ファイアウォール(Firewall)とは?機能や主要機器メーカー・製品を比較!

サイバーセキュリティやネットワークセキュリティの問題を考えるうえでは、防火壁の役割を果たす「ファイアウォール」の存在が欠かせません。

サイバー攻撃による被害が現実味を帯びている昨今、企業や法人などにおいては、セキュリティの対策は必要不可欠であるといえるでしょう。

今回は、ネットワークセキュリティにおけるファイアウォールにスポットをあてながら、機能や主要メーカー製品の比較を紹介していきます。

スマートUTMの問い合わせはこちら

お問い合わせ

ファイアウォールとは?

ファイアウォール(Firewall)とは、端的に言ってしまえば、ネットワークにおける「防火壁」の役割を担うセキュリティ機能を指すものです。

PC端末がウイルスなどに感染してしまった場合、端末本体に保存されているファイルやデータなどが改ざんや盗聴に遭ってしまうリスクがあります。

ファイアウォールは、このような第三者による悪質なネットワーク攻撃から、PC内部の大切なファイルやデータを保護する役割を担っています。

ファイアウォールは、WindowsやMacなどのOSそのものにも搭載されていますが、法人用途の場合には、より強固な対策が必要といえるでしょう。

ファイアウォールの仕組み

パケットフィルタリング

ファイアウォールを構成する仕組みの1つ目としては「パケットフィルタリング」と呼ばれるものが挙げられます。

パケットのヘッダ(パケットの状態を記録している部分)を解析することによって、通過の可否を判断する方式です。

・メリット:柔軟かつ強力な制御ができる
・デメリット:設定が難しい

アプリケーションレベルゲートウェイ

ファイアウォールを構成する仕組みの2つ目としては「アプリケーションレベルゲートウェイ」と呼ばれるものが挙げられます。

プロキシ(代替)サーバを経由した接続を行い、サービスごとに都度承認を行うことによって、メインサーバを保護する方式です。

・メリット:設定が簡単
・デメリット:柔軟かつ強力な制御ができない

ファイアウォールを選ぶときの注意点

セキュリティの強度を確認する

数々のメーカーから多くのサービスが展開されているファイアウォールですが、それぞれのサービスごとでセキュリティの強度は異なります。

価格重視で選ぶのか、セキュリティ重視で選ぶのかなど、利用用途に沿ったセキュリティ強度の決定の決定が重要といえるでしょう。

遮断したい項目を明確にする

ネットワークの脅威とは一口に言っても、ウイルスからWAFのようなアプリケーション攻撃まで、サイバー攻撃にはさまざまな種類が存在します。

どのような攻撃から身を守りたいのかによっても導入すべきサービスは異なるため、遮断したい項目はあらかじめ確認しておくようにしましょう。

サービスの提供形態を判断する

ファイアウォールには、主に買い切り型のアプライアンス型と、月額課金制のクラウド型の、大きく分けると2つの製品種類が存在します。

オフィスに物理的な端末を設置するか、クラウドサーバの内部にシステムを格納するかなど、提供スタイルの確認も事前に済ませておきましょう。

ファイアウォールとUTMの違い

UTMとは、英語の「Unified Threat Management」の略語であり、日本語では「統合脅威管理」と訳されるセキュリティサービスを指すものです。

UTMには、アンチウイルスやファイアウォール、VPN(仮想専用線)などといったさまざまなセキュリティ機能が一挙に搭載されています。

セキュリティに必要な多くの機能が集約してパッケージ化されているため、オフィス全体のトータルセキュリティを実現させることができます。

UTMは従来までのファイアウォールソフトとは異なり、ネットワークの出入り口に設置するため、端末に個別で導入する必要がありません。

そのため、ソフトウェア料金などのコスト削減と、PCそれぞれへのメンテナンス性の向上、業務効率の改善などを見込むことができるのです。

ファイアウォール・UTM製品の主要メーカー・製品比較!

スマートUTM

価格:約18万円
月額料金:月額約5,000円
通信速度:2.7 Gbps

Sophos

価格:約19万円
月額料金:月額約7,000円
通信速度:2.5 Gbps

WatchGuard

価格:約15万円
月額料金:月額約10,000円
通信速度:0.4 Gbps

Fortinet

価格:約37万円
月額料金:月額約9,500円
通信速度:3.0 Gbps

Neusoft

価格:約29万円
月額料金:月額約8,000円
通信速度:2.7 Gbps

まとめ

今回は、ネットワークセキュリティにおけるファイアウォールにスポットをあてながら、機能や主要メーカー製品の比較を紹介していきました。

とくに、IT技術の進歩によってインターネットへの接続が当たり前となった現代においては、企業のセキュリティ対策が必要不可欠となっています。

ネットワーク経由でのデータの改ざんや盗聴の被害を防ぐためにも、ファイアウォールをはじめとするセキュリティは必ず導入しておきましょう。
スマートUTMの問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連タグ

関連商品

園の業務を効率化!保育士の負担を軽減するICTシステム

シェアNo1の保育システムで業務効率化&コスト削減しませんか?

シェアNo1の保育システムで業務効率化&コスト削減しませんか?
ECサイト出店で売上アップ!

「PowerEC」ECサイトの作成・運用を代行してくれるサービス

「PowerEC」ECサイトの作成・運用を代行してくれるサービス

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

えらべる税理士

ソフトバンクでんき

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

えらべる税理士

beepデリバリー

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます