトを行う飲食店が対象になるかどうかという点。基本的に、店内飲食をメインとした店舗が同時に独自でデリバリーやテイクアウトを行っているという場合には対象となります。

デリバリー専門店やテイクアウト専門店は対象外となります。ウーバーイーツや出前館に掲載して展開している場合にも、この方法を利用した食事券の利用は不可です。
飲食店を経営する企業や店舗独自が行うデリバリー・テイクアウトサービスの際は食事券の利用がOKという認識でいましょう。
》【ウーバーイーツの仕組みとは】メリットや配達エリアも

飲食店はGoToイートで集客できるチャンス

GoToイートが、飲食店にとって新型コロナウィルスの影響で激減した売上や集客を挽回する大きなチャンスです。
全国でプレミアム付き食事券が発行されるため、多くの消費者が飲食店を利用することになることが見込まれています。

そこで、さらに集客を強化するために飲食店ができることとしておすすめなのが、SNSを活用した集客です。
InstagramやTwitterで、ターゲットとなる層やGoToイート取り扱い店ということを訴求することで、ユーザーの目に止まりやすくなるでしょう。
数多くある飲食店のなかで、自分の店舗を選んでもらうためには効果的な宣伝や訴求が必要になってきます。
》各SNS集客のメリットデメリットを解説!集客方法の使い分けに!
 

SNS運用代行でInstagramの集客を強化

そこで注目したいのがSNSを運用代行するサービス。Insta townでは店舗に代わって、店舗の宣伝やアピールを行い効果的なSNS運用をサポートするサービスです。

通常業務が忙しいなかで、徹底したSNS運用ができないという場合や、どのように運用していけばいいかわからないという場合には、ぜひチェックしてみてください!
》人気のInsta townとは?詳細や費用感をチェック
 

デリバリーやテイクアウトも強化すべき

GoToイートのプレミアム付き食事券では、独自で行うデリバリーやテイクアウト以外は対象外としています。とはいえ、多くの飲食店は自店でデリバリーを展開できるリソースを用意できていないのが現状でしょう。
しかし、デリバリーサービスは出前館・ウーバーイーツを筆頭に人気を集めているサービスです。

第三波を迎えていると言われている昨今、外出控えや飲食店の来店が難しい状況になる可能性も考えられるでしょう。
そこでGoToイートや通常の来店集客以外にも、デリバリーやテイクアウトサービスの強化はしておきたいところ。

自店で環境を用意することができない場合でもウーバーツや出前館に登録することでデリバリーサービスを展開できるようになります。
まだデリバリーサービスを始めていない店舗や検討している店舗は是非チェックしてみてください!
》【資料ダウンロードOK】ウーバーイーツの詳細や費用感はこちら

まとめ

今回はGoToイートで10月1日から始まった「プレミアム付き食事券」の仕組みや内容をご紹介しました。

全国のなかでも最大規模と言われている東京都のプレミアム付き食事券の発売が11月20日(申込みは11月19日から)よりスタートします。先着順や抽選となりますが、東京都の飲食店を利用する方、年末年始にかけて利用予定のある方など、事前に購入の流れを把握しておくようにしましょう。

また、飲食店においては今後年末年始にかけて集客や売上を強化したいところです。GoToイート・SNS集客・デリバリーサービスなど様々な方法を活用して集客・売上を高める方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

》GoToイートの仕組みを解説!デリバリーは対象外?

》【第三次補正予算を解説】補助金や雇用対策はどうなる?

》【店舗の家賃をどうにかしたい】家賃支援給付金とともに活用したい家賃交渉サービス


 

関連タグ

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます