工場や企業ですぐに実践できるおすすめのコスト削減方法とは?

工場を正常に稼働させていく上で、水道やガス、さらにはインターネットや社用携帯など、インフラにかかるコストは決して馬鹿になりません。しかしながら「なかなかコストダウンできない」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、工場や製造業がすぐに実践できるコストダウンの方法について、光熱費や通信費、交通費などの削減方法を中心に詳しく解説します。

 

工場や企業で取り組めるコスト削減は何がある?


ひと口に工場で取り組めるコスト削減と言っても、どのような方法があるのか、何から試すといいのか分からない方は多いのではないでしょうか。ここでは、コストの中でも削減しやすいコストと削減しにくいコストに分けてご紹介します。

削減しやすいコストって?


工場で削減しやすいコストとして、まずは光熱費・通信費・交通費・消耗品費をご紹介します。
 

・光熱費


工場はもちろん、企業や家庭でも削減しやすいコストの一つに「光熱費」が挙げられます。企業における光熱費は、おもに電気代のことを指します。、電気代は、工夫次第で大幅に削減することもできます。とくに工場であれば電気使用量が多いため、電気代をはじめとする光熱費の削減から着手するといいでしょう。
 

・通信費


次に、通信費も削減しやすいコストでしょう。通信費とは、企業で使用しているインターネット回線や法人契約している携帯電話も含まれます。これらの通信費も、工夫次第ではコスト削減を行える余地があるといえるでしょう。
 

・交通費


企業では従業員の交通費も、削減しやすいコストです。日々の通勤費のみならず、取引先などへの移動にかかる費用や社用車のガソリン代、タクシーなどにかかる費用なども交通費に当てはまります。
 

・消耗品費


最後に削減できるコストとして消耗品費があります。消耗品費は、コピー用紙やボールペンなど日々の業務において必要だけれど消耗していく物にかかる費用のことです。この消耗日費も、従業員一人ひとりが意識をするだけでもコスト削減を行うことは十分可能です。
 

削減しにくいコストって?


続いては、工場や企業で削減しにくいコストを5つご紹介します。
 

・人件費


工場や企業では人件費を削減する手段として、給料の減額またはリストラの2つがあります。この手段を実施することで短期的に一気にコスト削減を行うことはできますが、長期的にみるとリスクの大きい手法でもあります。結果的に企業の人的資源やモチベーションダウンを招いてしまうことになるたね、長期的に見ると、削減効果を感じられず反対にマイナス効果が大きくなる恐れがあるため、最終手段として考えておいた方がいいでしょう。
 

・ 仕入れ原価


商品や材料の仕入原価は、取引先との交渉によって決定します。そのため、なかなか自社の都合でコストを削減することは難しいものが多いといえるでしょう。
 

・賃料


工場をはじめ、会社やオフィスなどの賃貸も、自社の都合だけでは削減しづらい部類にあたります。
決して不可能とはいえませんが、建物のオーナーとの取り決めや関係性も考慮する必要があるためやや難しい部類かもしれません。
 

・ 研究開発費


企業として研究開発費は、さらにより良い商品やサービスを作り出すために必要となる費用です。そのため、研究開発費用を減らしてしまうと将来的な生産性に大きなマイナスの影響を与えかねません。そのためこの部類のコストを削減するのもあまり推奨はできません。
 

・税金


企業にとって税金は必ず支払う義務の費用です。適切に「優遇税制」などを活用した節税程度であればとくに問題はありませんが、脱税になってしまえば犯罪になります。もし脱税の可能性を疑われて、税務調査が入ってしまうとしたら、社会的な信用を失ってしまいます。そのため、税金に関する対策は専門の税理士としっかり相談して行うようにしましょう。
 

工場のコスト削減におすすめのプランを紹介!


通常の家庭向けに供給されている容量と比べ、大容量の電気を必要とする工場などの大型施設が契約している高圧電力。電力が自由化された今、新電力に切り替えてお得に電気を使用することが当たり前の時代になってきました。
電力もさることながら、工場を正常に稼働させていく上で、水道やガス、さらにはインターネットや社用携帯など、インフラにかかるコストは決して馬鹿になりません。
ワイズクラウドでは、そのようなコストに関してお店や会社が抱えている課題を専任のコンサルタントが解決していきます。
ここからは、ほんの一例ですが、コスト削減のプランをいくつかご紹介していきます。
 

電力会社の見直し

法人の高圧電力/低圧電力の切り替えをサポート!

電力の自由化により法人電力の選択肢が増えてきた中、エネチェンジBizは、電気代見直しサイトNo.lとして、切り替え実績3万件以上!全国15社以上の電力会社を比較して電気料金を検討することができます。供給元である電力会社の見直し・切り替えと、省エネ機器の導入など、最近話題のデジタルトランスフォーメーションを活用して大幅なコスト削減が可能です。また、経験豊富なコンサルタントが切り替えまでサポートするので安心です。

高圧電力の見直しについて詳しく見る

 

ガス会社の見直し

新電力とのセット割でさらにお得に・便利に

2017年4月より、電力に続いてガスも自由化がスタートしています(都市ガス)。「新電力と比べるとガスはあまり情報がない」「電気は新電力に切り替えたけどガスはノータッチ」という場合は、ぜひ一度相談してみることをオススメします。

ガスの見直しについて詳しく見る

 

社用携帯の見直し

ワイズクラウドだからできる多彩なオリジナルプラン

大手家電量販店、携帯ショップでは取り扱っていない格安プランやオリジナルの事業所割引、相対割引などを取り扱っておりますので、よりお客様に合わせた提案をすることができます。



インターネット回線の見直し

 

ついに解禁!?光コラボから光コラボへの転用

以前は光コラボでプロバイダ会社を一度変更(転用)してしまうと、元に戻せなかったり、別のプロバイダ会社に乗り換えたり、ということができませんでしたが、2019年7月より光コラボから光コラボへの転用が可能となりました。

それによって、それまでは「スピードが速くなると思っていたのに遅くなった」「安くなると聞いていたのに高くなった」「もっと便利なプロバイダを見つけたのに変更できない」など、何かとトラブルになっていた部分が解消され、自由に・便利に利用しやすくなりました。

ワイズクラウドを運営しているWiz(ワイズ)は、もともと大手通信回線の販売代理店としてスタートした会社であり、インターネット回線に関する知識・ノウハウについてはかなりの蓄積があります。
「インターネット料金を少しでも安く抑えたい」と考えている方のご相談をお待ちしています。

>>おトク・便利なインターネット回線をチェックしてみる!

水道料金の見直し

おトク・便利な節水アイテムが登場!

電気やガスと同様、水道代もコスト削減できたら嬉しいですよね。最近では、節水・水道料金カットに役立つ「節水アイテム」も多く登場しており、中には95%以上の節水率を誇るものも…!
逆に言うとさまざまな節水アイテムがあるため、自分のお店や工場に導入する上でどの商品がピッタリなのか、わかりにくくもなっています。

ワイズクラウドでは、専門知識をもったコンシェルジュが、お店や工場の使い方に合わせて最適な商品をご案内しています。

>>節水コマvsエコバルブ!節水アイテム2種のメリットデメリットから徹底比較!

賃料の見直し

オーナーさんとの交渉もプロに任せて安心

工場や店舗を複数もっているお店や会社にとって、家賃の支払いは決して避けられないコストですよね。「もう少し安くなれば…」と思っていても、オーナーとの関係性を壊したくないがために言い出せない、手続きが煩雑そうだから諦めているという経営者の方々も少なくないでしょう。
しかし、最近では「自分の手を煩わせずに」家賃削減の交渉ができるサービスが登場しています。現在の家賃が果たして適正な価格なのか、安くするためにどんな交渉をしたら良いのか、どんな書類が必要なのか、など、プロがしっかりとサポート・交渉してくれます。

賃料適正化サービスを詳しく見る

まとめ

今回は、工場や製造業がすぐに実践できるコストダウンの方法について、光熱費や通信費、交通費などの削減方法を中心に詳しく解説しました。今や「当たり前のもの」として支払っている料金や、利用しているサービスなどがさらに安く・便利に使えるようになったら店舗や工場、会社運営の可能性ももっと広がるのではないでしょうか。

ワイズクラウドは、「コスト削減したいとは思っているがそんなことを考える時間がない」「色々調べているうちにわからなくなり諦めてしまった」そんな経営者の皆さまを全力でサポートいたします。
興味を持ってくださった方は、ぜひ一度お問い合わせください!お待ちしています。

関連商品

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます