【2023年最新版】クラウド会計ソフトを徹底比較!おすすめの経理システムをランキング形式で紹介!

「クラウド会計ソフトは種類が多くてどれがいいかわからない」
「インボイスの導入など自社に合った会計ソフトを導入したい」


クラウド会計ソフトは、日々の記帳や仕訳などの会計業務を効率化することができるため、多くの企業や個人事業主が利用しています。

しかし、クラウド会計ソフトには多くの種類が存在しているため、選び方の基準に迷ってしまう方も少なくないでしょう。

本記事では、クラウド会計ソフト7選を機能や料金で徹底比較することに加えて、サービスの選び方などについても徹底解説していきます。

この記事を読むだけで、あなたに合ったクラウド会計ソフトや比較するコツがわかるため、自社に合うサービス選びに役立ててください。

▶︎人気記事:【2023年最新版】会計ソフトおすすめ10選を徹底比較!

▶︎人気記事:【2023年最新版】freeeとマネーフォワードの違いを徹底比較!

クラウド会計ソフトとは

クラウド会計ソフトとは

クラウド会計ソフトとは、仕訳や決算書作成などの経理作業をインターネットを利用したクラウド上で操作、管理ができるサービスです。

自宅やカフェなど、ネット環境があればいつでもどこでも会計業務が可能となるため、業務効率向上やテレワーク促進にも効果が見込めます。

また、従来の会計ソフトよりも操作が簡単で、導入費用が安いというメリットもあるサービスです。

▶︎シェアNO1/自動入力の会計ソフトが最大2年間無料

会計ソフトは2種類ある

クラウド型とインストール型の比較表

  クラウド型 インストール型
主な機能 オンラインで会計の管理や処理が可能 オフラインで会計の管理や処理が可能
主な特徴 場所や端末に関係なく利用が可能 専門的な処理や複雑な計算が可能
主な用途 個人事業主
フリーランス
中小企業
大手法人企業
初期費用
安い

高い
インストール
不要

必要
インターネット
必要

不要
ランニングコスト
高い

安い
アップデート
不要

必要
利用台数
複数の端末から利用可能

特定の端末のみ利用可能
使い勝手
簡単なものが多い

複雑なものが多い

クラウド型の会計ソフトの特徴

クラウド型の会計ソフトとは、サービスの提供会社へ毎月の利用料金を支払うことで、インターネットのサーバー(クラウド)で動作する会計ソフトのことです。

端末ごとのインストールが不要なため、スマホやタブレットなどにも対応しており、インターネット環境さえあれば、いつでもどこでもサービスを利用することができます。

▶︎シェアNO1/クラウド会計ソフトが最大2年間無料

インストール型の会計ソフトの特徴

インストール型の会計ソフトとは、ショップや量販店などで販売されているソフト本体を購入し、端末ごとにインストールして動作する会計ソフトのことです。

初期費用が高いぶん、毎月の利用料金などは基本発生しないため、今後も長く利用するようであれば、インストール型よりもコストパフォーマンスが高くなることがあります。

▶︎AMAZON監修:インストール型の会計ソフト売れ筋ランキング

結論:クラウド会計ソフトは3社だけ見ればOK

結論:クラウド会計ソフトは3社だけ見ればOK

クラウド会計ソフトのシェア率

出典:株式会社MM研究所 「クラウド会計ソフトの利用状況調査(2022年4月末)」

クラウド会計ソフトは、弥生・freee・マネーフォアードの大手3社がサービスシェアの大部分を占めています。

上記の3社は、法人向けだけでなく個人事業主向けにもプランを展開しており、無料で使えるプランもあるため人気を集めています。

機能や料金、サービス体制まで充実しているため、大手サービスから選べば失敗することなく導入できるでしょう。

▶︎シェアNO1/弥生オンラインが最大2年間無料

クラウド会計ソフトの市場規模

クラウド会計ソフトの市場規模は年々上昇しており、既存のインストール型会計ソフトから乗り換える企業も多いことが予想されます。

株式会社MM総研の調査によると、クラウド会計ソフトの利用率は2021年から2022年にかけて3%以上も上昇しており、一方のインストール型会計ソフトは減少傾向にあります。

会計ソフトに占めるクラウド会計ソフトの割合は年々上昇しているため、今後も市場規模が拡大していくといえます。

クラウド会計ソフトの価格比較表

  月額料金 初期費用 法人向けプラン 個人事業主向けプラン 無料お試し 無料プラン
弥生会計 オンライン  2,383円~
(年額のみ)
無料 最大2年間
やよいの青色申告オンライン 807円~
(年額のみ)
無料 1年間
MFクラウド会計 2,980円~
(年35,760円)
無料 ・パーソナルミニ
・パーソナル
30日間
freee 1,980円~
(年23,760円)
無料 ・ミニマム 30日間
PCAクラウド会計 24,750円~ 無料 × 90日間 ×
勘定奉行クラウド 6,000円~ 55,000円 × 30日間 ×
ジョブカン会計 2,500円~ 無料 ・スタートアップ 30日間 ×
フリーウェイ経理Pro 1,980円~ 要問合せ × -

▶︎人気記事:【2023年最新版】会計ソフトおすすめ10選を徹底比較!

▶︎人気記事:【2023年最新版】freeeとマネーフォワードの違いを徹底比較!

クラウド会計ソフトの機能比較表

  各種帳簿作成 各種
仕訳入力
明細の
自動取得
レポート集計 決算申告 電子申告
弥生会計
やよいの青色申告オンライン
MFクラウド会計
freee
PCAクラウド会計
勘定奉行クラウド
ジョブカン会計
フリーウェイ経理Pro

▶︎人気記事:【2023年最新版】会計ソフトおすすめ10選を徹底比較!

▶︎人気記事:【2023年最新版】freeeとマネーフォワードの違いを徹底比較!

クラウド会計ソフトの人気おすすめランキング7選

1.弥生会計 オンライン

弥生オンライン

運営会社 弥生株式会社
プラン名 セルフプラン ベーシックプラン
月額料金(税込) - -
年額料金(税込) 28,600円 38,720円
無料体験期間 30日間
無料プラン あり


弥生会計オンラインは、弥生株式会社が運営するクラウド会計ソフトです。マネーフォワードとfreeeと並んで、業界では三大クラウド会計ソフトとも呼ばれています。

法人向けの弥生会計オンラインは、 起業開業したての法人におすすめの会計ソフト です。経理業務の知識がなくても、決算書までかんたんに作成できます。また、すべてのプランが 起業から2年以内の方は2年間無料、2年以上でも1年間無料のキャンペーンを実施 しており、競合他社と比較しても料金メリットの大きなサービスです。

公式サイトはこちら

2.やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンラインとは?

やよいの青色申告オンラインは、弥生株式会社が運営するクラウド会計ソフトです。freee会計とマネーフォワードと並んで、業界では三大クラウド会計ソフトとも呼ばれています。

やよいの青色申告オンラインのメリット

やよいの青色申告オンラインは、初心者でも使いやすい画面と機能で、 簿記知識がなくても青色申告に必要な書類を簡単に作成 して、e-Taxまで行えます。
また、初年度無償キャンペーンを実施しており、 青色申告に必要な機能を1年間無料で利用することができる ため、競合他社と比較しても料金メリットの大きなサービスです。

白色申告をする場合は、やよいの白色申告オンラインを利用すれば、ずっと無料で白色申告に必要な機能を使うことができます。

やよいの青色申告オンラインのデメリット

やよいの青色申告オンラインのセルフプランは、初年度無償である一方で、運営による電話やメール・チャットのサポートが受けられないため、公式ホームページにあるサポート情報等を自身で確認するなどの対応が必要になります。

電話などのサポートを受けたい場合は、初年度半額のベーシックプラン以上の導入がおすすめです。

やよいの青色申告オンラインの詳細はコチラ
詳細を確認する

3.MFクラウド会計

マネーフォワードクラウド

運営会社 株式会社マネーフォワード
プラン名 パーソナルミニ パーソナル パーソナルプラス
月額料金(税込) 1,078円 1,408円 39,336円
(年間プランのみ)
年額料金(税込) 10,560円 12,936円
無料体験期間 30日間
無料プラン あり


マネーフォワードクラウドは、株式会社マネーフォワードが運営するクラウド会計ソフトです。安価な料金プランと豊富な機能から、業界シェア第2位の実績を誇っています。

マネーフォワードクラウドは、基本的な会計業務に加えて、給与計算や勤怠管理をはじめとするバックオフィス機能についても、追加料金なしで利用することが可能です。

また、年末調整や社会保険、マイナンバーカードの管理機能なども、最大5人までは無料で利用することができるため、従業員を雇用している法人企業などにもおすすめです。

▶︎ 関連記事:【2022年版】freeeとマネーフォワードの違いを徹底比較!メリット・デメリットを解説!
公式サイトはこちら

4.freee

freee会計

運営会社 freee株式会社
プラン名 スターター スタンダード プレミアム
月額料金(税込) 1,298円 2,618円 43,780円
(年間プランのみ)
年額料金(税込) 12,936円 26,136円
無料体験期間 30日間
無料プラン あり


freee会計は、freee株式会社が運営するクラウド会計ソフトです。利用事業者数は約100万社を突破しており、クラウド会計ソフトの中でも、対応金融サービスNo.1の会計ソフトです。

freee会計は、専門用語が少ないうえ、操作画面もわかりやすく設計されているため、簿記や会計の知識がない初心者であっても簡単に操作することが可能です。

また、損益分析などのレポート機能にも優れており、基本的な会計業務に加えて、キャッシュフローの確認や損益状況の把握など、さまざまな用途に活用することができます。

▶︎ 関連記事:freee(会計フリー)とは?メリット・デメリットや選ぶ際のコツまで大公開!
公式サイトはこちら

5.PCAクラウド会計

PCAクラウド会計

運営会社 PCAクラウド会計
月額料金(税込) 24,750円
年額料金(税込) 288,200円
無料体験期間 90日間
無料プラン なし


PCAクラウド会計は、ピー・シー・エー株式会社が運営するクラウド会計ソフトです。

日々の記帳作業から決算書の作成が簡単に行える他、自動仕訳などの便利機能を多く搭載しています。

また、電話やメールで手厚いサポートが受けられるため、初めての会計ソフト選びでも安心です。

5.勘定奉行クラウド

勘定奉行クラウド

運営会社 勘定奉行クラウド
プラン名 iEシステム iJシステム iAシステム iBシステム iSシステム
月額料金(税込) 6,000円 10,000円 17,000円 20,250円 24,000円
年額料金(税込) 72,000円 120,000円 204,000円 243,000円 288,000円
無料体験期間 30日間
無料プラン なし


勘定奉行クラウドは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが提供するクラウド会計ソフトです。

自動仕訳などの便利な機能に加え、データ連携で経理にかかる工数を削減できるのが特徴です。

また、専門家ライセンス機能で顧問税理士との連携が簡単に行えるため、企業の経理負担を削減をサポートできます。

6.ジョブカン会計

ジョブカン会計

運営会社 ジョブカン会計
プラン名 スタートアップ ビジネス エンタープライズ
月額料金(税込) 2,500円 5,000円 50,000円
年額料金(税込) -
無料体験期間 30日間
無料プラン なし


ジョブカン会計は、株式会社DONUTSが運営するクラウド会計ソフトです。インストール数15万件を超える豊富な導入実績もあります。

ジョブカン会計は、勤怠管理など他のジョブカンシリーズとの連携や経理作業に役立つ機能が多いのが特徴です。

また、外部サービスとの連携先が豊富で法改正にも無料でアップデートしてくれるため、利用しやすい会計ソフトといえます。

7.フリーウェイ経理Pro

フリーウェイ経理Pro

運営会社 フリーウェイ経理Pro
プラン名 -
月額料金(税込) 1,980円
(追加ID一つにつき+1,000円)
年額料金(税込) -
無料体験期間 -
無料プラン なし
 

フリーウェイ経理Proは、株式会社フリーウェイジャパンが提供するクラウド会計ソフトです。

多くの税理士事務所で採用されている高機能かつ快適な操作性が特徴です。

無料で使えるクラウド会計ソフトおすすめ3選

無料で使えるクラウド会計ソフトおすすめ3選

1:弥生会計 オンライン

「弥生会計 オンライン」は、無料体験プランから有償プランに移行しなかったり、有償プランの契約を更新しないと自動的に無料プランへ移行します。

無料プランでは、会計ソフトへのログインができなくなるため利用できませんが、同社の「白色申告オンライン」であればフリープランがあります。

なお弥生会計は、2年以内に起業した方は2年間、起業から2年を超えていても1年間無料ですべての機能を無料で利用できるキャンペーンも行っているためチェックしておきましょう。

▶︎シェアNO1/自動入力の会計ソフトが最大2年間無料
公式サイトはこちら

2:MFクラウド会計

「MFクラウド会計」は、有料のプランを利用しなくても幅広い機能を利用することができます。

ただし、無料プランであると機能や仕訳できる件数に制限があるため注意が必要です。

無料プランから有料プランへの移行もできるため、自社の課題に合わせたプランを選びましょう。
公式サイトはこちら

3:freee

「freee」は、お試しプランの利用期間が過ぎたり、有料プランを解約したりすると無料プランに移行します。

無料プランであるとサポートが受けられなくなったり、請求書データなどの保存期間が直近1か月になるなど、機能が制限されます。

詳しい内容や機能の制限は、freee公式ヘルプセンターから確認いただけます。

公式サイトはこちら

クラウド会計ソフトのメリット

クラウド会計ソフトのメリット

簿記の知識が無くても会計業務がしやすい

クラウド会計ソフトは、会計や簿記の知識がない初心者でも使いやすいよう、UIUX(操作画面)がシンプルに設計されているサービスも数多くあります。

なかには、専門知識が一切不要で、選択肢を選んでいくだけで確定申告が完了するサービスなどもあるため、簿記や会計の知識に自身のない場合にもおすすめです。

データ連携で経理作業を効率化できる

クラウド会計ソフトは、クレジットカードやインターネットバンキングとデータ連携をすることで、自動で仕訳を行い経理負担を軽減することができます。

手作業によるミスや抜け漏れも起きないため正確かつ効率的に作業を行うことができます。

多様なデバイスやOSに対応している

クラウド会計ソフトは、Googleなどのブラウザから動作するシステムなため、インターネット環境があれば様々な端末で利用可能です。

インストールの必要がないため、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットなどのデジタル端末から利用できることなども、大きなメリットの一つです。

インターネット環境があればいつでもどこでも作業できる

クラウド会計ソフトは、インターネット環境があればカフェや公園など、オフィス以外でも自由に作業ができます。

時間帯や場所に縛られず、いつでもどこでも作業ができるため、効率的な経理業務をサポートします。

システムが自動更新されるためメンテナンスが不要

クラウド会計ソフトは、インターネットに接続しておくことで自動的にアップデートが行えるため、システムのメンテナンスが不要です。

また、法改正のたびに新しい会計ソフトを導入しなくても自動で対応してくれるため、会計ソフトの利用コスト削減にも貢献します。

複数人での利用が可能

クラウド会計ソフトは、1つの契約で複数の端末からログインすることもできるため、複数人での運用も可能です。

端末の買い替えたり事業規模の拡張などであっても、ソフト本体を買い直す必要がなく低コストで柔軟に対応できます。

▶︎シェアNO1/クラウド会計ソフトが最大2年間無料

▶︎人気記事:【2023年最新版】会計ソフトおすすめ10選を徹底比較!

▶︎人気記事:【2023年最新版】freeeとマネーフォワードの違いを徹底比較!

クラウド会計ソフトのデメリット

クラウド会計ソフトのデメリット

インターネット環境の整備が必要

クラウド会計ソフトは、インターネットへの接続が必須となるため、ネット環境が無い場合は導入や整備が必要になります。

また、インターネットの速度や安定性など通信環境によっては、動作に影響がでる可能性もあるため注意が必要です。

ランニングコストがかかる

クラウド会計ソフトは、システムの利用や維持にランニングコストがかかります。

料金は、事業規模や利用する機能やプランによって変動するため、あらかじめ見積もりなどで確認しておくようにしましょう。

従来の会計ソフトに慣れていると操作がしづらい

クラウド会計ソフトは、簿記の知識がなくても簡単に操作できるように設計されているため、従来の会計ソフトに慣れている方だと操作がしづらい可能性があります。

クラウド会計ソフトの操作感に慣れるまでは、経理作業に時間がかかってしまうため注意しておきましょう。

セキュリティリスクが高まる

クラウド会計ソフトは、インターネットを利用したサービスのため、企業の会計情報などが流出するリスクが高まります。

また、クラウド会計ソフトにログインするためのパスワードなどを紛失してしまうリスクもあるため、情報管理を徹底しておきましょう。

▶︎シェアNO1/クラウド会計ソフトが最大2年間無料

クラウド会計ソフトの選び方

クラウド会計ソフトの選び方

必要な機能があるか

クラウド会計ソフトを選ぶ際は、必要としている機能が備わっているサービスを選ぶようにしましょう。

会計ソフトの種類や選ぶプランよっては、必要としている機能が無い場合もあるため注意しておきましょう。

導入目的に合っているか

クラウド会計ソフトを選ぶ際は、あらかじめ導入目的を明確にしておき、目的に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

サービスや選ぶプランによって会計機能が異なるため、自社の課題を解決できるクラウド会計ソフトを導入しましょう。

使いやすいシステムか

クラウド会計ソフトを選ぶうえでは、使用者本人に簿記や会計の知識があるかや、会計の実務経験があるかなど、ソフトの使用者本人の経験値が大きく関係します。

知識に乏しい初心者や未経験者の場合、会計ソフト特有の操作に慣れるまでには相応の時間がかかるため、専門用語が少なく扱いやすいソフトを選びましょう。

サポート体制が充実しているか

クラウド会計ソフトを選ぶ際は、システムの使い方や疑問点をすぐに解決できるようにサポート体制が整っているサービスを選びましょう。

万が一トラブルが起きても、電話やチャットで対応してくれるサービスもあるためあらかじめ確認しておきましょう。

拡張性があるか

クラウド会計ソフトを選ぶ際は、事業規模に合わせて機能を拡張できるサービスを選びましょう。

クラウド会計ソフトは、複数のプランを展開しているサービスも多いため、低コストのプランから始め徐々に拡張していくのがおすすめです。

導入コストに見合う効果があるか

クラウド会計ソフトを選ぶ際は、導入することで業務効率改善や人件費の削減など、利用コストに見合う効果があるか検討しましょう。

クラウド会計ソフトは毎月ランニングコストが発生するため、あらかじめどの程度効果が見込めるか確認しておきましょう。

▶︎シェアNO1/クラウド会計ソフトが最大2年間無料

▶︎人気記事:【2023年最新版】会計ソフトおすすめ10選を徹底比較!

▶︎人気記事:【2023年最新版】freeeとマネーフォワードの違いを徹底比較!

クラウド会計ソフトに税理士は必要?

クラウド会計ソフトに税理士は必要?

税理士がいるメリットとデメリット

税理士に経理作業を依頼すると、プロによる正確な納税ができることや、困ったときに相談できるなどのメリットがあります。

一方で、依頼する内容に応じて税理士費用が発生する、税理士とのコミュニケーションが必要などのデメリットもあります。

クラウド会計ソフトのできることとできないこと

クラウド会計ソフトは、簿記や申告書の作成、確定申告などが経理の知識があまりない方でも効率的に行えます。

一方で、納税義務の有無や各種届出の要否は、自身で判断しなければならないため、さまざまなことを調べなければならないデメリットもあります。

クラウド会計ソフトがあっても税理士は必要な場合がある

クラウド会計ソフトは、記帳や仕訳、各種書類の作成などの作業を効率的にサポートできます。

しかし、企業規模が大きいと作業する内容が膨大になることに加え、納税義務や節税の相談は税理士にしかできない分野でもあります。

個人事業主やフリーランスの方であれば税理士を雇うメリットは少ないですが、中小規模以上の企業であれば依頼しておくのがよいでしょう。

まとめ:クラウド会計ソフトなら弥生会計オンライン!

今回は、クラウド会計ソフトを機能や料金から徹底比較し、メリットやデメリットをまとめてきました。

クラウド会計ソフトは、多くのサービスやプランが展開されているため、目的に合ったシステムを選ぶのが大切です。

クラウド会計で迷ったらシェアNO1の弥生会計一択!
最大2年間無料
▶︎人気記事:【2023年最新版】会計ソフトおすすめ10選を徹底比較!

▶︎人気記事:【2023年最新版】freeeとマネーフォワードの違いを徹底比較!



 

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!