情報セキュリティ教育の必要性と手順とは?【情報システム担当者必見】

自社のサーバやコンピュータに保存された重要なデータを保護するためには「情報セキュリティ教育」の実施が重要なキーとなります。

セキュリティにおける多くの脅威が渦巻く昨今、企業における情報セキュリティ教育などは、もはや必須といっても過言ではありません。

今回は、大切な情報を守るための「情報セキュリティ教育」にスポットをあてながら、教育の必要性や方法、具体的な進め方を解説していきます。

                    

情報セキュリティ教育とは

情報セキュリティ教育とは、コンピュータやインターネットを、安心して使い続けられるようにするためのリテラシー教育を指すものです。

情報の機密性や完全性、可用性(システム障害などに強いこと)を確保することで、持続可能なシステムを構築することができます。

端末がウイルスに感染してしまったり、大切な情報が外部に漏れてしまったりといったことがないように、必要な対策を行うことが重要です。

情報セキュリティ対策の必要性

情報セキュリティ教育が疎かなまま、企業や会社の運営を続けていくことは、非常に大きなリスクをともなう行為であるといえるでしょう。

ネットワークを介したウイルス攻撃などは、別途セキュリティシステムを導入することによって、ある程度のリスクを減らすことができます。

しかし、メールやフィッシングサイトなどの「人間の脆弱性」を狙った攻撃などは、社内教育の徹底でしか、リスクの低減は難しいといえます。

情報セキュリティ対策の方法

セキュリティシステムによる対策

セキュリティ対策の1つ目の方法としては、社内における「セキュリティシステムの導入」というものが挙げられるでしょう。

顧客情報が外部へ漏れてしまったり、端末内部のデータが改ざんされてしまったりと、現代には多くのセキュリティリスクが潜んでいます。

UTMやアンチウイルスソフトなどのセキュリティシステムを導入することによって、自社のシステムを自衛することができるでしょう。

セキュリティ教育による対策

セキュリティ対策の2つ目の方法としては、従業員全体への「セキュリティ教育の実施」というものが挙げられます。

とくに、スパムメールやフィッシング詐欺などの人間の脆弱性を狙った攻撃は、セキュリティソフトの導入だけではカバーすることができません。

従業員へのセキュリティ教育によって、ネットワークリテラシーを向上させることこそが、根本的な解決策であるといえるでしょう。

情報セキュリティ教育の進め方

1.教育の目的・ゴールの設定

ただ闇雲に情報セキュリティ教育を実施したところで、望むような成果が得られる可能性は極めて低いといえるでしょう。

まずは、実施しようとしている教育そのものがどういう意図で計画されているのか、目標とするレベルを明確に定めることが重要といえます。

2.教育で習得してほしい知識・技能の決定

インターネットやWebに関する知識や理解度などは、それぞれの従業員のレベルによっても大きく異なります。

目標の設定と同様に、教育の実施によって一体どのような知識や技能が身に付いてほしいのかなども、あらかじめ定める必要があるでしょう。

3.教育対象者・受講者の選定

いきなりすべての職種に情報セキュリティ教育を施してしまうと、本来集中すべき業務の生産性を落としてしまうことにもつながりかねません。

最初のうちは機密情報にアクセスすることができる職種に対象を限定するなど、段階的な教育計画の立案が重要といえるでしょう。

4.教育実施の頻度・タイミングの決定

情報セキュリティ教育を実施する時期やタイミングについても、気を配っておきたいポイントの一つといえるでしょう。

いつからいつまでの期間で実施するのか、週および月で何時間程度のカリキュラムを想定しているのかなど、目標から逆算した計画が重要です。

5.教育実施後の効果検証・見直し

情報セキュリティに限らず、あらゆる教育的な施策の多くは、単純に実施しただけでは十分な効果を見込むことはできません。

実施した教育が受講者に浸透しているか、受講時間は適切かなども踏まえながら、施策の効果検証や見直しを行うことが重要といえるでしょう。
                    

まとめ

今回は、大切な情報を守るための「情報セキュリティ教育」についてスポットをあてながら、教育の方法や進め方などを解説していきました。

単にリテラシーを高めるだけではなく、UTMなどの各種セキュリティを導入することによって、より強固なネットワークの構築が可能です。

この記事を機会に、ぜひ一度、情報セキュリティ教育の強化と、UTMをはじめとするサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
                    

関連タグ

関連商品

録画機器不要!専用アプリから遠隔で映像を確認!

スマホから遠隔で映像が確認できる「クラウドカメラ」

スマホから遠隔で映像が確認できる「クラウドカメラ」

IVRの導入で受電の効率化を図って売上アップ!

IVRの導入で受電の効率化を図って売上アップ!
これが!使えるスマートホーム!

「SpaceCore」様々な企業・サービス・デバイスと連携。住居の可能性を広げ、空室対策にも!

「SpaceCore」様々な企業・サービス・デバイスと連携。住居の可能性を広げ、空室対策にも!
様々な業態に対応するPOSレジ

「東芝テックレジ」豊富な品揃えで様々な業態に対応できるレジ

「東芝テックレジ」豊富な品揃えで様々な業態に対応できるレジ

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

050-5050-0116

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます