保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

縦割り保育とは?異年齢と交流するメリットやデメリットを解説!

縦割り保育とは?異年齢と交流するメリットやデメリットを解説!

スポンサーリンク

縦割り保育は、近年少子化が進む一方で保育園や幼稚園に導入が増加している保育方法でもあります。 しかし縦割り保育は、異年齢の園児たちが一緒に過ごすことから、縦割り保育の仕方に悩む保育園や幼稚園の経営者や保育士も多いでしょう。 今回は、近年増加傾向にある縦割り保育の概要やメリット、デメリットを分かりやすく解説します。あわせて、縦割り保育シフトをスムーズに管理する保育ICTシステムもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

縦割り保育とは

縦割り保育とは イメージ画像 縦割り保育とは、年齢ごとにクラス分けを行わず一つのクラスに異なる年齢の子どもたちを集める保育方法です。 少子化が進み同年齢同士の保育が難しい場合も多いため、縦割り保育を導入している保育園や幼稚園が増加傾向にあります。 園によっては縦割り保育を週に何日か取り入れる、または0~2歳、3~6歳児と大きく振り分け行うケースもあります。

縦割り保育を行うねらい

縦割り保育を行うねらい イメージ画像

異年齢との関わり方を学ぶ

縦割り保育を行うことで、異年齢との関り方を学ぶねらいがあります。 年下の子どもに対して優しく接してあげたり、危険から身を守ろうとしたりと責任感が自然と生まれることが期待されるからです。 身の回りのお世話を手伝ったり、自分が遊んでいたおもちゃを譲ってあげるなど、兄弟がいない園児でも年下に対し優しく接する子どもも出てくるでしょう。

協調性を身につける

縦割り保育は、異年齢の子どもと関わりあうことで協調性を身につけるねらいがあります。 一般的な社会では、同じ年齢の人たちばかりと関わるわけではありません。 幼児期のうちの縦割り保育で後に必要となる協調性を身に着けることで、成長にもつながります。

他の子どもと自分との違いを知る

縦割り保育は、年齢や成長の違う子どもたちが集まることによって、他の子どもと自分との違いを知ることができるねらいがあります。 例えば、年上の子どもから刺激を受けることで興味や関心を引き出すことができたり、年下の子どもに対しては教えを通し思いやりの心を持てるようになります。

保育園ごとに異なる縦割り保育の導入の仕方

1つのクラスやグループに異年齢の子どもたちを割り当てる

縦割り保育は、1つのクラスやグループに異年齢の子どもたちを割り当てる導入方法があります。 クラスの分け方は園によって異なりますが、それぞれ同じ年齢で振り分けるケースや、0~2歳児・3~6歳児と大きく分けるケースがあります。

クラスを作らない

縦割り保育は、全くクラスを作らず保育園や幼稚園全体で保育を行うことも可能です。 園によって、日替わりで縦割り保育と、横割り保育の混合で行っているケースがあります。

縦割り保育の子どもへのメリット

縦割り保育の子どもへのメリット イメージ画像

自主性が育つ

縦割り保育は、異年齢の子ども同士が一緒に生活することで、自主性が育つようになる点がメリットとして挙げられます。 年下は年上に憧れを持ち、その存在に近づくため様々なことに自主的に努力し頑張るようになります。 年上も年下の子どものお世話をしたり、お互いに良い影響を受け成長するでしょう。

多様性を認められるようになる

縦割り保育での活動は、様々な年齢の子どもがいることで、多様性を認めれる点がメリットとして挙げられます。 異年齢に対するコミュニケーションも自然と身に付き、価値観の違いなどにも気付くことができるでしょう。

個人差が出にくくなる

縦割り保育は、異年齢の子どもたちが集まるため、個人差が出にくくなる点がメリットとして挙げられます。 特に3月と4月生まれの子どもは、年齢別の保育の場合クラスは別々に分かれてしまいます。 しかし、縦割り保育で活動することで生まれ月によるコンプレックスも感じにくくなるでしょう。

友だちの幅や居場所が広がる

縦割り保育を行なうことで、友だちの幅や居場所が広がるメリットが挙げられます。 通常の横割り保育では、友だちが同年齢に偏りがちです。 しかし、縦割り保育は年上や年下の友だちを作れますし、その分自分の居場所も広がりやすくなります。
縦割り保育に関するシステム導入の無料相談はこちら
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

縦割り保育の子どもへのデメリット

主従関係ができてしまう場合がある

縦割り保育では、遊びを通して主従関係ができてしまう点がデメリットとして挙げられます。 なぜなら、年下の子どもが年上の遊びについていくことができず仲間外れにされてしまったり、年齢や力の差から子どもがストレスを感じてしまう場合もあるからです。 保育士によるその場での声かけや、年齢関係なく遊べる方法を提案するなど工夫する必要があります。

発達段階の差に配慮が必要となり保育士にも負担がかかる

縦割り保育では、子どもの年齢や力による発達段階の差に配慮が必要となり、保育士自身にも負担がかかる点がデメリットとして挙げれます。 同じ年齢同士の活動ではできることがだいたい同じですが、異年齢の子ども達が共通して楽しめる保育活動を検討しなければならなくなるからです。 ふれあい活動は、道具を使用しない分比較的どの年齢でも楽しむことができるので、アレンジを加えながら取り入れてみると良いでしょう。

縦割り保育をする際の注意点

縦割り保育をする際の注意点 イメージ画像

子どもの安全性を保つ

縦割り保育では、子どもの遊びが安全に行えるよう注意する必要があり、特に1~2歳の差は、年齢が離れていないからこそ危険が多くあります。 例えば、乳児のお世話をしたいという気持ちから抱っこし転倒、そのほかおもちゃの奪い合いや使い方によるケガも考えられるでしょう。 異年齢の子どもでも安全に活動できるよう、遊び環境を整えることも重要です。

子どものストレスに注意する

縦割り保育は、年齢差から遊びを年下の子どもに合わせがちになり、年上の子どもがストレスを抱えていまう場合もあるため注意が必要です。 年齢に応じた遊びを取り入れながら、異年齢の子ども同士でも遊べるよう工夫しましょう。

子どもへの言葉の掛け方を考慮する

縦割り保育では、子どもの発達によって理解度が異なってくるため、子どもへの言葉のかけ方を考慮することが注意点として挙げられます。 子どもを叱る場合は、ほかの子どもたちがいる前では決して叱らず、1対1で叱ることが大切です。 ただし、褒めるときは子どもたちがいる前で褒めてあげることで本人の自信につながるほか、良いお手本として周囲の子どもへ浸透させることができます。

保育士のシフト管理を考慮する

縦割り保育では、保育士のシフト管理を考慮することも注意点として挙げられます。 近年、保育士問題となっている人材不足の影響や働き方改革により、縦割り保育を行う保育士のシフト管理が難しくなっています。 シフト管理機能がある保育ICTシステムを導入することで、誰がどの時間帯に配置されているのか一目で分かります。 変更もしやすいことから保育士のシフト管理に役立てられるでしょう。 主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

縦割り保育のシフト管理ならCoDMON(コドモン)

CoDMNは保育や教育施設向けのICTシステムです。CoDMNを活用することで、短時間での勤務やフルタイム、縦割りシフト管理がスムーズに行えます。 縦割り保育のシフト管理の多くは、園児グループで1クラスを作り、それらを年齢別のクラスで分割している場合がほとんどでしょう。 しかしCoDMONでは以下の設定を行なうことで、縦割り管理がスムーズに行えます。
  • 保育士が担当する縦割りクラスを表す園児グループのみを、保育士の担当クラスとして設定(シフト管理上では、園児グループの箇所に職員名が表示されます。)
  • 保育士が担当する縦割りクラスに関わるすべての園児グループとクラスを、保育士の担当クラスとして設定(シフト管理上では、年齢が最も小さなクラスの箇所のみに保育士名が表示されます。)

CoDMONに関する無料お問い合わせはこちらをクリック!

CoDMONをはじめとする保育ICTシステムのご相談はICTキッズへ

ICTキッズは、縦割り保育の勤怠管理機能のほか登降園管理や指導案作成など、保育園や幼稚園に必要な機能を希望条件にチェックを入れるだけで、CoDMONをはじめとする数ある保育ICTシステムの中から最適なシステムをご案内します。
  • どの保育ICTを選んだら良いか分からない
  • 保育ICTってどんな機能があるか知りたい
  • CoDMONが園に最適が検討したい
縦割りシフト管理や業務効率化など、保育業務に悩みを抱えている保育園や幼稚園の経営者、保育士の方は、ぜひ導入・比較検討にICTキッズをお役立てください。  
保育ICTシステムを導入して
スタッフの負担を減らしませんか?
導入実績豊富なプロが、ご希望する条件にピッタリな
保育ICTシステムをご紹介いたします。
お電話での無料相談はこちらから
無料相談を予約
受付時間 9:00-19:00(土日祝・年末年始を除く)
 

関連タグ

スポンサーリンク

関連記事