営業代行のおすすめ5選!基本知識や料金設計から選定ポイントを解説

企業の売り上げを作り出すために、とくに重要な職種が「営業」です。しかし企業の中には営業マンの人員不足や、教育不足など問題を抱えている企業も多いでしょう。
そんななか企業の営業マン問題を解決する手段として、営業代行を導入する企業が増えているのをご存知でしょうか。
本記事では営業代行の基本的知識や、お勧めの営業代行会社について紹介していきます。自社の営業代行にお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

営業代行の基本


営業代行とは、自社の商品・サービスの営業業務を代理でおこなってくれる外注サービスです。営業代行にはさまざまな種類あり、toC向けのテレマーケティングや、toB向けの商談交渉など、自社が求める営業の形に合わせ、代行企業を選択できます。

しかし営業代行の業務はそれだけではありません。営業活動に必要な資料の作成や、顧客ニーズの分析、コンサルなど営業に関する業務全般が営業代行の業務なのです。そのため営業代行を選ぶときには、企業がどんな営業スタッフが欲しいのか具体的に設計しましょう。

営業代行と営業派遣の違い


営業代行と混同しがちなのが「営業派遣」です。
営業代行と営業派遣の大きな違いは指揮命令権にあります。
営業代行の指揮命令権は営業代行会社にありますが、営業派遣の指揮命令権は派遣先の管理職が担当しているのです。

営業代行の特徴


営業代行の場合、自社で代行社員を管理することはありません。なぜなら指揮命令権は営業代行の運営元にあるため、業務は委託先にすべて委ねられているからです。そのため自社でスタッフの研修を行う必要がなく、即戦力として人員を投入できます。

また営業代行の業務は、営業だけでなく見込み客の管理や、戦略の立案も行うのが特徴です。いわば営業代行は、営業のプロ集団をアウトソーシングするイメージでしょう。

営業派遣の特徴


営業派遣の場合、指揮命令権は依頼した企業の管理職に委ねられます。業務内容は営業代行よりも簡易的なのが特徴です。簡単に言えば営業派遣は、営業成績を出すための人員ではなく、一時的なヘルプ要員として使われることが多いでしょう。

営業派遣を依頼するときには「○月から1ヶ月間、▲▲サービスのテレアポをする人員が欲しい」など、すでに目的が決定していることがほとんどです。

営業代行を使うメリット


企業としては営業代行を依頼するにあたり、どんなメリットがあるのか具体的に知っておかねばなりません。しかし企業の中には、まだ営業代行を使うメリットが具体的に浮かんでいない」という方もいるはずです。そこで以下では営業代行を利用するメリットを紹介していきます。

メリット①:教育にかけるリソースを削減できる


社内で営業スタッフを育てるためには、費用も時間もかかります。最近では電話が苦手という新人も増えてきており、営業として一人前に育てるのが難しいと感じている企業も多いでしょう。
しかし、営業代行であれば、営業経験豊富なスタッフが業務を代行してくれるので、必要な営業活動をすぐに始めることができるでしょう。即戦力が欲しいという企業にとって、営業代行はぴったりのサービスです。

メリット②:営業力の高い人員を確保できる


営業代行に所属しているスタッフは、営業のプロフェッショナルがほとんどです。もともと営業として力をつけてきたスタッフが、フリーランスや副業として営業代行に登録しているケースが多いので、より優秀な人員を確保することができるでしょう。
また営業代行の費用は「成果報酬型」が多く愛用されているため、スタッフのモチベーションの高さが伺えます。

営業代行を使うデメリット


営業代行のメリットに合わせて、デメリットについても確認していきましょう。デメリットについて抑えておくことで、導入後のリスクをあらかじめ想定することができますので、しっかりチェックしてみてください。

デメリット①:ノウハウが蓄積されにくく外注への依存度が高くなる


営業代行を使えば、たしかに社内の営業力を瞬時に高めることができます。しかし営業代行に頼るあまり、ノウハウが社内に蓄積されにくいのが営業代行のデメリットといえるでしょう。

たとえば、売れるためのテクニックやクレームへの対応のノウハウは、社内の営業力を保つために重要です。しかしノウハウがたまらず、社内の営業力が上がらなければ、ますます営業代行に依存しやすくなります。企業は営業代行を使うときに、ノウハウを蓄積することを忘れないようにしましょう。

デメリット②:スタッフ管理がしにくい


営業代行の指示権限は代行業者が所有していることが多いため、研修時にどのような内容を教育されているのかを、企業が把握することは難しいでしょう。
また情報流出のリスクも考えられます。営業代行と契約するときには、機密保持に関する契約を結びますが、人と話す機会の多い営業という特性上、万が一という可能性もあります。

専門性が高かったり、個人情報を多く取り扱う企業は、営業代行に「どこからどこまで任せるか」事前に決めておきましょう。

営業代行がおすすめの企業は?


営業代行は営業力の強い人員を確保できますが、それなりのリスクも発生します。メリット・デメリットに合わせて、どんな企業に営業代行が向いているのか確認してみましょう。
  • 営業の人員が不足している
  • 営業の教育体制が確立していない
  • 短期間で営業成績をだしたい
  • 新規エリアの開拓をおこないたい
  • 営業力の底上げを検討している
また企業によっては、業務効率化を目指したい企業に向けて、電話業務の代行を行ってくれる会社もあります。電話は本来の業務の進行を妨げる可能性がありますので、業務効率化に関心のある方は電話代行を使ってるのもいいでしょう。
  • 【電話代行サービス5選】サービス選びのポイント

    営業代行を選ぶポイント


    営業代行会社に営業を依頼するときに、いろいろな会社があり、どこで頼べばいいのかわからないという企業も少なくありません。
    営業代行を選ぶにあたってまず重要になるのが、自社との相性です。自社と合わない会社を選んでしまうと、かえって業務が滞ってしまったり、コストがかさみます。営業代行を選ぶポイントは、以下にまとめてありますのでぜひ確認しておきましょう。

    営業代行の強みはどこか


    営業代行とひとことで言っても、企業によって得意な分野が異なります。例えばtoC向けのテレマーケティングに強い営業代行もあれば、toB向けの商談に強い営業代行もあるでしょう。そのため自社が求めている営業像を具体的に設定するのが大切でしょう。

    料金設計


    営業を外注するにあたって気になるのが、料金設計ではないでしょうか。営業代行の料金には以下の3つの料金プランが用意されています。
    1. 成果報酬
    2. 固定報酬
    3. 複合型(成果+固定)

    それぞれの料金設計の特徴について簡単に確認していきましょう。

    成果報酬


    成果報酬の場合、成果に応じた費用が発生する仕組みなので、余計な費用を払う必要はありません。しかし報酬のために営業マンが強引な営業をするリスクがあります。

    固定報酬


    また固定報酬の場合、初期費用がかかるものの予算が組みやすいが特徴です。一方、成果が出なくても報酬を支払わなければならないのがネックです。

    複合型


    最後の複合型は、一定の固定報酬を設定しておき、それ以上の成果が出た場合に成果報酬制になる仕組みです。予算の管理のしやすく、強い営業マンを確保できる料金設計と言えるでしょう。

    営業代行の相場は?


    以下では営業代行の相場についてまとめています。相場は成果報酬や固定報酬など料金設計に応じて差がありますので、自社にとってどの料金設計がマッチしているかヒントになるでしょう。

    (参考:営業代行会社の平均費用と料金相場を早見表で確認 アイミツ

    成果報酬VS固定料金どちらを選ぶべきか


    営業代行を検討している方の中には「成果報酬と固定料金どちらを選べばいいかわからない」という方もいるはずです。
    一般的に成果報酬は、ノウハウのある既存営業のテレマーケティングや訪問に利用されることが多いでしょう。一方成果報酬は、ノウハウが蓄積されていない新規開拓に使われることがほとんどです。
    そのため相場だけでなく、自社が求める営業業務の内容によって決めるのも手でしょう。

    おすすめの営業代行


    営業代行は業務効率化の観点から、需要が急速に増えている市場です。そのためどの営業代行も歴史が浅く、どこの営業代行にすればよいかわからないという方も少なくありません。
    そこで以下では、お勧めの営業代行を5つまとめました。ぜひ営業代行選びのヒントにしてください。

    株式会社Wiz(ワイズ)


    ITの総合商社Wizが手がける営業代行が「営業代行の窓口」です。営業代行の窓口の最大の特徴は、リスト選定からクロージングまで丸ごと任せられるという点でしょう。また営業代行は費用が高額になりがちですが、Wizでは業界最安値に挑戦しています。
    そのため、営業に関する業務を格安で任せられるのです。営業トークもWizで考えてくれるので、営業ノウハウのない企業であっても安心です。
     
    営業代行の窓口に関するお問合せはこちら
    お問い合わせ

    株式会社CEREBRIX(セレブリックス)


    株式会社CEREBRIXは、法人向け営業や新規事業に強みのある営業代行です。顧客開拓や市場調査、クロージングまでまとめて依頼できるのも魅力でしょう。営業マン研修も実施していますので、営業力の底上げにも期待できます。
     

    株式会社ambient(アンビエント)


    株式会社ambientは、不動産分譲販売や太陽光発電など、法人商材に強いテレアポ営業代行です。自社商材のヒアリングをもとに、トークを作成してくれる作成してくれるので、専門知識が必要な商材も高確率で受注につなげることができます。ambientでは、社長など決裁者へのアプローチを得意としていますので、質のいいアポイントを取ることができるでしょう。
     

    アズ株式会社


    アズ株式会社は成果報酬型の営業代行を提供。。内容としてはアポイント獲得、オンライン商談システムの営業代行を行っています。新規・既存・過去リストからの発掘作業など、ストレスの多いアポイント業務を効率的に代行してくれるでしょう。
    また、新人営業マンに向けた研修サービスもおこなっていますので、自社の既存営業マンの販売力を強化したいと考えている企業にもおすすめです。

    株式会社SORAプロジェクト


    株式会社SORAプロジェクトは、テレアポ代行・インサイドセールス・市場調査の3つを中心とした営業代行です。
    10年以上の実績とノウハウをもとに、ベテラン営業マンが、自社の営業スタイルに合わせた業務サポートをおこなってくれます。また契約に繋がらなかった通話記録から、情報を分析しレポートを作成してくれるので、ノウハウの蓄積にも効果的でしょう。

    まとめ


    営業代行を導入することで、営業ノウハウのない企業でも、高レベルな営業マンを確保することができます。
    サービスによって種類も様々であるため、まずは自社に最適な営業マンをイメージしたうえで営業代行選びを行うことが重要になってくるでしょう。
    しかし営業代行に頼り過ぎることで自社の営業力が身に付かず、コストが発生し続ける点には注意が必要です。
    営業ノウハウを蓄積することも大切ということを踏まえて、うまく活用しましょう。
     

関連タグ

関連商品

会計ソフトを使った記帳代行サービス

低コストで導入できる記帳代行サービス

低コストで導入できる記帳代行サービス
いつでもどこでもFAXが出来る!

電話機不要!スマホで送受信可能なうえ、コスト削減に効果的!

電話機不要!スマホで送受信可能なうえ、コスト削減に効果的!
音声翻訳と有人サービスを使い分け可能な通訳サービス

音声翻訳と有人の使い分けが可能な「クラウド型AI通訳サービス」

音声翻訳と有人の使い分けが可能な「クラウド型AI通訳サービス」

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

ハルエネでんき

インターネット回線の切り替え(光回線)

もっとみる
店舗

Uber Eats(ウーバーイーツ)

電力会社の切り替え

beepデリバリー

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます