間違いだらけのSNS運用。企業アカウントが運用代行に依頼するメリットはある?

企業がSNSを運用する目的として、商品やサービスの売上アップを期待しているところも多いのではないでしょうか。たしかにSNS は、商品のクチコミを調べたり、新商品リリースを知るための「情報を集める場」として優秀です。
しかしSNS運用を任された担当者の中には、なんとなくで投稿をしていたり、そもそもSNSの運用の重要性によくわかっていないというケースもあります。そこで本記事では、SNS担当者向けにSNS運用の重要性を解説しつつ、SNSマーケティングを成功させるための「SNS運用代行」についても紹介していきます。

【店舗オーナー必見】SNS集客ガイドを無料公開中!!

ガイドブック

「SNS集客を始めようとしている」「SNS運用を知りたい」方に向けて、SNS集客の方法・ポイントをまとめました。店舗の売上UPにお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

SNS 運用の重要性をおさらい


企業のSNS参入数は年々増加していますが、どうしてこれほどSNSを使う企業が多いのでしょうか。闇雲にSNS運用を行う前に、運用の重要性について改めて考えてみます。

ユーザーの生の声が聞ける


SNS はユーザー同士が気軽に繋がれるのが魅力です。企業の投稿に対して、ユーザーが気軽にコメントできるので、企業は消費者の生の反応を知ることができます。またSNSは、投稿の効果測定ができるのも魅力ではないでしょうか。

アナリティクスを見れば、何人が投稿をチェックしたのか、何人がWEBサイトに飛んだかなども分析可能です。どの投稿が、ユーザーからの反応がいいのかのPDCAを回すことができるでしょう。

自社のブランディングに使える


SNSはユーザーとの距離が近いので、自社のブランドイメージを伝えることも簡単です。SNSのなかでもインスタグラムは、ブランディングの場として使いやすいでしょう。

インスタグラムは写真や動画といった画像がメインとなっていますから、企業カラーを伝えやすいのかもしれません。インスタグラムでの集客について、詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

認知度向上が見込める


ハッシュタグを使えばタグづけされた投稿を、フォロワーかどうかを問わず、一気にチェックすることができます。もし企業がハッシュタグをつけたキャンペーンを開催して、投稿数が増えれば、それだけ企業アカウントの認知度拡大に繋がります。
ハッシュタグは「#」をつけるだけで、簡単に作成可能です。新たにハッシュタグを作ってユーザーからの投稿を促すのもよし、人気のハッシュタグに便乗するもいいでしょう。

ユーザーから嫌われる投稿


SNS集客を目的としているアカウントの場合、新商品の告知やセミナーの募集など宣伝が中心という企業もあるのではないでしょうか。しかしユーザーは、宣伝ばかりしているアカウントをフォローすることはほぼありません。

なぜなら今の時代は「ユーザーは自分から情報を取りに行く時代」だからです。企業が一方的に宣伝をしていても、ユーザーに関心がなければその情報は不要な情報となるでしょう。関心のない情報がしつこく届くようなら、負の印象を抱かれる可能性もあります。
本来SNSは、集客ツールではなくコミュニケーションツールです。そのため「今すぐ層」に向けた情報発信ではなく「ファン」にむけた情報発信が向いていると言えるでしょう。
SNSフォロワーを増やす投稿については、こちらの記事がおすすめです。
SNS 担当者が悩みがちな運用ポイント

SNSによる運用の大切さを理解していても、実際に投稿をしてみると、運用の難しさに気づくでしょう。個人的にやるSNSであれば、自分の考えを表現するだけですが、企業アカウントではそうはいきません。
なぜなら企業の声として発信しなければならないからです。そのため、SNS 担当者からは、このような悩みの声が聞こえてきます。
「なにを投稿したらいいか分からない」
「投稿の方向性が決まらず
「継続的な投稿が大変」
「投稿をしてもフォロワーが思うように伸びない」
「フォロワーは増えたが集客につながらない」

本記事をご覧になっているSNS 担当者の中にも、SNSの重要性はわかりつつも運用がうまくいかないという方は多いのではないでしょうか。

SNSの運用代行が企業のお悩みを解決


上記のような運用の悩みを抱えている企業から、現在注目が集まっているのが「SNS運用代行」です。名前の通り、ツイッターやインスタグラムなど、様々なSNS の運用を代行してくれます。
企業の中には「もともと無料でできるSNSにお金をかけるなんて」と感じる方もいるかもしれません。しかしSNSに参入する企業が増加している中で、自力で集客まで繋げるにはそれなりのテクニックが必要です。
現状のまま投稿を続けても、残念ながらいつまでも結果は変わりません。多少費用を払ってでも、SNS マーケティングのプロに運用を任せた方が、短期間で結果を出せるでしょう。

・SNS運用代行のメリット


SNS運用代行に依頼することで、自社で運用するよりも短時間で結果を出してくれるでしょう。SNS運用代行はいわば、SNSマーケティングのプロ集団です。これまでの運用実績で築いたノウハウをもとに、SNS運用を代行してくれます。ノウハウのない企業の従業員がアカウントを管理するよりも、集客効果が高いのは明らかです。

・SNS運用代行のデメリット


SNSマーケティングのノウハウを持ったプロに、自社のアカウント運用を任せるので、コストがかかります。SNS集客に力を入れたい企業でないと、SNS 運用代行を継続するのは難しいかもしれません。

・SNS運用代行の費用


SNS のプロに運用を代行するときに気になるのが「費用面」です。SNS 運用代行の料金目安は、以下の通りです。
 

相場

月額 10万円以下

月額 20万円〜30万円

月額 50万円〜

運用目的

コストをかけずに基本的な運用をしたい

投稿以外にもコメント返信や

効果測定も代行したい

広告・キャンペーンの企画など

SNS集客に本腰をいれて取り組みたい

運用代行の業務

投稿作成

投稿代行

投稿作成

投稿代行

コメント返信

簡単なレポート作成

投稿作成

投稿代行

コメント返信

レポートの作成

定期ミーティング

キャンペーンの企画

広告運用


SNS 運用代行の費用は、業務内容によって変動します。SNSを使った集客にどの程度力を入れるかに応じて、企業選定を行いましょう。SNS運用代行企業によっては、無料トライアルができる場合もありますので、積極的に活用するのも手です。

SNS 運用代行を選ぶときの注意点


SNS運用代行を選ぶときに気をつけたいポイントは、他にもあります。選定時のチェックリストとして以下を参考にしてみましょう。

 
 

SNS 運用代行を選ぶときのチェックリスト

 

自社と同じ業界のアカウント運用実績をもっているか

 

自社SNSと運用代行企業の得意ジャンルがマッチしているか

 

自社のブランド方針に沿った運用をしてくれるか

 

投稿分析やレポート作成をしてくれるか

 

キャンペーンの企画・制作をしてくれるか

 

ターゲット層の分析をしてくれるか

 

画像や動画の編集をしてくれるか

 

複数のアカウント運用を任せられるか

 

業務内容と費用は適切か

 

追加料金がかかるポイントはあるか

 

まとめ


企業アカウントがSNSを使ったマーケティングを成功させるには、SNSの重要性を理解し、ターゲットにあった情報を提示する必要がります。企業の場合、通常業務+SNSの運用という形で業務を並行している方も多いはずですから、SNS にかける時間が取れないというのが実情ではないでしょうか。
そこでSNS運用代行を導入すれば、効率的なSNS運用を行うことに役立つはずです。コスト面を踏まえてみても、ファンを増やしたり認知度を上げることができれば、集客や利益に繋がる可能性も十分に考えられるでしょう。Wizcloudでは、企業のSNS集客をはじめt伸ばすためのITツールや、お役立ち情報を紹介しています。また電話、メール、チャットボットから無料相談も受け付けております。企業のお悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。




  〇インスタ

【店舗オーナー必見】SNS集客ガイドを無料公開中!!

ガイドブック

「SNS集客を始めようとしている」「SNS運用を知りたい」方に向けて、SNS集客の方法・ポイントをまとめました。店舗の売上UPにお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連商品

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます