UTMとは?テレワークが進む今だからこそ社内ネットワークのセキュリティ対策を!


働き方改革や、さまざまな外的要因から今は多くの企業でテレワークが当たり前となり、在宅環境からVPNなどを使い社内のネットワークにアクセスする機会が増えてきました。

そのため今まで以上に社内ネットワークのセキュリティ強化が今多くの企業で求められています。厚生労働省からもテレワーク助成金の中にはUTMに対する助成金や東京都に対しては通年でサイバーセキュリティ対策としての補助金などがだされています。

実際に目には見えませんが、ネットワークは常にウイルスや不正アクセスなど、さまざまな攻撃をされる危険性があります。このような攻撃からネットワークを守るには、ネット環境につながる機器をすべて管理や対策する必要性があります。このネットワークセキュリティ対策における「UTM」についてご紹介します。
スマートLP資料ダウンロードはこちら
お問い合わせ

UTMとは?

UTMとは「Unified Threat Management」の略語で、日本語では「統合脅威管理」あるいは「統合型脅威管理」と呼ばれています。最大の特徴は、セキュリティ対策をまとめて出来るということです。

UTM以外のウイルス対策の場合であると、パソコン一つ一つに対してウイルスソフトをインストールしたり、ファイアウォールで不正アクセスや不正パケットの侵入を阻止したり、Webフィルタリングで有害サイトへのアクセスなどを防ぐなど、個別で対策をとっていました。しかし「UTM」であれば、そういった機能がすべて搭載されているので、パソコンだけでなく、例えば防犯カメラやコピー機、複合機、CAT・POSレジなどのネットワークまで守れてしまいます。

UTMの必要性

とはいえ、本当にUTMって必要なの?って思う方も多いと思います。
近年はコンピューターウイルスだけではなく、自身を複製して他のシステムに拡散する「ワーム」や、無害のファイルになりすます「トロイの木馬」などのマルウェアが登場しており、コンピューターウイルス以外のものでも、ネットワークが脅威に晒される場合が多くなってきました。
さらに外部からの不正アクセスの手段も複雑になってきていて、単純なファイアウォールだけでは対応できなくなっています。
そういう状況でも、企業内にセキュリティの専任者がいれば安心なのですが、大企業ならまだしも中小企業になるとなかなかそうはいきません。
そんな中、セキュリティを一括で管理することで大幅にコストを削減できるUTMの存在は、セキュリティに対して悩む多くの企業にとって重要なものになります。

UTMの主な機能

UTMには、主に以下6つの対策機能が搭載されています。
・ファイアウォール
・アンチスパム
・アンチウイルス
・IDS/IPS
・Web(URL)フィルタリング
・アプリケーション制御機能

ただしUTMによって搭載されている機能が違うので、必ずしもご紹介する6つの機能が入っているわけではありません。他にもスパイウェアやフィッシングサイトの防御、P2Pアプリケーションの制御といった機能を持ったUTMもあります。
 

ファイアウォール

ファイアウォールとは、信頼出来るネットワークとそうでないものを判断し、不正アクセスを防ぐようなものになります。あらかじめ設定したルールに基づいて、パケットと呼ばれる情報を監視してくれます。またファイアウォールは、外部へウイルスがでないように封じることも出来ます。
パソコン自体がウイルス感染すると、メールなどでウイルスを増殖させてしまう危険性がありますので、そういったときもファイアウォールが制御してくれます。
 

アンチスパム

アンチスパムとは、主に迷惑メールを排除する機能です。
登録したブラックリストにあるIPからメールが届けば、そのメールをブロックしてくれます。フリーで利用できるメールサービスが増えてきたことから、スパムメールの被害も増えてきており、セキュリティ対策の中でもアンチスパム機能は必須になっています。
基本的に、アンチスパムはパソコン自体にインストールをして使用するものですが、インストールが出来ないパソコンがあったり、メールサーバーに負担がかかることがあるので、ネットワークに繋がる前に対策ができるUTMを取り入れている企業が多いです。
 

アンチウイルス

アンチウイルスとは、コンピューターの内部に忍び込んでいるコンピューターウイルスを検知、除去できるものです。セキュリティ機能のなかで、最も一般的なものと言えます。アンチウイルスの中には「トロイの木馬」「ワーム」「スパイウェア」など、ウイルス以外の悪意のあるソフトウェアも検知、除去できる機能を持ったものもあります。
このアンチウイルスの機能も、パソコンによってはインストール出来なかったり、ウイルス定義ファイルの更新にタイムラグが生じる場合があるので、アンチウイルス機能搭載のUTMを推奨している企業もあります。
 

IDS/IPS

IDSとは、不正親友検知システムと呼ばれており、システムやネットワークに対して不正なアクセスや不正な内部情報の持ち出しを検知できるものです。またIPSとは、不正侵入防御システムと呼ばれており、不正アクセスを未然に防ぐことができ、ファイアウォールでも防ぐことができなかった脅威も対処できるものです。
IDS/IPSを導入することで、セキュリティ対策をより強化できる機能になります。
 

Web(URL)フィルタリング

Web(URL)フィルタリングとは、業務などに関係しないインターネット上のWebサイトへのアクセスを制限してくれるものです。Webサイトの中には、閲覧しただけでスパイウェアが入ったり、機密情報を結んだりするサイトがあります。そういったWebサイトにアクセスさせないようにし、情報漏洩を防ぐことができます。
他の使い方としては、会社の内部でもそれぞれ閲覧制限をかけることができるので、部署ごとに閲覧できるサイトをわけている企業もあります。
 

アプリケーション制御機能

アプリケーション制御機能とは、業務などに関係しないものの使用を制限する機能です。
正常なアプリケーションに見せかけたウイルスや、そのようなアプリケーションに機密情報を盗む機能を持ったスパイウェアの侵入を防ぐことが出来ます。
最もよく使用されている1,800以上のアプリケーションを管理してくれるので、それ以外のソフトウェアの通信を制限したり、遮断したりしてくれます。業務に必要な情報だけをやり取りし、不正アクセスから情報漏洩のリスクを大幅に軽減することができます。

 高セキュリティ対策機能を搭載した「スマートUTM」

「UTM」の商品は、さまざまな会社で販売されています。その中の一つが、「スマートUTM」です。「スマートUTM」は、従来のUTMと同様にセキュリティ対策の機能を搭載し、高機能尚且つ低価格で利用することができます。
ここでは「スマートUTM」が他社のUTMと違う部分や、メリットを紹介したいと思います。
 

レポート機能内蔵

ウイルスがどれだけ入ってどれだけ駆除できたかなど、機器の利用状況が月に1度メールにてレポートとして届きます。
ウイルスは目に見えないものなので、こういうレポートによって見える化されることで、誰にでもわかりやすく、対策を講じやすくなります。
 

クラウドからリモート管理

「スマートUTM」では、なにか異変があった際も、遠隔でサポートしてくれます。
企業において、突然インターネットが使えなかったり、メールが送受信出来ないなどの問題であれば早急に対応が必要になります。そういうときも、nCloudによるリモート管理を使って、遠隔でUTMを操作し迅速に問題解決します。
 

拠点間VPN/L2TP VPNに対応

拠点間VPNと呼ばれる、離れた拠点のネットワーク同士をお互いに接続する機能も搭載されています。「スマートUTM」は、拠点間VPNとL2TP VPNに対応しているので、さまざまなニーズにこれ1台で対応可能です。
 

ユーザやグループ毎に権限付与

ユーザーやグループごとに権限を設定し、利用できるWebサイトやアプリケーションの制限や許可が出来る機能です。部署ごとに使用できるアプリケーションを設定したり、社員やアルバイトで制限を変えることもできます。
201

「スマートUTM」の料金・プラン

「スマートUTM」は、他社のUTMに比べて比較的低価格で利用が出来ます。
多くのUTMは、月額20,000円前後のものが一般的で、もちろんプランによってはそれ以上の場合もあります。
なお「スマートUTM」には、販売プランとレンタルプランのほか、回線とスマートUTMがセットになっている「Drive光UTMセットプラン」も用意されています。
 

販売プラン

一括 180,000円
分割 180,000円+分割手数料
(例)5年払いの場合 月額3,000円×60回+分割手数料
※最大60回払い
 

レンタルプランライト

初期費用 無料
月額 5,000円(初月無料)
契約期間 60ヶ月
違約金 60ヶ月-利用月数×2,500円(最大15万円)

Drive光UTMセット ファミリープラン

月額料金   6,480円
事務手数料 新規 800円
事務手数料 転用 1,800円
事務手数料 事業転用 3,000円
契約期間 60ヶ月
更新月 61ヶ月
違約金 30,000円

Drive光UTMセット マンションプラン

月額料金  5,480円
事務手数料 新規 800円
事務手数料 転用 1,800円
事務手数料 事業者転用 3,000
契約期間 60ヶ月
更新月 61ヶ月
違約金 30,000円

まとめ

今回はUTMの必要性や主な機能、そして「スマートUTM」について紹介してきました。
さまざまな機能を持ち、1台の機器でネットワーク全体のセキュリティ対策ができるUTM。UTMを使えば、セキュリティ環境をより良いものにすることが可能となります。

また「スマートUTM」のレンタルプランであれば、月額5,000円で導入できるため、コストパフォーマンスも良いです。社内でのセキュリティを導入を考えている方は、この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。
201

関連商品

複数の機能でネットワークの出入口を守るセキュリティ対策機器

複数の機能でネットワークの出入口を守る「おまかせサイバーみまもり」

複数の機能でネットワークの出入口を守る「おまかせサイバーみまもり」
LAN内外の脅威からすべての端末を守ります

スマートUTM|セキュリティ対策強化で脅威から守ります

スマートUTM|セキュリティ対策強化で脅威から守ります
録画機器不要!専用アプリから遠隔で映像を確認!

スマホから遠隔で映像が確認できる「クラウドカメラ」

スマホから遠隔で映像が確認できる「クラウドカメラ」

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます