【アフターコロナ】飲食店の営業再開に必要な準備4項目とは?

緊急事態宣言が解除された地域が増えるなか、今後アフターコロナとしてどのような営業を行っていくべきなのでしょうか。今回はアフターコロナとしての飲食店の営業について注目!どのような対策が必要になってくるのか一緒に確認していきましょう。

今すぐできるコスト削減方法を無料公開!!

ガイドブック

経営者・店舗オーナー様必見!家賃/人件費/水道光熱費/通信費/仕入れコストなど それぞれの【削減率・削減可能額】が明らかに!

資料のダウンロードはこちら

アフターコロナで飲食店営業再開に対する消費者心理は?


緊急事態宣言が解除されたり、これまでの休業要請や営業時間短縮要請が解除されたら、飲食店としても営業を再開し、売上を少しでも上げたいところ。消費者としても、不要な外出は控えながらも、外出する機会は増えることでしょう。そこで外食する消費者も増えるはず。アフターコロナとして、消費者が利用したいと考える飲食店はどのようなお店なのでしょうか。
》飲食店はしておきたいコスト削減!4つのポイントとは
 

営業再開したら行きたい飲食店は?

まずは、外食を楽しめることはもちろんですが、前提となるのはコロナウィルスに対する感染対策を徹底して行う必要があるでしょう。
感染リスクを極力減らし、少しでも安心して食事ができる環境が求められているはず。つまり、ストレスがなく利用できる飲食店をまずは利用したいと考えるのではないでしょうか。
》【デリバリーは今後も売上対策に】ウーバーイーツ加盟店のメリットやコストを徹底解説
 

ストレスなく利用できる飲食店とは?

ストレスなく利用できる店とは、コロナウィルス対策がしっかり行われていることが重要となってきます。たとえば、メニュー表や注文自体をデジタル化することで人との関わりを減らせるだけでなく、人件費を浮かせることができるため、スタッフの数を減らすことができます。3密を回避するために、1人でもスタッフを減らすことも重要なことでしょう。また、会計はキャッシュレス決済を導入し、釣銭の受け渡しを極力減らすなどの環境整備も求められているでしょう。
》【人気のPayPay】導入はこれで決まり!手数料情報や注意点も
 

営業再開に向けて安全や衛生面対策を強化する

こうした安全に配慮した営業に関して、日本フードサービス協会の「外食業の事業継続のためのガイドライン」を参考にして、今後飲食店がアフターコロナとして対策すべきことをご紹介していきます。
(参考資料:"外食業の事業継続のためのガイドライン”日本フードサービス協会HP)

アフターコロナに向けた準備①:収益とコストの見直し


アフターコロナとしてまず考える必要があるのは、売上とコストのバランスを考えること。
そのために必要なこととは何なのでしょうか。
》【コロナ対策】飲食店や法人向けの新電力に比較!コストを削減するなら電気から?
 

メニューの見直し

まず、スタッフの人数や衛生面での考慮、ソーシャルディスタンスなども考えて提供メニューの見直しをしてみましょう。限られた人数のスタッフで、効率よく店を運営できるメニュー体制にすることを前提に考えることがポイントとなるはずです。
 

仕入れ

仕入れ先にも調整が必要な場合もあるでしょう。健康に留意しているときだからこそ、新鮮な食材を仕入れることや、地元の食材を仕入れることで安心感へも繋がるはずです。
 

人件費

売上が激減してしまったことも考慮して、人件費の削減にも留意したいところ。店内ではモバイルオーダーやキャッシュレス決済の導入、ウーバーイーツなどの宅配シェアサービスを活用するなど、工夫が必要です。
》QRコード決済導入で複数サービスに対応するにはマルチ決済端末?
 

水道光熱費

光熱費は、契約を見直すことで節約に繋がるはず。今では電気代もガス代も自由化となり、店舗にとってよりメリットのあるサービスを選べるようになっています。こういうときだからこそ、一括で見直しを検討してみてはいかがでしょうか。
》【飲食店向け】効果の高いコスト削減!利益に繋がる4つのポイントとは?

アフターコロナに向けた準備②:衛星・安全面


アフターコロナとして、営業を本格的に再開する際に最も配慮すべき点。店内の衛生面の対策です。ここを徹底することで、お客さまにも安心感を与えることができるので、集客にも繋がるはずです。
全従業員に意識の共有と徹底を行うようにしましょう。
 

店舗の入口

店舗の入口には、アルコール除菌スプレーなどの除菌グッズを設置することは必須とも言えるでしょう。除菌できることで安心感も生まれます。来店時には必ず除菌してもらうよう、注意書きなども添えてくようにしたいところです。
 

客席

客席は開店前と閉店時の除菌拭き掃除はもちろん、1組毎にしっかり除菌することも必須としましょう。テーブルだけでなく、メニュー表やイス、調味料なども含めて清掃を徹底してください。これまでも行っていたことかもしれませんが、さらに徹底して行いたいところです。
 

お手洗いや水周りなど

キッチンやスタッフの手洗い場、お客様が利用するお手洗いにも必ずハンドソープや石鹸を用意します。また、手洗いのあとにすぐに消毒できるように除菌スプレーなども設置することが望ましいでしょう。
》空調管理もアフターコロナで重要?徹底洗浄で大幅なコスト削減にもつながる
 

従業員の安全・衛生管理

スタッフの体温計測を徹底しましょう。出勤前に検温を行い、風邪症状が見られる場合などは責任者に報告し、指示を仰ぐ体制を徹底します。
従業員だけでなく、お客さまの安全にも繋がるため、マスクの着用もしたいところ。飲食物を提供するため、スタッフはマスクやフェイスガードなどの着用を徹底するようにしましょう。
また、手洗いや除菌の回数も増やすために、バックヤードや意識の徹底・共有を行いましょう。
 

店舗全体の衛生管理

店内は密室とも言える空間です。店内の空調管理には意識してください。定期的な換気を行ってださい。店舗の入口に、「店内の空調管理のため、換気を定期的に行う」旨も記載しておくとよいでしょう。
》業務用エアコンの清掃で電気代40%OFF?空調清掃で電気代コストも抑えられる?

アフターコロナに向けた準備③:従業員へのサポート体制


働くスタッフとしても、感染リスクなど不安が伴います。過度に不安を与えないよう、フォローもしっかり行っていきたいところです。
 

精神面のフォロー

オンラインや書面等での面談を行ったり、適宜声を聞ける環境やタイミングを設けるようにしたいところです。
 

アフターコロナに備えた研修 ​

​​​​​​衛生面での意識やルールを徹底させるためにも、研修の機会を設けるようにしましょう。これまでの営業体制とは異なる部分も増えてくるはずです。スタッフが混乱しないためにも、研修を行うことで安心して働ける環境にしましょう。
》【資料DL無料】店舗の家賃交渉はプロに任せて大幅減額が可能?資料DLや問い合わせはこちら

アフターコロナに向けた準備④:情報発信・集客面

アフターコロナとして、集客を行うためにも積極的な情報発信が必要になってきます。SNSなどを使って、店舗の営業を知ってもらうこと、店舗営業に向けて衛生面での対策をしっかりアピールすることで集客に繋げていきましょう。
 

お客様への情報発信

お客様に対する情報発信をしっかり行うことも重要になります。店舗が営業再開すること、集客を行うこととともに、どういった衛星対策を行い、衛生面やお客様の不安に配慮した営業を行うのかも発信することで、安心感が生まれるはずです。
これは集客にも直結する内容になります。
また、営業に関して、お客様にお願いすべく手洗いや除菌、店内換気、提供料理のメニューなども併せて発信したいところです。
》【集客・情報発信】インスタグラムで効率的に宣伝する方法
 

地域への情報発信

周辺地域の飲食店との情報交換も重要になってきます。他店がどのような衛生対策を行っているのか、集客対策のアイディアにもなるはずです。また、地域の飲食店としてどのような取り組みができるのか建設的な意見も生まれるかもしれません。オンラインなどできるだけ接触はしない方法で開催・参加してみましょう。
》今やるべきは店舗の家賃交渉!賃料減額で大幅なコスト削減
 

まとめ

今回は「アフターコロナ」として飲食店ができること、やるべきことをご紹介しました。緊急事態宣言が解除され、新型コロナウィルスの影響で激減した売上を取り戻すためにも、徹底した安全と衛生面への配慮が必要となるでしょう。
是非このページを参考にして、安全な店舗運営を行ってくださいね!

》【人気記事】緊急事態宣言解除後は飲食店どうなる?今後もテイクアウトやデリバリーも併用するべき?

》【人気記事】家賃補助で家賃の2/3が補助される?お店のコストを削減したいなら家賃交渉もすべき

》【デリバリーでの集客を強化】ウーバーイーツの加盟店メリットやコスト、店舗登録について解説


》店舗のコスト削減なら家賃交渉が効果的?33%の減額に成功した事例も?

今すぐできるコスト削減方法を無料公開!!

ガイドブック

経営者・店舗オーナー様必見!家賃/人件費/水道光熱費/通信費/仕入れコストなど それぞれの【削減率・削減可能額】が明らかに!

資料のダウンロードはこちら

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます