ツイッタープロモーション(Twitter広告)を実施する3つのメリット

ツイッタープロモーション(Twitter広告)を実施する3つのメリット

「ツイッターで広告運用を考えている」という企業担当者の方も多いはずです。普段見るツイートのタイムライン上でプロモーションを目にする機会も増えてきました。なかには、ツイッタープロモーションを有効に活用し、今まで以上に多くの潜在顧客を生み出す企業もあります。

ツイッターは企業にとっても便利なもの——。それは多くの方がご存知のはずです。ただ、ツイッタープロモーションを実施する場合、運用のメリットをしっかりと理解しておくことが欠かせません。

今回は、ツイッターで広告を利用するメリットを3つ紹介していきます。

ツイッタープロモーション(Twitter広告)とは?

ツイッタープロモーションとは、ツイッター上で様々な広告を表示させ、ホームページへの集客や販促に繋げる手法です。一般的にはTwitter広告と呼ばれています。

ツイッターの利用者数は4,500万人を超え、国内SNSシェアはLINEに次いで第2位です。若年層以外にも30代以降のユーザーも多いため、幅広い顧客層にアプローチできます。また、情報の拡散性が高いのもツイッターの特徴の一つです。

ツイッタープロモーションを利用することで、潜在顧客・顕在顧客にかかわらず、ツイッターユーザーのタイムラインやフィード、検索結果などに広告を配置できます。もともと拡散力の高いツイッターだけに、SNSマーケティングのなかでも抜群の販促効果が期待できるでしょう。

ツイッタープロモーションの種類

ツイッタープロモーションには次のような3つの種類があります。

  • プロモツイート
  • プロモアカウント
  • プロモトレンド
それぞれ広告の表示方法が異なるため、3つの特徴や仕組みを覚えておくことをおすすめします。特に、ツイッタープロモーションのなかでもプロモツイートが最も一般的です。以下で詳しくお伝えしていきますので、まずはそれぞれの特徴を理解していきましょう。

 

プロモツイート

プロモツイートとは、一般ユーザーのツイートによく似た広告のことです。主にタイムライン上に、私たちが普段から投稿するツイートと同じように表示されます。

一般的なツイートと異なるのは、プロモツイートにはすべて「プロモーション」というラベルが表示されることです。これ以外の点は通常のツイートと同じなので、リツイートはもちろん、返信やいいねといった機能まで利用できます。

プロモアカウント

プロモアカウントとは、広告主をフォローしていないユーザーに向けてアカウント情報を発信する広告のことです。先ほどのプロモツイートとは異なり、アカウント単体で広告を表示させます。

プロモアカウントが表示されるのは、フィードや検索結果、「おすすめユーザー」セクションのなかです。ユーザーの趣味や嗜好、検索動向に合わせてプロモアカウントを表示するため、フォロワー数を増加させるには最適といえるでしょう。

プロモトレンド

プロモトレンドとは、「話題の検索」や「おすすめトレンド」の上部に表示される広告のことです。ユーザーが検索したトレンド情報に関連性の高いツイートを発信していた場合、プロモトレンドによって優先的に画面上部に広告が現れます。

トレンド性の高い商品を扱っていたり、一次情報の発信などメディア企業に最適です。

ツイッタープロモーションを利用した企業の成功事例

ツイッタープロモーションを利用する企業はすでに多く、様々な成功事例が確認されています。そのなかでも、ツイッターの特性をうまく生かした事例として、石鹸ブランドの「ダヴ(Dove)」が参考になるはずです。

2017年9月、ダヴはツイッターユーザー向けに面白いキャンペーン企画を実施しました。

期間中に、「ボディソープきれた」とツイートしたユーザーのなかから、抽選で60分以内に自宅までダヴのボディソープを届けるという企画です。このキャンペーンはプロモツイートを利用して実施されました。

このキャンペーンのユニークな点は、実際にボディソープを届ける配達員の姿や、自宅まで配達してもらったユーザーの様子などを写真付きでツイートしたことです。

もちろんツイッターには即効性があるため、その情報は即座に拡散。キャンペーンに応募したユーザーだけではなく、このイベントを外から見守っていた方にとっても、一つの面白企画になったと好評でした。

ツイッターの仕組みや性質をうまく活用した事例といえるでしょう。

ツイッタープロモーションを実施する3つのメリット

ツイッタープロモーションを実施することで、次のような3つのメリットが得られます。

  • ユーザーの年代や性別に偏りがない
  • UGCによる口コミ効果
  • インスタントウィン広告など運用効果の高い広告が多い
SNSマーケティングには、ツイッター以外にもフェイスブックやインスタグラムなどを利用したプロモーションが可能です。ただ、それぞれ特徴やメリットは大きく異なります。もし、プロモーションを行う目的が情報の拡散やブランディングにあるとしたら、ツイッターが最適です。

以下でツイッタープロモーションのメリットを詳しくお伝えしていきます。

 

ユーザーの年代や性別に偏りがない

SNSによってユーザーの年代や性別にやや偏りがあります。以下の表をご覧ください。
まず、フェイスブックを利用するユーザーの割合は、若年層よりも30代以上が多いことに特徴があります。かといって、30代以上の利用者が圧倒的に多いかといえば、決してそんなこともありません。

また、インスタグラムのユーザーは圧倒的に女性が多いことが特徴です。30歳以上の利用率になると、男性は17.3%と各SNSで最低クラスとなります。

一方、ツイッターの場合は性別ごとの偏りはありません。また、若年層の利用率は圧倒的に多いものの、30代以上のユーザーからも支持されていることが分かります。

このようにツイッターは年齢や性別の偏りが少ないため、プロモーションによって幅広いユーザーにアプローチすることが可能です。そのため、プロモーションを活用できる業種も広く、どんな企業でも使いやすい点がメリットとなります。

UGCによる口コミ効果

UGC(User Generated Contents)とは、企業や事業者からではなく、一般ユーザーが生んだ情報コンテンツのことです。ツイッターのリツイートなどは、企業などの一次情報をもとにした代表的なUGCといえます。

UGCの利点は、ユーザーによって商品やサービスの口コミ情報を自動的に広めてくれることです。

たとえば、先ほどのダヴの事例でも、キャンペーン情報を見たユーザーが「この企画楽しそうだよね」という情報を発信するだけでも、彼らの友人・知人へ自動的に内容を共有してくれます。

ツイッターの場合は、もともと高い拡散力があるからこそUGCが活きます。また、ツイートプロモーションに対する効果が、「いいね」やフォローなどによって分かる点も大きなメリットです。

インスタントウィン広告など運用効果の高い広告が多い

ツイート広告の一つに「(オートリプライ)インスタントウィン広告」があります。これは、広告主のプロモツイートをユーザーがリツイートすることで、「当たり」や「はずれ」といった内容を自動返信できる機能です。

たとえば、毎日挑戦できる「くじ引き」のプロモツイートを発信しておけば、参加したユーザーへ自動的に「当たり」や「はずれ」の結果を返してくれます。また、当選発表やDMによる当選者への連絡も自動化できます。

こうしたプロモツイートを定期的に発信するだけでも、十分なユーザーとのコミュニケーション手段となるでしょう。今までならツイートプロモーションの企画を考えるだけでも相当な時間を要したものが、インスタウィン広告のおかげで短時間に、なおかつ高い効果を得ることができます。

まとめ

ツイッタープロモーションを利用することで、企業や商品のブランディングに加え、ユーザーとの新しいコミュニケーション環境を生み出すことが可能です。ツイッタープロモーションには大きく分けて3つの種類がありましたが、それぞれを組み合わせることで運用効果が高くなるでしょう。

ただ、ツイートプロモーションを実施することで今まで以上に業務への負荷がかかることは間違いありません。「広告を運用したいけど人手が足りない」「なるべく手間をかけたくない」という方は、当サイトが紹介している「Tweet Town」をご検討ください。

Tweet Townは、企業のツイート運用をAIで自動化し、フォロワーを増やしたり収益化に結び付けることができます。今回お伝えしたツイッタープロモーションと併用もできますので、ぜひTweet Townの情報もご覧ください。

insta town

Tweet Town

スマートで効率的なTwitterアカウント運用ツール[ツイートタウン]
分析、投稿予約、自動化機能でTwitterマーケティングをサポートします。

関連タグ