保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

保育士の離職率が低い保育園の特徴は?離職率改善に向けた取り組みを紹介!

保育士の離職率が低い保育園の特徴は?離職率改善に向けた取り組みを紹介!

スポンサーリンク

保育士の離職率が問題となっていますが、厚生労働省がさまざまな対策を打ち出し、離職率改善を図っています。 また保育経営者にとっても離職率は園の運営にも大きく関わるため、早期解決に向け取り組みを行っていることでしょう。 今回は、離職率に悩む保育経営者向けに保育士の離職率が低い保育園の特徴と、離職率改善に向けた取り組みを具体的に紹介します。

増加している保育士の離職率

増加している保育士の離職率 イメージ動画 保育士の離職率は、近年増加しています。 実際、保育士の離職率は、厚生労働省(平成25年)の調べによると勤務者数(常勤)32万196人に対し、全体で10.3%です。 また「保育分野における人材不足の現状①」においては、一時的に改善されたように思われますが、新規求人倍率が9割超の都道府県において1倍を超え、依然離職率が改善されているとは言えない状況です。 参照:保育士等に関する関係資料(厚生労働省) 保育分野における人材不足の現状①(厚生労働省)

離職率が低い保育園の特徴

待遇が充実している

保育士の離職率が低い保育園は、給料の高さや残業代などがしっかりと支払われている、など待遇の充実が特徴に挙げられます。 中にはサービス残業が当たり前になり、給料に反映されていないことから、待遇に安心感を持つことができず、離職に繋がるケースも少なくありません。 待遇が充実していることで、保育士の生活の安定や質の良い保育が提供でき、長く勤務したいと感じる保育士も出てきます。

残業が少ない

保育士の離職率が低い保育園は、残業が少ない職場が特徴として挙げられます。 保育士の仕事は、子どもの保育の他に多くの事務作業が発生し、勤務時間内で終えることは難しい場合があり残業になりがちです。 保育士の負担軽減として有効な保育ICTシステムの導入や、作業分担体制を整えることで、結婚や出産後も復帰しやすく離職率が低くなることが期待できます。

保育士の育成計画が充実している

保育士の離職率が低い保育園は、保育士の育成計画が充実している職場が多いです。 保育士になりたての時期は、園児への接し方や保護者との関りが上手くいかない不安から、離職に繋がることも考えられます。 保育士の育成計画が充実してしていることで、安心して業務にあたることができるほか、自園で学ぶ意欲や離職防止に繋がります。

離職率改善に向けた取り組み

離職率改善に向けた取り組み イメージ動画

仕事量を分担し、明確にする

保育士の仕事は、給与に対して仕事量が多いという懸念もあるので、仕事量を分担し明確にする取り組みが離職率改善に繋がります。 保育の週案や日案作成の中でお互いの仕事量を明確にし連携していくことで、働きやすい環境作りが構築されるでしょう。

育成マニュアルを作成する

保育士の離職率改善を図るには、園の方針に沿った育成マニュアルを作成しスキルの向上や、均一化を図る取り組みも有効です。 育成研修の例
  • マナー研修
  • 音楽指導研修
  • 運動あそび研修
育成マニュアルを通しスキルアップを目指すことで、保育士のモチベーション向上も期待できます。場合によっては、新人保育士につき指導員1名を配置する「チューター制度」を取り入れてみる必要もあるでしょう。

運営における経費の見直しを行なう

離職率を改善するには、保育園の運営費をなるべく抑えそこから保育士へ還元、昇給を行う取り組みも必要です。 経費見直しの例
  • 電力会社の見直し
  • インターネットのプロバイダの変更
  • 消耗品費の削減
ただし経費削減は必ず保育士の協力のもと行い、何のために削減するのか必要な情報を伝え、協力してもらいましょう。

保育ICTシステムを導入する

保育ICTシステムは、保育士の業務効率化に繋がるため、業務量の調整ができ離職率低下に効果的です。 これまで手作業で行われていた連絡帳に関する業務や、日々の登園情報、健康チェックなどが簡単にできることから大幅な時間短縮に繋がります。 保育ICTシステムは、厚生労働省も推奨している保育業務に特化したシステムです。補助金も活用できることから、導入する保育園が増加しています。

ICTシステムとは

ICTはITにコミュニケーションの要素を含めたものです。 ICTシステムとは、そのような要素を含めたシステムを指します。
保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

業務効率化におすすめの保育ICTシステム5選

CoDMON(コドモン)

【運営会社】 株式会社社コドモン 【業務支援内容】 ・指導案、日誌作成 ・発達記録 ・健康、午睡チェック ・連絡帳 ・欠席、延長連絡 ・行事予定をクラス毎に配信 ・登降園管理 ・出勤管理 ・職員間の情報共有(既読機能付き) 【導入メリット】 ・状況にあった運営方法のご提案~設置サポートまで充実のサポートで安心 ・初期費用0円 ・簡単にデータのインポートが可能 ・無償でセキュリティ対応や機能追加などのアップデートが利用できる ・導入にあたる補助金活用をお手伝い コドモン(CoDMON)紹介動画 参照:CoDMON(コドモン)公式サイト

 KIDSNAコネクト(キズナコネクト)

【運営会社】 株式会社ネクストビート nextbeat Co., Ltd. 【業務支援内容】 ・労務管理 ・職員シフト管理 ・児童台帳 ・児童の登降園管理 ・保育料管理 ・お知らせ配信 ・写真管理 ・施設横断管理 【導入メリット】 ・お試しプランあり ・必要な機能のみを使用することができる ・操作が簡単 ・初期設定などのお手伝い 参照:KIDSNAコネクト公式サイト

 hugmo(ハグモー)

【運営会社】 株式学研教育みらい 【業務支援内容】 ・毎日の登降時間の打刻管理、保育計算 ・日誌作成支援 ・保護者への一斉連絡、個別連絡、写真共有 ・施設業務に伴う情報の一元化など 【導入メリット】 ・ECサイトで保護者に写真や日用品の販売が可能 ・わずか3秒、毎日の検温業務を大幅に軽減 ・こども毎の体温の変化を素早く感知、アラートで通知、hugnoteに自動転記 hugmo(ハグモー)紹介動画 参照:hugmo(ハグモー)公式サイト

KidsDiary (キッズダイアリー)

【運営会社】 キッズコネクト株式会社 【業務支援内容】 ・連絡帳一括作成 ・遅刻、休み連絡 ・請求関連自動集計、発行 ・参加項目自動集計 ・保護者への案内状、献立表、保育園での様子をアプリで共有 ・発達管理 ・献立アレルギー共有 ・バスGPS運行、遅延通知など 【導入メリット】 ・保育施設の用途や要望に合わせ、独自のカスタマイズが可能 ・専用ダイヤルでいつでもサポートが受けられ安心。 ・運用に必要な最適化のご案内 ・定期的なアップデート(サービス)が受けれる キッズダイアリー紹介動画 参照:KidsDiary (キッズダイアリー)公式サイト

パステルApps

【運営会社】 株式会社サンロフト パステルIT新聞  【業務支援内容】 ・名簿管理(園児、保護者、職員) ・メール配信 ・欠席、遅刻連絡 ・アンケート調査 ・預かり保育管理 ・用品販売 ・保育料計算 ・指導計画書、保育日誌 ・バス接近情報など 【導入メリット】 ・30日間体験無料(サポート付き) ・使いたい機能のみ使える ・メンテナンスやバックアップをお任せできる ・電話サポート付きで安心 パステル Apps紹介動画 参照:パステルApps公式サイト 主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

保育ICTシステムの比較検討ならICTキッズへ

保育ICTシステムの比較検討ならICTキッズへ イメージ動画 保育ICTシステムは、「コドモン」をはじめ国内でも数十種類以上存在します。その中から園や保護者に最適なシステムを選び出す事は難しく検討に悩む方もいるでしょう。 ICTキッズでは、指導案作成、登降園管理、保護者連絡、保育料関連、バスGPS、シフト管理、園児情報記録など希望条件にチェックを入れるだけで、園に最適なシステムをご案内いたします。 保育園の円滑な運営は、保育士の働きやすさに直結します。保育ICTシステムを活用し、働きやすい環境作りから離職率改善を目指してみるのもよいでしょう。 まずは、下記のICTシステム無料フォームよりお気軽にお問い合わせください。  
保育ICTシステムを導入して
スタッフの負担を減らしませんか?
導入実績豊富なプロが、ご希望する条件にピッタリな
保育ICTシステムをご紹介いたします。
お電話での無料相談はこちらから
無料相談を予約
受付時間 9:00-19:00(土日祝・年末年始を除く)
 

関連タグ

スポンサーリンク

関連記事