au PAY、導入後の使い方は?店舗目線でチェック

au PAY、導入後の使い方は?店舗目線でチェック
スマートフォンやモバイル決済の普及が進み、次々と新たなキャッシュレス決済サービスが登場するなかで、2019年4月19日に大手携帯キャリアのKDDI株式会社が「au PAY」をリリースました。auのサービスになるので認知度も高く、au WALLETも貯めることができ、たくさんのメリットがあるau PAY。今回はau PAYの導入方法や、使い方などについて解説するので、導入を検討されている方は是非参考にしみて下さい。

au PAYとは

「au PAY」とは、2019年4月にKDDIが提供した、月間900万人が登録している「au WALLETアプリ」から誰でも利用することができるスマホ決済です。au WALLETの残高やau WALLETポイントがすぐに使え、お支払い毎にau WALLETポイントが貯まるのが魅力のひとつです。

また店舗側から見ると、中国の大手QRコード決済である「Alipay」や「WeChat pay」も、au PAYの導入と同時に申し込みが出来るので、インバウンド集客を強化したい店舗には、au PAYだけでなく中国人観光客などの需要も取り込めるのも良い点です。
ここでは、さらにau PAYを店舗が導入するメリットについてもご説明いたします。
 

初期費用0円!

既に店舗で利用中のスマートフォンやタブレットに、加盟店専用のau PAY for BIZアプリをダウンロードして使用すると、初期費用がかかることなく利用できます。
 

決済手数料・振込手数料も期間限定0円!

2021年7月31日(予定)までであれば、キャンペーン期間に付き、決済手数料が0円で利用できます。
また、支払い先の金融機関を問わず振込手数料がかかることはありません。
 

月間900万人が登録しているau WALLETユーザーとつながる!

au PAYでは、月間で900万人が登録しているau WALLETアプリから支払いが行えますので、多くのユーザーと繋がることができます。
 
199

au PAYの導入

au PAYの導入に際し、店舗として気になるのは入金サイクルや申し込みに必要な準備ですよね。このあたりについて、くわしくご説明いたします。
 

au PAYの入金サイクル・振込手数料

入金サイクルは2種類から選ぶことができます。どちらを選んでも振込手数料はKDDIの負担になります。
 

月1回払い

1日~月末決済分→翌月末支払い
 

月2回払い

1~15日決済分→翌月末15日支払い
16日~月末決済分→翌月末支払い

※1回の振込額が1万円に満たない場合は、次回の精算に繰り越されます。2回連続での繰り越しはありません。
    

au PAYの申し込み時に必要な書類

 
申し込み 必要書類
法人/個人事業主共通 ・申し込みいただく法人様、個人事業主様のホームページ
・ホームページがない場合は、店舗外観/店舗内観の写真を各1枚(店舗名、取り扱い商品がわかるもの)
 
法人 ・法人番号(法人マイナンバー)
個人 ・運転免許証のコピー(国際免許証は除く)
・運転経歴証明書(顔写真があるもの)
・パスポートのコピー(顔写真があるページ)
・健康保険被保険者証
・国民健康保険被保険者証
・在留カード(顔写真があるもの)
・特別永住者証明書(顔写真あるもの)
 

au PAY申し込みの流れ

導入の手順は、以下になります。お申込みに不備がなければ、お申込み完了後、最短で約2週間半で利用できます。(申し込みの不備や発送の状況によっては期間が長くなります)
 

利用開始までのステップ

au PAY加盟店の申し込みは、簡単に進めることができます。
申し込み完了後、お申込み内容と書類を確認出来次第、審査結果のメールが届きます。審査に通過すればau PAY加盟店管理システム(Cinnamon)のIDがもらえます。その後au PAY導入ツールが届き、加盟店専用アプリ等を設定すれば利用を始めることができます。


▼お申込みはこちらから▼
199
 

店舗利用時に必要なもの

導入時に、以下の2種類の決済方法を選ぶことができます。決済方法によってスマートフォンやタブレットが必要になります。    
    

お客様のコードを店舗が読み込む決済

お客様がau WALLET アプリでQRコードを提示し、店舗がそれを読み込む方法です。
店頭でau PAY for BIZアプリをインストールしたスマートフォンやタブレットを用意する、もしくはau PAY専用端末を利用する必要があります。
 

店舗が提示したコードをお客様が読み込む決済

店舗でQRコードが印字されたステッカーをお客様のau WALLETアプリで読み込む方法です。店舗でスマートフォンやタブレットの使用がなくても決済ができます。

まとめ

au PAYは便利でポイントも貯めることができ、ユーザーにもお得なサービスですが、店舗側にもメリットがたくさんあるものです。初期費用無料で、支払い先の金融機関を問わず振込手数料が無料なのは、できるだけ費用を押さえたい店舗からすると嬉しいポイントです。auユーザーを顧客として取り込める可能性があるうえに、申し込みも簡単なので、au PAYの導入を検討をされている方は是非参考にしてみてください。

 

関連タグ