経理アウトソーシングのメリットデメリット|費用や大手サービスも紹介!

経理業務をアウトソーシングすることは、膨大な経理業務をこなすうえで、効率化や業務負担の削減等のメリットをもたらしてくれます。 しかし、経理のアウトソーシングのメリットデメリットや依頼できる範囲がわかりにくいと感じている方も少なくありません。 そこで今回は、経理のアウトソーシングについて、メリットやデメリットを踏まえながら注意点や具体的なサービスの比較もしていきます。 経理業務のアウトソーシングを検討し始めた担当者や、興味を持ち始めた方はぜひ最後までチェックしてみてくだい!

経理アウトソーシングをうまく活用するには

スーツ姿の女性経理のアウトソーシングをうまく活用するために、経理業務の一部を依頼するのか全部を依頼するのかを明確にしましょう。

依頼範囲が明確になることで、すでにいる経理担当者がいる場合は業務分担がしやすくなり、経理人材の育成計画も立てやすくなります。

おすすめとしては、経理業務の一部依頼です業務負担を軽減しながら、人材育成とノウハウを得ることができるためです。

現状の経理人材の有無と課題を踏まえながら、アウトソーシングする範囲を決めてうまく活用し、経理業務の課題を解決しましょう。

経理アウトソーシングの費用や料金  

計算機を使用する画像

経理業務全般をアウトソーシングする場合

依頼業務 費用相場 単位 備考
経理業務全般 3~5万円 基本業務全般
  • サービスによって内容が異なる
  • オプション扱いになる業務もある

経理業務全般をアウトソーシングする場合の費用としては、基本的な経理業務をセットとして月額3〜5万円程度を目安とします。

基本的な経理業務には、記帳業務や請求書発行、振込関連、売掛金等管理などが含まれる場合がありますが、サービスによって異なります。

基本サービスに含まれない業務はオプション扱いの場合もあるため、依頼範囲が自社のニーズとマッチしているかあらかじめ確認しましょう。

経理業務の一部をアウトソーシングする場合

依頼業務 費用相場 単位 備考
記帳業務 50~100円 1仕訳
  • 仕訳数で金額設定する場合が多い
  • 基本料金を設定している場合あり
給与計算 1,000~2,000円 1人当たり
  • 従業員数金額設定する場合あり
  • 基本料金を設定している場合あり
決算書作成/法人税申告 5~20万円 -
  • 専門家への依頼は15~25万円程度

記帳業務

記帳業務の代行費用は1仕訳につき50〜100円程度の目安が相場です。仕訳数が少ない企業と仕訳数が多い企業になると、費用に差が出ます。

また、仕訳数の上限に沿って費用を設定しているサービスの目安も参考にしておくと良いでしょう。 給与計算

給与計算の代行費用は、従業員1名につき1,000円〜2,000円程度が相場ですが年末調整なども任せる場合にはさらに費用がかかります。

細かい計算が必要であり、法改正への対応も求められる専門知識が必要な業務です。外注することで業務負担を大きく軽減できるでしょう。

決算書作成や法人税申告

決算書作成や法人税の申告の代行費用は、5万円〜20万円が相場(※)です。しかし事業規模や内容(どちらか一方もしくは両方)によって異なります。

単純に業務負担の軽減だけでなく、アウトソーシングすることで、適切な助言を受け、経営上の数字改善にも役立たせることができます。

経理のアウトソーシングを検討すべき企業 

向いてる企業を確認する虫眼鏡の画像

ベンチャー企業

ベンチャー企業や設立間もない企業では、経理業務でアウトソーシングを活用するのがおすすめです。

会社を設立して間もない企業では、専任の担当者がいない場合があり、経営者自身が経理業務を行っていることも珍しくありません。

経営を軌道に乗せるためにも経営者は経営の本業に重点を置き、経理業務ではアウトソーシングを活用するのがおすすめです。

従業員がこれから増える企業

従業員が増加していて今後も成長する予定のある企業も、アウトソーシングを活用するのがおすすめです。

従業員が増えるほど、物理的な経理作業が増えるためです。とくに従業員数の母数が小さい会社では、少しの増加でも作業負担は重くなります。

従業員が今後も継続して増加していく場合には、経理担当者の業務量増加を抑えるためにも、アウトソーシングを活用するのがおすすめです。

経理担当者が不在もしくは少数の企業

経理担当者が不在もしくは数人程度の少人数で担当している場合も、アウトソーシングの活用が役立ちます。

不在の場合は本業ではない人が担当することになり、少数の場合は欠勤や退職の際に業務に穴が空いてしまいます。

担当者不在や少数で担当している場合には、膨大な経理業務を問題なく遂行するためにも、アウトソーシングで補充することを検討しましょう。

専門知識を有する人材がいない企業

経理に関する専門知識を持つ人材が確保できておらず、兼務で経理業務を行っているという場合にもアウトソーシングの活用がおすすめです。

経理業務はお金を扱う分野であり、税法や会社法などの法律に基づいて作業するため、専門知識がない場合、対応しきれない場合もあるでしょう。

経理業務の専門知識を有する人材の確保ができていない場合は、アウトソーシングを活用して経理業務の質を担保しておくべきと言えます。

人材確保が難しい中小企業

経理担当者の人材確保が難しい中小企業でも、経理のアウトソーシングで人材を確保することがおすすめです。

経理の資格として人気の「日商簿記検定」では1級の実受験者数自体が、2017年から2019年にかけて約1.5万人から1.4万人へと減少(※)しています。

大手企業が資格保持者の人材確保に走ることで、中小企業では人材確保が難しい可能性があるため、アウトソーシングの活用がおすすめです。

(※参考”受験者データ”商工会議所の検定試験)

経理アウトソーシングのメリット

メリットを確認する経営陣

人件費を削減できる

メリットのひとつは、人件費を削減できることです。経理担当者分の全部もしくは一部の人件費が削減できることになります。

経理業務をアウトソーシングすることで、経理業務を行っていた方が本業に集中できるようになることも、人件費削減に繋がります。

本業に集中できる

経営者や他部署で経理業務を兼任して行っている場合、アウトソーシングすることで本来の業務に集中することができます。

経理業務に使っていた時間を本業に充てることができるようになり、経理業務も安心して任せることができるため、大きなメリットと言えます。

不正防止の抑止策にもなる

限られた人しか把握することのできない社内の経理データを、改ざんしたり横領される危険を抑止することにも繋がります。

アウトソーシングとして第三者が入ることで、経理内容をオープンにでき、目の届きにくい不正を防止できるようになります。

経理業務の質が向上

経理をアウトソーシングすることで、経理のプロが代行して業務を行うため、経理業務の質を向上することにも繋がります。

ミスの軽減や法改正への迅速な対応も期待できます。とくに経理の人材が確保できていない場合に大きなメリットと言えます。

会社としてコスト削減に役立つ

経理をアウトソーシングすることで、会社として全体的なコスト削減にも役立つ場合がある点もメリットのひとつです。

経理のプロが会社のコストを客観的にとらえ、助言してくれる場合もあるため、会社全体のコスト削減に繋がる可能性もあります。

経理アウトソーシングのデメリット  

デメリットを箇条書きにしたイメージ

社内の人材育成ができない

経理をアウトソーシングすることで、社内の経理担当者の人材育成ができてないという点がデメリットとして挙げられます。

経理ノウハウを蓄積していきたい場合は、経理担当者の人材を確保したうえで一部をアウトソーシングする方法などを取ると良いでしょう。

外部へ情報流出する可能性がある

アウトソーシングすることで社外の第三者が経理データを扱うことになり、情報流出する可能性もゼロではありません。

データの持ち出し方法や第三者が情報漏洩するリスクがあるためです。依頼先を選定する際に、セキュリティの強さや信頼性を確認しましょう。

経費処理重複の可能性がある

経理業務の一部をアウトソーシングする場合、経費処理において重複する可能性がある点もデメリットのひとつです。

社内の経理担当者と経費処理が重複してしまう可能性があるためです。依頼する範囲を明確にし、依頼先とともに確認を強化しましょう。

経理状況の把握がしにくい

アウトソーシングすることで、数字管理を外注先に任せがちになるため、経理上の数字把握がしにくくなる可能性もあります。

アウトソーシングする場合には、なにか問題が起こった際にも対応してくれるサポート体制が強いサービスを選ぶと安心です。

外注管理の手間がかかる

経理のアウトソーシングサービスを利用することで、アウトソーシングの管理をする手間が発生します。

費用や依頼、業務確認などの管理業務が発生するため、管理担当者はあらかじめ余裕をもった業務予定を組むようにしましょう。

経理のアウトソーシングはどこまでできる?  

疑問を抱く会社員達の様子

記帳業務

経理のアウトソーシングでは、記帳業務を依頼することができます。

記帳業務は、帳簿を作成し、記帳を行うことを業務内容とします。

細かい処理業務であるため、外注することで業務負担が軽減し、より正確な処理が期待できます。

給与計算業務

経理のアウトソーシングでは、給与計算にかかわる業務も依頼することができます。

給与計算では、出退勤データ集計、残業時間、保険料等の計算を業務内容としています。

外注することで、従業員一人ひとりの給与計算業務の負担を軽減することができます。

決算申告業務

決算申告業務もアウトソーシングすることが可能です。

決算申告では決算書の作成をして申告する業務ですが、正確な数字や計算が必要な業務です。

会社規模にもよりますが、代行サービスや税理士に依頼することで業務負担を軽減できます。

年末調整業務

経理のアウトソーシングの業務のひとつとして、年末調整業務も挙げられます。

年末調整時期は経理業務も多忙となり、業務がひっ迫します。

その際にアウトソーシングを活用することで業務負担を軽減できるでしょう。

振込・支払い・請求業務

振込や支払い等の社外における経理業務もアウトソーシングできる業務です。

売掛金や請求書作成、振込や納付等の業務を代行してもらうことが可能です。

細かい管理や社外対応業務もあり、代行してもらうことで業務負担を軽減できるでしょう。

経理アウトソーシングで失敗しないための注意点  

スーツ姿の女性が注意点を確認する様子

セキュリティ上の懸念点を把握しておく

アウトソーシングする場合には、外部の人間に重要な社内の経理データを渡している認識とともにセキュリティ対策が重要です。

外部にデータを渡す時点で、セキュリティ対策が未熟な場合や書類やデータ紛失が起こることで、情報漏洩する可能性があるためです。

セキュリティ上の懸念点をつねに把握し、データの渡し方や依頼先のセキュリティ対策を確認したうえで、リスクヘッジも検討しましょう。

アウトソーシングする業務を選定する

経理業務のなかで一部をアウトソーシングする場合は、依頼する業務をあらかじめ選定しておくことも失敗しないためのポイントです。

数あるアウトソーシングサービスの選定や、社内の経理業務担当者の業務計画も立てやすくなるからです。

知識の乏しい分野や業務負担の重い部分をアウトソーシングするなど、自社の経理業務における課題を踏まえて効率よく活用しましょう。

数字把握を意識する

アウトソーシングで経理業務を任せる場合、数字把握を意識することが、失敗しないためのポイントのひとつです。

任せきりにした場合、コンスタントに数字を確認しなくなることで会社の経営上の重大な数字に気づくのが遅れる可能性があるのです。

アウトソーシングする場合にも毎月数字を確認したり、必要書類をこまめに確認したうえで渡すようにしましょう。

経理でアウトソーシングを実施する流れの例

フローチャートの図
  1. STEP.1

    アウトソーシングする業務の選定

    経理業務のなかでどの業務を依頼するのか、全部を依頼するのかを選定する

  2. STEP.2

    サービス選定

    経理業務における自社の課題に合わせてサービスを比較・選定する

  3. STEP.3

    サービス問い合わせ(資料請求)

    まずは検討したいサービスに問い合わせまたは資料請求する

  4. STEP.4

    担当者と打ち合わせ

    検討サービスと打ち合わせ

  5. STEP.5

    サービス決定・運用開始

    依頼するサービスを決定し、運用開始する


  6.  

実際に経理でアウトソーシングをする場合の一例です。サービスによっても、流れが異なる場合があるため、まずは事前に確認してみましょう。

経理でアウトソーシングできるサービスの種類  

経理をアウトソーシングできるサービスを図解する画像

代行サービス

経理をアウトソーシングできるサービスのひとつとして、代行サービスが挙げられます。

自社に代わって、依頼した経理業務を代行することをサービスの内容としています。

経理業務全般ではなく、記帳代行のように経理業務の一部を依頼できるものもあります。

オンラインアシスタントサービス

経理業務のアウトソーシングとして、オンラインアシスタントサービスも挙げられます。

オンラインで実際の業務をサポートすることをサービス内容としています。

経理などのバックオフィス業務だけでなく、幅広い分野の業務も代行できる場合があります。

税理士事務所や会計事務所

税理士事務所でも経理業務のアウトソーシングとして代行してもらうことが可能です。

税理士資格を持つ専門家が代行することで安心して任せることができるでしょう。

しかし、専門家として安心して任せることができますが費用が相場より高い傾向にあります。

経理アウトソーシングのサービスを選ぶポイント    

ポイントをイメージする豆電球

目的を明確にする

経理をアウトソーシングする目的を明確にすることが大切です。

経理担当者の負担軽減なのか、人材不足を補うためなのかによって選ぶサービスも異なります。

目的を明確にして、自社の課題に最適なサービスを選ぶようにしましょう。

費用帯効果を確認する

費用対効果がどれくらいあるかもサービス選定におけるポイントです。

費用が高すぎるものや、費用は安くてもサービスの質が良くない可能性もあります。

コスト削減や業務効率化がどの程度できるか想定して、費用対効果の高いものを選びましょう。

専門性の高さや質を確認する

アウトソーシングのサービスを選定するうえで、サービスの質や専門性の高さも重要です。

資格保有者の有無や実績件数があることは信頼性が高い証拠でもあります。

専門知識が必要な経理業務だからこそ、代行サービスの専門性の高さや質を意識しましょう。

セキュリティ対策を確認する

社内の経理データを外部に渡すため、セキュリティ対策も重要な点と言えます。

依頼先のセキュリティ対策の内容や機密情報の取り扱いに関する認識を確認しましょう。

安心して経理業務の代行を依頼するためにも、セキュリティ対策や情報漏洩対策が重要です。

おすすめの経理アウトソーシングサービスや企業 

おすすめサービスを紹介する女性

おすすめサービス一覧表

サービス名 運営会社 依頼可能な業務 特徴
KANBEI  株式会社Wiz 記帳業務 ・記帳代行に特化して代行
・プランによりコスト診断やDX化もサポート
・個人事業主から法人まで対応可能
 
Smart経理 株式会社M&Tコンサルティング フルサポート ・チーム体制でサポート
・チャットを使用した連携
・税理士法人グループが運営
(全スタッフが簿記2級以上)
i-StaffAccounting ファイブスターネット株式会社 フルサポート ・契約時間を設定(余った時間は他作業も対応)
・簿記や実務経験など基準をクリアした従業員
・顧問税理士とのやり取りも可能
NTTビジネスアソシエ エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ株式会社 部分~フルサポート ・一部orフルサポートを提供
・NTTグループとして運営
・経理実務経験が豊富なスタッフ
NOC経理アウトソーシング NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社 企業の課題に合わせてサポート ・課題に合わせたアレンジが可能
・経理経験者が代行
・公認会計士らが在籍
経理アウトソーシングセンター 株式会社アックスコンサルティング 部分~フルサポート ・一部orフルサポートを提供
・企業のニーズに合わせてカスタマイズ
・税理士在籍
会計アウトソース 株式会社アイエーピー 部分~フルサポート ・全員がバイリンガル​対応
・国際会計、国際税務に精通
・米国公認会計士、税理士による安心したサービス
マネーフォワード クラウド経費BPO 株式会社マネーフォワード 部分サポート ・特定の業務に特化
・カスタマイズも可能
・コストを抑えられる
品川 経理・記帳代行サービス ナセル株式会社 部分~フルサポート ・お得なパック料金あり
・多彩な経理業務の一部代行も提供
・士業向け経理代行サポートあり
バーチャル経理アシスタント メリービズ株式会社 部分~フルサポート ・企業規模関わらず対応
・企業に最適なカスタマイズ

KANBEI

株式会社Wizが展開する「KANBEI」では、経理業務のひとつである記帳業務の代行サービスを提供しています。

KANBEIは、定番の会計ソフトfreeeと連携して記帳代行業務を行うため安心して利用することができるでしょう。

SaaaSシステムを活用することで、勘定科目の費用ごとにコストを可視化します。コスト診断が自動で行えるため、コスト削減にも有効です。

▶KANBEIの詳細/資料DLはこちら

Smart経理

株式会社M&Tコンサルティングが提供する「スマート経理」では、経理のフルアウトソーシングだけでなく経理課題にも対応してくれます。

クラウドシステムを利用した経費清算機能や、記帳代行、締日から5営業日以内に試算表を提供する会計入力などのサービスを利用できます。

料金プランは複数ありますが、スタンダードプランなら月額 150,000円から利用可能となっています。

▶Smart経理のHPはこちら

i-Staff Accounting

ファイブスターネット株式会社が展開する「i-Staff Accounting」では、簿記2級以上、実務3年以上のスタッフがオンラインで経理業務を代行します。

仮に契約時間が余った場合も、秘書・総務などの経理以外のオンライン業務にも対応してくれる点が魅力です。

あらゆる経理業務を、資格保有スタッフが1時間2600円からオンラインでサポートし、顧問弁護士とのやり取りも代行可能です。

▶i-Staff AccountingのHPはこちら

NTTビジネスアソシエ

NTTビジネスアソシエグループにより展開される代行サービスでは経理業務のアウトソーシングを全般的または部分的に行っています。

経理業務の代行として、日々の会計業務から期末決算手続きまでの幅広い業務を代行できるようになっています。

NTTグループをはじめとした多くの顧客で代行してきた実績と、経理実務経験の豊富なスタッフが対応しています。

▶NTTビジネスアソシエのHPはこちら

NOC経理アウトソーシング

株式会社NOCが展開する「NOC経理アウトソーシング」では、経理業務全般の代行だけでなく、財務コンサルティング等も行ってくれます。

自社の課題に沿って、サービスをカスタマイズするために、導入時には細かいヒアリングが行われる点もポイントです。

30年の歴史を持ち、対応可能な企業規模としては中〜大企業としています。定期的な訪問も対応可能となっています。

▶NOC経理アウトソーシングのHPはこちら
 

経理アウトソーシングセンター

株式会社アックスコンサルティングが展開する「経理アウトソーシングセンター」は、経理業務全般を代行することができます。

設立間もない企業も対象としているため、経理人材が不在の場合や人材不足の場合にも安心して依頼できます。

対象エリアは首都圏としています。費用はお問合せが必要なため、気になる場合はチェックしてみましょう。

▶経理アウトソーシングセンターのHPはこちら

アイエーピーの会計アウトソース

株式会社アイエーピーが提供する「アイエーピーの会計アウトソース」は、日本国内だけでなく国際会計に対応している点が特徴です。

国内外の専門スタッフが多言語でサポートすることで、会計業務から世界の税務申告や連結決算まで対応できる点が魅力と言えるでしょう。

規模の企業にも柔軟に対応しており、価格設定も5万円から展開されています。国際会計対応の経理業務が必要な場合にもおすすめです。

▶会計アイエーピーのHPはこちら

マネーフォワード クラウド経費BPO

株式会社マネーフォワードが展開する「マネーフォワード クラウド経費BPO」では、経費精算に特化したサービスを展開しています。

システムによる効率化とオペレーターサポートによるサービスです。スマホアプリで申請・承認ができ、申請者に対してオペレーターが修正や指摘をします。

対象となる企業規模は、50名以上から1000名未満の企業で、費用は70000円からとなっています。 ※導入支援の初期費用あり

▶マネーフォワード クラウド経費BPOのHPはこちら

品川 経理・記帳代行サービス

ナセル株式会社の「品川 経理・記帳代行サービス」は、東京都品川区を中心としながらも東京都全域に対応した経理代行サービスを展開しています。

経理業務の一部だけでなくお得なパック料金も提供しているため、企業の経理課題に沿ったかたちで経理代行を利用することができます。

また、MFクラウドや弥生会計、勘定奉行など、多彩な会計ソフトのサポートも行っているため、安心して利用できます。

▶品川経理・記帳代行サービス

メリービズ

メリービズ株式会社が提供する「バーチャル経理アシスタント」ではバーチャル経理として、幅広い経理業務をオンラインで代行してくれるサービスです。

サービスをカスタマイズできるようになっているため、自社の経理業務の課題に応じた柔軟な対応を期待できるでしょう。

料金は企業規模や内容によって異なります。 公式HPでは、月額15万円から利用している例も掲載されているため参考にしてみてください。

▶メリービスのHPはこちら

経理業務のアウトソーシングならKANBEI  

KANBEIのSaaaSを利用してるイメージ

経理のアウトソーシングでおすすめなのが、KANBEIです。KANBEIは、記帳代行つきのコスト削減SaaSです。

導入実績1000社を突破し、クラウド会計freeeに特化した内容で膨大な経理業務を代行サポート!経理担当者の業務負担軽減に役立ちます。

また、KANBEI SaaaSを活用して、勘定科目別費目のコスト診断を可能としているため、経営上のコスト削減も期待できるでしょう。

プランによっては、経理関連のDX、売上UP、総合的なコスト削減、補助金活用など経営サポートも行えます。

以下のリンクでは、KANBEIのサービス紹介をしています。簡単に「資料DL」も可能です。ぜひ活用してみてください!

▶KANBEIの詳細や資料DLはこちら

まとめ

経理のアウトソーシングは、膨大な経理業務を外部に依頼することで担当者の業務負担を軽減できます。

しかし、アウトソーシングする業務内容を明確にしないと、自社の経理担当者との業務と重複したり、管理業務が増える可能性もあります。

アウトソーシングをうまく活用できれば、業務負担の軽減だけでなく、経理人材の育成や経営上のコスト削減にも役立つでしょう。

KANBEIは、記帳業務の代行サービスを提供しています。経理担当者はいるものの、業務負担や効率性に課題がある場合はおすすめです。

まずはお気軽に以下のリンクからKANBEIのサービス詳細をチェックしたうえで、無料でDLできる資料もご活用ください!

▶「経理業務のIT化やアウトソーシングで効率化できる?違いや方法を紹介」はこちら
                    

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!