【クラウドフォン導入事例】神奈川:船橋整体院・鴨居店様

神奈川県横浜市の整体院、船橋整体院・鴨居店の船橋院長は、一人で3院の整体院を切り盛りされています。船橋院長は都内にも整体施設があるため、常に移動が伴う運営をしていました。 横浜の本院には固定電話が設置されており、公式サイトにも番号を掲載しています。しかし外出時には、固定電話からの電話に出ることができず、電話対応が十分とはいえませんでした。また船橋院長個人の携帯はあるものの、番号は常連のお客様しか知らないため、新規のお客様を獲得できない点も課題でした。 電話業務を効率化させたいと考えた船橋さんが、インターネットを利用したIP電話「クラウドフォン」の導入を決めたのは、外出先でも固定電話の番号が受発信できることで、お客様の予約を逃さないことが狙いでした。今回はクラウドフォン導入の背景について、船橋整体院を営む船橋院長にお話を伺いました。 電話業務を効率化させたいと考えている方は、今回の導入インタビューを参考にしてみてください。

一人で運営する整体院

器械体操やダンサーの経験から学んだ事

Wiz:早速お伺いしたいのですが、船橋院長は整体の道に進まれる前はどんなことをされていたのでしょうか?

船橋院長:私は中学と高校では器械体操、大学進学後はダンスに夢中でした。器械体操はインターハイに出場するレベルでしたし、ダンスではアーティストのバックダンサーとしてステージに上がったり、著名なダンス教室でインストラクターを務めていました。

Wiz:長年、体全体の筋肉を使う運動をされてきたのですね。ダンサーから整体師というと方向性が異なるように思いますが、整体師を志したきっかけはあったのでしょうか?

船橋院長:ダンサーとして活動しているときに、今まで身体を酷使してきたことが原因で、身体に不調が続いてしまいました。その時に整体に通院することで身体の状態を改善することができたのです。通院をきっかけに身体のメンテナンスの大切さを知り、整体師への転身を決意しました。   

10年の修行を経て独立開業

Wiz:整体師への転身は、かなり大変だったのではないでしょうか?

船橋院長:はい。まずは器械体操やダンサーとしての活動によって、骨格がずれてしまうことが体へ不調を招くのではないか?と思い、その不調を改善する方法を学ぶことにしました。整体・トレーナーの道へと進み、お世話になった整体院で10年間修行しました。その後、独立して開業しました。

Wiz:船橋院長が学ばれた整体は、具体的にどんなものなのでしょうか?

船橋院長:カイロプラクティックやオステオパシー、姿勢保健均整術と呼ばれる整体術を中心に学びました。カイロプラクティックとは、骨格のゆがみを手技によって調整することで神経の働きを回復するヘルスケアのことです。オステオパシーも手技で循環を向上させようとするアメリカ生まれの医療ですね。ちなみに姿勢保健均整術は、身体に無理のかからない療法で正しい姿勢に戻し、各関節の正常の位置を健康な状態に保つことを目的とした療法です。

Wiz:整体といってもさまざまな施術方法があるのですね。

船橋院長:カイロプラクティックやオステオパシーなどの技術を身に付け、トレーニングやストレッチと合わせて、お一人お一人に合わせた最善の療法を提供できるようになるため、修行に10年が必要でした。そして2016年に新宿区で晴れて独立開業し、その後、横浜へ移転しました。

困っている方の所に出向く運営

施術の拠点は3箇所

Wiz:院長は横浜の本院の他に、2つの拠点の計3院で施術をされているとお伺いしました。

船橋院長:ダンスをやっていた関係もあって、都内のバレエスタジオ2店舗でも施術しています。予約を調整しながら、一人でも多くの方の不調を改善したいと思い、本院含めて3店舗で施術しています。

予約受付けの体制整備が必要

Wiz:院長自ら出張施術されるということは、予約を受けるなどの固定電話の対応は難しいのではないでしょうか?

船橋院長:そうなんです。外出が多いことから、予約を受けられるのは私個人の携帯番号をご存知の方に限られていました。固定電話の番号はホームページに記載されているものの、外出時には対応できないため、折り返しで対応していました。しかし折り返すと今度はお客様が出られないことがあり、ご不便とご迷惑をおかけしていることに申し訳なく思っていました。

公式サイトや固定電話との連携

ビジネスには固定電話が必要

Wiz:船橋整体院の公式サイトには、固定電話の番号が掲載されています。携帯番号の掲載に切り替えることはお考えにならなかったのですか?

船橋院長:安心感と信頼を得るために、固定電話の番号は必要だと思っています。年配の方が安心してお電話されるのは固定電話ですし、個人の携帯では遠慮して電話しにくいと言うお客様もいらっしゃいました。
   

クラウドフォンのお陰で出張中にも予約受付が可能になった

Wiz:固定電話で安心と信頼を集めながら、出張施術中の電話にも対応したいと考えられていたのですね。

船橋院長:そうですね。そこでクラウドフォンを導入することにしました。導入前にはインターネットで他社のクラウドPBXサービスもかなり調べましたね。固定電話を活かしつつ、速やかに導入できて、料金的にも納得が行くのはクラウドフォンでした。

クラウドフォンがもたらしてくれたもの

ビジネスとプライベートの切り分けが明確に!

Wiz:クラウドフォンの導入は、スマホで固定電話を受発信できる以外にメリットはありましたか?

船橋院長:クラウドフォンにしてから気付いたのですが、個人の携帯電話にかかって来る電話が減りました。思わぬ副産物でしたが、ビジネスとプライベートを切り分けすることができるようになりましたね。
    

Wizに期待するもの

Wiz:最後になりますが、今後Wizに期待される事はありますか?

船橋院長:コロナ禍によって集客の面で当院も影響を受けました。今後はリカバリー施策として、オンライン施術などに挑戦する予定です。その時にはPR戦略などで是非相談に乗っていただきたいですね。

まとめ

今回はクラウドフォンの導入事例についてご紹介しました。船橋整体院では、クラウドフォンを使うことで、固定電話を携帯電話でも使えるようになりました。出張中でも予約客を逃すことがなくなり電話業務の改善につながっています。

またクラウドフォンは、ビジネスとプライベートを分けるのにも効果的です。一人に仕事を回している個人事業主の方や、外回りの多い方にとってもクラウドフォンは有効でしょう。

ぜひスマホを内線化したいと考えてる方や、クラウドPBXの導入に迷われている方は、今回の導入事例を読んでクラウドフォンを導入してみてはいかがでしょうか。
 

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!

関連タグ