記帳代行の資格なしは税理士法違反!?記帳代行のメリットや相場まで徹底解説

「記帳代行は資格がいるの?」、「記帳作業に時間がかかって本業が進まない」という疑問やお悩みを抱えているケースも少なくありません。 しかし記帳に関した内容は複雑で、結局のところ疑問や問題が解決できない場合もあるのではないでしょうか。 当記事では、記帳代行のメリットとデメリット、価格相場など、記帳代行の基本をに詳しくご紹介します。

記帳代行とは?

女性が説明している画像記帳代行とは、会社の会計業務において必要とされる帳簿作成業務を代行するためのサービスです。

記帳作業は、会社の経営に関わる収支を記録する作業を指します。手間のかかる作業なので、通常業務と平行して行うのは負担があります。

日々の経理作業にかかる負担を軽減するために、記帳作業を外注する企業が増えています。

記帳代行に資格は必要?税理士法違反の可能性も!?

法律のイメージ画像記帳代行に資格は必要ありません。記帳代行そのものが税理士業務に含まれていないため、税理士資格がなくても問題はありません。

しかし記帳作業をするのであれば、ある程度の知識を身に着けておく必要はあります。日商簿記3級以上を取得していることが望ましいでしょう。

ただし、決算申告は税理士でなければ代行することができません。税理士以外が行った場合は、税理士法に違反してしまうので注意しましょう。

記帳代行のメリット

メリットを考える経営陣の画像

作業の手間が省け、本業に専念することができる

記帳代行を導入することによって、これまでかけていた時間や手間がなくなるうえに、事務作業へのストレスも軽減することができます。

今まで記帳に充てていた時間を本業に回すことができ、会社の売り上げや利上げることに集中できます。

会社のコストダウンを見込むことができる

経理担当を雇っている場合や税理士にすべて一任している場合は、記帳代行を導入することで人件費削減を見込むことが可能です。

経理担当一人を雇うよりも安かったり、税理士に記帳業務まで任せている場合も料金を安くすることもできます。

また現在の会計担当が退職してしまったという場合でも、新たに経理担当を探すコストをかける必要がないこともメリットです。

記帳代行のデメリット

デメリットを考える女性

経営管理が分かりづらい可能性がある

会社の経理業務を外部に委託しているため、会社の経営状況がすぐに分からないというデメリットがあります。

日々の経営状況を確認できない場合もあるので注意が必要です。

郵送が面倒な場合がある

記帳代行をする場合、会社の収支に関わる領収書や請求書を送る必要があります。この時、郵送や訪問の対応を求められる場合があります。

契約する会社がどのような対応ができるのかは予め確認しておきましょう。

記帳代行の相場

電卓の画像記帳代行の料金は、領収証や伝票の枚数をさす「仕分け数」によって変わってきます。

料金相場

  • 100仕分け以内で1万円
  • 101~200仕分けで1万5000円
  • 201~300仕分けで2万円
  • 301~400仕分けで2万5000円
  • 401仕分け以上で3万円~

一般的な料金形態

  • 一仕分けごとの料金で計算するパターン
  • 月額に基本料として一定の仕分け数が設定され、超過するごとに追加で料金が発生するパターン

月額制の場合の記帳代行の料金相場

月額制の場合は、月に発生する仕分けの数によって料金が決められています。

毎月決まった額が請求されるため、請求される金額が明瞭であることがポイントです。

従量制の場合の記帳代行の料金相場

従量制の場合は、一仕分けごとに料金が設定されており、仕分け数の合計で料金が決定します。

ただし、毎月の料金がばらばらである分、見込みが立てずらい点があります。

月額制と従量制の記帳代行の料金相場

月額制と従量制での場合、仕分け数ごとの基本料金を設定して、超過分が別途請求されます。

毎月の仕分け数が異なる企業でも、比較的明瞭な料金を把握することができます。

記帳代行ならKANBEI

記帳のイメージ画像KANBEIは、会計ソフトfreeeに特化したコスト診断機能つきの記帳代行サービスです。業界最安級の月額3,080円から導入することができます。

月に一回、領収書や請求書を送るだけで記帳作業を委託できます。データでの郵送にも対応できるので、面倒な記帳業務から解放されます。

また、入力した会計データをもとに、勘定項目の費目ごとにコストの適性診断をおこなうので、カンタンにコスト削減をすることができます。

▶KANBEIの詳細はこちら

まとめ

記帳代行は資格はなくても行える業務です。しかし、決算申告は税理士でなければ代行することができないため、認識しておく必要があります。

日々の記帳業務に悩んでいる方や経理担当を探していた方は、記帳代行サービスを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

KANBEIは、記帳代行だけでなく、コストの適正化までお手伝いすることができます。以下ボタンから簡単に資料DLができるようになっていますのでご活用ください!
                    

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!