お問い合わせ

SNS集客ツールはどれが効果的?目的別・業種別でおすすめ3社を比較

ツイッターやインスタグラム、LINEなど、SNSはどれもマーケティングに役立つため、集客ツールとして複数のSNSを併用している方も多いでしょう。

ただ、SNSはそれぞれ特徴や機能がガラッと異なります。そのため、「キャンペーンの拡散に向くもの」「集客・販促に向くもの」など、向き・不向きが出てきます。できるだけ、目的に合わせて選び分けることが最適といえるでしょう。

そこで今回は、「目的別」と「業種・企業規模別」から、おすすめのSNS集客ツールを紹介しています。情報拡散目的ならツイッターといった情報が分かるため、各SNSの強みを最大限に生かすことができるはずです。
 

SNS集客の3つの特徴

これからSNSで集客を考えている方、本格的にSNS集客取り組もうとしている方などは、はじめに「SNS集客」にはどのような特徴があるのかについて理解しておくことが大切です。ここでは、SNS集客の3つの特徴についてみていきましょう。

集客チャネル・販路の拡大

飲食店や小売店のように、店舗を運営している方がSNS集客を実施すると、これまで売上の主流だった実店舗や、ネットショップ以外からの集客や販路の拡大を図ることが可能になります。

たとえば、Instagram上で販売している商品や店舗の紹介をすることにより、店舗を知らなない人からの知名度を上げることが可能になります。その際、プロフィールに自社サイトのリンクを貼っておくことで、投稿に興味を持ったお客様がサイトを訪れるという、一つの販路をつくることができます。またTwitterやYOUTUBEなど、その他のSNSにおいても同じことが言えるので、多くの企業では複数のSNSを活用して、情報を拡散しているところも多く存在します。

商品・キャンペーン情報の拡散

SNSは、新商品の発表やキャンペーンの開始など、旬な情報をリアルタイムに拡散することができるというメリットがあります。ほとんどの企業がホームページを持っていると思いますが、ホームページだけだとユーザーが都度ホームページを訪れて確認しなくてはいけません。たとえブックマークに登録していても、わざわざ開くことが面倒という理由などから、なかなか閲覧されずに最新情報を確認できずに終わるということも少なくありません。

一方、SNSであれば、お気に入りのアカウントをフォローしてもらっておけば、タイムライン上に流れてきた投稿で、最新情報をチェックすることができ、よりリアルタイムでユーザーの元へ届けやすくなります。

またSNSには、いいねやリツイートなど、さまざまなアクションを行う機能があるため、投稿を見たユーザーがアクションすることで、友だちや知り合いなどに拡散できるという点も大きな特徴です。

ファンの獲得・維持

TwitterやInstagramなどの各SNSでは、自分をフォローしている「フォロワー」という機能があります。これは自身のアカウントで投稿した内容に興味があり、フォローしているというもの。気に入ったアカウントに対してフォローしているので、言うならばファンを獲得できるということになります。

もちろん直接的な購買層ではなく、興味本位でフォローしたというユーザーも一定数はいるでしょうが、魅力的な商品づくりやキャンペーン施策を実践していけば、自ずとファンとなってくれる可能性は高いはずです。実際にSNSで店舗や商品を知り、来店や購入につながったという実例も多いので、十分期待できるでしょう。

                    

ユーザーが口コミを参考とすること

消費者が何か商品やサービスを選ぶ際に、多くの方が信頼するのは、利用者による「口コミ」です。ネットが普及した今、消費者の多くは、口コミを参考にして商品の購入、サービスの利用を決めるため、非常に重要なポイントとなっています。

ユーザーが口コミを参考とするようになった理由としては、ネットやSNSによる悪質な宣伝広告や、インフルエンサーなどを使った「ステマ(ステルスマーケティング)」といった仕組みが知られるようになった今、消費者は実際に購入・利用した第三者の意見を重要視するようになりました。

飲食店を探すときも、口コミサイトなどの星の数やコメントをまずチェックし、より星が高いお店を基準に選ぶようになります。そして実際に購入したり、サービスを受けた人自身も口コミを投稿していくことで、輪が広がっていくことになります。

口コミが沢山入ることで、評価があがり、多くのお客さんを得られる一方で、サービスの質がよくない場合は、ネガティブ口コミが広まってしまうため、あくまでも提供する商品やサービスの質が重要となります。

なお近年では、口コミサイトだけでなくSNSで口コミをチェックする人も多く、まったく知らない人の口コミよりも、友人・知人など近しい人からの口コミの方が信頼度が高いため、こうした口コミが集まりやすいSNSが、サービスやお店の検索にも使われるようになっています。

ユーザーの購買行動ならびに情報探索行動の変化

近年、デジタル化の波により、マーケティング業界もさまざまな変化が生まれ、大きく進化してきていまう。中でも大きな指標となっている「Google」は、データや分析、集めた統計情報などを活かして、最新の動きを早くから検知し把握することで、ひらめきを得ています。

Think with Google」は、こうしたGoogleの情報をもとに、Webマーケティングやデジタルマーケティングに役立つ情報を提供するメディアの一つで、多岐にわたるテーマが扱われているほか、国内だけでなく海外の事例や取材記事なども多数敬愛されています。

高い分析データから、実際に使える統計情報、効果的なツールなど、さまざまなリソースを活用できる「Think with Google」は、マーケティング施策を打つ際など、役立つ情報が多数揃っているので、ぜひ活用してみてください。

SNS集客のメリット・デメリット

では実際に、企業や店舗がSNS集客を実施することで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

SNS集客のメリットには、主に中長期的に見た見込み客の育成や、ターゲットアプローチの強化などが上げられます。詳しくは、以下で解説しています。

中長期的なファンや見込み客の育成が可能

SNS集客のメリットの一つには、一時的な顧客獲得だけでなく、中長期的なリピーターの獲得や見込み客の育成ができる点が挙げられます。

商品やサービスを提供する上で、新規顧客は獲得できても、何度も利用・購入してくれる既存顧客がいなければ、売上を上げていくことは難しいでしょう。しかし既存顧客がいることで、定期的に購入したり利用してくれるので、売上の横ばいを避けることができます。

さらに、フォロワーによるいいねやリツイートなどで、関連の高いユーザーへ徐々に拡散されていくため、アカウントの増加とともに、見込み客や中長期的なファンの育成が可能となるでしょう。

狙ったターゲットへのアプローチができる

企業や店舗などがSNS集客を行うにあたって重要なことは、どのようなターゲットにアプローチするか、そして狙ったターゲットにいかに効果的にアプローチできるかどうかです。SNSは、幅広いジャンルの方が利用しているため、狙いたいターゲットをカンタンに見つけることができます。

それ以外のターゲットであっても、SNSでアピールしていくことで、興味を持つきっかけになることもあります。

さらにフィード投稿に加え、InstagramやFacebookなどで利用できる広告機能を活用すれば、地域や年齢などを細かく指定して配信できたり、興味関心のあるユーザーにピンポイントにアプローチできるリターゲティング広告なども利用することが可能となります。

デメリット

継続的な投稿が必要なため、負担に感じることも

SNSは、魅力的な情報や新情報などを定期的に発信しなくては、閲覧率が下がったり、フォローを外されることにもつながるため、継続的な投稿を行うことが重要です。

InstagramやTwitterのアカウントを作成したあとは、短期集中して投稿よりも、隔週や月に1回など定期的にお知らせを投稿することで、ユーザー離れを防ぎやすくなります。

また投稿するにあたり、ネタ集めや写真、投稿文章なども考えなくてはいけないため、日々の業務にSNS運用が加わり、負担がかかりやすくなります。そのため、無理のない範囲で投稿できるペースにしたり、SNS運用担当者を決めるなど、ルールを決めて継続的にアカウント運用をしていくことをおススメします。

集客につながるには時間がかかる

SNS集客に向けて、事前準備を念入りに行い、自社アカウントの周知しても、すぐに集客につながるわけではありません。

SNSのアカウントを開設したあとは、すでに認知してくれているユーザーや既存顧客などからのフォローは期待できますが、新規ユーザーの獲得に関しては、既存ユーザーによる共有や拡散が必要になるため、時間がかかる場合が多いです。

さらにそこに到達するには、地道な投稿を続けてフォロワーを増やしていくことが必要なため、集客につながるためには時間がかかるといえます。SNS集客を行う際は、長期的な目線で考え、じっくり腰を据えてアカウントを運用していきましょう。

企業がSNS集客を検討するときのポイント

つづいては、企業がSNSを運用する際、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

内容に合わせて最適なSNSを選択しよう

SNSを運用する際は、すべてのSNSを同じように扱うのではなく、ビジネスの内容に合わせたSNSを選び、使い分けることが重要です。とくに、SNS運用には時間や手間がかかるため、戦略的に自社におけるSNSの優先順位を付けることをおススメします。

またSNSによっても、特徴や強みは異なるため、複数のSNSを販促に活用したい場合は、強みや宣伝したい内容に最適なSNSを選択して販促をするといいでしょう。

投稿内容や目的を事前に決めておく

SNSへの投稿を行う際は、どのような目的でどんな内容を投稿するのか、あらかじめ方針を決めておくことが重要です。その理由は、大きく分けて2つあります。

一つ目は、いざ投稿しようとしても、内容が思い浮かばず、アカウントを動かすことができないということを防ぐためです。SNSは定期的に投稿することが大切なので、運用段階で困らないようにするためにも、事前に投稿内容を決めておくことをおススメします。

ふたつ目は、炎上につながるような不適切な内容の投稿を極力回避するためです。不適切な内容とは、誹謗中傷や差別的発言など炎上につながるような投稿のほか、一般に公開してはいけない情報、写真の映り込みなども含みます。こうしたリスクを防止するために、投稿内容を事前に決め、複数人で問題ないかチェックした上で慎重に投稿するようにしましょう。

SNS担当者や運用ポリシーを決める

SNS運用にあたり、担当者や運用ポリシーを決めることも重要なポイントです。

SNS運用担当者がフォロワー数やいいね数、リツイート数などの目標数値を決めて、継続的にSNS運用を行っていくことで、運用しているSNSに変化があったときも対応しやすく、SNSごとの対策を行って目標達成を目指すことができます。さらに、投稿内容を充実させたり、トレンドのキーワードを用いた投稿などもスピーディにできるでしょう。

また、必要以上の批判や炎上を未然防ぐために、企業ごとの「運用ポリシー」や投稿ルールをあらかじめ決めて運用することも大切です。もし炎上が起こりそうになった場合も、マニュアル化された運用ルールがあることで、冷静に対処することができます。

次は、いよいよTwitter・インスタ・LINEなど、各SNSの特徴や強みを比較していきます。どのSNSを活用するべきか悩んできる方は、ぜひ参考にしてみてください!

SNS集客ツール|ツイッター・インスタ・LINEを徹底比較

SNSは気軽に情報を発信できることや、広告も配信できることから集客ツールとしても役立ちます。集客以外にも、販促やキャンペーン情報の拡散、顧客とのコミュニケーションなど、SNSマーケティングとして活用する方も多いのではないでしょうか。

ただ、SNSはそれぞれ特徴や使い方、機能などがまったく異なります。そのため、同じSNSマーケティングといっても、集客・販促に優れているものもあれば、顧客とのコミュニケーションに特化したものまで様々です。

そこで、各SNSの特徴や強みをしっかりと理解しておけば、ビジネスの目的に合わせて集客ツールを選び分けることができるでしょう。もちろん、ご自身の業種に最適なSNSを選び分けることも可能です。

そのなかでも、今回は主要3社のSNSを取り上げています。

  • ツイッター(Twitter)
  • インスタグラム(Instagram)
  • LINE

まず、上記3つの特徴や機能など、表を使って簡単に比較していきます。以下をご覧ください。

  ツイッター インスタグラム LINE
MAU数*1 4,500万人 3,300万人 8,000万人
メインユーザー層 10~30代・男女 20~30代・女 10~50代・男女
メイン情報 文章 画像 文章
コメント 不可
DM 限定的*2
拡散性
広告機能
特殊機能 リツイート
ハッシュタグ
アンケート
ハッシュタグ
Stories
投稿の宣伝
1:1トーク*3
メッセージ一斉配信*3

*1:MAU数=月間アクティブユーザー数
*2:ON AIR機能でメッセージ受信のみ可能
*3:LINE@(法人向け)限定の機能

LINE

LINEは、月間アクティブユーザー約8,000万人を誇るメッセージアプリです。とくに既存顧客との連絡を円滑にしてくれるため、リピーター強化を目指している企業におススメです。しかしながら、メッセージアプリという特性上、どうしても情報の拡散性はほかのSNSに劣ります。その代わり、「1:1トーク」や「メッセージ一斉配信」といった機能があり、メッセージ機能に特化していたり、クーポンなどの活用も可能となっています。

>>LINEマーケティングに興味のある方はこちら
 

LinksでLINE集客の作成から運用までをトータルサポート!!

 

インスタグラム

インスタグラムは、月間アクティブユーザー数が3,300万人の画像や動画をメインにしたSNSです。利用ユーザーはおもに10代~30代の女性が多く、文章よりも画像や動画の投稿ががメインとなります。インスタグラムは、魅力的な画像や動画を配信することでユーザーへ体験欲求を作ることでき新規顧客の獲得ができるようになります。とはいえ、LINEと同じく情報の拡散性は低いですが、ハッシュタグによって拡散される可能性を持ちます。また画像化しやすいBtoCの業種では集客しやすい傾向にありますが、サービス業やBtoBの業種ではやや集客しづらい傾向にあります

▼関連記事はこちら▼

もう投稿に困らない!"集客に繋がる"インスタグラムの投稿ネタと画期的な手法
                    

ツイッター

ツイッターは、月間ユーザー数が4,500万人のニュース、トレンドといった最近の情報を入手しやすいSNSです。投稿できる文章が140文字以内に制限されているのが特徴です。公開アカウントのツイートは、すべての検索対象であることから検索を利用すれば興味関心や所在地を特定しやすいのも特徴の一つです。またほかのユーザーによるリツイートがあることでSNSのなかでも最大の拡散力を誇ります。
 

≫関連記事はこちら

》Twitterの便利な始め方と使い方!基礎用語から活用方法まで解説

》間違いだらけのSNS集客。効果的な方法は?

主要SNSを導入するメリット・デメリット


主要3社のSNSを比較し、それぞれの特徴が分かったところで、次はそれぞれのメリット・デメリットについてみていきましょう。

LINE公式アカウントを導入するメリット・デメリット

メリット:メッセージの開封率は高く、登録の寿命が長い


LINE公式アカウントの登録がLINEアカウントに紐づけられているため、メルマガやアプリなどに比べると登録の寿命が長い傾向にあります。その理由として、メールは、登録の際よくケータイのメールアドレスが使用されるケースが多く、MNPによりキャリアの変更をした場合やAndroidからiPhoneに機種変更した場合などメールアドレスが失効するケースがよくあります。またアプリも同様であり、ケータイを変更した場合に必ずしもそのアプリをダウンロードするとは限りません。
その点、メッセージアプリだと現在のメール受信箱として活用されていることが多く、ユーザーのアクティブ率とメッセージの開封率は非常に高いです。そのため他のSNSと比較するとひとり一人への情報到達率は高い傾向にあるといえるでしょう。
 

デメリット:他のSNSと比べて費用がかかる


LINEは友だちの質と量がすべてです。既存顧客が惹かれるオファーを提供して登録を促したり、LINE広告のなかの友達追加広告などを活用し、友だちリストを短期間で育てていくことが効果的なLINE公式アカウントの運用で必要となります。
LINE公式アカウントは、メッセージ配信がメインとなるので、ほかのSNSと同様に月額0円で運用するのは難しいです。最初に始めるのなら、月間で15,000通配信できる月額5,000円のライトプランからはじめるといいでしょう。

インスタグラムを導入するメリット・デメリット

メリット:新規ユーザーの集客に効果的


インスタグラムは、ハッシュタグの設定により直接フォローの関係ないユーザーへも情報を届けることが可能です。そのため、ハッシュタグにはできる限り画像と関連性の高い人気のあるハッシュタグを多めにいれるのが投稿する上で大切になります。
またインスタグラムはスポットごとで、これまでどのような投稿がされてきたのかまとめて見ることができます。そのため、その店舗の人気度を客観的に判断することができ、店舗が投稿することで、どんなメニューを提供しているのか事前にチェックすることが可能です。つまりインスタグラム広告を使用しなくても新規ユーザーの集客に効果的といえるのです。
 

デメリット:無形財ビジネスでの勝負は厳しい


インスタグラムは写真や動画など視覚的な訴求効果の高いSNSです。そのため、飲食店や美容室など有形財ビジネスとの相性が良いですが、無形財ビジネスで勝負するのは難しい傾向にあります。またインスタグラム広告はハイパーリンクが解除され広告されるなどやや使い勝手が悪い点がデメリットです。いいねを獲得する目的として運用するなど絞り込んで考えた方が良いでしょう。

》インスタグラム広告とは?費用や仕組みについて解説

》インスタグラムを集客に活用するには?ポイントや、運用法について徹底解説!

Twitterを導入するメリット・デメリット

メリット:拡散力が高くフォロワーを増やしやすい


Twitterは、積極的にフォローをすることでフォロワーを増やすことは比較的にカンタンです。なぜなら、アカウントを非公開設定にしていない限りすべてのツイートが検索の対象となるからです。たとえば、話題のスポットなどに行ったことをツイートしているアカウントは、その周辺エリアを行動圏にしている割合が高く、ターゲティングはほかのSNSと比較するとやりやすい傾向になります。Twitterは、コミュニケーションの手段というより、発信する情報やその情報の本体にある店舗のメニューなどにカラーを持たせることが成功する集客対策といえるでしょう。
 

デメリット:エンゲージを獲得する目的の広告の使い勝手が悪い


Twitterで注目をされるにはある程度のセンスも必要になります。ツイートするだけでなく、コメントをつけに行くといったコミュニケーションも非常に重要になってきます。しあし、ほかのSNS広告と比較すると、ユーザーが投稿に対して反応を示した割合を示す値であるエンゲージを獲得する目的の広告の使い勝手が悪いので、広告を活用したフォロワー獲得などはあまりおススメではありません。 

≫関連記事はこちら
》Twitterの便利な始め方と使い方!基礎用語から活用方法まで解説

                    

【目的別】おすすめのSNS集客ツール

つづいては、SNSマーケティングの目的別におすすめの集客ツールを紹介していきます。SNSマーケティングには、次のような3つの利用目的があります。

  • 情報の拡散・話題作り
  • 集客・販促
  • 顧客とのコミュニケーション

上記3つは、すなわちSNSマーケティングの効果と同じです。基本的には、どのSNSを利用しても上記3つの効果が得られます。

ただ、SNSごとに得意・不得意があることも忘れてはいけません。たとえば、「情報の拡散・話題作り」はツイッターがもっとも得意としています。そのため、商品やキャンペーン情報を広く世の中に伝えたいという方は、できるだけツイッターを利用すべきでしょう。

それでは次の章より、目的別のおすすめSNSを紹介していきます。

情報の拡散・話題作り|ツイッター

商品やキャンペーン情報を拡散させたり、多くのユーザーから話題を集めるにはツイッターが最適です。

ツイッターにはリツイートという機能があるため、自然に情報が拡散していきます。また、ハッシュタグも利用できるため、情報の拡散力はSNSのなかでもナンバーワンです。

また、投稿の検索機能もあるため、ユーザーとの接触機会も多くなります。

広告の機能であるプロモツイートも、普通のツイートと同じようにリツイートが使えるため、まさに大勢の人に見てもらいたいコンテンツを発信するときに役立つでしょう。

集客・販促|インスタグラム

コーポレートサイトへの集客や、商品・サービスの販促に繋げたい場合はインスタグラムがおすすめです。

インスタグラムの「Stories(ストーリー)」という機能は、24時間以内に消える投稿です。24時間経つと自動的に削除してくれるため、時間限定のタイムセールやプレゼントキャンペーンの発信に向いています。

また、「投稿の宣伝」という機能も便利です。ビジネスプロフィール限定の機能ですが、過去の投稿に、「購入する」「予約する」といったアクションボタンを設置することができます。コーポレートサイトなどに集客しやすい仕組みといえるでしょう。

》【SN一覧】抑えておきたいソーシャルネットサービス解説!2021年最新版
 

顧客とのコミュニケーション|LINE

顧客とのコミュニケーションを深めたい、ユーザーエクスペリエンス(顧客体験)でファンを作りたいという方はLINEがおすすめです。

法人用のLINE@限定の機能ではありますが、「1:1トーク」が役立ちます。文字通り、ユーザーと1対1でメッセージ交換が可能です。ユーザーからのお問い合わせに対応したり、店舗への予約を受け付けるといった使い方が一般的でしょう。

ただ、「1:1トーク」を利用する企業のなかには、もう少し踏み込んで、ユーザーとより深いコミュニケーションを行うケースもあります。あるトレーニングジムでは、一度利用したユーザーから運動や健康に関する質問を受けるなど、個人対個人のようなやり取りを実現しています。

》【LINE公式アカウントがLINE@を統合】8,200万人が使うツールが無料で使える?

【業種・企業規模別】おすすめのSNS集客ツール

ここまで目的別に、おすすめするSNS集客ツールを紹介してきました。ただ、業種や企業規模によっても、SNSを選び分けることも可能です。

小売店や美容室、メーカーなど業種・企業規模ごとに詳しく紹介していきましょう。

大企業|ツイッター

大企業の場合はツイッターの運用が向いています。

ツイッターの強みといえば、その圧倒的な情報拡散力でした。そして、大企業の場合は、すでにたくさんのフォロワーが付いていることも多いでしょう。

そのため、ツイッターの拡散力を最大限に生かすのに向いています。発信した情報はフォロワーのタイムライン上に流れるため、より多くフォローを獲得しているほうが拡散力を生かしやすいからです。
 

≫関連記事はこちら
Twitterの便利な始め方と使い方!基礎用語から活用方法まで解説

小売店・飲食店|インスタグラム

小売店や飲食店の場合はインスタグラムを活用しましょう。

インスタグラムといえば主要SNSで唯一写真コンテンツが中心となります。そのため、新商品の販売情報や料理の画像など、インスタグラムを彩るのに向いているということです。

また、インスタグラムは集客や販促に強い点も、小売店・飲食店に最適な理由です。インスタグラムで魅力的な商品情報を発信しつつ、オンラインショップなどへ効果的にユーザーを誘導することができます。

美容室・エステサロン|LINE

美容室やエステサロンはLINEが最適です。

LINEでは「1:1トーク」で直接予約を受けることができるため、美容室やエステサロンにうってつけといえるでしょう。また、メッセージ一斉配信を使えば、クーポンや割引情報を「友だち」に一括で送ることができます。
 

メーカー・小規模事業者|LINE

メーカーや小規模事業者にもLINEがおすすめです。

「1:1トーク」を利用すれば、LINEから直接ユーザーのお問い合わせを受けることができます。わざわざコーポレートサイトにアクセスする必要はないので、ユーザーにとって利便性が高まります。

また、先ほど紹介したトレーニングジムのように、ユーザーと密にコミュニケーションを取ることも可能です。大企業など、顕在顧客があまりにも多いと対処するのが難しいコミュニケーション戦術といえます。

エンドユーザーと関わる機会の少ないメーカーや、大企業ほど顕在顧客が多くない小規模事業者は、規模が小さいからこそ「1:1トーク」の効果を最大限に生かすことができます。

》5分で分かる!LINE公式アカウントの作り方・初期設定方法・公開方法を解説

まとめ

最後にそれぞれのSNSのメリットデメリットをおさらいしましょう。
 
・LINE公式アカウント
メリット:メッセージの開封率は高く、登録の寿命が長い
デメリット:他のSNSと比べて費用がかかる
・インスタグラム
メリット:新規ユーザーの集客に効果的
デメリット:無形財ビジネスでの勝負は厳しい
・Twitter
メリット:拡散力が高くフォロワーを増やしやすい
デメリット:センスのあるツイートやコミュニケーションも必要
 
ツイッターやインスタグラム、LINEといったSNS集客ツールは、特徴や機能に大きな違いがあります。そのため、同じ投稿や広告でも向き・不向きがあるのです
 

                    
店舗・オフィスのDXに関する
お問い合わせはこちらから
DXコンシェルジュに相談する(無料)

おすすめ記事一覧

コラム

店舗やビジネスでLINEを活用する方法|SNSマーケティングをお考えの方へ

今回は、店舗やビジネスでLINEを活用する方法をお伝えしていきます。「集客はSEOやTwitterでも十分」という方は、ユーザーの満足度を高めることができるLINEを併用してみてはいかがでしょうか。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

認知拡大 SNS レストラン・カフェ
2019.09.25
コラム

SNS集客をプロがサポート!おすすめサービスをご紹介します

集客チャンスを逃さない、ライバル店に負けないSNS運用をプロがどのようにサポートしてくれるのか、サービス内容をご紹介します。/デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

SNS 集客改善・集客方法 居酒屋・バー
2019.07.17
コラム

【外国人観光客を集客】人気の観光地や都道府県は?データや需要にを踏まえた対策とは

外国人観光客の集客を考えるとき、まずは外国人観光客の需要を理解することが大切です。そこでこのページでは、外国人観光客に関するテーマをランキング形式でご紹介!人気の観光地を都道府県から市区町村までチェック!外国人観光客を考える上で欠かせない、訪問者数や消費額の国別ランキング上位もご紹介していきます。そして外国人観光客が求める日本へのニーズとともに、効果的な集客方法をご紹介いたします。

SNS 店舗 美容院・美容サロン
2019.12.02
コラム

Twitterの便利な始め方と使い方!基礎用語から活用方法まで解説

集客やマーケティングにTwitterを活用する企業や店舗も増えてきました。そんな注目のTwitterですが、オーナーのなかには「Twitterの始め方がいまいち分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、Twitterを企業や店舗で活用したい初心者の方へ向けて、Twitterの始め方から使い方、活用方法まで徹底解説します。

SNS マーケティング 認知拡大
2020.02.18
この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Y.Korematsu

ライター歴3年。通信・電力関連商材のアポインター・外勤営業経験後、ライター職に。POSレジ導入、SNS集客、コスト削減など、店舗サポート記事を多岐にわたり執筆。

経験豊富なITコンサルタントが、お客様の課題を解決します。

image

IoT・ICT・クラウドサービスのセレクトショップ「Wiz cloud」が、お客様の「コスト削減・集客・サービス向上」などの課題を解決します。

DXに関するお問い合わせはこちら
image

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

「デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)」はIoT、ICT、AIなどのIT技術の浸透が人々の生活をより良いものへと変化させる事と定義されています。経済産業省からも「DX」に関するレポートやガイドラインが発表され、国内企業でも「DX」を推進し、社会全体をより良いものにしていくための取り組みが活性化しています。 ユーザーレベルで「DX」についての明確なビジョンを持つことで、様々なIT課題の解決に繋がり「DX」を推進していくことが可能となります。

はじめてのDXとは?

「はじめてのDX」は、あらゆる企業のIT課題を解決するために、目的に応じた最適なサービスをご提案し、日本の「DX」を推進します。業務改善、人材採用、集客、生産性向上といった様々な企業課題を「DX」により解決いたします。 また、今後グローバル企業のみならず、国内企業においても加速する「DX」に関連するサービスや最新情報をいち早くキャッチしお届けしてまいります。