• TOP
  • コラム
  • 保育園経営の基本〜資格・認可・補助金・リスクとICT「コドモン」の活用

保育園経営の基本〜資格・認可・補助金・リスクとICT「コドモン」の活用

保育園経営の基本〜資格・認可・補助金・リスクとICT「コドモン」の活用

規制緩和により、土地活用や新たなビジネスとして保育園経営を検討する方が増えています。空いた土地に保育園を建てることは、社会貢献にもなりますし、空き地を放置することによる無駄な税金の支払いを避けられます。

全くの未経験で保育園を経営することは簡単なことではありません。しかし保育園の経営について知識を得ることで、意外と経営は難しくないことがお分かり頂けるでしょう。

今回は保育園の経営について、必要な基礎知識や補助金について解説します。

保育園を開業するために資格は必要?

2000年までは社会福祉法人でなければ保育園を経営できませんでした。現在は規制が緩和されており、法人(企業、NPOなど)も保育園経営に乗り出しています。

保育園を開業するには特別な資格は不要で、実務経験も特別な資格も不要です。よって保育園を開業すること自体、ハードルは非常に低いと言えます。

保育園経営の収入について

保育園を経営する以上、一定の収益が見込めなければ行けません。待機児童の問題が叫ばれている昨今ですから、保育園には需要があると考えられます。

ただし保育士不足の問題も同様に社会問題となっているため、保育士に適切な労働環境を提供することは必須です。

いわゆるヒト・モノ・カネがうまく回るように経営して、収益を上げることが第一と言えます。では、適切な経営をするにはどうしたら良いでしょうか。

保育園を経営する上で重要なことは、認可保育園・認可外保育園の違いを知り、補助金をうまく活用することにあります。

保育園の認可・認可外

保育園を開業するために資格は必要ないものの、自治体への届出が必要です。届出には以下のような書類が求められます。

・周辺案内図(最寄り駅やバス停の位置)
・配置図(道路や敷地、建物、避難経路)
・施設の平面図
・保育士の名簿
など

保育園は命を預かる仕事のため、児童の安全を確認出来る資料を提出しなければいけません。

届出を出せば保育園を開業できるものの、保育園には「認可保育園」と「認可外保育園」があります。

自治体が定める一定の基準をクリアすれば「認可保育園」と認められて、補助金を受けられます。一定の基準を満たせない場合は「認可外保育園」となるため、補助金は受けられません。

認可を受けるための基準は自治体によって異なりますが、概ね、一定数以上の児童を受け入れられることや児童数に対して十分な数の保育士を確保していること、土地や建物が消防法などの基準を満たしており、0歳児や1歳児に必要な設備が整えられていることなどが求められます。

認可保育園は不足していると言われています。認可保育園が不足する理由には基準を満たす保育士を確保できないことがあり、認可基準を緩和する動きもあります。

保育園の補助金について

経営の観点から見ると、認可・認可外の大きな違いは補助金の有無です。認可保育園では運営費のほとんどを補助金でまかなえるため、認可外保育園に比べると経営がとても楽になります。また保育士への待遇も一定の水準を保つことで、社会貢献にも繋がります。

つまり社会に貢献しながら収益を上げる保育園を開業するには、できる限り補助金を受け、人件費を不要に削らず、本当に削れる経費を削ることがとても重要です。

保育園経営とコンサルタント

経費削減策として人件費を削ることは、昨今の保育士不足の問題から考えても良い方策とは言えません。保育園経営のノウハウはコンサルタントを活用して学ぶことができます。

業界には20年以上にわたって保育園事業のコンサルティングを手がける企業もあります。開業を考え始めた段階で少しでも不安があれば、コンサルタントに頼ることも視野に入れて下さい。

保育士の負担を軽減するCoDMON(コドモン)で経営の効率化

保育園が不足している理由は経営が難しいことや保育士が不足しているからです。保育園をうまく経営すれば、待機児童の解消、保育士の待遇改善など社会に大きく貢献できます。

保育園の経営改善にはICT(情報通信技術)の導入をおすすめします。保育園の日常業務は児童と接するアナログな仕事ですから、紙やメモなどアナログな道具に頼りがちです。

アナログな仕事こそ、ICT技術がもたらす大きなインパクトは大きく、業務を劇的に効率化します。

保育士の業務負担を軽減するICT技術として注目されているサービスがCoDMON(コドモン)で、保育士・保護者のどちらの負担も軽減し、経費削減に寄与します。

CoDMON(コドモン)の機能

CoDMON(コドモン)は保育士の業務負担軽減を目的としたサービスで、保育士のルーチン業務や事務作業を手伝います。以下、具体的な機能をご紹介します。

指導案・日誌作成

年次や項目ごとに用意された1,000以上の文例を参照しながら指導案や日誌作成が可能です。またICTの特性を活かして、日誌は月案、週案、発達経過記録などと連動しますので、紙に比べると質が高い日誌を作成できます。

コドモンは仕事の効率性を高めながら、保育業務の質を向上させます。

登降園管理

保護者の記名などで生じる曖昧さを排した登降園記録を実現します。タッチパネルやICカードで登降園の記録をきちんと残し、紙からパソコンへの転記といった無駄な業務が不要となります。

保育料計算・請求書作成

延長保育などで発生するわずらわしい保育料計算、請求書の作成はコドモンが自動で行います。登降園履歴から自動で算出するため、事務作業が大きく軽減されます。

その他豊富な機能

コドモンは保育園の日常業務をトータルでサポートし、さらに業務の質も向上させます。紙とペンを使うことによって生じるあいまいさやミスを排除し、保育士が本来の業務である「保育」に集中できる環境を整えます。

保育園の経営にはICTが欠かせない

保育士不足や待機児童の問題の裏には、保育園の業務が重労働であることや経営が難しく人件費を削らざるを得ないなどの事情があります。

CoDMON(コドモン)のようなICT技術を導入することで、保育園の業務は効率化されるため、保育園の経営は改善され、十分な数の保育士確保や保護者とのトラブルの軽減に寄与します。

保育園を経営するには、コドモンのようなICT技術、サービスは欠かせないものです。

insta town

CoDMON(コドモン)

園の業務を効率化!保育士の負担を軽減するICTシステム

関連タグ