MEO対策の費用相場を徹底解説!おすすめの無料ツールも紹介【2024年最新】

「MEO対策の費用相場は?」
「無料で使えるツールはある?」


店舗運営やビジネスにおいて重要な地域密着型の集客には、MEO対策が有効です。

しかし、「コストはどのくらいかかる?」「MEO対策サービスにはどんなプランがある?」といった疑問を抱く企業も少なくありません。

本記事では、業態・業種別の費用相場やサービス選定における注意点、おすすめの無料ツールなどを紹介します。

MEO相場の現状と重要なポイント

MEO対策の基本概念と必要性

地域密着型ビジネスの集客において、MEO対策は非常に重要な役割を果たします。

MEOの基本概念は、Googleマップ等の 地図サービスにおいて、自社店舗の情報を最適化し、検索結果で上位表示されることを目指す ことです。

ユーザーからの検索が増えることで、店舗の認知度が高まったり、ターゲットの来店を促したりできるため、集客力の向上が期待できます。

▶MEOについて詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!

MEO対策のポイント

MEO対策で集客アップを目指す際に重要なポイントは、 適切なキーワード選定とビジネスプロフィールの充実 です。

キーワード選定では、業種や地域を考慮した最適なワードを設定することが重要です。また、ビジネスプロフィールではその業種や地域のユーザーが求める情報の提供が求められます。

さらに、自社のマーケティング戦略に沿ったMEO施策を講じたり、口コミやSNSを活用し、店舗の評判を上げることも効果的です。

 

編集部

最新のMEO対策を取り入れることで競合店舗との差別化につながり、集客アップに繋がります。

 

MEO対策の費用相場

MEO対策ツールや代行サービスには、 月額固定型と成果報酬型のプラン があり、費用相場は業態や業種によって様々です。

月額制度では、予算に合わせてプラン選定が可能で、初期費用と月額費用が発生します。

成果報酬型では、成果に応じて料金が発生するため、効果が高まるほど費用が増えます。

  成果報酬型 月額固定型
費用相場 日額500〜1,500円 月額2万円〜8万円

 

初期費用の費用相場は3万~5万円

MEO対策の初期費用は3万円~5万円程度が相場です。主に、以下のような項目が含まれます。

  • Googleビジネスアカウント取得
  • 基本情報の登録(店舗名・住所・電話番号など)
  • 写真撮影

また近年は、初期費用無料の業者も増えてきています

サービス形態によっても料金相場は変動

MEO対策ツールを利用するか、代行業者を利用するかによっても費用相場は異なります。

自社で運用できるMEO対策ツールには、無料で始められるものもありますが、機能やサポートの充実した有料ツールも存在します。

また、MEO対策の専門業者に運用代行を依頼する場合は、委託先やサービス内容、選定基準によって料金が変動します。

▶成果報酬型で安心!MEO対策をプロがサポート!

MEO対策のサービス選定における注意点

MEO対策のサービス選定においては、 サービス内容や料金が明確であるか確認 が必要です。特に、月額費用や初期費用について、相場に対して適切な価格であるか確認しましょう。

また、実績があり信頼できる業者を選ぶことも大切です。業界での知名度や専門性を調査し、同業他社の利用実績や口コミを参考にしましょう。

さらに、サポート体制やデータ分析機能も重視しましょう。適切なアドバイスや効果測定が可能であれば、より効率的な運用が見込めます。

最後に、契約期間と解約条件も確認しておきましょう。長期契約に縛られることなく、柔軟に対応ができるサービスを選ぶのがおすすめです。
トレンドのMEO対策ツールをチェック

MEO対策費用に影響を与える要素

キーワード選定の重要性と費用に与える影響

キーワード選定はMEO対策において非常に重要な要素です。適切なキーワードを選定すれば、集客効果が高まるほか、施策の費用対効果も向上します。

重要なポイントは、 競合が少なく検索ボリュームが多いキーワードを選ぶ ことです。これにより、上位表示に必要な労力や広告費が削減できます。

また、地域や業種に特化したキーワードの選定も効果的です。特定エリアのユーザーをターゲットにすることで、コンバージョン率が向上し、費用対効果が高まります。

さらに、キーワード選定に関するデータ分析ツールや専門家のアドバイスを活用することもオススメです。

編集部

キーワード選定はMEO対策費用に大きな影響を与えるため、最適解を見つけ出せるように尽力しましょう。

依頼する業者による費用の違い

MEO対策の費用は、 依頼する会社の専門性や実績、提供されるサービス内容や対応範囲 によっても大きく異なります。

例えば、大手マーケティング会社や広告代理店が提供するMEO対策は、専門知識や豊富な実績を持ち、多くの業種や地域に対応できる分、費用が高額になりがちです。

一方、地域密着型の業者や個人が行うMEO対策は、比較的リーズナブルな価格で提供される反面、対応範囲や実績が限定的なめ、エリアや業種によっては要望を満たせない場合があります。

Googleマップ表示順位への効果

MEO対策によってGoogleマップで上位表示されると、店舗のビジネスプロフィールがより多くのユーザーの目に留まるため、集客効果が高まります。

表示順位には、 口コミ数や評価の高さ、写真の数や質、提供するサービスや商品の関連性、ユーザーの検索履歴 など、複数のポイントが考慮されます。

MEO対策は、一度の取り組みだけで持続的な成果は期待できないため、継続的な努力が必要です。結果の検証と施策の改善を繰り返しながら、長期的な視点で運用しましょう。

Googleマイビジネスアカウントの適切な管理

MEO対策施策の一つとして、Googleマイビジネスアカウントの適切な管理が挙げられます。

具体的には、 ビジネス情報の正確性や最新性の維持、適切なキーワードの設定、定期的な投稿や写真の追加 などの取り組みが必要です。

▶Googleマイビジネスの運用をプロがサポート|お問い合わせはこちら

自社サイトとGoogleマイビジネスアカウントの連携

MEO対策には、自社サイトとGoogleマイビジネスアカウントの連携も有効です。連携する際は、サイトからのバックリンクや情報の一貫性を重視しましょう

さらに、SNSやWebコンテンツを活用して自社のブランディングを強化し、Googleマップでのエリアや業種での競合と戦うことも必要だ。

口コミや評価の獲得

MEO対策においては、顧客からの口コミや評価の獲得も有効です。口コミ件数が多いほど、ビジネスの信頼性が高いと判断されるため、表示順位も向上しやすくなります。

特典やキャンペーンなどを用意し、顧客の口コミの投稿を促しましょう。

 

 

MEO対策プランとそれぞれのメリット・デメリット

月額固定料金プランの内容と特徴

月額固定料金プランは、SEOやMEO対策を含むマーケティングサービスを一定の料金で提供する形態です。費用が毎月一定なので、 予算管理しやすい のが最大の特徴です。

月額固定料金プランのメリット

  • 毎月の費用を把握しながら、適宜必要な施策を予算内で実施できる
  • 初期費用が無料または割引価格で提供される業者が多く、導入費用を抑えられる
  • 多くの場合、定額のサービス内容にSEOやMEOの基本的な対策が含まれている

キーワード選定、コンテンツ作成、サイト内外の最適化、Web解析が一定の範囲でカバーされるため、自社で対策を行う場合と比べて時間と労力を節約できます

月額固定料金プランのデメリット

  • 成果が芳しくない場合も一定の料金が発生するため、費用対効果が得られない可能性もある
  • サービス内容が一定なので、状況に応じて柔軟に対応するのが難しい

例えば、競合が増えた場合やGoogleのアルゴリズムが変更された場合、追加費用が発生してしまう可能性があります。

成果報酬制プランの内容と特徴

成果報酬制プランは、成果に応じて料金が発生するプランで、主にSEO対策が対象となります。

万が一成果が出なかった場合には料金が発生しないため、無駄なコストが発生しない のが特徴です。

成果報酬制プランのメリット

  • 成果が出なかった場合は料金が発生しないため、低リスクで利用できる
  • 代行会社は、成果がなければ利益を得られないため、提供されるサービスの質が高い傾向にある
  • クライアントの状況に応じて柔軟な対応が可能なため、状況が変わっても迅速に対策を講じることができる

成果報酬制プランのデメリット

  • 高い成果が出た場合、料金が高額になる
  • 成果に対して過剰な期待を持ち過ぎると、満足できない結果になることもある
  • 成果が出るまで料金が確定しないため、予算を管理しにくい

自社で運用する場合の費用と効果

自社で運用する場合の費用

基本的なSEO対策やコンテンツ制作、キーワード選定などの業務を自社で運用することで、外部の業者へ報酬を支払わずに済むため、コストを節約できます。

ただし、自社で運用する場合でも、Webサイトの管理やデータ分析などの専門知識が必要になるため、 社内のスタッフの研修費用や専門書籍の購入費用などは必要 です。

また、最新のSEO対策や施策を追い求める場合には、それぞれのキーワードやトレンドを調査するための時間と労力も考慮する必要があります。

自社で運用する場合の効果

自社で運用することで、 業者に依頼する場合よりも状況に応じて柔軟な対応が可能 となります。

例えば、競合他社との差別化を図るために、随時コンテンツを更新したり、マーケティング戦略と連動したSEO対策を行うことが可能です。

さらに、自社で運用することで、外部の業者に依存せず、自社のビジネス戦略に沿った最適な対策を実施できます。

ただし、専門知識やスキルを持つ自社スタッフが不足している場合、効果を最大限に引き出すためにスタッフの研修や最新の情報収集に力を入れることが重要です。

編集部

自社での運用には、一定のメリットがありますが、専門知識や技術を持つスタッフの育成や情報収集が不可欠です。

 

MEO対策を支援するツール・サービス

無料で利用可能なおすすめツール

  • Keyword Planner:キーワードの検索ボリュームや競合度、関連キーワードの提案などが行える
  • Search Console:検索キーワードやランキング、クリック数などのデータを把握でき、対策効果の確認に役立つ
  • PageSpeed Insights:Webサイトの速度改善やSEO対策に関する問題点を特定し、解決策を提案してくれる
  • Google Analytics:サイトのトラフィックやユーザー行動を分析できる

有料ツールの価格帯と機能比較

有料のMEO対策ツールにはさまざまな機能があり、製品や仕様によって価格帯も大きく変動します。

ツールを選定する際は、自社のニーズを洗い出し、複数の製品で特徴を比較することが重要です。

ツール選定のポイント

◎自社の規模や業種、施策範囲、予算を考慮して最適な価格帯を決定する
◎複数の製品で機能を比較し、必要な機能が揃っているか確認する
◎サポート体制や契約期間、更新料金なども検討し、長期的に安心して利用できるツールを選ぶ

低価格帯のツール

低価格帯の有料ツールは、多くの場合 基本的な機能のみを提供 しています。特に、費用を抑えたい初心者や小規模なビジネスにおすすめです。

ただし、機能が限定的であるため、成長した企業や広範囲で複雑な対策が必要な場合には不十分なこともあります。

中価格帯のツール

中価格帯のツールは、 機能性と費用のバランスを取りやすい のが特徴です。特に、中小企業やWebマーケティングを本格的に展開している企業に適しています。

ただし、機能の網羅性においては、高価格帯のツールに劣るため、自社で行いたいMEO対策をしっかりカバーできるかどうか確認が必要です。

高価格帯のツール

高価格帯のツールは機能性が非常に充実しており、 専門的なデータ分析やレポーティング、競合分析など、上位層のニーズにも対応可能 です。

大企業や専門の広告代行業者向けで、月額費用や初期費用が高額な分、高度な対策が可能です。
MEO対策ツールをチェック!

MEO対策費用のまとめ

MEO対策の費用は、導入するツールや依頼する代行業者によって大きく価格が変動します。

無料ツールは、コストを抑えて基本的な対策が可能ですが、機能が限定的です。一方、有料ツールは、価格帯によって機能が異なりますが、より効果的な対策が可能です。

事業の規模や業種、施策範囲、予算を考慮し、必要な機能が揃っているツールを選択することで、自社に合ったツール選定できます。

また、サポート体制や契約期間、更新料金なども検討し、長期的に利用できるツールを選ぶことが重要です。

▶検索エンジンやSNS、マップの店舗情報を一括管理して効率的に集客対策!

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!