お問い合わせ

テイクアウト・デリバリーの容器選びって?ポイントやメニュー別の選び方も解説

新型コロナウイルスの影響により新たにテイクアウトやデリバリーサービスを開始した飲食店が増えています。しかし飲食店オーナーにとっては、デリバリーやテイクアウトを導入するにあたり、頭を抱える問題も出てくるなか、とくに「容器選び」について悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、これからテイクアウトやデリバリーを開始する店舗オーナーへ向けて、失敗しない容器選びのポイントやメニュー別の容器選びのポイントなどを解説します。

≫緊急事態宣言の再発令!宣言解除目安は東京1日500人?飲食店が今すべきこととは
 

テイクアウト・デリバリーの容器選びの4つのポイント

さっそくテイクアウト・デリバリーを導入する際に、注意したい容器選びの4つのポイントについてみていきましょう。

ポイント①必要な備品の種類と特性を理解しておく

テイクアウト・デリバリーの導入にあたり、必要な備品の整理をしておく必要があります。テイクアウトやデリバリーによっても用意すべき容器は異なるため、必要な備品の種類と特性を理解しておくことが大切です。たとえば、デリバリーであれば、自転車で配達してもこぼれにくく、振動や揺れに影響を受けにくい容器を選ぶといいでしょうし、テイクアウトであれば、温め直しを想定し、電子レンジ対応の容器を選択するのがおススメとなります。

それと同時に、商品によっても用意する容器は異なります。とくにカレーやスープ、汁もの
など流動性の高い商品を扱う場合は、他のものと混ざらないよう別容器に準備するように工夫しましょう。お客様が実際に料理を注文して食べる瞬間を意識することで満足度の高いサービスを提供できるでしょう。

また容器とあわせて忘れてはいけない備品がお箸やスプーン、フォークなどのカトラリー類やおしぼりなどを入れる袋です。とくにコロナ禍により衛生対策への意識が強まっているため、個包装に完封されたものを選んだり、除菌効果の高いおしぼりを選択するといいでしょう。

ポイント②客層に併せた容器選びを行おう

テイクアウトやデリバリーを始める際は、客層に合わせた容器を選ぶことも大切な重要なポイントです。たとえば、普段のイートインの来店客の層が流行に敏感な女性が多いようであれば、容器は無機質なものにせず、見栄えのするクラフト素材の容器を選択するといいでしょう。イートインとのギャップにより、満足度が下がらないようメニューや盛り付け以外にも包装を工夫する必要があるでしょう。

一方、客層に偏りがない場合は、柔軟な容器選びが可能となります。その際には、他店との差別化ができるような容器選びを行うといいでしょう。

 

ポイント③容器コストは商品原価の5%までに抑えよう

テイクアウトやデリバリーの容器を選ぶ際に注意したいのが容器コストについてです。一般的な容器コストは、店内での飲食に付帯しないコストなので、商品原価の5%までに抑えるのがよいと言われています。
これから先、コロナの収束に伴いイートインの来店数も戻る可能性を見込んだ場合、イートインとの収益バランスは意識しておく必要があります。テイクアウトやデリバリーを始める際は、このような容器の価格もしっかり考えるようにしましょう。

ポイント④容器の購入は、小ロットからはじめよう

容器選びを行う際は、容器の購入数にも注意しましょう。初回から容器切れを不安に思い、大量発注してしまうと、実際に使ってみたときに意図した利用が難しい場合があったり、容器がかさばることで店内スペースを取りすぎて邪魔になることもあります。はじめは、小ロットから注文し、改善すべき点などがあれば次回の発注の際に反映していくのがおススメといえるでしょう。


≫ウーバーイーツ(UberEATS)の仕組み】メリットや料金は?エリア範囲の情報も更新中!

≫Eatsパスは定額制で配送料無料に!利用者側のメリット・デメリットは

メニュー別|テイクアウト・デリバリーの容器選び方


テイクアウトやデリバリーに使う容器は、メニューによっても異なります。ここでは、メニューごとに適した容器の種類や選ぶポイントをご紹介します。

 

■お弁当の場合

・本体の深さと仕切りの数
・電子レンジにかけることができるか
・中身が引き立つ色かどうか

 

■カレーライスの場合

・ごはんとルーを分ける仕切りがあるか
・汁漏れ対策がされているか
・電子レンジ対応可能かどうか

 

■どんぶり・重の場合

・中皿つきの容器がおススメ
・電子レンジ対応可能かどうか
・中身が引き立つ色かどうか

 

■ピザの場合


・耐油性のある紙製がおススメ
・提供するピザのインチ数から最適なサイズのものを選択する
・ハーフサイズの場合は、専用容器を選択する

■サンドウィッチの場合

・フードパックを選ぶ場合は、嵌合性(かんごうせい)をチェック

 

■麺の場合

・汁を麺の上からかけるタイプは、どんぶり形状の一体型でも可能
・ざるそばやつけ麺は、タレ容器が別のものが良い

≫緊急事態宣言でデリバリー導入のすすめ!主要サービス最新の動き

まとめ


今回は、これからテイクアウトやデリバリーを始める飲食店オーナーへ向けて、失敗しない容器選びのポイントやメニュー別の容器選びのポイントなどを解説しました。コロナ禍の今、イートイン以外にもテイクアウトやデリバリーの導入により売上を立てていく必要がある飲食店では、プラスアルファの対策も必須となるでしょう。
テイクアウトやデリバリーの容器が適したものであれば、イートインと変わらないほどのクオリティの料理をお客様へお届けすることができます。そうすることでお客様の満足度も上がり、リピート率向上も狙えます。これからテイクアウトやデリバリーを始める方は、ぜひ今回の記事を参考に容器選びを行ってみてはいかがでしょうか。
 

【デリバリーの窓口】人気の出前館、Uberなどを比較紹介!Web相談も可能!

【デリバリーの窓口】人気の出前館、Uberなどを比較紹介!Web相談も可能!

【デリバリーの窓口】人気の出前館、Uberなどを比較紹介!Web相談も可能!

記事を読む
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

自動音声翻訳機といえばポケトーク!?音声翻訳機選びのポイントを徹底解説

ポケット自動音声翻訳機のCMでお笑い芸人の明石家さんまさんがPRしている「ポケトーク」。一方、同じくタレント・芸人の出川哲朗さんがCMに出ている「イートーク」。早くからCMを行っているポケトークの認知度が高く、ポケット翻訳機といえばポケトークをイメージする方が多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に機能を比較した場合希望の条件によってはポケトーク以外の自動音声翻訳機がおすすめなことも。自動音声翻訳機選びで後悔・失敗したくない方は必見。選び方のポイントや注意点を徹底解説!購入前にぜひ確認してくださいね。また、お得に購入するヒントも解説!

インバウンド 飲食店 居酒屋・バー
2019.10.19
コラム

居酒屋起業!開業資金や準備で抑えたいポイントを解説

飲食店で働いていて独立を考えている、自分の店舗を持ちたいなどの理由から、飲食店の起業を検討している方は多いでしょう。中でも人気なのが「居酒屋」です。せっかく起業するのであれば、黒字経営は実現したいもの。本記事では、居酒屋の起業までに抑えておきたい手順について解説。黒字化経営を成功させるヒントもお伝えしますので、参考にしてみてください。

居酒屋・バー インバウンド 店舗経営
2020.09.17
コラム

飲食店のサブスクリプション導入とは?事例やメリットを紹介

月額定額制の使い放題サービスである「サブスクリプション」の飲食店への導入が進んでいます。リピーターの獲得や新規顧客の開拓などにも効果を発揮するサブスクリプションサービスですが、今回はそのメリットや飲食店における導入事例などを中心に解説を進めていきます。

飲食店 インバウンド 店舗経営
2020.10.14
コラム

飲食店の救世主!ゴーストレストランの事例や成功させる秘訣とは?

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、イートインや夜だけの営業では、売上が見込めない店舗などは、ランチ営業を始めたりテイクアウトやデリバリー販売を始めたという方も多いのではないでしょうか。今回は、飲食店の救世主となるゴーストレストランの魅力について解説するとともに、すでにゴーストレストランとして出店した店舗の事例なども併せてご紹介します。

飲食店 売上改善・売上アップ 店舗経営
2021.03.17
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Y.Korematsu

ライター歴3年。通信・電力関連商材のアポインター・外勤営業経験後、ライター職に。POSレジ導入、SNS集客、コスト削減など、店舗サポート記事を多岐にわたり執筆。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。