• TOP
  • コラム
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)で業務効率化!
デジタルトランスフォーメーション(DX)で業務効率化!

デジタルトランスフォーメーション(DX)で業務効率化!

wizマガジン編集部
最近よく耳にするようになった、デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉。「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念で、企業においてはデジタルテクノロジーを利用して、新たなビジネスプロセスや経営戦略を再構築することを指します。

デジタルトランスフォーメーションを実現することで、業務効率化、サービス向上、収益アップ、コストカットなど、さまざまな恩恵が得られるようになるでしょう。

今回はその中から「業務効率化」に焦点を絞って、解説していきたいと思います。業務効率化の進め方や、オススメの業務改善サービスについても紹介していきます。
 

デジタルトランスフォーメーション(DX)で業務効率化とは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)で構築されるプロセスには、主に以下のような点があると考えられています。

1.デジタル化
2.効率化
3.共通化
4.組織化
5.最適化

これらのプロセスを進めていくことで業務効率化が図られ、最終的には新たなイノベーションの発生や、ビジネスモデルの改革が行われていくとされています。逆に言うとデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める上では、業務効率化は避けられない課題となります。
 

業務効率化の進め方

そもそも業務効率化とは、既存の業務を今よりも効率的に実施できるようにすることを指します。仕事を進める上のプロセスから不要なものを省いて、より効率的に業務を進められる状態にしていきます。

近年では少子高齢化に伴う労働人口の減少や、働き方の多様化によって各業界で人手不足が深刻化しています。慢性的な人手不足を補うためには、業務効率化が必要不可欠なのです。
また近年では、厳しい環境を生き抜くために経営戦略の変更、組織体制の革新、新システムの導入などが進められています。

しかし急激に環境が変化したことによって、業務プロセスが複雑になり、逆に効率が低下してしまうといった事態も発生しています。効果的な業務効率化を図ることで、業務の硬直状態を防ぐとともに、コストカットや生産性向上といったメリットにも繋がるでしょう。
 

業務効率化のメリット

業務効率化を実行することは、企業や店舗にとって以下のようなメリットがあります。


1.利益率アップ
業務効率化の最大の目的と言われているのが、利益率の向上です。業務効率化を行うことで、コストカット、人件費削減、生産性向上といったメリットが期待できます。

2.コストカット
業務から不要なプロセスを省くので、コストカットが実現できます。負担となっていた業務を減らし、時間外労働を削減することも可能です。作業時間の短縮により、人件費削減効果も期待できます。

3.従業員満足度アップ
業務効率化によって生じた利益の一部を、社内環境整備や福利厚生などにあてれば従業員の満足度アップにも繋げられます。従業員のモチベーションが高まることにより、優秀な人材の離職防止、新しい人材確保といったメリットもありますよ。

効果的な業務効率化を実現するために、進める際の注意点についても紹介していきます。
 

ポイント1.コア・コンピタンスの再確認

コア・コンピタンスとは、言うなれば「事業の強み」です。事業の核となる能力や特色のことであり、企業経営を支える基盤となります。主に以下の三項目が、コア・コンピタンスの条件とされています。

・顧客に利益をもたらす自社能力
・競合する相手に真似されにくい自社能力
・複数の商品および、市場に推進できる自社能力

これらはいうなれば会社の武器となるものであり、業務効率化を図る際にも決して外せない部分として認識しておく必要があります。業務効率化は、良くも悪くも企業の経営環境に影響を与えかねません。いくら業務効率化が図れるからといっても、コア・コンピタンスに悪影響が出てしまうような方法は避けるのが得策です。
業務効率化の前に、まずはコア・コンピタンスが何かを再確認した上で、良い方法を検討してください。
 

ポイント2.目的を確立する

コア・コンピタンスを再確認したら、業務効率化を行う上での目的を確立します。業務効率化には生産性向上、コストカット、人件費削減など複数のメリットが挙げられます。何を目的として業務効率化を行うのか、最終的にどのような目標を設定するのかを明確にしておきましょう。
 

ポイント3.業務の見える化

業務効率化を図る際には、現在の業務を取り巻く状況の流れを知る必要があります。今までの業務において、無駄がないかを確認するために有効な方法が、業務の見える化です。無駄な業務を洗い出せたら、不要と判断した部分を排除していきましょう。

また今よりも効率化できそうな業務も発見できるかと思われます。残すべき業務とカットすべき業務、効率化できる業務を分けて考えることが大事な要素となります。
 

ポイント4.改善計画の作成

業務効率化すべきポイントが発見できたら、いよいよ改善する為の計画を作成していきます。改善計画書を作成する際には、緊急度と重要度の基準に優先順位をつけていくのをオススメします。この二つがきちんと設定されていないと改善の成果が出るまでに時間がかかってしまうので、明確に設定しておきましょう。

スムーズに業務を進めるための対策を洗い出し、効率的な形で仕事が進められる形の改善所を作成してください。
 

ポイント5:マニュアル化

業務を見直したことにより、仕事内容や進め方が今までと異なってしまう部分も出てくるかと思われます。そこで残った業務を整理するために、業務マニュアルやフローチャートを整備しましょう。マニュアル化することにより、業務内容や手順を質問する時間や、会議にかかる時間をカットすることが可能となります。

スムーズな作業やミス削減効果も期待できるので、マニュアル化も忘れずに取り組んでください。
 

WizCloudがオススメする業務改善サービス

業務効率化を進める上で有効な手段の一つとして、ITシステムの導入・活用があげられます。

IT技術は日々進化しており、最新の有用なシステムを導入することにより、日々の仕事や情報共有のスピードをアップすることも可能です。またITシステム導入の効果は業務効率化のみならず、さまざまな場面で恩恵も受けられるでしょう。

それでは業務改善サービスにはどのようなものがあり、どんなことができるのでしょうか。本サイトがオススメする業務改善サービスの一部を紹介します。
 

コドモン

主に保育園の業務支援システムとして提供されているサービスの「コドモン」。人手不足でオーバーワークになりがちな保育士の業務を助けるシステムとして、多くの保育施設で導入が進められています。コドモンでは以下のような業務をサポートしてくれるので、多忙になりがちな保育士は大助かりですね。

・各種健康チェック
・指導案、日誌の作成
・園児ごとの登降園管理
・園児ごとの延長保育計算
・請求管理
・保護者への連絡
 
価格 5,000円~
オプション価格 登降園機能:3,000円

延長保育料計算:2,000円

指導案の作成機能:5,000円

シフト作成機:3,000円

給食管理機能:5,000円

現場の保育士を第一に考えた簡単な操作性で、ITに詳しくない人でも簡単に扱えます。もしも使い方に困った時には、専門のサポート体制も整っているので安心ですね。なおコドモンの利用には、Wi-Fi環境が必要となるので注意してください。
本サイトでもサービスを紹介していますので、ぜひ目を通してみてください。
 
コドモン

商品名

コドモン

ビューティメリット

ビューティメリットは、理容・美容に特化したシステムです。お手持ちのiOSやAndroid端末にアプリをダウンロードするだけで利用が可能となります。ビューティメリットでは、主に以下のようなことが行えますよ。
・予約受付
・予約管理
・電話予約や外部予約サイトとの連携

予約は24時間365日、いつでも簡単に行えます。予約忘れ防止機能やクーポン送付の機能も搭載されているので、リピート率のアップにも繋げられるでしょう。また大手外部予約サイトと連動して、自社サイトや電話予約との一元管理も可能なので、ダブルブッキングも防げます。

予約を受け付けるための手段は多様化しており、電話、自社サイト、外部の大手サイトなど、すべてを管理するのは大変ですよね。ビューティメリットならすべての予約を一括管理できる上に、予約受付・管理に人員を割く必要がなくなるので、業務効率化に繋がります。サロン独自のアプリ作成も可能なので、自サロンならではのサービスを提供して、リピート率のアップに活用してください。
 
初期費用 100,000円~
月額費用 20,000円~

※契約店舗数や加入プランによって料金は変動します。

本サイトでもサービスを紹介していますので、ぜひ目を通してみてください。
ビューティーメリット

商品名

ビューティーメリット

 

まとめ

今回はデジタルトランスフォーメーション(DX)を活用した、業務効率化について解説しました。

日々、目まぐるしく変化する中で、企業・店舗側は新たな経営戦略・ビジネスビジョンの練り直しに迫られています。激しい生存競争を生き残っていくためにも、業務効率化や最新システムの導入は避けて通れない課題となっています。今回紹介したポイントを押さえ、現在の業務で発生している無駄なプロセスを省き、効率化に役立ててください。

本サイトでは最新システムの紹介や、運用にあたってのご相談も受け付けております。ご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

あなたにぴったりの
プランをご提案します

ワイズクラウド相談窓口
受付時間:平日9:00-18:00
(土, 日, 祝, 年末年始除く)

関連商品

ITEM

新着コラム

COLUMN

タグ

KEYWORD