保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

おすすめの登降園管理システム比較4選!登降園管理における保育士の悩みを解決!

おすすめの登降園管理システム比較4選!登降園管理における保育士の悩みを解決!

スポンサーリンク

多くの保育園や幼稚園で、登降園管理システムの導入が進んでいます。 登園や登降時間は、混雑しやすく慌ただしい時間帯のため園児一人一人の把握に時間や手間がかかります。そのため、スムーズにいく方法はないかと悩んでいる経営者や保育士も多いでしょう。 今回は、登降園時間をスムーズにする登降園管理システムについておすすめ4選と機能面、導入の際のポイントなどについてわかりやすく解説します。

保育園の登降園管理における保育士の悩み

保育園の登降園管理における保育士の悩み イメージ画像

園児一人一人の登降時間を把握することが難しい

登降園管理における保育士の悩みとなるのが、園児一人一人の登降園時間の把握の難しさです。園児が一斉に登園・登降する時間は慌ただしく確認ミスも起きがちです。 可能な限り保育士同士でのダブル確認や、登降園管理システムの導入によって園児一人一人の把握もしやすくなるでしょう。

職員同士で連絡ミスが発生する可能性がある

登降園管理の際、職員同士での連絡ミスが発生してしまう可能性も悩みの一つとして挙げられます。 混雑する時間であるうえ、園児や保護者・来客者などさまざまな対応に追われるケースもあるでしょう。 連絡ミスが起こってしまうと思わぬ事故や、信用問題に発展してしまう場合もあります。登降園管理システムを導入することで、職員同士の協力体制の強化や、スムーズな報告が可能です。

手書きで登降園管理をするとミスが生じる

登降園管理を手書きで行う場合、思わぬ記入ミスが生じてしまう悩みも挙げられるでょう。
  • 書き直しによる転記ミス
  • 同じ園に通う兄弟間での記入ミ
  • 同姓同名による見間違い
登降園管理システムを活用すると、ICカードやタブレット入力により、その場で管理表に反映されるためミスを防止することができます。

登降園管理システムでできること

正確な登降時間を記録できる

登降園管理システムを活用することで、正確な登降時間を記録することができます。 タッチパネルによる入力や、ICカードを専用の機械にかざすことで簡単に打刻でき、これまでにかかっていた手間や時間が短縮でき、登降時の混雑なども回避できるでしょう。

打刻データをもとに自動集計ができ業務効率化につながる

登降園管理システムは、打刻データをもとに園児ごとの保育日数や保育時間が自動集計できるため、業務効率化につながります。 集計作業は園児の数が多いほど、時間もかかり管理を行っている保育士が残業につながってしまうケースもあるでしょう。 登降園管理システムを活用することで、そのほかの費用も一元化でき、保育料全体の合計料金の把握や算出、保育士の残業カットなどにも役立てられます。

記入漏れやミスの軽減につながる

登降園管理システムは、タイムリーに打刻が行えるため、手書きによる 記入漏れやミスの軽減につながります。 登降園管理システム上で、万が一記入漏れや修正があった場合も簡単に修正や編集が可能なため、手間や時間をかけずに管理が可能です。

保護者との欠席報告や確認の手間が省ける

登降園管理システムは、保育園への出欠連絡や確認も簡単に行え、電話連絡での手間を省くことができます。 保護者はスマートフォンから出欠連絡を行い、保育士は保護者からきた連絡に対して「承認」ボタンを押すと、確認したことを保護者に報告します。 アプリ上で出欠の報告が完結するため、園児の登園で忙しい時間帯は、保護者や保育士双方にとってメリットは大きいでしょう。
登校園管理システム導入の無料相談はこちら
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

登降園管理システムは大きく2種類ある

登降園管理システムは大きく2種類ある イメージ画像 タブレット端末にタッチして打刻するタイプ 登降園管理システムには、 タブレット端末にタッチして打刻をするタイプがあります。パネル操作のためICカードは不要です。カード紛失の心配がある場合はこちらがおすすめです。

ICカードで打刻するタイプ

登降園管理システムの2つ目に、ICカードで打刻するタイプがあります。 ICカードで打刻するメリットは、下記です。
  • 慌ただしい時間の削減
  • ICカード以外の公共交通ICカード、電子マネーでも打刻可能(新たにカードを作る必要がない)
送り迎えが複数人いる場合などに便利です。 主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

保育園で登降園管理システムを導入する際のポイント

保育園で登降園管理システムを導入する際のポイント イメージ画像

費用を事前にしっかりと確認する

登降園管理システムを導入する際は、毎月の運用費や導入費など事前にしっかりと確認する必要があります。 日々利用する登降園管理システムにどのくらいの費用をかけられるのか、なぜ必要なのか、現状を把握したうえで選ぶことも大切です。 導入会社によっては、基本解約期間や、解約の場合は解約金が必要になるケースもあります。導入検討に迷った際は、お試し期間を設けている会社を選んでみるのも良いでしょう。

導入サポートが手厚いシステムを選ぶ

登降園管理システムを導入する際は、導入時ばかりではなくその後のサポート体制が手厚いサービスを選ぶと良いです。 登降園管理システムを実際使用していく中で、使い方に疑問を感じたりトラブルにあうことも考えられます。 サポート体制がどのようになっているかは口コミ等を確認すると生の声を見ることができます。

代理打刻方法を明確にしておく

登降園管理システムは、複数の保護者による代理打刻も可能なため、混乱を招かないよう事前に保護者に確認し周知しておく必要があります。 例えばICカードにて打刻を行う場合、園児1人につき4枚のカードが発行され、お迎えにそれぞれの保護者が利用できる登降園管理システムもあります。 システムの変更に伴い、それぞれの保護者や保育士が不便に感じないよう、臨機応変に対応できる登降園管理システムを選ぶことも重要になってきます。

おすすめの登降園管理システム4選

コドモン(CoDMON)

運営会社

月額費用

業務支援内容

  導入メリット

株式会社コドモン 3,000円~ 初期費用:0円~ ・登降園管理 ・出勤管理 ・健康、午睡チェック ・連絡帳作成 ・指導案、日誌作成 ・発達記録 ・欠席、延長連絡 ・行事予定をクラス毎に配信 ・職員間の情報共有(既読機能付き) 状況にあった運営方法のご提案~設置サポートまで充実のサポートで安心 ・簡単にデータのインポートが可能 ・無償でセキュリティ対応や機能追加などのアップデートが利用できる ・導入にあたる補助金活用をお手伝い
参照:CoDMON公式サイト

コドモン(CoDMON)紹介動画

https://youtu.be/VXypDjFcmFY 参照:CoDMON公式サイト

ルクミー

運営会社

月額費用

業務支援内容

導入メリット

ユニファ株式会社 5,000円~ 初期費用:0円 ・登降管理システム ・出退勤、シフト管理システム ・送迎バス位置情報お知らせGPSシステム ・クラス情報一元化システム ・連絡帳アプリ ・お便り、お知らせ一斉配信システム ・電子帳票システム ・インターネット写真販売&写真システム ・保育ドキュメンテーション ・午睡チェック用ボタン式センサー ・非接触体温計、検温記録アプリ ・請求管理システム ・導入時も導入後もずっと安心のサポート ・機能ごとのオンライン説明会あり ・複数人の保護者登録で情報の共有がスムーズ ・補助金申請に必要な準備をフォロー
参照:ルクミー公式サイト

ルクミー紹介動画

https://youtu.be/unnmqlNwpg4 参照:ルクミー公式サイト

チャイルドケアシステムプロ

運営会社

月額費用

業務支援内容

導入メリット

株式会社social solutions 4,900円~ 初期費用:0円 ・登降園管理 ・出退勤管理 ・シフト作成 ・保育料算出 ・連絡メール ・育計画作成 ・午睡センサー ・CCS SENSOR ・連絡帳アプリ ・充実した機能をチョイスしカスタマイズできる ・万全のサポート体制
参照:チャイルドケアシステムプロ(CCS PRO)公式サイト

チャイルドケアシステムプロ(CCS PRO)紹介動画

https://youtu.be/1oW0gkYvx8o 参照:チャイルドケアシステムプロ(CCS PRO)公式サイト

KIDSNAコネクト

運営会社

月額費用

業務支援内容

導入メリット

株式会社ネクストビート nextbeat Co., Ltd. 5,500円~ 初期費用:導入プランにより異なる ・労務管理 ・職員シフト管理 ・児童台帳 ・児童の登降園管理 ・保育料管理 ・お知らせ配信 ・写真管理 ・施設横断管理 ・お試しプランあり ・必要な機能のみを使用することができる ・操作が簡単 ・初期設定などのサポート付き
参照:ネクストビート公式サイト 主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

保育園の登降園管理システムの比較検討ならICTキッズへ

登降園管理システムは、園児一人一人の登降時間の把握や管理をスムーズに行ってくれるシステムです。
  • 業務の効率化
  • 保護者とのコミュニケーションの充実
  • 安全で円滑な園の運営につなげたい方
におすすめです。 しかし、登降園管理システムは「コドモン」をはじめ国内でも数十種類以上存在するため、比較検討に悩む方もいるでしょう。 ICTキッズでは、登降園管理以外でも園に必要な機能をチェックするだけで、園に最適なシステムをご案内いたします。  
保育ICTシステムを導入して
スタッフの負担を減らしませんか?
導入実績豊富なプロが、ご希望する条件にピッタリな
保育ICTシステムをご紹介いたします。
お電話での無料相談はこちらから
無料相談を予約
受付時間 9:00-19:00(土日祝・年末年始を除く)
 

関連タグ

スポンサーリンク

関連記事