UTMの仕組みとは?機能・対策の具体例も解説

UTMは、ネットワークのセキュリティを総合的に管理するための端末機器として、現在では多くの企業で導入されるようになりました。

大切な顧客情報が漏れてしまったり、取引先のデータが流出してしまったりすることのないよう、対策は入念に行わなければなりません。

今回は、主にUTMの仕組みについてスポットをあてながら、UTM製品の機能や具体的なセキュリティ対策の事例などを解説していきます。

スマートUTMの問い合わせはこちら

お問い合わせ

UTMとは

UTMとは、英語の「Unified Threat Management」を略した言葉であり、日本語では「統合脅威管理」と訳されています。

そう聞くと少し難しく考えてしまうかもしれませんが、単純に「会社のセキュリティを総合的に管理するサービス」と考えると良いでしょう。

UTMには、アンチウイルス以外にも、ファイアウォールやVPN(仮想専用線)などといったさまざまな機能が搭載されています。

多くの機能がパッケージ化されて集約しているため、オフィス全体のトータルセキュリティを実現させることができるでしょう。

UTMの仕組み

  UTM ウイルスソフト
使える機能 多い 少ない
設置場所 ネットワークの出入り口 それぞれのパソコンごと
従来からあるアンチウイルスソフトなどは、パソコン内部に侵入してきたウイルスを駆除するためには有効な方法の一つといえるでしょう。

しかし、それぞれの端末ごとに個別にインストールを行わなければならないため、管理とメンテナンスに問題を抱えていました。

UTMの場合であれば、ウイルスブロックなどの機能も含めて、ネットワークの出入り口で有害なものをブロックしてくれます。

ウイルス感染そのものを防ぐだけではなく、それぞれの端末ごとにインストールを行う必要もないため、コスト削減と業務効率化につながります。

UTMの種類

  アプライアンス型 クラウド型
機器の設置 必要 不要
導入のコスト 高い 安い
メンテナンス 必要 不要
障害への耐性 強い 弱い
UTMには、物理的な機器(アプライアンス)を必要とする「アプライアンス型」と、物理的な機器を必要とせずクラウド(インターネットのサーバー)にUTMを保存する「クラウド型」の、大きく分けて2種類の製品が存在します。

アプライアンス型のUTM

アプライアンス型のUTMは、 UTMの機能を搭載した機器をモデムやルーターの直下に接続させて利用するタイプのサービスです。

拠点が複数にまたがっている場合、それぞれの拠点ごとにアプライアンスの設置が必要となるため、端末代金などのコストが発生します。

一方、システムがダウンしてしまった場合には、その拠点のみの被害に抑えることができるため、障害などには強いタイプといえるでしょう。

クラウド型のUTM

クラウド型のUTMは、UTMの本体はクラウドに保存されているため、会社の内部に物理的なアプライアンスを設置する必要がありません。

そもそも物理的な機器を設置する必要がないため、拠点が複数にまたがっている場合などであっても、一括して利用することができます。

反面、契約しているサービスがダウンしてしまうと、全ての拠点が被害に遭ってしまうため、万が一のトラブルには弱いタイプといえます。

UTMの機能と対策の具体例

  • ファイアウォール機能
  • VPNシステム機能
  • IDS/IPS機能
  • WEBフィルタリング機能
  • アンチウイルス機能
  • アンチスパム機能

ファイアウォール機能と対策例

ファイアウォールは、ネットワークにおける「防火壁」の役割を担う機能のことで、端末内部にある大切なデータを保護することができます。

システムのIDやパスワードなどはもちろん、重要なデータを不正アクセスから保護することができるため、積極的な活用がおすすめです。

VPNシステム機能と対策例

VPNシステムは、インターネットにおける「仮想専用線」の役割を担う機能のことで、テレワークや在宅勤務の実施に効果を発揮します。

離れた場所からの稼働であっても、VPNを利用することによって、自宅のセキュリティレベルを自社のシステムに合わせることができます。

IDS/IPS機能と対策例

IDS/IPSは、第三者による不正なパケット攻撃を防止する機能のことで、サーバに対して意図的に負荷をかける攻撃から身を守ることができます。

大手の場合、不特定多数から集中的なパケット攻撃を受けるシーンもあるため、より万全なセキュリティシステムの構築につながります。

WEBフィルタリング機能と対策例

WEBフィルタリングは、特定のURLに対する閲覧制限機能のことで、危険なサイトへの内部からのアクセスを阻止することができます。

個人情報の抜き取りを目的としたフィッシングサイトなどもブロックすることができるため、情報漏洩の防止につながります。

アンチウイルス機能と対策例

アンチウイルスは、データを破壊するウイルスから内部のデータを保護する機能のことで、セキュリティソフトの根幹をなすサービスです。

アンチウイルス機能を活用することによって、インターネットの入口付近でコンピュータウイルスの侵入そのものを阻止することができます。

アンチスパム機能と対策例

アンチスパムは、毎日大量に送られてくる迷惑メールを分別する機能のことで、メール要因でのセキュリティ被害を防ぐことができます。

迷惑メールをフォルダごとに分けて分別してくれるため、重要なメールの見逃し防止や詐欺メールの被害などにも大きな効果を発揮します。

まとめ

今回は、主にUTMの仕組みについてスポットをあてながら、UTM製品の機能や具体的なセキュリティ対策の事例などを解説していきました。

さまざまなメーカーから多くの製品がリリースされるようになったUTMですが、細かな機能や特徴などは、それぞれで異なるものがあります。

強化したいセキュリティポイントや運用の目的などをしっかりと吟味しながら、自社に最適なサービスを選ぶことが重要といえるでしょう。
スマートUTMの問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連タグ

関連商品

多機能×低価格、iPadを利用したPOSレジ!

多機能×低価格、iPadを利用したPOSレジ!

多機能×低価格、iPadを利用したPOSレジ!
スマホと連携して飲食店運営を支援する新世代レジスター!

スマホと連携して飲食店運営を支援する新世代レジスター!

スマホと連携して飲食店運営を支援する新世代レジスター!
スマートロックでカギ管理を効率化

「カギカン」オフィスやレンタルスペースの 合カギを管理するスマートロックシステム

「カギカン」オフィスやレンタルスペースの 合カギを管理するスマートロックシステム
人手不足を解消できるセルフオーダーシステム!

P2C KIOSK|人手不足・経費削減に最適化されたセルフオーダーシステム|機能/特徴・料金/費用・導入事例

P2C KIOSK|人手不足・経費削減に最適化されたセルフオーダーシステム|機能/特徴・料金/費用・導入事例

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

えらべる税理士

ソフトバンクでんき

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

えらべる税理士

beepデリバリー

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます